春秋戦国時代 年表 キングダム 秦の始皇帝の時代の始まり

春秋戦国時代 年表 キングダム 秦の始皇帝の時代の始まり

キングダム 大将軍の帰還 始まりますね。楽しみにしていました。
今回は、秦の始皇帝「嬴政」が、中華統一を果たす流れについて記述しようと思います。映画、キングダムのキャストの性格とは若干違うかもしれませんが、参考程度に読んでみてください。


秦の始皇帝 キングダムでの嬴政

秦の始皇帝 キングダムでの嬴政

秦の始皇帝 キングダムでの嬴政

秦の始皇帝は、紀元前259年に父の子楚(荘襄王)が趙国の首都で人質として過ごしていた時に誕生しました。幼少期の名前は「嬴政」。その名前にはすでに、強力な未来が約束されているかのような響きがありました。

紀元前247年5月、荘襄王がわずか3年の治世の末にこの世を去ると、わずか13歳の嬴政が王位を継承しました。若き王を補佐するため、政治の実務は周囲の信頼できる人々に託されました。特に、相国として秦の政治を指揮したのは、才知溢れる呂不韋でした。

その頃、秦は戦国七雄の他の六国と絶えず熾烈な戦争を繰り広げていました。若き王嬴政の前には、果てしない戦乱の荒波が立ちはだかっていたのです。

紀元前238年、旧都雍城で成人の儀式が盛大に執り行われました。この瞬間、嬴政は正式に政務を執ることとなり、自らの手で未来を切り拓く覚悟を胸に刻んだのでした。歴史の新たな章が、ここに幕を開けたのです。

呂不韋

呂不韋

呂不韋

趙国の小商人・呂不韋。彼の策略が、後の秦の始皇帝を生み出す運命の歯車を回し始めたのでした。

その頃、秦の王族である子楚は、父の寵愛を失った母のために人質として趙国に送られていました。ある日、そんな子楚に声をかけたのが、呂不韋でした。「奇品は買っとけば、後で売れるぜ」と。

呂不韋は資金を提供し、子楚を名士たちと交流させる計画を立てました。そして、子楚の継母である華陽夫人に豪華な宝飾品を贈り、子楚を養子にするように促しました。華陽夫人は実子がおらず、夫の愛を失うことを恐れていました。その弱点を見逃さなかった呂不韋は、計画通り子楚を華陽夫人の養子にすることに成功しました。

さらに、呂不韋は子楚に美しい踊り子を紹介しました。しかし、この踊り子こそが呂不韋の愛人だったのです。やがて、子楚が秦の王位に即位すると、呂不韋の策略は一層の深みを増し、その踊り子が産んだ子供、政が後継ぎとなりました。そう、この政こそが後の始皇帝だったのです。

呂不韋の巧妙な策略は、歴史の流れを劇的に変え、新たな時代を切り開く鍵となったのでした。彼の手腕は、まさに歴史に狂瀾を巻き起こしたと言えるでしょう。

合従攻秦の戦い

合従攻秦の戦い

合従攻秦の戦い

秦を攻めた合従軍は、紀元前318年、紀元前298年から紀元前296年、紀元前247年、そして紀元前241年の計4度にわたる戦いを挑みました。すべての戦いは堅固な函谷関が戦場となり、その名を歴史に刻む壮絶な戦場となりましたが、合従軍は一度もこの難攻不落の関を突破することはできませんでした。

紀元前318年、公孫衍は魏、趙、韓、燕、楚の連合軍を率いて秦に侵攻しました。総大将は楚の懐王が務め、公孫衍は義渠を説得して合従軍に加えました。秦は綾絹1000匹と婦女100人を義渠に送り、脅威を和らげようと試みましたが、義渠の君主はこれを策略と見抜きました。義渠はこの機に乗じて出兵し、秦軍を李帛で大敗させました。しかし、合従軍の五国はそれぞれ異なる利害関係を持ち、実際に出兵したのは魏、趙、韓の三国だけでした。合従軍は函谷関を攻撃しましたが、秦軍に撃破されました。

紀元前317年、秦は庶長の樗里疾率いる軍が函谷関から出撃し、韓、趙、魏の軍に反撃しました。秦軍は修魚で趙・韓軍を大敗させ、韓将の申差を捕虜としました。この戦いで合従軍の8万2千人が斬首され、戦場は血の海と化しました。

