三国志・曹操暗殺計画を企てた董承はどのような人物なのか?

三国志・曹操暗殺計画を企てた董承はどのような人物なのか?

三国志演義では善人としてのイメージが強い「董承」。献帝のために曹操暗殺計画を企てるのですが、はたしてどのような人物だったのでしょうか?


董承

董承、字は不明。出身は冀州河間国となっています。これは「三国志正史」に、霊帝の生母で同じく冀州河間国出身の董太合の甥であると記されているからです。しかし、この記載は誤りだという指摘もあり、どのような身分だったのかは疑問が残ります。

董卓の配下だったようですが、董卓の直臣ではなく、娘婿である牛輔の部曲であると記されています。牛輔は董卓が誅殺された後、軍の統率を捨てて部下に殺されました。
長安は李傕と郭汜らに制圧されることになりますが、献帝は長安を脱出します。そこで董承は安集将軍に任じられ、楊奉と共に献帝の護衛をすることになるのです。
なぜそこまで董承が献帝から信頼されたのでしょうか?
武力に優れていたのか、知略に優れていたのか。
「三国志演義」では、董承の娘が献帝の貴妃であったという設定をしています。つまり董承は献帝の舅という関係性です。それであれば重用された理由も納得はできます。

洛陽への逃避行

献帝は長安を脱出して洛陽を目指しますが、もちろん李傕や郭汜が黙って見過ごすはずもありません。董承らは執拗な追撃に遭います。
ここで楊奉は昔の仲間を頼って白波賊の胡才、李楽、韓暹らの協力を得て、李傕らと戦うのです。当初は追撃を撃退する健闘ぶりでしたが、追撃はどこまでも続き、黄河を渡る手前で大敗を喫します。
献帝を船に乗せて逃げる董承は必死です。河に落ちた文官たちがその船につかまろうとしますが、董承は矛でその手を斬り、乗せようとはしませんでした。
献帝を救うためとはいえ、なかなか非情です。船底に落ちた指はすくえるほどだったそうです。

ここで、兗州の牧である曹操が献帝を迎えようとして、同族の曹洪を派遣しました。しかし董承はこれを拒否します。そして袁術と結託して曹洪を追い払ってしまったのです。ここに袁術軍が関わっているということは、袁術も献帝救出に手を貸していたということでしょう。
袁術はこの時、本拠地を揚州の寿春に移していましたから、もしかすると董承は寿春を目指していたのかもしれません。

味方とすぐに反目する董承

献帝の逃避行について読んでいくと、董承が味方と上手な人間関係を築けていなかったことがわかります。李傕と郭汜を仲裁した張済ももとは献帝の逃避行に付き合っていたのですが、董承と仲たがいをして、李傕らに寝返っています。

さらに李傕らと戦うために援軍に駆けつけてきてくれた韓暹とも衝突します。しかも韓暹に攻められて、董承は逃げ出すことになるのです。董承は河内太守の張楊を頼り、そのアドバイスを聞いて、洛陽に先行し、宮殿修復作業をして献帝到着を待ちました。
到着した献帝は董承を韓暹と共に護衛として迎えます。
おそらくここで董承は韓暹と仲直りをしたはずです。しかし、韓暹を恐れた董承は密かに曹操と連絡をとり、招き入れて韓暹、楊奉、張楊らを排除してしまいます。親身になって協力してくれた張楊まで切り捨てるとは酷薄ですね。

袁術との関係はどうなってしまったのでしょうか?間違いなく袁術との関係も崩壊していたはずです。その証拠に韓暹、楊奉らは袁術を頼り、落ち延びています。
曹洪を追い払ったのは袁術の指図だったと、この時の董承は曹操に言い訳したのかもしれません。

董承は車騎将軍となる

董承はここまでの功績を認められ列侯に封じられます。そして199年に車騎将軍となるのです。車騎将軍といえば三公クラスの将軍位になります。董卓の配下の配下だった男が、ここまで昇進できたことは驚きです。
まあ実権は曹操が握っていますから名ばかりの官位だったとは思いますが、大将軍となった袁紹に次ぐ将軍となったのです。

