三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志前半のターニングポイントになる、「督郵滅多打ち事件」。督郵に暴力を振るったのは張飛とされていますが、実は主犯は他にいるようです。


劉備(玄徳)の黄巾討伐はフィクション

「三国志演義」では、桃園の誓いの後、劉備(玄徳)らは義勇兵を募って黄巾討伐のために、幽州の太守のもとへ向かいます(幽州刺史なのか、どこかの郡の太守なのかは不明)。
幽州の太守を務めていた劉焉は、義勇兵募集の高札を立てていたからです。
劉焉は劉備(玄徳)らを迎え入れ、校尉である鄒靖の部隊に組み込み、見事に大興山に陣取る大将の程遠志と副将の鄧茂を討ち取ります。

「三国志正史」によると劉焉は冀州刺史こそ歴任したことはありますが、幽州では刺史も太守も務めていません。黄巾の乱が発生して以降は、益州の牧として、幽州から遥か遠くで反乱軍を鎮撫しています。
なぜ三国志演義は劉焉と劉備(玄徳)を無理やり結びつけたのでしょうか?
それは蜀の基盤を築いたのが劉焉だからです。劉焉から子の劉璋に益州は受け継がれ、そして劉備(玄徳)に奪われます。
三国志演義は、劉焉と劉備(玄徳)を結び付けておくことで、劉備(玄徳)が益州を制圧する正統性を少しでも高めたかった狙いもあったのでしょう。

劉備(玄徳)は程遠志らを討った後は、豫州で地公将軍・張宝を撃破、さらに荊州では孫堅と協力してどんどん黄巾の反乱を鎮圧していきます。
しかしこれも三国志演義の創作で、三国志正史には、鄒靖に従って黄巾を討伐したとしか記されていません。
三国志演義では主役の劉備(玄徳)をヒーローにすべく脚色されているのです。

冀州安喜県尉となる

黄巾の討伐に参加した劉備(玄徳)は、その功績によって冀州安喜県尉に任命されます。こちらは三国志正史にも記載されています。三国志演義では、あれだけ活躍したはずなのに地方の下役人にしかなれなかったと恨み節です。それでも劉備(玄徳)は不平不満も漏らさずに、着任して善政を敷き、領民に慕われるようになります。

「尉」というのは、武官系の官位で、軍事や警察、刑罰などを扱っていたようです。朝廷には「太尉」という官位があり、こちらは三公のひとつになります。郡には都尉がおり、県には県尉が置かれました。
劉備(玄徳)は地元警察のような役割で、悪を取り締まったのではないでしょうか。なにせ側近には猛将として名高い関羽と張飛がいます。逆らえる者がいるはずがありません。
この時期は朝廷の権威も失墜していましたから、反乱なども各地で発生しています。劉備(玄徳)はそのような戦乱から領民を守り抜いて名声を高めたのでしょう。
しかし、ここにお邪魔虫が登場してきます。それが「督郵」です。

督郵とは個人の名前ではない

三国志正史においても、三国志演義でも、そんな劉備(玄徳)の善政をぶち壊すべく登場するのが督郵になります。かなりインパクトのあるシーンなので、三国志において、督郵の名は有名です。しかし個人の名前ではありません。官位です。

督郵とは、郡太守の視察官になります。所轄する県の役人の治績や法規などを監察し、評定するのが役目です。犯罪行為を行っている役人を取り締まるわけですから、風紀を正しには必要な役職なのですが、劉備(玄徳)のもとに派遣された督郵は悪人でした。

督郵は劉備(玄徳)に対して横柄な態度で、劉備(玄徳)が皇族宗家を騙っていると侮辱します。劉備(玄徳)の善政も否定しました。それでも劉備(玄徳)はこらえます。さらに督郵は、劉備(玄徳)が賄賂を贈らない姿勢を見せたことから怒り、劉備(玄徳)を犯罪者に仕立てあげようとします。まさに官の腐敗を象徴するような場面です。
イメージするのならば、忠臣蔵に登場する浅野内匠頭と吉良上野介の関係に似ているかもしれません。頭にきた浅野内匠頭は、江戸城松之大廊下で刀を抜いて吉良上野介に斬りかかっています。

督郵反撃を受ける

ここからのお話は諸説あります。
まず一番有名なのは、三国志演義のシーンでしょう。張飛の怒りが爆発して、督郵を縛りつけ、木に吊し上げると、柳の枝で滅多打ちにするのです。
劉備(玄徳)はそんな張飛を止めて、諫める役目です。我慢強く、仁徳深い劉備(玄徳)らしい行動ではないでしょうか。
この後、劉備(玄徳)は関羽とも話し合い、張飛を連れて出奔します。ここは自分の活躍する場所ではないと悟ったからです。督郵の悪行など氷山の一角に過ぎず、民に善政を敷くためには国全体を正す必要性を感じたのでしょう。

この三国志演義の原典が「平話」なります。民衆が愛した三国志の話ですが、ここに登場する張飛は、枝で打つといった優しい対応はしていません。督郵を縛り上げて殺害し、さらに首や手足をバラバラに切り刻んで、それを門に吊るしました。
ホラー映画も真っ青の残酷なシーンになります。しかし民衆には、権力に暴力だけで立ち向かう張飛像は受け入れられていたようです。

それでは、三国志正史にはどのように記されているのでしょうか?
こちらでも横柄な態度を取る督郵は、劉備(玄徳)の面会要求を拒否しました。三国志正史の劉備(玄徳)像は、乱世の英雄らしく猛々しさを有しています。劉備(玄徳)は怒って督郵が滞在している場所に押し入り、縛り上げた挙句、杖で200回ほど打ちすえたのです。
杖で200回も打ちすえられたのでは、普通に考えて死亡しています。まさに悪を取り締まる警察官の役目をまっとうしたわけですが、やり過ぎといった気もします。とても仁徳深い人間の所業ではありません。

まとめ・三国志演義はちょうどバランス良く話をまとめた

ということで、三国志正史の話をまともに扱ったのでは、読者が混乱する可能性があり、下手をするとアンチ劉備(玄徳)を生み出しかねません。ということで三国志演義では却下されたのです。
ですから劉備(玄徳)が官の腐敗に対して納得がいかないのは変わりないのですが、乱暴を働くのは張飛の役目になります。かといって殺してしまうのはさすがに問題あるので、柳の枝で打つぐらいで抑えられています。
あくまでも劉備(玄徳)は理想の仁君であり、腐敗に染まることもなく、また冷酷な行動もしません。勇んだ張飛をなだめるのがちょうどいいくらいです。

もしかしたら本当の劉備(玄徳)は関羽や張飛以上に荒々しく、一度火が付くと手が付けられなかったかもしれません。だとしたら、逆に現代でも劉備(玄徳)の人気は衰えることがなかったのではないでしょうか。
理想像を押し付けられた劉備(玄徳)ではなく、素の劉備(玄徳)をぜひ知りたいですね。

関連するキーワード


張飛 劉備

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

218年、三国志の永遠のライバルたる曹操(孟徳)と劉備(玄徳)の勢力が激突します。それまで、常に強大勢力の曹操(孟徳)が矮小な劉備(玄徳)を「追う」構図でしたが、荊州・益州を支配し一大勢力となった劉備(玄徳)が曹操(孟徳)の勢力を次々と打ち破って行く展開となって行きます。最初の攻防は蜀の張飛(翼徳)と魏の張郃(儁乂)。戦いの経過を見て行きます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。