三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志前半のターニングポイントになる、「督郵滅多打ち事件」。督郵に暴力を振るったのは張飛とされていますが、実は主犯は他にいるようです。


劉備(玄徳)の黄巾討伐はフィクション

「三国志演義」では、桃園の誓いの後、劉備(玄徳)らは義勇兵を募って黄巾討伐のために、幽州の太守のもとへ向かいます(幽州刺史なのか、どこかの郡の太守なのかは不明)。
幽州の太守を務めていた劉焉は、義勇兵募集の高札を立てていたからです。
劉焉は劉備(玄徳)らを迎え入れ、校尉である鄒靖の部隊に組み込み、見事に大興山に陣取る大将の程遠志と副将の鄧茂を討ち取ります。

「三国志正史」によると劉焉は冀州刺史こそ歴任したことはありますが、幽州では刺史も太守も務めていません。黄巾の乱が発生して以降は、益州の牧として、幽州から遥か遠くで反乱軍を鎮撫しています。
なぜ三国志演義は劉焉と劉備(玄徳)を無理やり結びつけたのでしょうか?
それは蜀の基盤を築いたのが劉焉だからです。劉焉から子の劉璋に益州は受け継がれ、そして劉備(玄徳)に奪われます。
三国志演義は、劉焉と劉備(玄徳)を結び付けておくことで、劉備(玄徳)が益州を制圧する正統性を少しでも高めたかった狙いもあったのでしょう。

劉備(玄徳)は程遠志らを討った後は、豫州で地公将軍・張宝を撃破、さらに荊州では孫堅と協力してどんどん黄巾の反乱を鎮圧していきます。
しかしこれも三国志演義の創作で、三国志正史には、鄒靖に従って黄巾を討伐したとしか記されていません。
三国志演義では主役の劉備(玄徳)をヒーローにすべく脚色されているのです。

冀州安喜県尉となる

黄巾の討伐に参加した劉備(玄徳)は、その功績によって冀州安喜県尉に任命されます。こちらは三国志正史にも記載されています。三国志演義では、あれだけ活躍したはずなのに地方の下役人にしかなれなかったと恨み節です。それでも劉備(玄徳)は不平不満も漏らさずに、着任して善政を敷き、領民に慕われるようになります。

「尉」というのは、武官系の官位で、軍事や警察、刑罰などを扱っていたようです。朝廷には「太尉」という官位があり、こちらは三公のひとつになります。郡には都尉がおり、県には県尉が置かれました。
劉備(玄徳)は地元警察のような役割で、悪を取り締まったのではないでしょうか。なにせ側近には猛将として名高い関羽と張飛がいます。逆らえる者がいるはずがありません。
この時期は朝廷の権威も失墜していましたから、反乱なども各地で発生しています。劉備(玄徳)はそのような戦乱から領民を守り抜いて名声を高めたのでしょう。
しかし、ここにお邪魔虫が登場してきます。それが「督郵」です。

督郵とは個人の名前ではない

三国志正史においても、三国志演義でも、そんな劉備(玄徳)の善政をぶち壊すべく登場するのが督郵になります。かなりインパクトのあるシーンなので、三国志において、督郵の名は有名です。しかし個人の名前ではありません。官位です。

督郵とは、郡太守の視察官になります。所轄する県の役人の治績や法規などを監察し、評定するのが役目です。犯罪行為を行っている役人を取り締まるわけですから、風紀を正しには必要な役職なのですが、劉備(玄徳)のもとに派遣された督郵は悪人でした。

督郵は劉備(玄徳)に対して横柄な態度で、劉備(玄徳)が皇族宗家を騙っていると侮辱します。劉備(玄徳)の善政も否定しました。それでも劉備(玄徳)はこらえます。さらに督郵は、劉備(玄徳)が賄賂を贈らない姿勢を見せたことから怒り、劉備(玄徳)を犯罪者に仕立てあげようとします。まさに官の腐敗を象徴するような場面です。
イメージするのならば、忠臣蔵に登場する浅野内匠頭と吉良上野介の関係に似ているかもしれません。頭にきた浅野内匠頭は、江戸城松之大廊下で刀を抜いて吉良上野介に斬りかかっています。

督郵反撃を受ける

ここからのお話は諸説あります。
まず一番有名なのは、三国志演義のシーンでしょう。張飛の怒りが爆発して、督郵を縛りつけ、木に吊し上げると、柳の枝で滅多打ちにするのです。
劉備(玄徳)はそんな張飛を止めて、諫める役目です。我慢強く、仁徳深い劉備(玄徳)らしい行動ではないでしょうか。
この後、劉備(玄徳)は関羽とも話し合い、張飛を連れて出奔します。ここは自分の活躍する場所ではないと悟ったからです。督郵の悪行など氷山の一角に過ぎず、民に善政を敷くためには国全体を正す必要性を感じたのでしょう。

この三国志演義の原典が「平話」なります。民衆が愛した三国志の話ですが、ここに登場する張飛は、枝で打つといった優しい対応はしていません。督郵を縛り上げて殺害し、さらに首や手足をバラバラに切り刻んで、それを門に吊るしました。
ホラー映画も真っ青の残酷なシーンになります。しかし民衆には、権力に暴力だけで立ち向かう張飛像は受け入れられていたようです。

それでは、三国志正史にはどのように記されているのでしょうか?
こちらでも横柄な態度を取る督郵は、劉備(玄徳)の面会要求を拒否しました。三国志正史の劉備(玄徳)像は、乱世の英雄らしく猛々しさを有しています。劉備(玄徳)は怒って督郵が滞在している場所に押し入り、縛り上げた挙句、杖で200回ほど打ちすえたのです。
杖で200回も打ちすえられたのでは、普通に考えて死亡しています。まさに悪を取り締まる警察官の役目をまっとうしたわけですが、やり過ぎといった気もします。とても仁徳深い人間の所業ではありません。

まとめ・三国志演義はちょうどバランス良く話をまとめた

ということで、三国志正史の話をまともに扱ったのでは、読者が混乱する可能性があり、下手をするとアンチ劉備(玄徳)を生み出しかねません。ということで三国志演義では却下されたのです。
ですから劉備(玄徳)が官の腐敗に対して納得がいかないのは変わりないのですが、乱暴を働くのは張飛の役目になります。かといって殺してしまうのはさすがに問題あるので、柳の枝で打つぐらいで抑えられています。
あくまでも劉備(玄徳)は理想の仁君であり、腐敗に染まることもなく、また冷酷な行動もしません。勇んだ張飛をなだめるのがちょうどいいくらいです。

もしかしたら本当の劉備(玄徳)は関羽や張飛以上に荒々しく、一度火が付くと手が付けられなかったかもしれません。だとしたら、逆に現代でも劉備(玄徳)の人気は衰えることがなかったのではないでしょうか。
理想像を押し付けられた劉備(玄徳)ではなく、素の劉備(玄徳)をぜひ知りたいですね。

関連するキーワード


張飛 劉備

関連する投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

三国志で天才的な人物と言えば、諸葛亮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そんな諸葛亮も何度となく失敗をしています。実は、蜀が滅亡したのは、諸葛亮のせいだと主張する方もいるのです。そこで今回は、諸葛亮の失敗にスポットライトを当ててみたいと思います。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


最新の投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


今でも使う!?三国志が元となった故事成語

今でも使う!?三国志が元となった故事成語

昔の中国でおこった出来事を元にしたことわざである「故事成語」。今でも多く使われています。これらの中には三国志中の出来事が元になったものもたくさんあります。それらを紹介していきます。