三国志・関羽の千里行、五関を突破し、六将を討つ!六将で一番強いのは誰?

三国志・関羽の千里行、五関を突破し、六将を討つ!六将で一番強いのは誰?

三国志演義の有名なエピソードに関羽の「千里行」があります。ここで関羽の行く手を阻むのが、関所を守る六将です。果たして六将で最も強いのは誰なのでしょうか?


関公三約

劉備(玄徳)の家臣にして、義弟である関羽は、曹操に徐州を攻められ、劉備(玄徳)の家族を守り下邳城に籠城します。曹操配下の張遼が関羽に降伏することを提案しますが、その際に関羽が提示した降伏条件が「関公三約」です。

1、 曹操ではなく漢に降るということ
2、 劉備(玄徳)の夫人には誰も手を出さないこと
3、 劉備(玄徳)の居所が判明したら、すぐにそのもとへ帰ること

関羽の義の篤さと、武勇に注目していた曹操は、その提案を飲みます。
こうして関羽は降伏することになるのですが、劉備(玄徳)は死んでおらず、袁紹の陣中にいることが判明します。関羽は曹操のもとを去ることになるのです。

漢寿亭侯

関羽は、曹操が宿敵である袁紹と戦うことになると曹操の陣営の将として出陣します。この時は、まだ袁紹の陣中に劉備(玄徳)がいることを関羽は知りません。
そして白馬・延津の戦いにおいて敵の主力である顔良、文醜を立て続けに討ち取り、圧倒的な武勇を見せつけます。

このあたりは「三国志演義」の絶妙な脚色が話を盛り上げているのですが、そのエピソードのひとつに曹操が関羽に与えた爵位があります。
白馬の戦いで顔良を討ち取った関羽の功績に対し、曹操は「寿亭侯」の爵位を与えるのですが、関羽はまったく喜ぶ様子がありません。曹操はそこで気づき、「漢寿亭侯」と一字追加して贈り直したところ、関羽は満面の笑みで、「曹操はよくわかっている」と快く受け取ったと記されています。

五関突破の一番手・孔秀

延津の戦いの後、劉備(玄徳)の所在が判明したことで、関羽は曹操のもとを離れます。劉備(玄徳)の家族を連れて、関羽は曹操の領地を脱出していくことになるのです。
曹操は許可したものの、関所への連絡は遅れます。関羽は問答無用で関所を守る将を討ち取りながら強行していくことになるのですが、これが、三国志演義が生み出した「五関突破」のエピソードです。

最初の関所は東嶺関で、守将は「孔秀」でした。孔秀は「丞相の許可がないと通すわけにはいかないが、人質を置いていくのなら構わない」と対応します。連絡を受けていないのですから当然の処置で、むしろ妥協しているぐらいですが、関羽はこの対応に怒り、一合で斬り捨てました。

五関突破が三国志演義の演出ですから、そこに登場する守将も当然架空人物になります。袁紹軍で最強を誇る猛将の顔良・文醜を討った関羽を、関所の守将ごときでは太刀打ちできるはずもなく、あっさりと倒されてしまいます。

五関突破の二番手・三番手・孟坦と韓福

五関突破のエピソードは、三国志演義の第27回になります。
孔秀があっさり討たれたことを知った次の守将である「韓福」は、配下の「孟坦」と対応策を講じます。もちろん簡単に通すわけにはいきません。そのための関所なのです。
兵力にものをいわせて倒すという計画は浮かばないようで、韓福はあくまでも一騎打ちで関羽を倒そうとします。

その時の策が、まず孟坦が関羽と一騎打ちをしてわざと負けを演じて退却し、誘導してきたところを韓福が弓矢で奇襲するというものでした。わざと負けを演じて相手を誘導するのは三国志演義のお決まりのパターンではあります。
二刀を愛用し、見事に関羽と一騎打ちを繰り広げた孟坦は、計画通りにわざと退却するのですが、乗っている馬のスピードが違いました。なにせこの時の関羽は、曹操からプレゼントされた赤兎馬に乗っていたのです。
追いつかれた孟坦はそのまま真っ二つにされてしまいます。誘導には成功したものの、韓福の放った矢は関羽の肘に当たっただけでした。そのまま韓福も関羽に討ち取られています。

