呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

三国志演義代表の裏切り者といえば呂布や司馬懿でしょう。しかし、離反した人物は蜀でも少なからずいます。裏切り者たちは主に対し、どのような不満を抱いていたのでしょうか?彼らのその後と共に見てみましょう。


反骨の可能性を持った魏延

呂布以外の裏切り者で真っ先に思い浮かぶのは、誰ですか?

なかでも蜀の魏延は、諸葛亮から「自分の死後に裏切る」と予測されていた人物です。その予測は、五丈原の戦いで実現しました。

武芸を得意とする魏延は、才のある楊儀と日ごろから対立していました。あまりに血気盛んな人物だったため、最終的には刀で楊儀を脅すほどの問題に発展したそうです。
諸葛亮の死後も楊儀に従わなかった魏延。楊儀ら蜀軍が撤退する際、魏延は彼らの退路を断つように橋を切り落としました。

「『俺を殺せる奴はいるか』と3回言えば、漢中の城をくれてやる」と言う楊儀。魏延が額面通りに叫ぶ最中、馬岱に斬り殺されました。

楊儀と錦の袋

諸葛亮の死後、錦の袋が楊儀の手元に渡りました。
袋の中に入った紙には、先ほどの言葉と計略が書かれていました。楊儀が「叫べば城をあげる」と言ったことや馬岱による不意打ちは、すべて諸葛亮の策だったのです。

魏延の死を目の当たりにした楊儀は、涼しい顔をしました。

直情的な魏延に対し、楊儀はどういう人物だったのでしょうか?
前述通り、楊儀は知略に長けていましたが、すぐ思い上がる傾向にあったそうです。その性格ゆえに諸葛亮の後継者になれず、あまりのショックで自ら命を絶ちました。諸葛亮から錦の袋を受け取ったとき、勘違いをしたのかもしれません。

魏延の功績

魏延が孤立の途をたどっても、彼の功績が消えることはありません。高齢の武将・黄忠と功を競ったほか、かつての軍師であるホウ統からも暗殺を任されたほどの腕前です。

魏と蜀が定軍山で戦った際、魏延はわざと敗走します。ところが、突如向きを変えたとたん、曹操の顔に向けて矢を放ったのです。その矢は曹操の前歯を2本折りました。

劉備(玄徳)亡き後も手柄を立てた魏延。蜀が南中を攻略するときも、魏延は祝融(孟獲の妻)を罵倒することでおびき寄せることに成功しました。ここでは、馬岱と協力して祝融を生け捕りにしています。

五丈原では主燈(※)を倒してしまったこともありましたが、長く頼られていた人物なのです。
※諸葛亮の延命を祈るための灯り

糜芳(びほう)の裏切り

糜芳の妹は糜氏で、劉備(玄徳)に嫁いでいます。糜芳は呉(&魏)と蜀による「樊城の戦い」で、呉に寝返りました。

関羽軍の先鋒となった糜芳ですが、ただ支援に回るだけで先頭に立とうとしませんでした。そして、出陣直前に火事が発生。処罰として棒で叩かれた糜芳は、関羽を恐れて呉の孫権に降伏しました。処罰後から降伏前は江陵(地域)の守備を任されましたが、結局身に入らなかったのです。

やがて、劉備(玄徳)が関羽の仇討ちとして呉に乗り込みます。糜芳は同じ呉の人間であるはずの馬忠を殺し、首を持ったまま蜀に戻ろうとするのです。当然ながら劉備(玄徳)の怒りはそれで収まるはずがなく、糜芳は劉備(玄徳)に殺されました。

関羽からの不当な扱い

糜芳は、かねてより関羽から不当な扱いを受けていたそうです。誰もが嫌な扱いを受ければ、恩義を尽くす気がなくなるもの。関羽といえば誰に対しても義理堅い人物で有名なので、信じがたいですよね。孫権に相談するのも無理もないでしょう。

呉に降伏したあと、なぜ馬忠を殺したのでしょうか?それは馬忠が関羽殺害に関わっていたからです。「馬忠が関羽殿を殺したんだ。ひどいよねぇ」と他人事のようにアピールしたかった糜芳ですが、劉備(玄徳)の前では無力でした。

3度裏切った孟達

かつて劉璋の配下でしたが、不満があったため劉備(玄徳)を益州で歓迎します。劉璋は民を思う優しい人物だったものの、決断力に欠けるところがありました。そういう理由から劉備(玄徳)と共に劉璋を倒し、蜀を建国します。

しかし、劉備(玄徳)の配下になった後も、劉封と共犯であるまじき行為を行ったのです。
それは、糜芳のときと同じく「樊城の戦い」で起こりました。

呉に包囲された関羽は、孟達らに援軍を要請します。彼らがこれを拒否したことで劉備(玄徳)の怒りを買ったため、孟達は魏に降伏したのです。

劉封も関羽に不満があった?

孟達と劉封が関羽を見殺しにした背景には、ある出来事に対する不満があったように見えます。

劉封は、劉備(玄徳)の養子です。武芸と精神力を兼ね備えていたため、劉備(玄徳)から姓を授かることとなりました。
しかし、この頃は実の息子である劉禅が生まれたばかりです。これに対し関羽は、「劉禅殿がいるのに養子を取れば、権力争いに繋がるのではないか?」と懸念していたのです。

劉封が蜀の君主になりたかったかはわかりません。しかし、まるで「自分のせいで蜀が乱れる」かのような物言いに腹が立ったのは間違いないでしょう。
のちの樊城では孟達が「(関羽からの救援要請を)ほっとけ」と指示したため、関羽を見殺しにしてしまったのです。

孟達、3度目の裏切り

劉備(玄徳)の怒りと劉封への不満(後述)から逃れた孟達は、魏の配下に。皇帝の曹丕は孟達をかわいがりましたが、司馬懿は孟達をあまり良く思っていませんでした。

曹丕の死後、孟達は蜀の復興や友人の存在がきっかけで戻ることを決意。しかし、計画がすべて司馬懿に発覚して処刑されたのです。

一方、劉封は魏にいる孟達から投降を勧められますが、これを拒否。劉封はまさに、劉備(玄徳)の怒りによって打ち首となりました。

共犯であったにも関わらず、孟達と劉封はなぜ対立していたのでしょう?
それは、劉封が孟達の軍楽隊を没収したことにあります。孟達は(復讐として)劉封を支配したかったのかもしれません。

特定の人物に対する不満

裏切り者と聞くと、ちょっと怖いですよね。

でも魏延・糜芳・孟達の件に共通して言えることは、特定の人物に対し不満があったことです。特に樊城の戦いでは、関羽を裏切った武将が続出しました。関羽は、彼らに対しどのような感情を抱いていたのでしょうか?伝説の人物なだけに、誰に非があるのかは謎のままです。

呂布や司馬懿までにはいかずとも、主を裏切る行為は内部を揺るがすきっかけにもなります。それだけに、穏便な対応がより重要ではないでしょうか。

孟達の場合、関羽に不満があったのは劉封となります。孟達はとにかく劉封の人生を滅茶苦茶にしたかったはずです。
ただ、もし孟達が生きて蜀に戻ったとしても、誰にも信じてもらえなかったでしょうね。

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。