三顧の礼

三顧の礼に関する記事

真心から礼儀を尽くして、すぐれた人材を招くこと。また、目上の人が、ある人物を信任して手厚く迎えること。 中国三国時代、蜀しょくの劉備が、諸葛亮(孔明)を訪ねたが、なかなか会えず、三度目にやっと面会できた。 二人は胸中を語り合って感激し、劉備は孔明を軍師として迎えることができた。


三顧の礼

礼を尽くして、才能ある人材を招くことが、成功への近道です。 招くには、例え、自分が目上であっても目下である相手を手厚く迎え優遇することが重要です。