これらの戦いは、まさに歴史に刻まれるべき壮絶な攻防戦でした。合従軍は幾度となく挑戦しましたが、秦の堅固な防衛と勇猛な軍勢により、突破することは叶いませんでした。戦場に響く兵士たちの叫びと刀剣の音が、歴史の一ページに鮮やかに描かれているのです。

秦の始皇帝 始まり

秦の始皇帝 始まり

秦の始皇帝 始まり

紀元前246年(秦始皇元年)  13歳の秦王 嬴政が即位しました。

※『キングダム』における信の「合戦」の初陣は次項 蛇甘平原の戦い!からです。

蛇甘平原の戦い(キングダム コミック 5~)

蛇甘平原の戦い(キングダム コミック 5~)

蛇甘平原の戦い(キングダム コミック 5~)

紀元前245年、王都奪還から3か月後、秦と魏の国境の地・滎陽(けいよう)を巡る争いが激化した。両軍はそれぞれ15万の兵を挙げ、戦局は一触即発の状態にあった。秦の城「丸城(がんじょう)」での敗北を機に、秦軍は滎陽への直接攻撃を決意し、総大将・麃公(ひょうこう)将軍の指揮のもと、兵を蛇甘平原へと進める。

麃公将軍は、魏軍の主力戦車隊が平地での戦闘に強みを持つことを見抜き、平地戦への誘いを受け入れた。彼は冷静に戦況を見極め、滎陽と亜水(あすい)の間にある蛇甘平原を戦場として選び、秦の歩兵をそこに配置する。

蛇甘平原では、すでに秦と魏の歩兵が激しい交戦を繰り広げていた。ここに、#大合戦の幕が上がった。

戦場は激しい戦火に包まれ、剣と盾の音が響き渡る中、麃公将軍はその勇猛さと戦略の才を発揮し、次々と魏兵を打ち倒していった。戦士たちは命を賭けて戦い、血と汗を流しながらも決して後退せず、彼らの士気は高まるばかりだった。

麃公将軍の指揮のもと、秦軍は見事な連携を見せ、魏軍を圧倒する。その勢いは止まることを知らず、戦いが進むにつれて次第に魏軍の防御は崩れていった。魏兵たちは次々と倒され、その数は累計3万人に及んだ。

この戦いの中、麃公将軍の声が戦場に響き渡る。「我らは秦国の未来を守るために戦っているのだ!」彼の言葉に勇気づけられた兵たちは、最後の力を振り絞り、魏軍を完全に撃破するまで戦い抜いた。

戦いが終わり、蛇甘平原には秦軍の勝利の歓声がこだました。麃公将軍は、兵たちと共にこの勝利を喜び合い、彼らの勇気と忠誠を称えた。この戦いは、秦国の歴史に刻まれる大きな勝利となり、未来への希望を抱かせるものとなった。

蛇甘平原「だかんへいげん」の戦いは、フィクションです。

馬陽の戦い 王騎の死 キングダム コミック 16 

馬陽の戦い 王騎の死 キングダム コミック 16 

馬陽の戦い 王騎の死 キングダム コミック 16 

キングダム 大将軍の帰還 の舞台でもある 馬陽の戦い は、戦国時代全体から見ると終わり頃、秦が他の六国を征服していく過程で、秦と趙の戦いとして描かれています。この時期は、おおよそ紀元前240年から紀元前230年の間にあたると考えられます。

ネタばれしないように後で加筆しますね。

函谷関の戦い ファイナル (キングダム コミック 25巻~)

函谷関の戦い ファイナル (キングダム コミック 25巻~)

函谷関の戦い ファイナル (キングダム コミック 25巻~)

趙・楚・魏・韓・燕の五カ国合従軍が秦国に攻め寄せる中、函谷関の戦いはその運命を決定づける場面となりました。この戦いは、秦国にとって絶体絶命の危機であり、まさに国家の存亡をかけた戦いでした。なぜなら、函谷関(かんこくかん)をなんとしてでも死守しないと、咸陽にまで攻め入られ秦が滅亡してしまうからです。

