初心者が知っておくべき三国志のバトルについて

初心者が知っておくべき三国志のバトルについて

三国志では大小問わず、数多くの戦が繰り広げられました。その中で最も抑えてもらいたい戦についてピックアップしたので覚えてください。ここでは細かい部分には触れず大まかにどういう戦だったかということを紹介したいと思います。


董卓軍VS反董卓連合について

董卓軍VS反董卓連合について

董卓軍VS反董卓連合について

この戦いの全容は「中華全土の実質的な権力を握っている董卓」VS「妥当董卓を掲げる連合軍」の戦いです。董卓軍はあまりにも大きいため、一つの軍では太刀打ちできないと思った曹操(孟徳)が有志を募り反董卓連合を立ち上げました。
日本でいうなれば織田信長軍対その他全員といったところでしょう。各地の武将が董卓討伐に声を挙げたため、いよいよ董卓(仲穎)の傀儡政治も終わりを迎えると思われました。
董卓軍VS反董卓連合の見どころは
1、 袁紹(本初)がリーダーとなり董卓軍に攻撃を仕掛けた
2、 董卓軍の華雄の活躍で反董卓連合は一気にピンチに立たされた
3、 反董卓連合にいた関羽(雲長)が華雄を倒し、今度は董卓軍がピンチになる
4、 三国志最強の漢、董卓軍の呂布(奉先)が登場し反董卓連合の勢いがなくなる
5、 袁紹(本初)のリーダーシップが発揮されず反董卓連合が空中分解する
連合軍は最後までまとまることがなく、董卓(仲穎)を討てず解散してしまいました。

官渡の戦いについて

官渡の戦いについて

官渡の戦いについて

官渡の戦いは袁紹軍VS曹操軍の間で行われた大戦です。この戦いで袁紹軍が勝てば天下統一に大きく近づくという一戦でした。
反董卓連合でリーダーは袁紹でしたが、曹操は副リーダー的存在でした。この二人は仲が悪く、恐らく董卓(仲穎)という共通の敵がいたにもかかわらずいがみ合っていたことでしょう。
この二人の不仲が国を挙げての戦争になったという要素はあったと思います。
ざっくりですが袁紹軍が70万人だったのに対し、曹操軍は7万人でした。
この戦いの見どころは
1、 袁紹(本初)と曹操(孟徳)は昔からいがみ合っていた
2、 数では袁紹軍が圧倒していたものの、曹操軍の方が明らかにまとまっていた
3、 袁紹軍の中には袁紹(本初)の元を離れるものが少なくなかった
4、 袁紹(本初)は部下の進言を聞かなかったが曹操(孟徳)の部下は効果的な戦略を曹操(孟徳)に対し進言し、その作戦を実行に移した
5、 曹操軍の作戦がことごとくはまった
圧倒的有利とみられていた袁紹軍でしたが曹操軍の戦略が上回り、曹操軍が三国志史上最大の勝利を収めました。この戦いはリーダーの素質が如実に表れた対戦といっても過言ではないでしょう。

赤壁の戦いについて

赤壁の戦いについて

赤壁の戦いについて

赤壁の戦いは映画「レッドクリフ」で脚光を浴びたためご存知の人が多いことだと思います。三国志の中でも最も有名な戦いの一つで、見ごたえある大戦です。この赤壁の戦いは曹操軍対孫権・劉備連合軍です。
兵士の数は資料によってまちまちですが、イメージ的に5万人対60万人程度を想像してもらえればいいと思います。
赤壁の戦いの見どころは
1、 曹操軍が攻め込んでくる
2、 降伏をしようという家臣の声を振り切って孫権軍が曹操軍に対して対抗する
3、 劉備軍と孫権軍が手を結ぶ
4、 周瑜(公瑾)と諸葛(孔明)という二人の天才が数々の戦略を繰り広げる
結果は圧倒的に兵の数が少なかった連合軍の勝利です。
この戦いで曹操(孟徳)が勝てば天下統一まであと一歩というところでしたが、連合軍が何とか踏みとどまり三国志をより面白いものとした戦いといっても過言ではないでしょう。

