諸葛亮に関する記事


三国志・赤壁の戦いの一番の功績は諸葛亮のものか、周瑜のものなのか

三国志・赤壁の戦いの一番の功績は諸葛亮のものか、周瑜のものなのか

三国志に登場する戦いで最も有名な「赤壁の戦い」は実は史実と脚色で構成され伝わっています。三国志ファンであれば誰もが注目するこの戦いにスポットを当ててみました。


「天下三分の計」を実際に唱えたのは誰!?

「天下三分の計」を実際に唱えたのは誰!?

 三国志のストーリーで重要な役割を果たす「天下三分の計」。多くは諸葛孔明が劉備に献策したものと理解しているが、史実を紐解いてみると面白い事実が分かる。天下を曹操・孫権・劉備の三勢力に分けるという「天下三分」の構想は、意外な人物にオリジナルがあったのだ。