しかし、咸陽の街道を守る要衝・函谷関は、その名の通り難攻不落の砦でした。ここで秦軍は全力を尽くして五カ国連合軍を迎え撃ったのです。

「我らの士気は七転八起!負けるわけにはいかん!」
秦軍の士気を鼓舞する隊長の雄叫びが響き渡り、戦場は熱気と血の匂いで満たされました。合従軍の攻撃は熾烈を極め、何度も函谷関の壁を揺るがせましたが、秦軍は揺るぎない防御で応戦しました。

双方が策謀を巡らし、そして見破り、秦軍は巧妙な戦術で反撃を開始します。
壮絶な戦いの末、合従軍はついに撤退を余儀なくされました。

この函谷関の戦いで、秦はその底力を見せつけ、絶体絶命の危機を乗り越えました。
この勝利により、秦の天下統一への道が繋がったのです。
秦の始皇帝の最初の試練を乗り越えたのです。
この、歴史に刻まれた戦いは、まさに秦の始皇帝の前半の壮大なドラマの一幕となったのです。

嫪毐(ろうあい)と呂不韋の失脚

嫪毐(ろうあい)と呂不韋の失脚

嫪毐(ろうあい)と呂不韋の失脚

始皇帝の生母である趙太后の愛人、嫪毐(ろうあい)は、宦官に偽装して後宮に入り込み、次第に権力を増していきました。この策略的な男の物語は、秦の歴史において劇的な転機を迎えるものとなりました。

嫪毐は、呂不韋の手引きで宦官として後宮に潜入しました。彼は趙太后と親密な関係を築き、二人の子供をもうけました。この影響力を背景に、嫪毐は大勢の従者を集め、長信侯に封じられるまでに昇進しました。

しかし、嫪毐の野心はそれに留まらず、彼は秦王嬴政を廃位し、自身の息子を皇帝に擁立しようとクーデターを計画しました。238年、嫪毐はこの計画を実行に移しましたが、計画は失敗し、彼は処刑されました​ 。

この嫪毐の乱は、始皇帝の権力掌握に対する大きな挑戦となりましたが、この事件を契機に始皇帝は中央集権体制を強化しました。また、この乱に連座して呂不韋も失脚し、秦王嬴政は実権を完全に掌握することとなりました​​。

この一連の出来事は、秦国がさらに統一と強化を進めるための重要な節目となり、始皇帝の時代が本格的に始まることを象徴しています。

趙の黒羊丘攻略戦が開戦 ( キングダム  コミック 41)

趙の黒羊丘攻略戦が開戦 ( キングダム  コミック 41)

趙の黒羊丘攻略戦が開戦 ( キングダム  コミック 41)

趙に対する統一戦争

趙に対する統一戦争

趙に対する統一戦争

鄴の戦い

鄴の戦い

鄴の戦い

紀元前236年、秦国は中華統一への野望を胸に、趙国の首都・鄴(ぎょう)に向けて大軍を送り込みました。この戦いは、「鄴の戦い」として歴史にその名を刻み、中華統一への序章を彩る壮絶な攻防戦となりました。

趙の将軍、龐煖が燕に侵攻し、趙国内が手薄になった隙を突いて秦軍は進軍を開始しました。秦軍は名将・王翦(おうせん)を総大将に迎え、副将に桓騎(かんき)、末将に楊端和(ようたんわ)を擁立し、総勢60万の大軍で鄴を包囲しました。一方、趙国は名将・李牧(りぼく)を大将に迎え、地の利を活かした防衛戦に挑みました。

秦軍の圧倒的な兵力は鄴を包囲し、持久戦で趙軍を消耗させる戦略を採りました。しかし、李牧は巧みな戦術で秦軍の攻勢を次々と撃退し、戦いは長期化しました。王翦は持久戦の不利を悟り、桓騎に命じて趙国の補給路を断ち切らせます。これにより、趙軍は食糧不足に陥り、士気が低下し始めました。

追い詰められた趙国は、最終的に李牧を処刑し、廉頗(れんぽ)を総大将に任命しましたが、廉頗は秦軍の猛攻に耐え切れず、鄴は陥落。趙国は大きな打撃を受け、秦国による統一への道が大きく開かれました。

平陽の戦い

平陽の戦い

平陽の戦い

紀元前234年、秦国は趙国の重要拠点である平陽を目指して進軍を開始しました。この戦いは、「平陽の戦い」として知られています。

戦争の始まり
秦の将軍、桓齮(かんき)は平陽へ直行し、趙国の将軍扈輒(こぜつ)と対峙しました。趙軍は平陽を守るために必死の防衛を試みましたが、桓齮率いる秦軍は強力な攻撃を仕掛け、趙兵10万人を城外で斬首しました。この圧倒的な勝利により、秦軍は趙の将である扈輒を討ち取りました。