五関突破の四番手・卞喜と五番手・王植

三つ目の関所である沂水関の守将は「卞喜」です。元は黄巾の一味で、流星錘の使い手という設定です。ここでは兵を途中の鎮国寺に伏せておいて関羽を倒すという作戦に出るのですが、寺の僧侶が関羽にこのことを教えたので、作戦は成功せず、卞喜は流星錘の攻撃もはじき返され、関羽に討ち取られてしまいます。

四つ目の関所の守将は韓福の親戚である「王植」です。
ここでも別な作戦が練られ、今度は関羽が安心しきったところを攻撃して倒すという策略が実行されます。王植は手厚く関羽らを出迎えた後、その宿舎に火をつけて焼き殺そうとしたのです。
しかし王植の配下の「胡班」が関羽の人柄に惚れ込み王植を裏切ります。関羽はそのおかげで宿舎を事前に脱出することができたのです。気づいた王植は追撃しますが、関羽に迎撃されて、一刀のもと胴体を輪切りにされて殺されてしまいます。

ちなみに胡班はこの兼ね合いで、第73回の話で劉備(玄徳)の配下になっています。牙門将に任じられていますが、その後の活躍はありません。

五関突破の六番手・秦琪

最後の関所の守将が「秦琪」になります。
曹操の配下には蔡陽(または蔡楊)という武将がおり、「三国志正史」にもその名前がありますが、その甥が秦琪です。秦琪自体は三国志演義の架空人物になります。
黄河の渡し口を守備しており、通行手形をめぐって関羽と揉め、一合で討ち取られています。ここでは特に新しい作戦は実行されていません。

しかし秦琪が蔡陽の甥であることや、夏候惇の部将であることから、さらにこの後、関羽は狙われることになるのです。
ちなみに蔡陽は、劉備(玄徳)に合流した関羽と一騎打ちを演じ、一刀両断にされています。夏候惇も関羽と一騎打ちをすることになりますが、こちらは十合ほど打ち合った末に引き分けに終わっています。

まとめ・六将で一番強いのは……

五関を守る将の中で最も強いのは誰なのでしょうか?
実際に関羽に手傷を負わせることができたのは、韓福だけです。だまし討ち的な手法で、さらに弓を使用はしているものの、関羽の肘を射たのは見事な腕前といえます。全員が架空人物ではありますが、最強はやはり韓福ということになるのではないでしょうか。
ちなみに韓福の官位が洛陽太守ですから、曹操にはかなり重く用いられていたことになります。関所の守将とは格が違うような気がしますね。

顔良や文醜を討ったあたりから破竹の連勝を続ける関羽の一騎打ち。呂布亡き後の最強の武将は関羽だと印象付けることに成功しています。なんといっても赤兎馬を受け継いでいるのです。この時点で、関羽の武勇は呂布に追いついたと言っても過言ではありません。

関連する投稿


三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志の時代には、様々な仙人が登場します。代表的な仙人と言えば、左慈や于吉などが有名ではないでしょうか。とは言え、三国志好きの方も「仙人ってどんな人なの?」「そもそも人なの?」などの思うのではないでしょうか。そこで今回は、三国志に登場する仙人について詳しく紹介していきます。


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志演義では、劉備(玄徳)の最大の敵として君臨する「曹操」。まさに悪の象徴として描かれています。はたして曹操の悪のイメージはどのようにして確立されたのでしょうか?


雑草パワー--裸一貫から出世した人たち

雑草パワー--裸一貫から出世した人たち

三国志の登場人物では、曹一族、夏侯一族の他、諸葛一族、司馬一族、馬一族など、元々高い地位にあって、そのまま活躍した人物がたくさんいます。ですが、劉備(玄徳)・関羽・張飛のようにどこの馬の骨からか出世した人物も多くいます。 それらの人物の内、「えっ?この人が」という人物を挙げてみます。


本当にあった合戦の華"一騎打ち"

本当にあった合戦の華"一騎打ち"

三国志を読んでいて一番盛り上がるのは一騎打ちのシーンだという人は多いと思います。関羽と黄忠・張飛と馬超・許褚と典韋・etc。どれも演義で読むとワクワクするシーンですが、その殆どは演義での創作です。日本でも、武田信玄と上杉謙信の一騎打ちなどが有名ですが、殆どが創作です。合戦者の著者も読者が楽しめる内容を求めて書いたのでしょう。ですが、わずかながらも正史に記載されている一騎打ちもあります。果たして、どのような一騎打ちがあったのでしょう。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。