長沙郡の攻防 黄忠(漢升)、魏延(文長)が劉備軍に加わる重要地

長沙郡の攻防 黄忠(漢升)、魏延(文長)が劉備軍に加わる重要地

赤壁の戦い後、荊州南部の零陵、桂陽、武陵を次々と平定して行った玄徳軍。最後に残るは長沙郡。これまでの3郡と同様に劉備軍が圧倒的に有利な状況は変わりませんでした。そして長沙郡では、後の蜀漢の中心的存在となる黄忠(漢升)、魏延(文長)が劉備軍に加わります。


長沙太守の韓玄 劉備軍を正々堂々迎え撃つ?

長沙郡太守の韓玄は縮小版の董卓(仲穎)、袁術(公路)といった類の輩。権力を私物化して私利私欲を満たし民衆の反感を買うような人物でした。劉備軍侵攻の報を聞くと逆ギレして即座に交戦の意向を打ち出します。

身の程知らずも甚だしいです。

韓玄はまず長沙郡の将、楊齢を総大将に劉備軍と対峙します。劉備軍の総大将は関羽(雲長)。劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)が赤壁の戦いで関羽(雲長)が曹操(孟徳)を見逃してしまった汚名を返上させようとし、また、関羽(雲長)自身も零陵、桂陽、武陵での張飛(翼徳)、趙雲(子龍)の活躍を見て長沙で戦うことを希望していました。

楊齢と関羽(雲長)の一騎打ち。勝負は一太刀で決まります。楊齢は一刀両断され、あっけなく勝負あり。長沙軍は這う這うの体で城に戻ります。しかし、城に迫る劉備軍に一人立ち向かう将がいました。黄忠(漢升)の登場です。彼は関羽(雲長)との一騎打ちに臨みます。

馬を乗り換えられよ 強者にしか理解できない不可思議な合意

袁紹軍の顔良、文醜、長沙軍の楊齢もしかり、三国志の中で関羽(雲長)に「一刀両断」された将は数多いです。要は関羽(雲長)の「一振り」で決着がついてしまう…。そんな関羽(雲長)に対して黄忠(漢升)は一歩も引けを取りません。それどころか戦いは数十合に及び決着がつきません。黄忠(漢升)は関羽(雲長)並の武力を持った武将だったのです。

ここで、ハプニングが起こります。馬がつまずき、黄忠(漢升)は落馬してしまいます。黄忠(漢升)に落ち度のない、言ってみれば不運ですがこれで万事休す。関羽(雲長)の大薙刀が黄忠(漢升)の喉元に…。しかし、関羽(雲長)は黄忠(漢升)を切りません。そして言います。


「馬を乗り換えられよ」


黄忠(漢升)は放たれ、この日の戦いはこれで終わります。


次の日、再戦となりますが、黄忠(漢升)は弓矢を持っていました。遠方から放たれた弓矢は見事関羽(雲長)の兜に命中。この再戦は事実上、黄忠(漢升)の勝利です。関羽(雲長)の頭を射抜いて致命傷を負わせることもできたはずの黄忠(漢升)は、あえてそれをせず、昨日の落馬における関羽(雲長)の恩義に報いたのでした。

要は両者とも「勝てたはずなのに、義を重んじて相手を殺さなかった」のです。負ければ自分が殺されてしまうのに…そんな状況下においても義を優先する心の強さ…寛大さ…。強者にしか理解できない心の通じ合いがあったのでしょう。

韓玄により捕えられてしまう黄忠(漢升)そして魏延(文長)の登場

関羽(雲長)と黄忠(漢升)の「強者の応酬」を韓玄は理解できませんでした。戦場にいた数人の兵士から「真剣に戦っていないのでは」という疑問の声が上がり、韓玄は黄忠(漢升)に疑いを抱き、遂には彼を捕えて投獄してしまいます。

本当に愚かですね。唯一、劉備軍の侵攻を食い止めていた黄忠(漢升)を取り除いてしまった訳ですから。

陥落が濃厚となった情勢の中、長沙内部で反乱が起こります。これを主導したのが魏延(文長)です。黄忠(漢升)と同様に後に蜀漢において大きな役割を果たす武将です。魏延(文長)はこれまで悪政を行って来た韓玄が忠臣の黄忠(漢升)まで捕えてしまった。どんなに韓玄に忠誠を尽くしたところで結局は黄忠(漢升)のように扱われてしまう…そんなことでいいのか。そう言って反乱への参加を呼びかけます。

結果、反乱は成功。韓玄は長沙軍兵士によって討ち取られ、黄忠(漢升)は釈放。劉備軍が悠々と長沙に入ります。

黄忠(漢升)の劉備軍加入 老将軍に対する劉備(玄徳)の義

釈放され自宅で謹慎する黄忠(漢升)。「主」を変えることに二の足を踏み、劉備軍への加入をためらいます。これは、あくまでも韓玄への義ではなく、いわゆる「二君に使える」ことに抵抗を感じたのでしょう。

