三国志・魏の名将である張郃が一騎打ちでほとんど勝てていないのはなぜか?

三国志・魏の名将である張郃が一騎打ちでほとんど勝てていないのはなぜか?

魏の名将である張郃、その功績は三国志正史にしっかりと記されています。しかし一方で、三国志演義ではその強さを発揮できずにいます。張郃の一騎打ちの戦歴を紐解いてみましょう。


名将・張郃

張郃、字は儁艾。冀州河間郡の出身で、黄巾の乱が起こった際に、冀州牧である韓馥に仕官しています。
やがて冀州が袁紹の領地となると、張郃は兵を率いて帰順し、公孫瓚との戦いで武功をあげ、寧国中郎将に昇進しています。
官渡の戦いでは、戦術を進言するも袁紹に用いられず、敗戦した際に味方の讒言も重なり、張郃は高覧と共に曹操に降りました。
「韓馥→袁紹→曹操」と主君を変えてきた張郃ですが、曹操に仕えるようになってからは落ち着き、各地を転戦して活躍しています。

後年は西側で劉備(玄徳)軍と対戦することが多くなります。「三国志正史」の記載によると、漢中を巡る戦いにおいて劉備(玄徳)は、敵の総大将である夏侯淵よりも張郃を恐れていたそうです。
諸葛亮(孔明)が北伐を行った際にも、張郃は司馬懿と共に蜀の侵攻を防いでいます。兵法に通じ、臨機応変な対応のできる張郃を諸葛亮(孔明)も怖れていたようです。実際に期待して送り込んだ馬謖は張郃に大敗しています。

三国志正史と三国志演義の張郃は大きく異なる

三国志正史と三国志演義では描かれ方が、まったく異なる登場人物がいますが、張郃はその典型です。
三国志正史では目覚ましい活躍をし、劉備(玄徳)や諸葛亮(孔明)に恐れられる存在ですが、三国志演義では真逆で、戦っても引き分けや敗戦が目立ちます。
最期の場面も、三国志正史であれば、蜀軍への追撃は危険であると司馬懿に忠告するのですが、聞き入られずに追撃することになり伏兵によって戦死しています。
しかし、三国志演義では、司馬懿の存在感を高めるために、司馬懿の諫めを聞かずに張郃は追撃し戦死する設定です。他にも張郃の活躍が司馬懿にすり替わっています。

三国志演義は、朱子学の価値観を学ぶ教科書的な存在です。おそらく主君を転々とした張郃は、忠義を重んじる三国志演義のニーズに適していなかったため、必要以上に弱く描かれているのではないでしょうか。
それでは、実際の三国志演義における張郃の一騎打ちについて振り返ってみましょう。

張郃の一騎打ち(前半戦)

張郃が登場し一騎打ちを演じるのは三国志演義の第30回からです。
袁紹の配下として、曹操配下の張遼と対戦し、四十合ほど打ち合いましたが引き分けています。張遼は長く呂布に仕えていましたが、曹操に滅ぼされ、主君の呂布が処刑される中、張遼は曹操に帰順しました。張郃もこの戦いの後、曹操に帰順することになります。まさに似た者同士の戦いということを印象付ける一戦でした。

曹操配下になってからは、曹操の背後でゲリラ戦を続ける劉備(玄徳)討伐に加わり、趙雲と対戦。三十合ほど打ち合って、敵わぬと感じた張郃は退散しています。
三国志演義では、張遼や張郃よりも趙雲の方が強いことをはっきりと示したのです。
そんな中、リベンジの時が訪れます。荊州を攻めた曹操は、逃げる劉備(玄徳)を執拗に追撃しました。ここで劉備(玄徳)の子である劉禅を救出した趙雲と遭遇するのです。
十数合ほど打ち合って、趙雲は落馬してしまいます。それ以前にも趙雲は一騎打ちを繰り返しており、さらに劉禅を抱いた状態です。さすがにこのハンデでは張郃が負けるはずもありません。しかし、ここで劉禅がいきなり光を放ち、驚いた張郃は退散。リベンジ成功のチャンスだったのですが、あえなく引き分けとなってしまいます。

