泣いて馬謖を斬る

泣いて馬謖を斬る

規律を保つため、たとえ愛する者でも、違反者は厳しく処分することのたとえ


街亭の戦

街亭の戦

街亭の戦

227年、諸葛亮孔明は、準備を整え蜀軍の第1次北伐に向かいました。
そして、大変重要な街亭の戦で、馬謖に戦略的要地である街亭を死守するよう命じたのです。
道筋を押さえ魏軍をそこで足止めする作戦でした。
しかし、馬謖は功を焦り、自身の才覚に溺れ、足止めではなく戦を仕掛けようと、その命令に背き山頂に布陣してしまいました。
結果、馬謖率いる蜀軍は水路を断たれて、孤立、惨敗してしまいます。
結果、戦略的要地を失った孔明は、北伐の兵を退くことになりました。

泣いて馬謖を斬る

泣いて馬謖を斬る

泣いて馬謖を斬る

諸葛亮孔明が一目置いていた馬謖という武将が戦いで命令違反を犯し、大敗の原因を作ってしまったことは、指揮に関わるだけでなく、蜀軍の衰退にもつながります。

いかに、その才能に惚れて目をかけてきたとしても国の転覆にもつながりかねない大敗が馬謖の独断専行によるものだということに厳重な処罰が必要でした。

愛弟子の馬謖の処刑に踏み切るにあたり諸葛亮は涙を流しました。
後に蔣琬から「馬謖ほどの有能な将を」と彼を惜しむ意見もありましたが、諸葛亮孔明は「軍律の遵守が最優先」と再び涙を流しながら答えたといいます。

現在は「どんなに優秀な者であっても、法や規律を曲げて責任を不問にすることがあってはいけない」という意味で使用されることが多く「正史(三国志)」の記述に則したものであると言えます。

このことから、違反者は厳しく処分することを【泣いて馬謖を斬る】という故事成語が用いられます。
「泣いて馬謖を斬る」とは「大切な人であっても、決まりを破った者は厳しく処分する」という意味の言葉となります。

「心を鬼にする」「手加減しない」「情けをかけない」など現代の類義後は、いくつかあり、時代背景も違うので「泣いて馬謖を切る」の使われる機会は少なくなっているかもしれません。

補足ですが、「三国志」の蜀書・馬謖伝では「馬謖は牢屋に入れられて亡くなった。諸葛孔明は馬謖のために涙を流した」となっています。
また、諸葛孔明が馬謖を信頼していたこと、参謀に抜擢したこと、馬謖に戦で重要なポジションを任せて失敗したことなどが書かれています。

そして、三国志をもとにしたフィクション「三国志演義」には「孔明涙を揮(ふる)いて馬謖を斬る」と書かれています。
このため「泣いて馬謖を斬る」と言われるようになったと考えられています。

孔明が馬謖に目をかけた出来事

孔明が馬謖に目をかけた出来事

孔明が馬謖に目をかけた出来事

孟獲(もうかく)という武将が蜀の南方を支配していました。
諸葛亮孔明が北伐に向かうためには、南方を平定しておく必要がありました。
そこで、孟獲の度重なる反抗に「捕らえても解放」し、それを7回も続け、とうとう孟獲も降参して軍門に加わりました。
これは「七縦七禽(しちちょうしちきん)」と呼ばれています。
実は、この時に「心を攻めるのが上策です」と馬謖の献言があったということです。
馬謖の才能を諸葛亮が認めた逸話かもしれません。

劉備の不信任

劉備の不信任

劉備の不信任

劉備が臨終の際、劉備は諸葛亮孔明に対して「馬謖は口先だけの男だから信用してはならない」言ったそうです。
この直前、呉との夷陵(いりょう)の戦いで、蜀は手痛い敗戦を喫し、馬謖の兄・馬良も戦死してしまいました。
このことが劉備の心身に大ダメージを与え、死の床につかせてしまったという経緯があります。

どうして劉備に心酔して仕えてきた諸葛亮孔明が「馬謖を信用し過ぎるな」という遺言を守らなかったことは疑問が残るところですが、劉備が亡くなっても、諸葛亮孔明は馬謖を重用し続けてしまったのです。

