えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


趙雲--最も演義で出世した?

正史と演義で一番差がある人物は趙雲でしょう。「趙雲ファンは正史を読むな」とまで言われています。演義での趙雲の活躍として代表的なのは
・長坂橋の戦いで阿斗を抱いて一騎で曹操軍を突破する。
・孫夫人との結婚式で劉備(玄徳)を護衛する。
・孫夫人が後に連れ帰ろうとする阿斗を取り戻す。
・漢中攻防戦で一騎で曹操軍を引きつけた後に撃退して、劉備(玄徳)に「趙雲は全身が肝っ玉」と称賛される。
・夷陵の戦いで朱然を討ち取り劉備(玄徳)の危機を救う。
・北伐で敵将の多くを討ち取り、街亭の戦いで敗れた後も兵をよくまとめて引き上げて、諸葛亮に称賛される。
などなど、数え上げればキリがありません。一方、正史での記載は
・長坂橋の戦いではぐれた劉備(玄徳)の家族である阿斗と甘夫人を保護した
・北伐において箕谷の戦いで曹真に破れたが、趙雲はよく兵をまとめて退却したので、大損害とはならなかった。
位なものです。ほとんどの活躍は演義での創作です。
趙雲が劉備(玄徳)の配下になったのは、公孫瓚が劉備(玄徳)を陶謙・田楷への援軍として、趙雲を共に派遣してからです。そして、死亡するのは演義と同じく第一次北伐の後、その間は30年以上です。そんなにも長い間劉備(玄徳)・劉禅の二人に仕えていたということで、蜀漢を正当とする演義では趙雲がスーパースターのように書かれたのでしょう。趙雲が好きな人は演義でストップするほうが夢が壊れなくて良さそうです。

馬超--活躍したのは劉備(玄徳)軍に入る前

馬超も演義と正史では大きく差がある人物です。演義では
・董卓の残党、李傕・郭汜軍に馬騰に率いられて挑むも敗れる。
・親(馬騰)の敵である曹操に復讐戦を挑むも、賈詡の離間の計に敗れる。
・劉璋への援軍として益州にやってきて、張飛と壮絶な一騎打ちを行い、その後、劉備(玄徳)に帰順する。
・漢中に張飛とともに攻め入る。
・夷陵の戦い、南蛮行の間、蜀漢の留守を守る。
などのシーンが印象的です。特に曹操との対立が強調されています。
ところが、正史では
・馬騰と韓遂が争った際、馬超も出陣していたが、曹操の仲裁で休戦する。
・曹操の要請で袁紹の甥である高幹を、龐徳を引き連れて討伐する。
など、曹操に大いに助けられ、また、曹操のために働いています。ですが、曹操との対立、合戦は創作ではありません。演義と同様、韓遂と同盟し、曹操軍に対して合戦を挑みます。ところが、そのきっかけが演義とは正反対です。演義では父(馬騰)・弟(馬休・馬鉄)が曹操に殺されたので復讐戦を挑みますが、正史では都に父・弟が住んでいる状態で、合戦を仕掛けます。その際、韓遂に
「私も父を捨て、今後は韓遂殿を父とします。韓遂殿も都に住む子を捨て、私を子としてください。」
と、自分から父を見捨てます。当然、その後、父・弟は曹操によって処刑されます。演義での馬超は情に厚い人物ですが、正史においては自分の野心のために、非常に残酷になる人物でした(当時はそれが珍しくなかったのかも知れませんが)。この合戦で、賈詡の離間の計によって、馬超が敗れるのは演義と同様です。
その後は正史でも、劉璋の援軍として益州に入り、劉備(玄徳)に帰順します。張飛との一騎打ちは完全に創作ですが。劉備(玄徳)の益州支配後は漢中へ攻め入ります。馬超の功績は演義と同じく、大して上がっていません。
馬超の演義と正史の差でもう一つ大きいのは死亡時期です。演義では、諸葛亮の南蛮行の後、病死とありますが、正史では劉備(玄徳)より早く死亡しています。その際に、一族の生き残りである馬岱のことを劉備(玄徳)に頼んでいます。なので、夷陵の戦い、南蛮行の間、留守を守っていたというのも演義の創作です。
正史において、馬超は記載は多いですが、劉備(玄徳)軍としてではなく、自分や父(馬騰)の野望や合戦におけるものが大部分です。