さらなる進撃
翌紀元前233年、桓齮は再び出兵し、宜安、平陽、武城の三城を攻略しました。再び趙軍を打ち破り、その将を討ち取ることで、趙国はさらに10万以上の兵を失いました​ (Wikipedia)​​ (Wikipedia)​。

戦いの影響
この一連の戦闘により、趙国は大きな打撃を受け、秦国は中国統一への道をさらに進めることとなりました。この戦いでの勝利は、若き始皇帝が戦場での経験を積み、指揮官としての資質を磨く重要な機会となりました。

肥下の戦い

肥下の戦い

肥下の戦い

趙国の名将・李牧が秦の猛将・桓騎を打ち破る、ドラマチックな逆転劇!

紀元前233年、中国大陸を統一すべく勢力拡大を続ける秦国は、趙国の重要な拠点である肥下を目指して侵攻を開始しました。この肥下の戦いは、趙国の名将・李牧(りぼく)が秦の猛将・桓齮(かんき)を打ち破る、まさにドラマチックな逆転劇と言えるでしょう​​。

秦軍の圧倒的兵力
秦軍は、桓齮率いる大軍を投入し、太行山を越えて趙の深部に侵入しました。趙国は、名将・李牧を迎えて防衛戦に挑みます。李牧はその戦略と知略で知られ、趙国の防衛を指揮しました。

桓齮の侵攻と趙軍の防衛
桓齮は、赤麗と宜安(現在の河北省石家荘市藁城区)を占領し、趙軍と対峙します。激しい戦いが繰り広げられ、李牧率いる趙軍は巧妙な戦術で秦軍に立ち向かいました。戦局は次第に秦軍の不利へと傾いていきました。

李牧の秘策と秦軍の敗北
李牧は、桓齮の侵攻を予見し、策略を巡らせていました。趙軍は意図的に撤退し、秦軍を包囲網に誘い込みます。その後、一斉に反撃を開始し、形勢は一気に逆転しました。秦軍は混乱に陥り、桓齮の率いる軍は大敗を喫しました​ ​。

桓齮の戦死と趙国の勝利
桓齮は撤退を試みるも、趙軍の包囲から逃れることができず、最終的に戦死しました。桓齮の死によって秦軍の士気は崩壊し、趙軍は大勝利を収めました。この戦いの勝利により、李牧は武安君に封じられ、趙国は一時的に秦の脅威を退けることができました​​。

肥下の戦いは、秦国にとって初めての大きな敗北であり、趙国にとっては大勝利となりました。

韓非と李斯の物語

韓非と李斯の物語

韓非と李斯の物語

権力への執着は時に人々を無慈悲な行動へと駆り立て、悲劇を生むことがあります。権力を求める者は時として策略を重ね、他者を陥れようとします。しかし、そうした行為は結果的に多くの犠牲を生むだけです。

紀元前233年、秦国。 法家思想家として知られる韓非は、秦王・嬴政に仕えていました。しかし、その才能と影響力を恐れた同僚の李斯は、韓非を排除しようと画策します。

李斯は、韓非が秦に投降していた韓王・安と通謀しているという偽の密書を作成し、秦王に提示します。怒りに震えた秦王は、韓非を投獄し、拷問にかけます。拷問に耐え切れなくなった韓非は、罪を認めてしまいますが、後に自分が罠に嵌められたことに気づきます。しかし、彼の訴えは聞き入れられず、絶望した韓非は自害へと追い込まれます。

韓非の死後、李斯は丞相に任命されます。 彼は法家思想に基づき、法治国家の構築に尽力し、中央集権化を進め、秦国を強大な統一国家へと導きました。

しかし、李斯の功績の裏側には、冷酷な策略と権力への執着が潜んでいました。 彼は、自身の目的のためには手段を選ばず、韓非という才能ある人物を犠牲にしました。

実際、韓非と李斯の関係については、諸説あるようです。
李斯が韓非を自害に追い込んだという説は、史実かどうかは定かではありません。

番吾の戦い

番吾の戦い

番吾の戦い

紀元前232年、中国大陸を統一すべく勢力拡大を続ける秦国は、趙国の重要な拠点である番吾を目指して侵攻を開始しました。この番吾の戦いは、秦国の名将・王翦(おうせん)と趙国の名将・李牧(りぼく)が激突した、まさに壮絶なドラマと言えるでしょう。

