曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

乱世の姦雄と呼ばれその名を中国全土にとどろかせた曹操(孟徳)は伝説に残る一対の剣を所有していました。その剣は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」。どちらも伝説に残る逸品中の逸品です。今回は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」について詳しく解説します。


乱世の姦雄所有の宝剣

倚天剣(いてんけん)は、創作の三国志演義に登場します。「天をも貫く」という意味を持っています。その名が示すとおり、素晴らしい切れ味を誇っており、岩を泥のように切り裂くことができる名剣であったとか。曹操(孟徳)はこの倚天剣(いてんけん)を愛用し、常にこの剣を腰に帯びていたと伝えられています。さらに倚天剣(いてんけん)は曹操(孟徳)の死後、魏の宝剣として大切に保管されました。

ストーリー中では使われていない

三国志演義に登場する曹操(孟徳)はどのようなシーンが多かったのでしょうか。
最初から一軍の長で前線で敵兵と衝突することはほとんどありません。本陣にて自軍の兵士を指揮し、作戦を練ることしかしていない曹操(孟徳)が倚天剣(いてんけん)で敵兵を一騎打ちをしたり、誰かを討ちとるという場面は三国志演義のどこにも描かれていないわけです。

そのため、三国志演義の作中では倚天剣(いてんけん)を使用しているエピソードは存在せず、ただ名剣であったという記述のみが見られました。史記では登場していないため、架空の剣だとされています。

倚天剣の後年の扱い

倚天剣(いてんけん)が魏国が先祖伝来の宝剣として大切にされたことについては先に記述しました。

その影響もあってか、中国で倚天剣(いてんけん)は名剣の代表格となっており、中国現代小説で「射鵰英雄伝」や「碧血剣」など任侠作品を世に生み出した人気小説家の金庸は「倚天屠龍記」という作品に倚天剣(いてんけん)を名剣として登場させています。その作中で倚天剣(いてんけん)は鞘に収まったままでも物を斬ることができるとんでもない名剣とされています。

作中にはもうひとつ屠龍剣(どりゅうけん)という一振りの名剣が存在しており、倚天剣(いてんけん)と屠龍剣(どりゅうけん)を両方手にすることができた者は、世の武術家や英雄たちの頂点に君臨することができるとしています。曹操(孟徳)の宝剣は、現代でも王者の証とされているのです。

趙雲(子龍)に奪われし剣

倚天剣(いてんけん)と一対をなす青紅剣(せいこうけん)のふたつは同時期に作られた剣です。青紅剣(せいこうけん)はもともと曹操(孟徳)所有の名剣でしたが、夏侯恩という武将に与えられています。

吉川英治が著した「三国志」によると、夏侯恩は夏侯惇(元譲)の弟にあたる武将で、曹操(孟徳)から見ると従兄弟にあたり曹操(孟徳)お気に入りの武将でした。天下の名剣「青紅剣(せいこうけん)」を惜しみもなく与えられた夏侯恩は腰にはいて長坂の戦いに参陣しました。

長坂の戦いは西暦208年に勃発した曹操(孟徳)と劉備(玄徳)間の戦いです。この戦いでは大兵力を有していた魏軍が終始蜀軍を圧倒し、戦いに敗れた蜀軍は民衆を引き連れたままの逃避行の末、命からがら逃げおおせるという結果に終わります。

三国志演義で夏侯恩が登場するシーンは敗走する蜀軍を追撃するときです。このとき、夏侯恩は数人の部下とともに戦場を駆け回っていました。少人数で行動していたのはすでに戦いの軍配が魏軍に上がっており、魏軍にとってはそこまで緊迫している雰囲気ではなかったからです。

しかし、この先夏侯恩にとって不幸が訪れます。絶望的な戦況のなかで勇敢に戦い続ける蜀の勇猛な武将に遭遇してしまいます。この男こそ姓を趙、名を雲、字を子龍。魏軍の兵士がひしめく戦場で獅子奮迅の戦いをしながら彼は退却時に行方不明となった君主の夫人と後継ぎの救出に向かっていたのでした。

手柄を求めていた夏侯恩は趙雲(子龍)を打ち負かして褒美を預かろうとしました。ところが、夏侯恩は一刀のもとで趙雲(子龍)に切り捨てられました。趙雲(子龍)は己が殺した若武者が所有していた素晴らしい剣に気づき、夏侯恩の死体から戦利品として名剣の青紅剣(せいこうけん)を奪い取ったのでした。この時から青紅剣(せいこうけん)は、趙雲の愛剣になったのです。

早速威力を発揮した青紅剣

長坂の戦いで劉備(玄徳)の後継ぎである阿斗の救出に成功する趙雲(子龍)でしたが、阿斗を抱えて逃げていた夫人まで救うことはできませんでした。たったひとりで魏軍の渦中に飛び込んだ趙雲(子龍)に魏軍の兵士は容赦なく襲いかかります。「あれに見えるは趙雲(子龍)なり。あれを討ち取れば一生食うことのできる褒美をやるぞ」と魏軍の将軍たちは口々に指示したので、兵士たちは躍起になります。