北伐について

北伐について

北伐について

三国志で最も有名な人物といったら諸葛(孔明)ではないでしょうか。そんな諸葛(孔明)ですが、彼がそこまで知られることとなったのは劉備(玄徳)の元で知略を存分に発揮したということもありますが、北伐(北に位置する魏に攻め込むこと)を何度も行ったことも大きな理由です。
自身が長く生きられないということを知っていたのか、諸葛(孔明)は異常なまでに北伐を繰り返しました。
そんな北伐の見どころは
1、 小国の蜀の方が大国である魏に対して攻め込んだ
2、 蜀は諸葛(孔明)が率いていた一方、魏は天才軍師司馬懿(仲達)が率いていた
3、 諸葛(孔明)はあと一歩というところまで魏を攻め込むが最終的には撤退せざるを得なくなる
4、 諸葛(孔明)の負担は大きく、力尽きてしまう。
攻めに攻めた蜀ですが結局攻め切ることができませんでした。ちなみに三国志でも最も有名なシーンの一つとなった「死せる孔明生きる仲達を走らす」はこの場面のことを指します。
諸葛(孔明)は死ぬ直前、部下に対し「自分に扮し攻め込んでくる司馬懿(仲達)を追い返せ」と託しました。諸葛(孔明)が息絶えると司馬懿(仲達)が予想通り攻め込んできました。しかし死んだと思っていたはずの諸葛(孔明)が生きていたので慌てて戻ったというエピソードです。
司馬懿(仲達)を馬鹿にする話なのですが、実際彼は諸葛(孔明)の度重なる攻撃を耐え抜いたので「天才」といえるでしょう。

綿竹攻防戦

綿竹攻防戦

綿竹攻防戦

諸葛(孔明)亡き後、姜維(伯約)がその意思を受け継ぎ北伐を繰り返し行いました。しかし攻め込んでも攻め切れないとなると士気も国力も下がってしまうのは明らかです。そんな蜀の疲れを見切ったのが魏の司馬昭(子上)です。司馬昭(子上)はついに蜀討伐の命を発しました。それが綿竹攻防戦です。
この戦いの見どころは
1、 今まで受けに回っていた魏がついに攻め込んできた
2、 北伐を繰り返し行ったため蜀の国力は衰えていっていた
3、 蜀が7万の軍勢に対し、魏は数万の軍勢といわれている
4、 諸葛(孔明)の息子である諸葛瞻(思遠)と司馬懿(仲達)の息子である司馬昭(子上)が絡んでいる
5、 蜀は呉に援軍を頼んだが、呉は遠く、援軍が来ることはかった
この勝負は勝ちを諦めた諸葛瞻(思遠)が自害したところで勝負ありとなりました。最終的に劉禅が降伏する旨の国書と玉璽を渡し、終わったのです。
劉備(玄徳)が建国して42年で蜀は幕を閉じる形となりました。

まとめ

まとめ

まとめ

この後魏の国内でクーデターが起こり、魏が晋となります。そしてその晋が呉を亡ぼし三国志の終焉を迎えます。上記に挙げたほかに大戦はまだまだありましたが取り急ぎ覚えてほしい大戦についてまとめてみました。
三国志を知る上で「人物を知る」「人物同士、国同士のつながりを知る」「戦について知る」ということが重要だと思います。
まずは上記の大戦の大まかな概要を捕らえ、その前後で何が起きたのか、どんな武将が活躍したかということを覚えていけば三国志についての知識を広げられることだと思います。
さらに推しメン、好きな戦い、肩入れする国などができてくれば自然と「もっと三国志について知りたい!」と思うようになっていくことでしょう。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志をより深く知るために知っておくべき合戦

三国志では多々合戦が繰り広げられています。局地戦的なものもあれば、その後の歴史を大きく左右した戦もあります。三国志をより深く楽しむためには、「その後を左右した戦」は是非覚えておきたい所。それらをいくつかピックアップしてみましょう。


三国志の全てを決めたと言っても過言ではない官渡の戦い

RPGゲームをしたことがある人ならよく分かるかもしれませんが、ゲームはたいてい弱い敵から倒し、徐々に強い敵になり最後にラスボスを倒すというシナリオになっています。しかし、三国志は違い、序盤に天王山ともいえる官渡の戦いが勃発します。その官渡の戦いについてご紹介したいと思います。


曹操(孟徳)の覇道を大いに助けた稀代の政治家「荀彧」

曹操(孟徳)陣営には多くの優秀な配下がいましたが、その中でも文官のトップになるのが、荀彧です。荀攸・郭嘉・鍾ヨウといった幕臣たちよりも筆頭で評価され、曹操(孟徳)からは前漢の天才軍師と称された張良に匹敵されるといわれました。そんな荀彧の人物歴をここでみていきます。


赤壁の戦い 兵士数で圧倒しながらも謀略戦で完敗した曹操軍

曹操(孟徳)が袁紹(本初)を滅ぼした「官渡の戦い」と同様に「大戦」となることが容易に想像できる呉国との戦い。曹操(孟徳)は自軍の戦いを優位に導くため、実践前に様々な「謀略」を用います。しかしそれは、呉国も同様でした。国の存亡を賭けての戦い。ここに「実践前の謀略戦」が繰り広げられます。


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。