秦軍は、王翦率いる25万の大軍を投入しました。一方、趙国は李牧を大将に迎え、迎え撃ちます。王翦はその巧妙な戦略で知られており、今回もその手腕を発揮します。

王翦は、直接番吾を攻めるのではなく、まず周辺の城を攻略し、趙軍を孤立させる戦術に出ました。彼は着実に領土を広げ、趙軍を包囲網に追い込んでいきます。王翦の戦略は、敵を疲弊させ、勝利を確実にするためのものでした。

しかし、李牧は、王翦の猛攻を巧みな戦術で幾度となく撃退しました。しかし、兵力差が不利に働く趙軍は徐々に追い詰められていきます。李牧の防衛戦は、彼の戦略的才能を示すものであり、秦軍を一時的に食い止めました。

秦王は、王翦の苦戦に業を煮やし、李牧を捕らえるように命じました。しかし、李牧は部下の反逆によって捕らえられ、処刑されてしまいます。この悲劇的な結末は、李牧の忠誠とその最後の戦いを象徴しています。

紀元前229年 王翦の巧妙な策略

王翦は、李牧を排除するために、次のような巧妙な策略を立てます。

趙王に李牧が反逆を企てていると讒言する
趙王に李牧を処刑させる
李牧の死によって趙軍の士気を低下させる
李牧の悲劇的な最期

王翦の策略は、見事に成功しました。趙王は李牧の讒言を信じ、李牧を処刑してしまいます。李牧の死は、趙軍にとって大きな打撃となり、士気は大きく低下しました。李牧の後任には、司馬尚(しばしょう)が任命されました。しかし、司馬尚は李牧ほどの才能はなく、秦軍に対抗することができませんでした。

趙国の失墜

王翦率いる秦軍は、李牧の死によって士気を低下させた趙軍を次々と撃破していきます。趙国は城を落とされ、領土を奪われていきます。

李牧の死によって趙軍は士気を失い、番吾は陥落しました。この戦いは、秦国にとって趙国征服への大きな一歩となりました。秦国はこの勝利を足掛かりに、中国統一への道をさらに進めることとなります。

韓の滅亡 紀元前230年

韓の滅亡 紀元前230年

韓の滅亡 紀元前230年

紀元前230年、秦の軍神・内史騰が韓を滅ぼす! 韓王の降伏、そして韓の滅亡!
紀元前230年、中国大陸を統一すべく勢力を拡大し続ける秦国は、ついに韓王国にその牙をむけました。秦王・嬴政(えいせい)は、名将・内史騰(ないしてん)に10万の大軍を授け、韓の国都・新鄭(しんせい)攻めを命じました。

黄河を南下する秦軍
内史騰率いる秦軍は、威風堂々と黄河を南下し、新鄭を目指します。圧倒的な兵力差を前に、韓軍は戦意を喪失し、次々と城を明け渡していきました。秦軍の進撃は止まることを知らず、韓の守備隊は次第に追い詰められていきます。

新鄭攻防戦
新鄭は、韓の最後の希望を託された堅固な城でした。しかし、秦軍の猛攻の前に新鄭の城壁は次第に崩れていきます。内史騰の巧妙な戦略と指揮のもと、秦軍は城を包囲し、持久戦に持ち込みました。城内の物資が尽きると、韓王・安(あん)はついに捕らえられ、降伏を余儀なくされました。

韓の滅亡
紀元前230年、韓王国は滅亡しました。韓の旧領は秦の潁川郡(えいせんぐん)となり、秦国の版図は大きく広がりました。この征服により、秦国はさらなる強大な勢力となり、中国統一への道を大きく進めました。

趙の滅亡 紀元前228年

趙の滅亡 紀元前228年

趙の滅亡 紀元前228年

紀元前229年、趙の滅亡:連合の崩壊、天災の襲来、そして策略の行方
紀元前229年、中国大陸は激しい動乱の中にありました。秦国の勢力が拡大する中、趙国は斉との連合を試みましたが、その情報が漏洩し、さらに旱魃や地震といった天災が追い打ちをかけました。これを好機と捉えた秦国は、趙国への侵攻を開始しました。

