三国志をより深く知るために知っておくべき合戦

三国志をより深く知るために知っておくべき合戦

三国志では多々合戦が繰り広げられています。局地戦的なものもあれば、その後の歴史を大きく左右した戦もあります。三国志をより深く楽しむためには、「その後を左右した戦」は是非覚えておきたい所。それらをいくつかピックアップしてみましょう。


中原の覇者が決まった「官渡の戦い」

中原の覇者が決まった「官渡の戦い」

中原の覇者が決まった「官渡の戦い」

中原の覇者を賭けて争われた袁紹と曹操の戦いです。三国志演義ですと袁紹はそこまで個性的に描かれていないため、イマイチ盛り上がりに欠ける戦との印象をお持ちの人もいるかもしれません。ですがこの戦こそ事実上の「後の勝利者決定戦」と言っても決して過言ではないのです。
そもそも元々は袁紹の方が有利でした。戦力的な面はもちろんですが、顔良や文醜といった屈強な武将の活躍により、曹操軍に対して優勢を誇っていたのです。

ですがその二人を打ち取ったのが当時曹操の元に捕らえられていた関羽でした。関羽はこの二人の武将を討ち果たすと、戦の旗色は曹操軍になびきます。

また、袁紹は少々優柔不断な所もあったので勝てるとの思いからマイペースにことを進めていました。確かに普通に向き合えば袁紹の勝利は固かったでしょう。
ですが相手は普通ではないのです。曹操なのです。

顔良と文醜が打ち取られたことも確かに大きな打撃ではありましたが、それ以上に致命的だったのが兵糧です。数に劣る曹操は袁紹群の兵糧庫を急襲することにより、袁紹軍のモチベーションの低下を誘発。それにより、袁紹軍に勝利することになりました。
この戦の勝利により、「中原の覇者」としての座に就いた曹操。中原は当時の中国大陸の中心。つまりはこの戦の勝利は曹操の天下統一の決定的な一打となったのです。

「三国志」のきっかけとも言うべき赤壁の戦い

「三国志」のきっかけとも言うべき赤壁の戦い

「三国志」のきっかけとも言うべき赤壁の戦い

三国志演義に於ける最大の見せ場の赤壁の戦い。こちらは局地戦ではあるものの、その後の三国志の歴史への影響は計り知れないものがあるのもまた、一つの事実。まず赤壁の戦いの敗北によって曹操軍は対呉・対劉備(玄徳)を一からやり直さなければならなくなりました。特に対・呉です。
呉に戦を仕掛けるとなれば今後は水軍戦ではなく、陸戦を挑まなければならなくなったのです。そしてそれは呉もよく分かっているのです。対・魏の防衛ラインは水軍側よりも陸側に力を入れておいた方が良いと確信を得られたでしょう。
もちろん戦力的にはまだまだ魏の方が断然上。この時点では劉備(玄徳)はまだ流浪の身と言っても過言ではないレベルでした。ですが赤壁の戦いによるいわば「時間稼ぎ」によって劉備(玄徳)は益州、つまりは蜀建国の足がかりとなる「時間」を手にすることが出来たのです。

仮にですが赤壁の戦いで曹操が勝利していればその勢いで呉は滅亡していたでしょう。するともはや当時の劉備(玄徳)は曹操と戦うだけの戦力などありませんし、益州を落とす時間もありません。ですが赤壁で曹操に「一時休止」を言い渡すことが出来たのです。呉としても劉備(玄徳)としても「一休み」が出来たのです。
戦力を整えることによっていわばその後の膠着状態の布石を生み出したのです。この戦の結果こそ、まさに「三国志」の礎を築いたと言っても過言ではないのです。

魏の呉への方針が決まった合肥の戦い

魏の呉への方針が決まった合肥の戦い

魏の呉への方針が決まった合肥の戦い

こちらも三国志演義では少々触れて呉が頑張った…といった程度の話かもしれませんが、赤壁での対・呉戦線を見直さざるを得なくなった魏は、その後は呉に対しては合肥からアプローチを仕掛けることになるのですが、呉は魏軍を合肥にて打ち破ることもあれば、逆に苦戦することもありました。