趙雲(子龍)にとってはまさに地獄、赤ん坊を抱きかかえたまま全方位から矢が飛び交い、右を見ても左を見ても敵兵ばかりが襲いかかってくる。そのとき、趙雲(子龍)の前方から敵兵が束になって槍を突き出しながら走ってきました。趙雲(子龍)はいっぺんに敵兵の持っていた槍を自分の槍で押さえつけました。しかし、今度は同じように後ろから敵兵が襲いかかってきました。自分の槍は今しがた敵兵の武器を押さえつけている。

どうしたものかと思案していると、先ほど殺した夏侯恩から奪い取った青紅剣(せいこうけん)が目に入ったのでした。
趙雲(子龍)は自分の槍を足で押さえつけ、青紅剣(せいこうけん)で敵の槍を叩くと、なんと一振りですべての敵兵の槍の穂先を切り落とすことができたのです。そのまま、狼狽している敵兵を一刀のもとに切り伏せ、後ろから襲ってくる敵兵を槍で薙ぎ払いました。
「なんだこの剣、面白いくらい切れるぞ!!」と青紅剣(せいこうけん)の切れ味を実感し、感動したそうです。

まとめ

伝説の「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」の解説はいかがでしたでしょうか。曹操(孟徳)が愛用した倚天剣(いてんけん)と青紅剣(せいこうけん)は、現在も名剣として語り継がれています。

最近「斬れないものはない」と言われ、架空のものと思われていた越王句践剣(えつおうこうせんけん)が出土されたので、威力がすさまじいことから架空の武器であると言われているふたつの名剣も実在して欲しいと思います。もし、倚天剣(いてんけん)と青紅剣(せいこうけん)の両方かどちらか一方が出土されたら、生きているうちにぜひとも拝見してみたいものです。

関連するキーワード


曹操 武器

関連する投稿


三国志・赤壁の戦いの際に曹操に帰順しようとして朱治に阻止された孫氏の重鎮

三国志・赤壁の戦いの際に曹操に帰順しようとして朱治に阻止された孫氏の重鎮

赤壁の戦いでは、曹操による強力な寝返り作戦があったことを御存じでしょうか?標的のひとりが、孫権の親族でした。三国志演義では語られなかった裏話をお伝えします。


劉備(玄徳)はなぜ天下を取れなかった?足りなかったものとは?

劉備(玄徳)はなぜ天下を取れなかった?足りなかったものとは?

三国志で人気の君主と言えば、劉備(玄徳)ではないでしょうか。関羽や張飛、諸葛亮など多くの部下がおり、魅力的な劉備(玄徳)。それだけに、天下を取って欲しかったという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、なぜ劉備(玄徳)は天下を取れなかったのか、そして足りなかったものは何なのかを紹介していきます。


張郃--魏を支え続ける猛将

張郃--魏を支え続ける猛将

演義ファンの方は「魏の国の名将は?」と聞かれたら、真っ先に答えるのは張遼でしょう。続いて徐晃、そして張郃と言ったところでしょうか。実際、この三人と楽進・于禁を合わせた五人が一つの列伝にまとめられており、魏の五虎大将軍と言っていい存在です。その中でも、もっとも後の時代まで活躍したのが張郃です。


これを知っていたら三国志通!有名なあだ名~武将篇~

これを知っていたら三国志通!有名なあだ名~武将篇~

三国志を知る上で重要になってくるのは戦いなどの流れと個々の武将のエピソードを知ることです。そして三国志をより楽しみたいという人は後者のエピソードを探ることをお勧めします。中にはあだ名がついている武将がいるので「なぜそのあだ名になったのか」「あだ名をつけた人は誰なのか」というのを抑えるとより楽しむことができます。


三国志・曹操から信頼された夏候惇と夏侯淵の一騎打ちの経歴

三国志・曹操から信頼された夏候惇と夏侯淵の一騎打ちの経歴

曹操を支えた名将・夏侯惇と夏侯淵の三国志演義での活躍ぶりを振り返ってみましょう。はたしてどのような一騎打ちを演じているのでしょうか?


最新の投稿


三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志で最も有名な戦いが「赤壁の戦い」です。劉備(玄徳)、曹操、孫権が入り乱れた駆け引きを繰り返します。手に汗を握るシーンですが、勝利に導く東南の風を諸葛亮(孔明)はどうやって吹かせたのでしょうか?


登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

三国志、もとい漢代には故事成語がたくさんあります。偉大な仕事や役職につくために必ず通過するべき学校や組織、プロセスのことを指す「登竜門」もそのひとつで、郭泰(林宗)という軍師と李膺(元礼)という名士が生んだとされています。


三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志では豪傑や天才のエピソードに目が行きがちですが、その裏で不幸な目にあった物も少なくありません。戦って負ける、策にはめられるというのは日常茶飯事ですがその中でも群を抜いているエピソードを持つ登場人物を紹介したいと思います。


裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

三国志演義では裏切り者という印象の強い、呂布・魏延・蔡瑁。彼らは本当に恩知らずの裏切り者だったのでしょうか?それともそう描かれているだけなのでしょうか?もし、そうなら理由はあるのでしょうか?


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。