曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

乱世の姦雄と呼ばれその名を中国全土にとどろかせた曹操(孟徳)は伝説に残る一対の剣を所有していました。その剣は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」。どちらも伝説に残る逸品中の逸品です。今回は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」について詳しく解説します。


乱世の姦雄所有の宝剣

倚天剣(いてんけん)は、創作の三国志演義に登場します。「天をも貫く」という意味を持っています。その名が示すとおり、素晴らしい切れ味を誇っており、岩を泥のように切り裂くことができる名剣であったとか。曹操(孟徳)はこの倚天剣(いてんけん)を愛用し、常にこの剣を腰に帯びていたと伝えられています。さらに倚天剣(いてんけん)は曹操(孟徳)の死後、魏の宝剣として大切に保管されました。

ストーリー中では使われていない

三国志演義に登場する曹操(孟徳)はどのようなシーンが多かったのでしょうか。
最初から一軍の長で前線で敵兵と衝突することはほとんどありません。本陣にて自軍の兵士を指揮し、作戦を練ることしかしていない曹操(孟徳)が倚天剣(いてんけん)で敵兵を一騎打ちをしたり、誰かを討ちとるという場面は三国志演義のどこにも描かれていないわけです。

そのため、三国志演義の作中では倚天剣(いてんけん)を使用しているエピソードは存在せず、ただ名剣であったという記述のみが見られました。史記では登場していないため、架空の剣だとされています。

倚天剣の後年の扱い

倚天剣(いてんけん)が魏国が先祖伝来の宝剣として大切にされたことについては先に記述しました。

その影響もあってか、中国で倚天剣(いてんけん)は名剣の代表格となっており、中国現代小説で「射鵰英雄伝」や「碧血剣」など任侠作品を世に生み出した人気小説家の金庸は「倚天屠龍記」という作品に倚天剣(いてんけん)を名剣として登場させています。その作中で倚天剣(いてんけん)は鞘に収まったままでも物を斬ることができるとんでもない名剣とされています。

作中にはもうひとつ屠龍剣(どりゅうけん)という一振りの名剣が存在しており、倚天剣(いてんけん)と屠龍剣(どりゅうけん)を両方手にすることができた者は、世の武術家や英雄たちの頂点に君臨することができるとしています。曹操(孟徳)の宝剣は、現代でも王者の証とされているのです。

趙雲(子龍)に奪われし剣

倚天剣(いてんけん)と一対をなす青紅剣(せいこうけん)のふたつは同時期に作られた剣です。青紅剣(せいこうけん)はもともと曹操(孟徳)所有の名剣でしたが、夏侯恩という武将に与えられています。

吉川英治が著した「三国志」によると、夏侯恩は夏侯惇(元譲)の弟にあたる武将で、曹操(孟徳)から見ると従兄弟にあたり曹操(孟徳)お気に入りの武将でした。天下の名剣「青紅剣(せいこうけん)」を惜しみもなく与えられた夏侯恩は腰にはいて長坂の戦いに参陣しました。

長坂の戦いは西暦208年に勃発した曹操(孟徳)と劉備(玄徳)間の戦いです。この戦いでは大兵力を有していた魏軍が終始蜀軍を圧倒し、戦いに敗れた蜀軍は民衆を引き連れたままの逃避行の末、命からがら逃げおおせるという結果に終わります。

三国志演義で夏侯恩が登場するシーンは敗走する蜀軍を追撃するときです。このとき、夏侯恩は数人の部下とともに戦場を駆け回っていました。少人数で行動していたのはすでに戦いの軍配が魏軍に上がっており、魏軍にとってはそこまで緊迫している雰囲気ではなかったからです。

しかし、この先夏侯恩にとって不幸が訪れます。絶望的な戦況のなかで勇敢に戦い続ける蜀の勇猛な武将に遭遇してしまいます。この男こそ姓を趙、名を雲、字を子龍。魏軍の兵士がひしめく戦場で獅子奮迅の戦いをしながら彼は退却時に行方不明となった君主の夫人と後継ぎの救出に向かっていたのでした。

