記事総数:128  総PV数:196815

公開中の記事


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

虎や龍、鳳凰や狼などに例えられる三国志の英雄たちの中で、呉の大将軍である「諸葛瑾」もまた、特殊な動物に例えられました。はたして諸葛瑾は何の動物に例えられたのでしょうか?


三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志前半のターニングポイントになる、「督郵滅多打ち事件」。督郵に暴力を振るったのは張飛とされていますが、実は主犯は他にいるようです。


三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志演義では、劉備(玄徳)の最大の敵として君臨する「曹操」。まさに悪の象徴として描かれています。はたして曹操の悪のイメージはどのようにして確立されたのでしょうか?


三国志・曹操暗殺計画を企てた董承はどのような人物なのか?

三国志・曹操暗殺計画を企てた董承はどのような人物なのか?

三国志演義では善人としてのイメージが強い「董承」。献帝のために曹操暗殺計画を企てるのですが、はたしてどのような人物だったのでしょうか?


三国志・関羽の千里行、五関を突破し、六将を討つ!六将で一番強いのは誰?

三国志・関羽の千里行、五関を突破し、六将を討つ!六将で一番強いのは誰?

三国志演義の有名なエピソードに関羽の「千里行」があります。ここで関羽の行く手を阻むのが、関所を守る六将です。果たして六将で最も強いのは誰なのでしょうか?


三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志で最も有名な戦いが「赤壁の戦い」です。劉備(玄徳)、曹操、孫権が入り乱れた駆け引きを繰り返します。手に汗を握るシーンですが、勝利に導く東南の風を諸葛亮(孔明)はどうやって吹かせたのでしょうか?


三国志・10人を選んで最弱な国を築いてみよう

三国志・10人を選んで最弱な国を築いてみよう

三国志に登場する「君主」・「軍師」・「大将軍」・「丞相」・「部将」・「文官」を10人選んで、仮想で最弱国を築いてみました。さて、どんなメンバーになるのでしょうか?


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。


三国志・赤壁の戦いの際に曹操に帰順しようとして朱治に阻止された孫氏の重鎮

三国志・赤壁の戦いの際に曹操に帰順しようとして朱治に阻止された孫氏の重鎮

赤壁の戦いでは、曹操による強力な寝返り作戦があったことを御存じでしょうか?標的のひとりが、孫権の親族でした。三国志演義では語られなかった裏話をお伝えします。


三国志・一騎打ちの勝率が最も高いのは、なんと超脇役の馬岱だった!

三国志・一騎打ちの勝率が最も高いのは、なんと超脇役の馬岱だった!

一騎打ちは三国志演義の見せ場ですが、そこで最も勝率が良かったのが、蜀の武将「馬岱」です。なぜこのようなマイナーな武将がここまで活躍しているのか、その謎を追います。


三国志・曹操から信頼された夏候惇と夏侯淵の一騎打ちの経歴

三国志・曹操から信頼された夏候惇と夏侯淵の一騎打ちの経歴

曹操を支えた名将・夏侯惇と夏侯淵の三国志演義での活躍ぶりを振り返ってみましょう。はたしてどのような一騎打ちを演じているのでしょうか?


三国志・魏の名将である張郃が一騎打ちでほとんど勝てていないのはなぜか?

三国志・魏の名将である張郃が一騎打ちでほとんど勝てていないのはなぜか?

魏の名将である張郃、その功績は三国志正史にしっかりと記されています。しかし一方で、三国志演義ではその強さを発揮できずにいます。張郃の一騎打ちの戦歴を紐解いてみましょう。


三国志・なかなか優秀な姜維の一騎打ちの全貌

三国志・なかなか優秀な姜維の一騎打ちの全貌

諸葛亮(孔明)亡き後の蜀の主役は、諸葛亮(孔明)の後継者という扱いの「姜維」になります。姜維の武勇について振り返ってみましょう。


三国志・呂布の一騎打ちの対戦結果が意外にも悪いのはなぜか?

三国志・呂布の一騎打ちの対戦結果が意外にも悪いのはなぜか?

三国志最強の武将「呂布」。しかし、三国志演義に登場する呂布の一騎打ちの結果はイマイチです。その対戦内容を見ていきましょう。


三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

蜀の猛将「関羽」と「張飛」にはそれぞれ息子たちがいました。三国志演義ではその息子たちが、父親以上の活躍を見せているのです。 「張苞」と「関興」の一騎打ちの成績に注目してみましょう。


三国志・袁紹配下で最強レベル「文醜と顔良」の一騎打ち対戦成績は優秀だった!

三国志・袁紹配下で最強レベル「文醜と顔良」の一騎打ち対戦成績は優秀だった!

曹操のライバル・袁紹の配下で有名な武将といえば「文醜と顔良」でしょう。果たしてどれほど強かったのでしょうか?その一騎打ちの足跡を辿ります。


三国志・呉の武将の中で最も多くの一騎打ちを演じたのは甘寧だった

三国志・呉の武将の中で最も多くの一騎打ちを演じたのは甘寧だった

呉の武将の中で猛将と呼ばれる「甘寧」ですが、三国志演義で確認してみても、確かに素晴らしい武功をあげています。甘寧の一騎打ちの成果を見ていきましょう。


三国志・蜀の猛将・魏延の一騎打ちの勝率の低さに驚き!

三国志・蜀の猛将・魏延の一騎打ちの勝率の低さに驚き!

蜀を代表する猛将「魏延」。劉備(玄徳)からも、諸葛亮(孔明)からも認められた武勇を誇りましたが、意外にも三国志演義での一騎打ちの勝率はかなり低いのです。


三国志・徐庶はなぜ強烈なインパクトを放ちながら、一瞬で退場していったのか

三国志・徐庶はなぜ強烈なインパクトを放ちながら、一瞬で退場していったのか

劉備(玄徳)に諸葛亮(孔明)を推薦して陣営を去っていった徐庶。一瞬の登場でしたが、そのインパクトはまさに衝撃的でした。なぜ徐庶はここまで強烈なインパクトを放ちながら、すぐに消えてしまったのでしょうか。