三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


諸葛亮(孔明)からの忠告の手紙

蜀の諸葛亮(孔明)が、229年に親書を送った相手は、呉の上将軍・陸遜でした。この年は蜀漢における建興七年にあたり、魏では太和三年にあたります。正式に三国が並立した年で、孫権が皇帝に即位し、建業に遷都した年です。ですから呉の元号では黄龍元年となります。

諸葛亮(孔明)は魏に対して三度目の北伐を仕掛けていました。そのためにも呉との同盟関係は継続していく必要があったのです。魏や蜀に接する武昌に在って、最前線の軍事面を任されていたのは陸遜でしたから、諸葛亮(孔明)は交流を深めておくべきと考えたのでしょう。

諸葛亮(孔明)は孫権の皇帝即位に祝意を表し、さらに忠告を添えました。呉が弱体化することは、蜀の北伐をより困難なものにしてしまいます。魏を牽制するためにも、呉には強くあってもらう必要があったのです。
しかし、その忠告は陸遜を困らせました。なぜなら陸遜の上司に関する苦言だったからです。
諸葛亮(孔明)が指摘した相手は、呉の大将軍である諸葛瑾と、その息子である諸葛格でした。諸葛亮(孔明)の実兄と甥になります。

格ハ性、疏ナルニ(諸葛格伝)

諸葛亮(孔明)は手紙で、甥の諸葛格には細かいことをおろそかにする性格があるのに、重要な糧食の司令官(節度官)に就かせていることが不安であり、それを見逃している兄の諸葛瑾は老いぼれてしまっていると記しました。そして、皇帝に進言して職務を変えるように忠告したのです。

陸遜は孫策の娘を娶っているので、孫氏一門に属しているとはいえ、大将軍の諸葛瑾は孫権から最も信頼されている臣でした。その息子の職務について口を挟むことは、さすがの陸遜にも難しい話です。下手をすると陸遜自体が孫権からの信頼を失ってしまう危険性があります。
もしかしたらそういった内部分裂を狙って、諸葛亮(孔明)が仕掛けてきた罠かもしれません。陸遜は慎重に考え、諸葛亮(孔明)の手紙をそのまま孫権に見せることにしました。余計な手を加えない方が得策と考えたのです。

皇帝・孫権が諸葛格を呼ぶ

孫権は諸葛格を呼び、現在の仕事が諸葛恪に適していないと進言している者がいると伝えます。諸葛格はそれが叔父の諸葛亮(孔明)の評言だとすぐに見抜きました。孫権は驚いて、なぜわかったのか尋ねると、諸葛格はそれが諸葛亮(孔明)の性格であり、些細なことまで気を配り、他人任せにできない点が弱点だと指摘しました。孫権はその言葉に喜んだようです。

諸葛格自身も今の職務に満足しているわけではなく、解任されても受け入れると述べています。孫権は興味を持って、ではどんな職務につきたいのかと問うと、諸葛格は「丹楊郡の統治を任せていただけたら、三年で四万の兵を調達してみせる」と豪語しました。

これには孫権も苦笑し、すぐには許可しません。失敗することが目に見えていたからです。険阻な地形を利用し、孫権の統治に抵抗する武装した民が住んでいる場所です。これまでも何人もの太守が大きな損害を出していました。統治に成功したのは、若い頃の陸遜だけだったのです。
つまり陸遜に匹敵する器量がなければ、丹楊郡の太守は務まらないことになります。失敗すれば父親である諸葛瑾の名に傷がつく恐れもあり、孫権はそれを配慮して許しませんでした。

再度直訴する諸葛格

自信満々の諸葛格としては却下されたことに納得がいきません。それを帰ってから口に出したので、父親や義兄(張承)の耳に入り、諸葛瑾も張承も諸葛格が一族を滅ぼすことになるだろうと不安になりました。
それでも諸葛格は実力行使で孫権に直訴し、屯田兵一万だけで解決してみせると大言は吐きます。孫権は無理だと思い、諸葛瑾も陸遜も同じ思いでしたが、諸葛格が執拗に願うので孫権は許可して丹楊郡太守兼撫越将軍の印綬を与えてしまいました。

陸遜は実際に統治の苦難を経験しているだけに、その困難さを理解しており、せめて軍資金だけは多く渡そうとして諸葛格を自宅に招こうと使いを出しましたが、心配無用と断られています。

諸葛格は赴任すると、不服従の民に攻撃しないことと、ひたすら防備を固めることを指示し、陣地を補修し始めました。収穫の時期になると不服従の民は下山して食物を奪っていくのですが、諸葛格がいち早く収穫を終わらせ、固めた陣地に収納したため、不服従の民は防備を崩すことができません。しかも帰順したら食物を与え、移住する場所も提供することや、帰順した者を逮捕することはないとことを布告しました。

布告の徹底によって心を慰撫する

もちろんそんな役人の言葉に何度も騙されてきた不服従の民は抵抗を続けますが、諸葛格が布告を徹底したために、帰順者が増えてきました。さらに頭目の周遺も、この布告を逆手にとろうと偽りの投降をします。
県長は周遺の帰順を危ぶみ、捕縛して諸葛格のもとに護送しました。諸葛格は、それに対して、官が民に示した約束自ら破っていたのでは、民の信用を得ることはできず、統治することもできなくなるとし、捕縛した県長を斬刑としました。

周遺は大いに驚きます。さらに諸葛格が周遺を残った不服従の民の説得の役に任じて、解放したために、周遺は感じ入り、必死に不服従の民を説得したため、最初の一年だけで帰順者が一万人に達しました。
諸葛恪は増えた人の力で開拓地を広げ、収穫を増やすのと同時に帰順者をどんどんと受け入れていき、三年目には四万の兵としました。誰もが不可能だと思った難業を諸葛格は見事やり遂げたのです。

まとめ・孫権から将来の丞相候補として大いに期待される

丹楊郡での諸葛格の功績は抜群なものがありました。
蜀とは同盟を結んでいるものの、魏とは交戦状態が続いており、内治のための余分な兵を割けない状況だったのです。そんな厳しい中を諸葛格は徳によって丹楊郡を治め、収穫量を増やし、兵力を増強したのですから文句のつけようもありません。
孫権は喜んで、諸葛格を威北将軍に任じ、都郷侯の爵位を与えました。

陸遜は諸葛格の我意の強さを懸念し、謙虚さを学ばせようと孫権に進言したために、諸葛恪はなかなか中央には戻れませんでしたが、地方の統治や魏との戦いで活躍し、陸遜の没後は大将軍となります。そして孫権が孫亮を太子としてからは、太子太傅に命じられ、孫権没後には全権を握ることになるのです。
しかし多くの先人たちが予言した通り、独断専行が過ぎた諸葛格は誅殺されてしまいました。

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。