李牧の悲劇と趙の動乱
趙国の名将、李牧はその卓越した軍略で秦軍を幾度も撃退していました。しかし、秦によって買収された重臣・郭開の讒言により、李牧は冤罪を着せられ処刑されてしまいます。また、司馬尚も更迭され、趙国の防衛は大きな打撃を受けました。

幽繆王の最後の抵抗
幽繆王は、趙葱と顔聚を率いて秦軍を迎え撃ちましたが、壮絶な戦いの末に敗北。趙葱は戦死し、趙国の防衛線は崩壊しました。紀元前228年、ついに趙国の首都・邯鄲は陥落し、幽繆王と顔聚は捕虜となり、趙は滅亡しました。

秦王政の冷酷な処置
秦王政は生まれ故郷である邯鄲に入城し、母の太后の実家と揉めていた者たちを生き埋めにするという冷酷な処置を取りました。その後、秦へと戻り、さらなる統一への道を進みました。

代国の成立
一方、趙国の大夫らは代の地に逃れ、幽繆王の兄である趙公子嘉を擁立して代国を建国しました。これにより、趙国の残党は一時的に抵抗を続けることとなりました。

燕の策略 刺客荊軻(けいか)による暗殺未遂事件

燕の策略 刺客荊軻(けいか)による暗殺未遂事件

燕の策略 刺客荊軻(けいか)による暗殺未遂事件

燕の滅亡:荊軻の壮絶な暗殺未遂と秦の怒り
紀元前227年、中国大陸の統一を目指す秦国は、燕国への侵攻を開始しました。秦王・嬴政(えいせい)の圧政に苦しむ燕国の太子・丹(たん)は、暗殺者荊軻(けいか)に秦王暗殺を依頼することを決意しました。

荊軻の決死の覚悟
荊軻は、秦舞陽(しんぶよう)という少年を伴い、秦王への謁見に臨みました。彼は、督亢(とくごう)の地図と秦の裏切り者・樊於期(はんうき)の首を献上し、秦王の信頼を得ようとしました。

謁見の間での壮絶な攻防
荊軻は地図を広げるふりをして、隠し持っていた匕首(ひし)を抜き、秦王に襲いかかりました。しかし、秦王は襲撃を避け、荊軻は捕らえられました。

秦の怒りと燕国の悲劇
秦王は荊軻の暗殺未遂に激怒し、燕国への総攻撃を命じることになります。

魏の滅亡 紀元前225年

魏の滅亡 紀元前225年

魏の滅亡 紀元前225年

魏の滅亡:壮絶な水攻めと魏王の降伏
紀元前225年、中国大陸の統一を目指す秦国は、ついに魏国に最後の牙をむきました。秦王・嬴政(えいせい)は、名将・王翦(おうせん)の息子である王賁(おうひん)に60万の兵を授け、魏国攻めを命じました。

王賁の圧倒的な兵力
王賁率いる秦軍は、圧倒的な兵力で魏国に侵攻しました。魏王・假(け)は、国都・大梁(だいりょう)に籠城し、秦軍の猛攻を耐えようとします。秦軍の進撃は速く、魏軍は次々と敗北を喫し、大梁へと追い詰められます。

壮絶な水攻め
王賁は、大梁を包囲し、水攻めを仕掛けました。大梁は黄河のほとりに位置しており、王賁は黄河の支流をせき止め、大梁を水没させるという作戦を実行します。この大胆な作戦は、魏の防衛を崩壊させる決定打となりました。

魏王の苦境
水攻めによって、大梁は徐々に水没していきます。城内の食料や水が不足し、市民たちは苦しみ始めます。魏王もまた、絶望的な状況に追い込まれていきます。市民の絶望と恐怖が日々増していく中、魏の抵抗は次第に弱まりました。

魏王の降伏
ついに、魏王は降伏を決意します。王賁は、魏王の命を助けることで降伏を受け入れ、魏国を滅亡させました。

楚の滅亡 紀元前223年

楚の滅亡 紀元前223年

楚の滅亡 紀元前223年

楚の滅亡:壮絶な戦いと戦略の結末
紀元前223年、中国大陸を統一しようとする秦国は、ついに楚国にその牙を向けました。秦王・嬴政(えいせい)は、楚を征服するための準備を進め、その戦略を慎重に練りました。