諸葛亮--局地戦より外交戦

諸葛亮は演義では天才軍師として描かれています。
・夏侯惇10万の軍勢を瞬殺
・孫権と周瑜を手玉に取り、赤壁の戦いを起こし、曹操軍を撃破
・漢中攻防戦で将兵を起用し、曹操軍を撃退し、漢中を支配
・北伐で曹真・張郃を撃破
これらの殆どは演義の創作です。そもそも、諸葛亮は将軍の位をもらってはいましたが、益州攻略・漢中攻防戦での、劉備(玄徳)の軍師は龐統・法正が中心でした。諸葛亮はどちらかというと、劉備(玄徳)たちが出兵した後の、留守を守る役が多かったです。諸葛亮が政治・軍事の全権を握るのは劉備(玄徳)の死後です。そして、諸葛亮は馬謖を起用して張郃に敗れる、司馬懿と戦い、結局退却に追い込まれていることなどから、正史の作者陳寿は
「諸葛亮の政治は公平でみんな納得して従っていたが、用兵は得意ではなかったのではないか」
と記述しています。
では、諸葛亮は戦争において無能だったのでしょうか?そんなことはありません。古今東西、戦争において最も大切なのは、第三者を味方につけることです。日本の歴史を見ても、源頼朝、足利尊氏、徳川家康、みんな豪族や大名を味方に付けて、戦争をし、勝ち抜いて天下を取っています。諸葛亮の軍事的行動として最も大きいのが孫権軍との同盟です。
・赤壁の戦いの前、自ら魯粛と共に孫権の元へ行き同盟
・伊籍を孫権の元へ派遣し、荊州の一部を譲り、同盟を維持
・夷陵の戦いの後、鄧芝を孫権の元へ派遣し、同盟締結
天下三分の計を掲げる諸葛亮は、強大な魏に対抗するため、孫権軍と劉備(玄徳)軍の同盟に拘ります。そして、諸葛亮の生きている間、死んでからも暫くの間は、呉と蜀漢が共に健在であり、強大な魏に対抗し続けることが出来たのです。

劉備(玄徳)--実は正史のほうがかっこいい??

劉備(玄徳)は演義では、張飛の暴れん坊っぷりに手を焼きながら、
・漢王朝に忠実
・世話になった人に報いる
・配下や民衆に優しい
などの道徳の教科書に出てくるような人物として書かれています。そこが良いと感じる読者も多くいるでしょうが、逆に偽善者っぽく見えたり、もどかしくも感じます。
ところが、正史の劉備(玄徳)は全く違います。まず、張飛の代表的なエピソード
「賄賂を求めてきた役人を気に縛り付けて鞭打つ」
ですが、正史でこれを行ったのは劉備(玄徳)です。大人しい劉備(玄徳)のイメージがあっという間に崩れます。
その後、曹操が呂布を倒すと、劉備(玄徳)は都で曹操に厚遇されます。高い位を与えられ、宴や車で座る時には曹操と同格の位置に座って良いという扱いでした。ところが、劉備(玄徳)は袁術討伐後、その曹操をあっさり裏切ります。その事自体は演義でも一緒なのですが、「漢王朝復興のため、逆賊曹操に対抗する」という背景のある演義では正義の行動でしたが、献帝を擁しており、曹操が官軍である正史においてはただの反乱です。野心家・恩知らずと言われても仕方ない行動です。
このように正史の劉備(玄徳)は聖人君子である演義と比べると、非常に荒っぽいです。ですが、そこに人間味を感じることが出来、魅力的に映ります。

関連する投稿


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

三国志で天才的な人物と言えば、諸葛亮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そんな諸葛亮も何度となく失敗をしています。実は、蜀が滅亡したのは、諸葛亮のせいだと主張する方もいるのです。そこで今回は、諸葛亮の失敗にスポットライトを当ててみたいと思います。


なかなか聞けない三国志の常識を一挙公開

なかなか聞けない三国志の常識を一挙公開

「三国志」ってよく聞くけどいったいどういう物なのかイマイチ分からない。もしくは「曹操(孟徳)が劉備(玄徳)を倒して天下統一を果たしたんだよね?」という人は少なからずいるとおもいます。他国の歴史なので知らなくてもそこまで恥ずかしいものではないかもしれませんが、ここでは「三国志においてまず知っておくべきこと」についてまとめてみました。三国志入門なのでここから三国志の世界を知ってもらえたら幸いです。


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

虎や龍、鳳凰や狼などに例えられる三国志の英雄たちの中で、呉の大将軍である「諸葛瑾」もまた、特殊な動物に例えられました。はたして諸葛瑾は何の動物に例えられたのでしょうか?


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。