そんな黄忠(漢升)の気持ちを察した劉備(玄徳)は、自ら黄忠(漢升)の自宅を訪問します。

「トップ」直々の訪問に驚く黄忠(漢升)。劉備(玄徳)が軍への加入を依頼しますが、この期に及んでも、まだ黄忠(漢升)はためらっています。すると劉備(玄徳)は…

「玄徳、このとおり頭を下げてお願いいたす。」

戦場における関羽(雲長)の義、そして、その主たる劉備(玄徳)の義…、ついに黄忠(漢升)は心を開きます。権力や腕力によっては動かせなかったであろう黄忠(漢升)の心。劉備(玄徳)と関羽(雲長)は義によって彼の心を動かしたのです。

その後、黄忠(漢升)は常に劉備軍の先鋒として活躍します。特に漢中攻防戦においては要害の定軍山を夏侯淵(妙才)から奪い、曹操軍を漢中から撤退させることに大いに貢献します。劉備(玄徳)が益州、漢中を平定し曹操(孟徳)の魏に対抗する一大勢力にのし上がった立役者の一人となるのです。

長沙の反乱を主導した魏延(文長)と諸葛亮(孔明)との確執

魏延(文長)は長沙の反乱を主導し韓玄を討ち取った後に劉備(玄徳)の下を訪れます。劉備軍への加入を申し出ますが、意外にも諸葛亮(孔明)が反対します。しかも処刑を劉備(玄徳)に進言するのです。理由は…

■長沙軍が絶対的に不利な状況になってからの反乱
■反乱は主君への裏切り
■劉備に使えたとしてもまた裏切る可能性あり
■そもそも反骨の相がある

しかし、諸葛亮(孔明)の進言に対して劉備(玄徳)は「我が軍に投降して来た者を切っては、今後、我が軍に投降する者がいなくなる」と言って魏延(文長)を許します。

魏延(文長)は、その後の益州・南蛮侵攻、漢中攻防戦、北伐等々で中心的な役割を果たし大きな功績を残しますが、劉備(玄徳)が没し諸葛亮(孔明)が蜀漢の実権を握った頃から、官職や作戦に対する不平不満、軍律を乱すなど問題行動が目立つようになり、諸葛亮(孔明)の死後に謀反を起こし蜀漢の将に打ち取られます。

魏延(文長)は最終的に謀反を起こし「裏切者」というレッテルを貼られていますが、一方で「裏切るのであれば魏に降伏する方が容易だったものを…それをせずに内部で戦おうとしたのは、あくまでも蜀漢(当時の皇帝は劉禅)への忠誠は貫こうとしたのでは…という説も根強いです。

まとめ

黄忠(漢升)、魏延(文長)共に、後の劉備軍の作戦において大きな戦力となって活躍しますが、黄忠(漢升)は「五虎大将軍」に選ばれ、魏延(文長)は裏切者として討ち取られるという対照的な末路を迎えます。どんなに才能があっても、どんなに武力を持とうと…やはり最終的には「人の質」が人生を左右するようですね。

関連する投稿


赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


名門の証!?二字姓の人物たち

名門の証!?二字姓の人物たち

曹・劉・孫・呂・周・馬・袁など三国志の登場人物の多くは一字の姓を持っています。少数派ですが二字の姓をもつ人物もいます。彼らはどういう人物でしょうか?また、共通点はあるのでしょうか?


三国志の中でも最も有名な戦い!赤壁の戦いを徹底解説!

三国志の中でも最も有名な戦い!赤壁の戦いを徹底解説!

三国志の歴史の中でも有名であり、映画化もされている赤壁の戦いがどのような経緯で行われ、どのような戦況だったのかを説明します。


まさに波乱万丈! 劉備(玄徳)に軍略を教えた徐庶(元直)の生涯

まさに波乱万丈! 劉備(玄徳)に軍略を教えた徐庶(元直)の生涯

劉備(玄徳)に仕える軍師といったら真っ先に諸葛亮(孔明)を思い浮かべることでしょう。しかし、彼の存在を劉備(玄徳)に教えた人物が徐庶(元直)です。ここでは波乱万丈に満ちた徐庶(元直)の生涯について紹介します。


最新の投稿


三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

曹操を烈火の如く激怒させた「陳琳」の「檄文」。あまりの名作のために「文選」にも編纂されています。今回は文選や檄文についてお伝えしていきます。


「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

三国志には「南船北馬」という言葉があります。これはいったいどういう意味でしょうか。三国志は戦の歴史でもあり、多くは騎馬による一騎打ちや戦争の描写が多く見られます。なかでも名のある武将が駆る名馬たちは、その名を歴史に残しているのです。


赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

劉備は陶謙から徐州牧の座を譲られます。そして味方だった袁術に攻められ、敵だった曹操を頼ることになるのです。なぜそのようなことになったのでしょうか。


諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


https://sangokushirs.com/articles/196