自分にとって大切な人であれば罰するのは辛いもの。
処罰を軽くしたい行動に出たくもなります。
しかし、そうすることで和(組織・チーム)が乱れるわけで、厳しい決断を下すことも必要でしょう。
このように、個人の感情を持ち込まず、規律を保つことを優先して正当に処分をすることを「泣いて馬謖を斬る」と表現できます。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志・馬謖と王平は火と油だったために街亭で敗戦した

三国志でも後半の山場である蜀の北伐。率いるのは天才軍師・諸葛亮孔明です。用意周到に北伐の準備を進め、戦略的にも優れていましたが、諸葛亮は撤退することになります。今回はその原因となった「街亭の戦い」をご紹介いたします。


三国志・馬謖が街亭を守り抜いていたら蜀の北伐は成功していたのか

馬謖の失策によって失敗したとされる第一次北伐。はたして馬謖だけの責任だったのでしょうか。その検証ともし馬謖が街亭を守り抜いていたらどうなっていたのか予想していきます。


馬氏の五常とまで呼ばれた馬良(季常)が目立たないワケ

優れて優秀な人物のことを「白眉」と呼ぶことがあります。この白眉というのは三国志に登場する馬良(季常)が由来だったことをご存知でしょうか。馬良(季常)は5兄弟の四男で「馬氏の五常、白眉もっとも良し」と言われた英才でした。しかし、現在では末弟の馬謖(幼常)のほうが良くも悪くも名前を知られていますよね。なぜでしょうか?


諸葛亮(孔明)が南蛮に攻め込んだ理由と成果について

いくつもの国がしのぎを削り、三国に絞られた状態でも諸葛亮(孔明)は誰よりも南蛮の勢力を注視していました。魏に攻め込む際に南に憂いがあっては攻めこめない。そういう想いがあったのです。しかしそれだけではなく、何とかして南蛮の勢力を自分たちの力に変えられないかとも思っていました。ここでは蜀と南蛮のかかわりについて紹介しま


白眉

白眉は最も優れたものを表す言葉です。 正しく使って、相手が知っていれば、きっと賞賛の気持ちが伝わるでしょう。 例えば「君の仕事は、我が社でこなした数ある案件で白眉の出来だ!」とか?


最新の投稿


パリピ孔明 第10話 関羽の千里行

ついに大型音楽フェス・サマーソニア当日を迎えた最終話。 英子は、BBラウンジから会場に向かうが、交通トラブルで会場への道が塞がれ、英子はステージにたどり着けなくなってしまう。これらは前園ケイジによる数々の妨害だった。 その頃、ステージではケイジのライブが始まろうとしていた。


パリピ孔明 第9話 東南の風 イースト・サウス

BBラウンジのオーナー・小林に恨みを持つケイジは、英子を大手レーベルに移籍させようと画策している。 孔明と英子は、ケイジの妨害を阻止するため、彼と対決することに。 勝負の鍵を握るのは、活動休止したロックバンド、イースト・サウスだった。


パリピ孔明 第8話 五丈原の戦い

英子の原点と、小林の過去が明かになる。英子は、幼い頃から歌が好きだったが、母親に反対され、歌うことを諦めかけたことがあった。 小林は、かつてバンドを組んでおり、ギターを弾いていたが、ある事件をきっかけに、ギターから足を洗っていた。 英子の歌声に心を動かされ、再びギターを手に取ることに。


パリピ孔明 第7話 祖茂の身代わり

英子は、デビュー曲「DREAMER」でサマーソニアの出場権を獲得し、夢を叶える一歩を踏み出した。 しかし、サマーソニアで歌う新曲を用意しなければならず、孔明は英子とKABE太人に、新たな試練を与える。そして、もうひとつの罠も待ち構えていた!?


パリピ孔明 第6話 草船借箭反転の計

英子は、超大型フェス・サマーソニアの出場権を賭けて、SNSでの10万イイネ企画に参加ししているが、ライバルである3人組アイドルユニット「AZALEA(アザリエ)」も同じ企画に参加している。 英子の歌で心を奪えるか? 英子のSNSへのイイネの数は?