三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志と言えば、英雄や名君がたくさん登場します。武勇伝も多く、カッコイイ武将・君主が多いです。しかし、実は過大評価されている武将・君主もいるのが事実です。そこで今回は、「過大評価されているのでは!?」と思える武将・君主にスポーツを当てて紹介していきたいと思います。


1.三国志で過大評価されている人物の特徴!

三国志には様々な武将・君主が登場します。数多くの武勇伝や伝説が残されており、評価されている武将・君主が大勢いるのです。しかし、実際には「過大評価」されている武将・君主がいるのも事実です。この理由は、三国志には「三国志演義」と「正史三国志」の存在にあります。三国志演義は蜀を中心にした物語であり、創作となっています。一方、正史三国志は史実に基づいたものです。日本では三国志演義の方が有名であり、三国志演義のイメージが強くなっています。そのため、正史三国志とのギャップから、過大評価されている武将・君主が多く存在しているのです。

先ほど紹介したように、三国志演義は創作であり、蜀を中心に描かれています。そのため、蜀の武将・君主が活躍するようなエピソードが加えられているのです。その結果、過大評価されている武将・君主の特徴は、蜀の武将・君主となっています。また、蜀の武将・君主を際立たせるため、蜀と敵対している武将・君主も過大評価されているケースがあります。評価のギャップを楽しむのも、三国志の楽しみ方なのかもしれません。

2.三国志で過大評価されている武将・君主5選

関羽

三国志の武将の中で、過大評価されていると言えば関羽です。関羽は、劉備(玄徳)仕えた武将です。劉備(玄徳)の旗揚げから参戦しており、義兄弟でもあります。人並外れた武勇を持ち、義理を重んじる関羽は、高い評価を受けているのです。一騎討ちでも、華雄や顔良、文醜など数多くの武将を倒したとされています。曹操が欲するほどの逸材であり、当時から評価が高いのがわかります。しかも、最終的に関羽は神にまでなっているのです。

そんな関羽ですが、実は「過大評価では?」との意見が数多くあります。理由は簡単で荊州の死守ができなかったからです。蜀にとって荊州は生命線であり、絶対に守らなければいけない土地でした。そのためには、孫権と友好的であるべきだったのに、関羽の娘と孫権の子の婚礼を断ったのです。さらに、呉と蜀の国境付近の食料を奪うなどしたため、孫権は関羽に反感を抱くようになります。その結果、樊城での戦いに敗れ、自身は亡くなり、荊州は呉のものになったのです。関羽が荊州を守ることができれば、蜀はもっと活躍していた可能性があります。ある意味、関羽は蜀滅亡の戦犯と言っても過言ではなく、神にまでなっているのは過大評価だと言えるのです。

劉備(玄徳)

蜀の君主であり、蜀漢の初代皇帝である劉備(玄徳)も過大評価されている人物です。三国志演義は、劉備(玄徳)が中心となっています。それだけに、過大評価されやすい人物となっているのです。劉備(玄徳)は、人徳の人と評価されることが多いです。多くの部下に恵まれており、それは人徳によるものとされています。とくに三国志演義では、聖人君主のような扱いになっており、名君と評価する方も多いです。

しかし、劉備(玄徳)は過大評価されている君主とされています。この理由は、感情を優先するような人物だったからです。劉備(玄徳)は、たびたび諸葛亮(孔明)の進言を拒否しています。劉表が亡くなる際に、諸葛亮は「荊州を奪うべき」と進言するも、荊州を奪いませんでした。逆に、夷陵の戦いでは諸葛亮が反対するも、強行的に決行しています。これは、関羽の仇討ちをしたいがために強行したのです。その結果、無駄に戦力を消耗させてしまいました。名君なれば感情よりも優先すべきことがあるのに、劉備(玄徳)は自身の感情を優先させることがたびたびあったのです。劉備(玄徳)の名君との評価は、過大評価と言えるでしょう。

諸葛亮

蜀の軍師・政治家である諸葛亮もまた、過大評価されている人物です。諸葛亮と言えば、「稀代の天才」のイメージが強いでしょう。劉備(玄徳)との「三顧の礼」や「水魚の交わり」など、エピソードに事欠きません。赤壁の戦いにおいても、諸葛亮は活躍をしています。劉備(玄徳)亡き後は、北伐を繰り返し、劉備(玄徳)の意思を継ごうとした人物です。

そんな諸葛亮ですが、過大評価されています。なぜなら、諸葛亮は人材育成の面で失敗しているからです。諸葛亮は他人に仕事を任せられなかったとされています。仕事を任せられなければ、成長することは難しく、人材育成という観点から諸葛亮はマイナスです。しかも、細かい事まで自分で業務をしたがために、過労死したとされています。諸葛亮は軍師・政治家としての評価が高いのは理解できまずが、他の点については過大評価と言えるのです。

姜維

蜀に仕えた姜維も過大評価されている人物です。姜維は諸葛亮亡き後、蜀の軍事力を掌握して北伐を繰り返しました。三国志演義では、姜維のことを高く評価されており、諸葛亮の後継者となっています。そのため、姜維は蜀にとっての最後のヒーローのような扱いになっているのです。

しかし、姜維は蜀滅亡の戦犯のひとりと言っても過言ではありません。なぜなら、姜維は北伐を繰り返しました。諸葛亮の意志を継いだと言えば聞こえはいいですが、実際に無理な北伐を繰り返し、蜀の国力を低下させていったのです。姜維は蜀滅亡の原因を作ったひとりであり、過大評価されている人物なのです。

孫権

呉の初代皇帝である孫権もまた、過大評価されている君主のひとりです。孫権は父の孫堅、兄の孫策を若くして失くしており、19歳で呉の君主になりました。孫権は人材発掘に優れており、多くの有能な人物を部下にしています。そして、領土を拡大させ、呉の勢力を強めていったのです。そのため、孫権が名君として高評価なのも納得できます。

しかし、孫権が高評価なのは過大評価と言えます。なぜなら、孫権の晩年は酷いものだからです。孫権の晩年は後継者問題で国を傾け、佞臣によって国を乱したのです。後継者問題では、何人もの名将を失くすことになりました。また、佞臣を重用したことで、部下に不信感を抱かせることになったのです。このように、孫権の晩年は名君とは言えず過大評価と言えるのです。

3.まとめ

今回は、三国志の武将・君主の中で過大評価されている人物を紹介してきました。過大評価されている武将・君主は、蜀に多い傾向があります。これは、「三国志演義」による影響です。三国志演義は蜀をメインにしているため、史実とギャップが生まれ、過大評価されやすくなっているのです。なかでも、劉備(玄徳)や関羽、諸葛亮などはその代表と言ってもいいでしょう。史実に近い「正史三国志」を知れば、過大評価なのがよくわかります。ぜひ、「正史三国志」の三国志の世界観も楽しんでみてください。

関連する投稿


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

馬騰・馬超親子や曹操の配下として活躍し、関羽と激闘を繰り広げたホウ徳。最期まで忠誠を貫き、曹操に涙を流させたほどの名将です。ここではホウ徳の武勇と戦いの軌跡を紹介していきます。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。