戦略の違いと初期の勝利
紀元前225年、秦王嬴政は、対楚戦にどれだけの部隊が必要かを将軍たちに諮問しました。若き将軍・李信は「20万で充分」と答え、一方で老練な将軍・王翦は「60万が必要だ」と述べました。嬴政は王翦の意見を耄碌したものと捉え、李信の案を採用して侵攻を命じました。

李信は総兵数20万を二つの部隊に分け、自らは平輿(現在の河南省駐馬店市平輿県)で、蒙恬は寝丘(現在の安徽省阜陽市臨泉県)で楚軍に大勝しました。さらに、李信と蒙恬は楚の首都郢(寿春、現在の安徽省淮南市寿県)周辺を攻め、再び楚軍を破りました。

楚軍の反撃と敗北
しかし、城父で李信と蒙恬が合流したところを、三日三晩追跡してきた項燕が指揮する楚軍に奇襲され、2カ所の塁壁を破られ、7人の武将を失う大敗を喫しました。この「城父の戦い」での敗北は、秦軍にとって大きな挫折となりました。

王翦の大軍と楚の最期
紀元前224年、秦の武将・王翦が再び登場し、60万の大軍を率いて楚に進攻しました。王翦は堅守・不出の戦術を採用し、項燕の防備に隙ができるように仕向けました。その後、項燕の軍を奇襲して楚軍を大破しました。楚王負芻は捕虜となり、項燕は淮水以南で楚の公子昌平君を擁立して抵抗を続けました。

楚の滅亡とその後
紀元前223年、王翦と蒙武は楚軍を追撃し、昌平君・項燕ともども戦死させました。これにより、ついに楚は滅亡し、秦国の九江郡となりました。翌年、秦はさらに兵を動員し、王翦と蒙武は楚の江南を平定しました。さらに東越の王を降し、会稽郡を設置することで、秦国の版図はさらに広がりました。

燕の滅亡 紀元前222年

燕の滅亡 紀元前222年

燕の滅亡 紀元前222年

燕の滅亡:王賁の猛攻と壮絶な遼東侵攻
紀元前222年、中国大陸を統一すべく勢力を拡大し続ける秦国は、ついに燕国と代国に最後の牙をむきました。秦王・嬴政(えいせい)は、名将・王翦(おうせん)の息子である王賁(おうひん)に30万の兵を授け、遼東侵攻を命じます。これは秦の統一戦争における決定的な瞬間の一つでした。

王賁の圧倒的な兵力
王賁率いる秦軍は、圧倒的な兵力で燕国と代国に侵攻しました。燕王・喜(き)と代王・嘉(か)は必死に抵抗しましたが、秦軍の猛攻の前に成す術もなく、次第に追い詰められていきました。

壮絶な戦闘と捕虜
遼東の戦いは壮絶を極め、燕軍と代軍は激しく抵抗しましたが、王賁の巧妙な戦略と圧倒的な兵力により、彼らは次々と敗北を喫しました。ついに、王賁は燕王と代王を捕虜とし、燕国と代国を滅亡させました。この勝利により、秦国は遼東地方を完全に制圧することに成功しました。

斉の滅亡 紀元前221年

斉の滅亡 紀元前221年

斉の滅亡 紀元前221年

斉の滅亡:壮絶な最期と中国統一への道
紀元前221年、中国大陸を統一せんとする秦国の力は、ついに斉国へと向けられました。この時点で、斉国はもはや孤立し、他の五国(韓・趙・魏・燕・楚)が次々と滅ぼされていく様をただ見守るしかありませんでした。

内部の混乱と策略
斉の衰退は、前265年に襄王が死去し、田建が即位した時から始まりました。田建の即位後、母の君王后が政務を補佐しましたが、前249年に彼女がこの世を去ると、族弟の后勝が執政を握りました。后勝は秦から賄賂を受け取り、斉国の政策を秦に有利なものに変えてしまいました。田建は后勝の言葉を信じ込み、軍事力の強化を怠りました。

秦の侵攻と斉の崩壊
五国が次々と滅亡していく中、田建は秦の侵攻を恐れ、軍隊を西部の辺境に集結させました。しかし、紀元前221年、秦王政は王賁に斉の攻略を命じました。王賁は斉軍の主力が集結した西部を避け、元燕の南部から南下し臨淄へと進軍しました。斉軍は北面からの突然の侵攻に驚き、不意を突かれて瓦解しました。