この時、曹操を頼っていたのは董承だけでなく、劉備(玄徳)もいました。劉備(玄徳)は徐州で呂布に敗れ、曹操のもとにいたのです。劉備(玄徳)は左将軍に任じられています。
198年には曹操に攻められ呂布が処刑されています。199年には袁術も病没しています。
そして河北を制した袁紹が南下して曹操の領地に侵攻していました。
そんな中で密かに曹操暗殺計画が練られていたのです。曹操のプレッシャーに耐えかねた献帝は曹操暗殺の密勅を董承に託していました。

曹操暗殺計画の参加メンバー

曹操暗殺計画の首謀者は董承となっています。そこに参加したのが劉備(玄徳)です。さらに偏将軍の「王子服」(後漢書では王服)、かつては董卓暗殺も企てたことのある長水校尉の「种輯」、将軍「呉子蘭」(詳細は不明、子蘭は字だと考えられています)の名前が三国志正史には記されています。

しかし三国志演義ではさらにメンバーが増えています。それが西涼太守の「馬騰」、詳細は不明ですが「呉碩」の名前も見えます。
さらに宮中医師の「吉平」です。吉平については、時期が異なりますが曹操に反旗を翻した太医令がおり、それが「吉丕」ですので、それがモデルになっていると考えられています。三国志演義でも吉平は呼び名で、正しくは「吉太」字は称平です。

三国志演義のポイントは明確です。曹操が献帝をないがしろにしていること、朝廷を私物化していること、それを倒すために董承や劉備(玄徳)や馬騰が義によって立ち上がった設定になっています。
しかし隙がないために馬騰は西涼に戻り、劉備(玄徳)も袁術討伐の名目で曹操のもとを離れます。そこで董承は下僕に密告されて捕らえられて処刑されてしまいます。700人が処刑され、そこには献帝の貴妃である董承の娘も含まれていました。献帝の子を身籠っていたと書かれています。
曹操の悪逆非道ぶりが脚色されてわかりやすくアピールされているのです。

まとめ・結局董承は曹操とも上手くいかなかった

立場が変われば見方も変わるものですが、この董承が三国志演義で描かれているような実直な忠臣だったとは思えません。どちらかというと他人の力をうまく利用することに長けている謀臣といった感じです。
実際のところ河北の袁紹の方が勢力も大きく、そちらになびいただけではないでしょうか。曹操暗殺計画も袁紹が画策し、董承に実行させようとしたのかもしれません。劉備(玄徳)の徐州での独立、董承に暗殺計画の露見、袁紹の侵攻とすべてがタイミングピッタリです。

しかし、曹操はそのすべてを封じました。董承の暗殺計画を見抜き処刑、劉備(玄徳)の軍を迅速に撃退し、さらに圧倒的に不利な状態で袁紹との戦いに勝利します。

董承は曹操の器量を見誤ったのかもしれませんね。

関連するキーワード


董承 曹操

関連する投稿


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)の祖父曹騰が誕生したころには既に曹家は衰退していたのですが、曹操(孟徳)の系図を辿ってみると前漢を建国した高祖劉邦に仕えた曹参にたどり着きます。本記事では、曹操(孟徳)の出身である曹家の家柄について解説します。


魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

215年、曹操(孟徳)は張魯(公祺)が治める漢中の平定に成功しました。劉備(玄徳)の統治が始まったばかりの蜀にとっては大いなる脅威となりました。曹操軍の実力も去ることながら、劉備(玄徳)が統治して日の浅い蜀は人的結束力にまだまだ不安があったからです。漢中平定に成功し日の出の勢いの曹操軍。蜀に攻め込んで来るのは明白。ついに、諸葛亮(孔明)が「切り札」を投入します。


張昭・張紘--江東の二張

張昭・張紘--江東の二張

孫策・孫権の江東軍において軍事の頭脳は周瑜・魯粛・諸葛瑾など数多く挙げられますが、内政の頭脳といえる人物は張昭・張紘の二名が真っ先に挙げられるでしょう。江東の二張と呼ばれるこの二人、どういう人物だったのでしょうか


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。