張郃の一騎打ち(漢中戦)

第58回では、涼州で反乱を起こした馬超の討伐に向います。そして馬超と一騎打ちを演じましたが、数合ほど打ち合って撃退されてしまいます。
ここまで一騎打ちでほとんど勝ちのない張郃ですが、漢中の張魯との戦いでは、敵将の楊昂と対戦し、見事に討ち取っています。
猛将・龐徳とも対戦していますが、これは曹操の陣営の作戦もあって、数合ほど打ち合っただけで張郃は退却しています。勝敗はついていません。

漢中攻防戦では、張飛と何度も対戦することになります。趙雲、馬超には後れを取った張郃ですが、ここでは張飛相手に善戦し、第70回では、二十合ほど打ち合って引き分け。さらに数十合打ち合って引き分けと、互角の勝負を繰り広げます。
三度目の対戦では張郃はわざと退却し、張飛を誘い込もうとしましたが、張飛は相手にせず、こちらも引き分け。
敵将の雷銅と対戦した時も、張郃はわざと退却する技を使い、ここでは雷銅を見事に討ち取っています。
そして今度は黄忠と対戦し、二十合ほど打ち合って引き分けています。どうやら馬超と戦って以降、張郃は大きく武力を伸ばしたようです。

張郃の一騎打ち(北伐戦)

蜀の五虎大将軍たちが次々と亡くなっていく中、魏の張郃は健在で、最前線で戦い続けます。
第95回では、北伐に参加した蜀の武将・王平と対戦。数十合打ち合いましたが、引き分けて、王平は撤退しています。
第101回では、蜀の猛将・魏延と対戦。こちらは蜀側に作戦があり、十合ほど打ち合って魏延はわざと退却しました。続いて関興も同じ動きをし、十合ほど打ち合ってわざと退却しています。
その後、激怒した張郃は魏延と再び対戦。ここでは魏延も支えきれず、命からがら退散することになります。
結果、深追いし過ぎた張郃は、木門道という地点で伏兵に遭い、射殺されることになるのです。

まとめ・15戦3勝

かなりの長期間に渡り登場する張郃は、五虎大将軍として有名な蜀の五人の将軍のうち、張飛・馬超・黄忠・趙雲と対戦しています。関羽とだけは戦ったことがありませんでしたが、息子の関興とは対戦しています。他にも張遼や魏延などの有力武将と対戦しており、なかなか勝ち星を拾うことが難しかったようです。

15戦して3勝は、なんと勝率20%です。名将張郃としては、この数字はさぞかし心外でしょう。ただしこれだけのメンバーと戦いながら、敗北は2回だけで、それも討ち取られたわけではありません。そう考えるとやはり善戦といえるのではないでしょうか。

三国志正史にはこうした一騎打ちはまったく記載されておらず、兵を率いて敵将を破る場面が数多く記されています。正式に張郃を評価したら、圧倒的に上位に位置する最強ランクの武将なのかもしれません。あの司馬懿も味方ながら張郃を恐れていたという説もあるほどです。
ちなみに張郃は最終的に征西車騎将軍まで昇進しており、曹操の廟に祀られた二十人の功臣のひとりに数えられています。

関連するキーワード


張郃 韓馥 袁紹 曹操

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

218年、三国志の永遠のライバルたる曹操(孟徳)と劉備(玄徳)の勢力が激突します。それまで、常に強大勢力の曹操(孟徳)が矮小な劉備(玄徳)を「追う」構図でしたが、荊州・益州を支配し一大勢力となった劉備(玄徳)が曹操(孟徳)の勢力を次々と打ち破って行く展開となって行きます。最初の攻防は蜀の張飛(翼徳)と魏の張郃(儁乂)。戦いの経過を見て行きます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。