三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志と言えば、英雄や名君がたくさん登場します。武勇伝も多く、カッコイイ武将・君主が多いです。しかし、実は過大評価されている武将・君主もいるのが事実です。そこで今回は、「過大評価されているのでは!?」と思える武将・君主にスポーツを当てて紹介していきたいと思います。


1.三国志で過大評価されている人物の特徴!

三国志には様々な武将・君主が登場します。数多くの武勇伝や伝説が残されており、評価されている武将・君主が大勢いるのです。しかし、実際には「過大評価」されている武将・君主がいるのも事実です。この理由は、三国志には「三国志演義」と「正史三国志」の存在にあります。三国志演義は蜀を中心にした物語であり、創作となっています。一方、正史三国志は史実に基づいたものです。日本では三国志演義の方が有名であり、三国志演義のイメージが強くなっています。そのため、正史三国志とのギャップから、過大評価されている武将・君主が多く存在しているのです。

先ほど紹介したように、三国志演義は創作であり、蜀を中心に描かれています。そのため、蜀の武将・君主が活躍するようなエピソードが加えられているのです。その結果、過大評価されている武将・君主の特徴は、蜀の武将・君主となっています。また、蜀の武将・君主を際立たせるため、蜀と敵対している武将・君主も過大評価されているケースがあります。評価のギャップを楽しむのも、三国志の楽しみ方なのかもしれません。

2.三国志で過大評価されている武将・君主5選

関羽

三国志の武将の中で、過大評価されていると言えば関羽です。関羽は、劉備(玄徳)仕えた武将です。劉備(玄徳)の旗揚げから参戦しており、義兄弟でもあります。人並外れた武勇を持ち、義理を重んじる関羽は、高い評価を受けているのです。一騎討ちでも、華雄や顔良、文醜など数多くの武将を倒したとされています。曹操が欲するほどの逸材であり、当時から評価が高いのがわかります。しかも、最終的に関羽は神にまでなっているのです。

そんな関羽ですが、実は「過大評価では?」との意見が数多くあります。理由は簡単で荊州の死守ができなかったからです。蜀にとって荊州は生命線であり、絶対に守らなければいけない土地でした。そのためには、孫権と友好的であるべきだったのに、関羽の娘と孫権の子の婚礼を断ったのです。さらに、呉と蜀の国境付近の食料を奪うなどしたため、孫権は関羽に反感を抱くようになります。その結果、樊城での戦いに敗れ、自身は亡くなり、荊州は呉のものになったのです。関羽が荊州を守ることができれば、蜀はもっと活躍していた可能性があります。ある意味、関羽は蜀滅亡の戦犯と言っても過言ではなく、神にまでなっているのは過大評価だと言えるのです。

劉備(玄徳)

蜀の君主であり、蜀漢の初代皇帝である劉備(玄徳)も過大評価されている人物です。三国志演義は、劉備(玄徳)が中心となっています。それだけに、過大評価されやすい人物となっているのです。劉備(玄徳)は、人徳の人と評価されることが多いです。多くの部下に恵まれており、それは人徳によるものとされています。とくに三国志演義では、聖人君主のような扱いになっており、名君と評価する方も多いです。

しかし、劉備(玄徳)は過大評価されている君主とされています。この理由は、感情を優先するような人物だったからです。劉備(玄徳)は、たびたび諸葛亮(孔明)の進言を拒否しています。劉表が亡くなる際に、諸葛亮は「荊州を奪うべき」と進言するも、荊州を奪いませんでした。逆に、夷陵の戦いでは諸葛亮が反対するも、強行的に決行しています。これは、関羽の仇討ちをしたいがために強行したのです。その結果、無駄に戦力を消耗させてしまいました。名君なれば感情よりも優先すべきことがあるのに、劉備(玄徳)は自身の感情を優先させることがたびたびあったのです。劉備(玄徳)の名君との評価は、過大評価と言えるでしょう。

