三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


蜀の登場人物

劉備(玄徳)・・・初代皇帝。仁徳があり一騎当千級の猛者たちを味方につけ魏、呉と共に三国の一国を形成しました。家族よりも仲間思い。三国志演義では主人公的存在で正義という言葉がぴったりな人物です。

関羽(雲長)・・・前将軍。劉備(玄徳)の義兄弟として彼を支え、三国志最強の武将の一人とされた。忠誠心の塊のような男。商業の神としてもあがめられていて、中華街などでも祭られています。

張飛(翼徳)・・・車騎将軍。劉備(玄徳)の義兄弟で、1万の兵に匹敵する豪傑と言われた。しかし酒を飲むとどうしようもなく失態も多いです。強いのにパワハラがひどく最終的に部下に殺されるなどマイナス要素の方が目につきます。

諸葛亮(孔明)・・・丞相。天才軍師として数々の手柄を上げ、蜀を強豪国へと押し上げました。細かい性格で、自分で何でもしようとするきらいがあります。三国志一の天才としてあがめられるが度々行った北伐については賛否両論が起こっています。

趙雲(子龍)・・・鎮軍将軍。単騎で敵に乗り込む無敵の将軍。武力に秀でている上、命令に対し文句を言わないため最も使える将軍。趙雲(子龍)は中国でも人気があり、短所があまり見当たらない優れた人物です。

馬超(孟起)・・・驃騎将軍。果敢に曹操(孟徳)に挑むも撃退され蜀の一員となる。FAで加わったスラッガー的存在。蜀に来る前までは勇猛果敢な豪傑と言ったところだが、蜀に来た後はパッとした働きをしていません。

龐統(士元)・・・軍師中朗将。諸葛亮(孔明)と並び称されていた天才軍師。力を発揮する前に亡くなったため能力は未知数。「鳳雛(龐統のこと)か伏龍(諸葛亮(孔明)のこと)のどちらかを手に入れたら天下統一ができる」という噂は誇張しすぎかもしれません。

魏の登場人物

曹操(孟徳)・・・魏王。三国志一の英傑と称されるほどの君主。日本でいう織田信長的存在で戦の天才。非情なことをするが誰よりも戦術眼に優れていてスカウティングに最も力を入れていた人物です。

司馬懿(仲達)・・・丞相。天才諸葛亮(孔明)に対し絶対負けない地味な戦術をとる。最終的にはクーデターを起こし、魏を乗っ取る三国志一の成功者。彼にとっては「死せる孔明生ける仲達を走らす」という一時の恥はどうでもいい話だったことでしょう。

張遼(文遠)・・・前将軍。赤壁の戦い後、呉から攻め込まれる際に侵入を防ぐ守り神
守りの戦をさせたら一番頼りになる。元々魏の将軍ではなかったにもかかわらずここまでの成果を出したため曹操(孟徳)は笑いが止まらなかったことでしょう。

夏侯惇(元譲)・・・大将軍。曹操(孟徳)を初期から支えた根性のある将軍。まったくひるまないので誰よりも頼りになる部下です。

荀彧(文若)・・・光禄太夫。幾度となく曹操(孟徳)に知恵を与え、魏を盛り立てた。魏の黒幕的存在のブレーン。彼がいなかったらあそこ迄早く魏が強豪国にならなかったのではないかと思っています。

呉の登場人物

孫堅(文台)・・・破虜将軍。江東の虎と称され知勇に優れた将軍。自信過剰だったためか強かったがあっさり死んでしまいました。不運な面が多々あり、自分の力とは別にいろいろなところで足を引っ張られているなという印象を受けます。

孫策(伯符)・・・討逆将軍。わずか3千の兵で連戦連勝を重ね呉の礎を築いた小覇王。若くして亡くなったが弟にバトンをうまく引き継ぐことができたため呉を強国にすることに成功しました。若くして亡くなりましたが、長生きしていれば本当に覇王になっていたのではないかという気すらします。

孫権(仲謀)・・・皇帝。長きにわたり呉の君主として国を反映させることができました。赤壁の戦いでは魏に屈することなく、皇帝としての力を見せつけることができました。しかし彼の後の呉は衰退していったため後継問題に難を残してしまったというのが彼の欠点でしょう。

周瑜(公瑾)・・・偏将軍。諸葛亮(孔明)と並び称される天才軍師。赤壁の戦いでは大都督として魏を迎え討ち見事勝利を挙げています。(レッドクリフの主役です)。美周郎と言われるほどのイケメンで、文武共に優れたオールマイティーです。

呂蒙(子明)・・・南軍太守。元々不良上がりだったのに最終的には勉学に励み、呉になくてはならない将軍となるまで成長しました。関羽を討ったことでも有名で、三国志で最も化けた人間と言ってもいいかもしれません。

太史慈(子義)・・・建昌都尉。孫策(伯符)とばったり遭遇して一騎打ちをしてしまうことになった武将。その後孫策(伯符)に捉えられるも彼の元でその力をふるうことになります。孫策(伯符)亡き後も弟の孫権(仲謀)に仕えるすがすがしいし一面もあります。

その他の登場人物

董卓(仲穎)・・・相国。暴虐の限りを尽くし、国を荒しに荒らした人物。董卓軍対反董卓連合で負けないほどの最強軍のリーダーだったが身内の呂布(奉先)に殺されてしまいます。三国志一の悪者的存在と言っても過言ではないでしょう。呂布(奉先)から裏切られなかったら間違いなく皇帝の座についていたでしょう(そして彼が亡くなった後はまた覇権争いがあったことでしょう)

呂布(奉先)・・・左将軍。誰もが認める三国志で最強の武将。一人で劉備(玄徳)、関羽(雲長)、張飛(翼徳)を相手にした場面もあります。裏切ることが多いので強かったけどその力を生かすことができませんでした。

袁紹(本初)・・・大将軍。反董卓連合のリーダーだったが膨れ上がった軍をまとめることができず瓦解してしまう羽目になります。さらに董卓亡き後、順当に行けば中華を治めるのは袁紹(本初)でしたがあまり求心力がなく、器も大きくなかったためあっけなく曹操(孟徳)に負けてしまい、いいところがなかった代将軍です。

まとめ

超端的に三国志の登場人物をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。もちろん書ききれないことばかりなのですが、「なるほどこの人物はこういう特徴があるのか」と捉えてもらえればと思います。また全く三国志を知らない人は誰がどの国に属しているのかをまず抑えてもらえれば幸いです。その上で「この将軍気に入った」とか「もしゲームをするのであればこの武将がいる国を使いたい」と思ってもらえれば幸いです。

関連する投稿


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。


諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

三国志で天才的な人物と言えば、諸葛亮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そんな諸葛亮も何度となく失敗をしています。実は、蜀が滅亡したのは、諸葛亮のせいだと主張する方もいるのです。そこで今回は、諸葛亮の失敗にスポットライトを当ててみたいと思います。


そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

華流映画、ドラマでは三国志は人気の題材です。現地の監督や脚本家が筋書きや監修をしているので、私たち日本人はその描写を真に受けてしまいがちですが、史学的な観点から見ると「そこは違うぞ!」とツッコミを入れたくなってしまう描写が散見されます。今回はそういった相違点についてピックアップします。


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。