最期の瞬間
田建は降伏し、斉国は滅亡しました。田建は魏の旧領の500里の邑へと移されましたが、そこで食糧を絶たれ、餓死しました。秦国は斉の地に斉郡と瑯琊郡を設置し、これをもって中華を統一しました。これにより、秦朝という統一王朝が誕生し、中国史における新たな章が始まったのです。

参考文献
Wikipedia: Battle of Handan
Wikipedia: Qin Shi Huang
Wikipedia: Lao Ai
Wikipedia: Jing Ke
China Highlights: The Warring States Period
Smithsonian Magazine: This Chinese Emperor Was Betrayed by His Mother's Lover
ThoughtCo: Biography of Qin Shi Huang, First Emperor of China





この記事の三国志ライター

映画キングダムを見て、春秋戦国時代に興味を持ちました。

関連するキーワード


キングダム 大将軍の帰還

関連する投稿


どっちが凄い?三国志VSキングダム徹底比較!ちなみにどっちが先?

中国で戦国時代は何度も存在しましたが、その中でも最も有名なのが三国志と言えるでしょう。しかし昨今では超人気漫画キングダムの台頭により、秦の始皇帝の時代の争いにもフォーカスが当たるようになりました。ここではその時代と三国志の時代の豪傑の架空対決をしてみたいと思います。ちなみに 三国志 キングダム どっちが先?


どっちが凄い?三国志VSキングダムその2

前回三国志とキングダムの登場人物を引き合いに出してどちらが凄いかという架空対決を行いました。今回はその2弾です。前回は4勝3敗1分けで三国志が勝ちとなったわけですが、今回はどうなることでしょう。


三国志の武将とキングダム 登場人物の類似、相関図!

昨今のキングダムブームで中国の歴史に興味を持ったという人は多いと思います。そういった人は始皇帝の時代だけでなく三国時代にも目を向けてみませんか。ここでは手始めにキングダムの登場人物に似ている三国志の武将をピックアップして相関・類似としてまとめました。キングダム 登場人物 相関図の 参考に!


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


春秋戦国時代 年表 と キングダム の世界 

三国志、三国時代の前には、キングダムの世界があり、その前から脈々と続く、面白い中国の歴史に出会いました。 夏→商→周→春秋戦国時代→秦→漢→三国時代  時系列 に順を追って 春秋 戦国 時代 年 表 も一緒に学びましょう。


最新の投稿


赤兎馬とは? 三国志初心者必見 三国志における名馬の物語

赤兎馬とは、三国志演義などの創作に登場する伝説の名馬で、実際の存在については確証がなく、アハルテケ種がモデルとされています。体が大きく、董卓、関羽、呂布など、三国時代の最強の武将を乗せて戦場を駆け抜けました。


パリピ孔明 第10話 関羽の千里行

ついに大型音楽フェス・サマーソニア当日を迎えた最終話。 英子は、BBラウンジから会場に向かうが、交通トラブルで会場への道が塞がれ、英子はステージにたどり着けなくなってしまう。これらは前園ケイジによる数々の妨害だった。 その頃、ステージではケイジのライブが始まろうとしていた。


パリピ孔明 第9話 東南の風 イースト・サウス

BBラウンジのオーナー・小林に恨みを持つケイジは、英子を大手レーベルに移籍させようと画策している。 孔明と英子は、ケイジの妨害を阻止するため、彼と対決することに。 勝負の鍵を握るのは、活動休止したロックバンド、イースト・サウスだった。


パリピ孔明 第8話 五丈原の戦い

英子の原点と、小林の過去が明かになる。英子は、幼い頃から歌が好きだったが、母親に反対され、歌うことを諦めかけたことがあった。 小林は、かつてバンドを組んでおり、ギターを弾いていたが、ある事件をきっかけに、ギターから足を洗っていた。 英子の歌声に心を動かされ、再びギターを手に取ることに。


パリピ孔明 第7話 祖茂の身代わり

英子は、デビュー曲「DREAMER」でサマーソニアの出場権を獲得し、夢を叶える一歩を踏み出した。 しかし、サマーソニアで歌う新曲を用意しなければならず、孔明は英子とKABE太人に、新たな試練を与える。そして、もうひとつの罠も待ち構えていた!?