諸葛亮

蜀の軍師・政治家である諸葛亮もまた、過大評価されている人物です。諸葛亮と言えば、「稀代の天才」のイメージが強いでしょう。劉備(玄徳)との「三顧の礼」や「水魚の交わり」など、エピソードに事欠きません。赤壁の戦いにおいても、諸葛亮は活躍をしています。劉備(玄徳)亡き後は、北伐を繰り返し、劉備(玄徳)の意思を継ごうとした人物です。

そんな諸葛亮ですが、過大評価されています。なぜなら、諸葛亮は人材育成の面で失敗しているからです。諸葛亮は他人に仕事を任せられなかったとされています。仕事を任せられなければ、成長することは難しく、人材育成という観点から諸葛亮はマイナスです。しかも、細かい事まで自分で業務をしたがために、過労死したとされています。諸葛亮は軍師・政治家としての評価が高いのは理解できまずが、他の点については過大評価と言えるのです。

姜維

蜀に仕えた姜維も過大評価されている人物です。姜維は諸葛亮亡き後、蜀の軍事力を掌握して北伐を繰り返しました。三国志演義では、姜維のことを高く評価されており、諸葛亮の後継者となっています。そのため、姜維は蜀にとっての最後のヒーローのような扱いになっているのです。

しかし、姜維は蜀滅亡の戦犯のひとりと言っても過言ではありません。なぜなら、姜維は北伐を繰り返しました。諸葛亮の意志を継いだと言えば聞こえはいいですが、実際に無理な北伐を繰り返し、蜀の国力を低下させていったのです。姜維は蜀滅亡の原因を作ったひとりであり、過大評価されている人物なのです。

孫権

呉の初代皇帝である孫権もまた、過大評価されている君主のひとりです。孫権は父の孫堅、兄の孫策を若くして失くしており、19歳で呉の君主になりました。孫権は人材発掘に優れており、多くの有能な人物を部下にしています。そして、領土を拡大させ、呉の勢力を強めていったのです。そのため、孫権が名君として高評価なのも納得できます。

しかし、孫権が高評価なのは過大評価と言えます。なぜなら、孫権の晩年は酷いものだからです。孫権の晩年は後継者問題で国を傾け、佞臣によって国を乱したのです。後継者問題では、何人もの名将を失くすことになりました。また、佞臣を重用したことで、部下に不信感を抱かせることになったのです。このように、孫権の晩年は名君とは言えず過大評価と言えるのです。

3.まとめ

今回は、三国志の武将・君主の中で過大評価されている人物を紹介してきました。過大評価されている武将・君主は、蜀に多い傾向があります。これは、「三国志演義」による影響です。三国志演義は蜀をメインにしているため、史実とギャップが生まれ、過大評価されやすくなっているのです。なかでも、劉備(玄徳)や関羽、諸葛亮などはその代表と言ってもいいでしょう。史実に近い「正史三国志」を知れば、過大評価なのがよくわかります。ぜひ、「正史三国志」の三国志の世界観も楽しんでみてください。

関連する投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

虎や龍、鳳凰や狼などに例えられる三国志の英雄たちの中で、呉の大将軍である「諸葛瑾」もまた、特殊な動物に例えられました。はたして諸葛瑾は何の動物に例えられたのでしょうか?


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】① 

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】① 

呉で最も貢献した武将といえば「周瑜」「魯粛」「呂蒙」「陸遜」の四都督が挙げられます。中でも孫権が皇帝として即位できたのは、長い期間呉のために貢献してきた陸遜の力が最も大きいといえます。そんな陸遜の功績をここで解説していきます。


袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

三国志の序盤において、中原では曹操・袁術・呂布・劉備(玄徳)・劉表らによって勢力争いが行われていました。その一方で、黄河の北側・河北では、袁紹と公孫瓚が覇権を争っていました。袁紹VS公孫瓚、彼らの争いとはどういうものであったのでしょうか?


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。