手柄を求めていた夏侯恩は趙雲(子龍)を打ち負かして褒美を預かろうとしました。ところが、夏侯恩は一刀のもとで趙雲(子龍)に切り捨てられました。趙雲(子龍)は己が殺した若武者が所有していた素晴らしい剣に気づき、夏侯恩の死体から戦利品として名剣の青紅剣(せいこうけん)を奪い取ったのでした。この時から青紅剣(せいこうけん)は、趙雲の愛剣になったのです。

早速威力を発揮した青紅剣

長坂の戦いで劉備(玄徳)の後継ぎである阿斗の救出に成功する趙雲(子龍)でしたが、阿斗を抱えて逃げていた夫人まで救うことはできませんでした。たったひとりで魏軍の渦中に飛び込んだ趙雲(子龍)に魏軍の兵士は容赦なく襲いかかります。「あれに見えるは趙雲(子龍)なり。あれを討ち取れば一生食うことのできる褒美をやるぞ」と魏軍の将軍たちは口々に指示したので、兵士たちは躍起になります。

趙雲(子龍)にとってはまさに地獄、赤ん坊を抱きかかえたまま全方位から矢が飛び交い、右を見ても左を見ても敵兵ばかりが襲いかかってくる。そのとき、趙雲(子龍)の前方から敵兵が束になって槍を突き出しながら走ってきました。趙雲(子龍)はいっぺんに敵兵の持っていた槍を自分の槍で押さえつけました。しかし、今度は同じように後ろから敵兵が襲いかかってきました。自分の槍は今しがた敵兵の武器を押さえつけている。

どうしたものかと思案していると、先ほど殺した夏侯恩から奪い取った青紅剣(せいこうけん)が目に入ったのでした。
趙雲(子龍)は自分の槍を足で押さえつけ、青紅剣(せいこうけん)で敵の槍を叩くと、なんと一振りですべての敵兵の槍の穂先を切り落とすことができたのです。そのまま、狼狽している敵兵を一刀のもとに切り伏せ、後ろから襲ってくる敵兵を槍で薙ぎ払いました。
「なんだこの剣、面白いくらい切れるぞ!!」と青紅剣(せいこうけん)の切れ味を実感し、感動したそうです。

まとめ

伝説の「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」の解説はいかがでしたでしょうか。曹操(孟徳)が愛用した倚天剣(いてんけん)と青紅剣(せいこうけん)は、現在も名剣として語り継がれています。

最近「斬れないものはない」と言われ、架空のものと思われていた越王句践剣(えつおうこうせんけん)が出土されたので、威力がすさまじいことから架空の武器であると言われているふたつの名剣も実在して欲しいと思います。もし、倚天剣(いてんけん)と青紅剣(せいこうけん)の両方かどちらか一方が出土されたら、生きているうちにぜひとも拝見してみたいものです。

関連するキーワード


曹操 武器

関連する投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


蜀の晩年における最大の功労者【王平】の実力とは!

蜀の晩年における最大の功労者【王平】の実力とは!

蜀が建国された当初は、諸葛亮も健在で他国に脅威となっていました。しかし、諸葛亮の没後は、魏に攻められることもあり、蜀は安泰とはいえない存在となっていきます。その中で蜀を守り抜いた最大の功労者ともいえるのが王平です。その実力をみていきましょう。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

魯粛に認められていく呂蒙は、曹操や関羽とも対決していき、徐々に名を天下に知らしめていきます。孫権からの信頼も厚くなっていくさまは、周瑜にも匹敵する将軍であることを意味していきます。ここでは呉の重鎮となっていく呂蒙をみていきます。


三国志・荀彧はなぜ曹操に仕えたのか?荀一族は意図的に分かれた

三国志・荀彧はなぜ曹操に仕えたのか?荀一族は意図的に分かれた

「吾の子房なり」と曹操に認められた「荀彧」。名門の出自で、同族は董卓や袁紹などに仕えています。荀彧はなぜ、小勢力である曹操に仕えたのでしょうか?


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196