日本における川中島の争い同様、戦闘行為そのものは度々行われていたものの、どちらが勝利するでもなかったため、領地の配分が変わることもありませんでした。つまり、魏も呉も「打つ手なし」な状況に陥ったのです。仮にですが、ここでどちらかが一方的に勝利していればその後、そのまま相手の本国までなだれ込むことが出来たでしょう。
ですが勝利にせよ敗北にせよいわば常に一進一退。そのため、仮に勝利しても本国まで攻めることは出来ず。
そのような状況が長らく続いたのです。もしもですが、ここで魏が呉に勝利していれば三国時代の到来はありませんでした。更には魏がより強大になれば既に益州を足掛かりにしつつあった劉備(玄徳)とはいえ、中国大陸の4分の3を手中に収めた曹操に対しては勝ち目などなかったでしょう。
つまり、ここで一進一退の戦いをすることによって魏に「呉も侮れない」との印象を植え付けることに成功したのです。このイメージがある限り、蜀と呉が手を結んでいる間は魏としては油断出来ない状況だったのです。

無駄に終わり、その後の路線を決めざるを得なかった夷陵の戦い

無駄に終わり、その後の路線を決めざるを得なかった夷陵の戦い

無駄に終わり、その後の路線を決めざるを得なかった夷陵の戦い

関羽を打ち取られたことに対して劉備(玄徳)が呉に対して仕掛けたこの戦は、長い目で見るととても大きな戦です。それは「無意味」という点に於いてです。
そのようなことは諸葛亮だけではなく、戦を仕掛けた劉備(玄徳)自身も分かっていたでしょう。私怨以外の何物でもないことくらいは分かっていたものの、振り上げた拳を下すことは出来なかったのです。
但し、この戦で勝利していれば話は別でした。仮にですが勝利していれば蜀の領土も少しは増えていたでしょう。さすがに呉の本国までなだれ込むのは難しいかもしれませんが、それでも呉に大打撃を与えることが出来れば蜀もまた、それなりの大国になっていたかもしれません。

少なくとも荊州を取り戻すだけでも三国バランスを多少は崩すことが出来たでしょう。
ですが結果は大惨敗。シビアな言い方をすれば、劉備(玄徳)の仕掛けた戦は「無駄」でしかなかったのです。
いたずらに国力を消耗させただけですし、何よりこの戦の流れの中で張飛まで失っているのです。
この戦における敗北により、蜀は「呉と結び、魏を倒す」という路線しかなくなってしまったのです。
打倒・魏こそ蜀のアイデンティティでもあるのですが、少々手厳しい言い方をすれば「それしか道がなくなった」とも言えます。
それだけに、この戦における敗北はその後の三国志の歴史の流れを大きく決定付けたと言っても決して過言ではないのです。

まとめ

まとめ

まとめ

いくつかの合戦を挙げました。もちろん他にも重要な戦は多々ありますし、人によって「あの戦こそ重要な一戦!」だとも思うかもしれません。
それらをあれこれお話するのもまた、三国志の楽しみの一つですが、長い目で三国志を見た時、上の合戦の結果が変わっていたらその後の歴史の流れも大きく変わっていたでしょう。それだけに、三国志をより深く楽しむ上では是非とも知ってくべき合戦と言えるでしょう。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志の英雄がイケメンに!?三国志をテーマにした女性向けゲームアプリ!

日本の戦国時代や幕末をテーマとした女性向け恋愛シミュレーションアプリがあるように、三国志をテーマにしたものも存在するんです! 素敵な英雄と恋を楽しんでみませんか?


三国志の人材コレクター!曹操が集めた魏の武将たち

群雄割拠の三国時代において、抜きんでた兵力を誇った魏の国。その礎となったのは、「人材コレクター」の異名を持つ曹操孟徳が集めた、優れた武将たちの働きでした。曹操は優秀な人材なら出自を問わず重用し後の蜀の皇帝・劉備(玄徳)の腹心である関羽まで手に入れようとしたほどです。そんな曹操のもとに集った腹心たちをご紹介します!


三国志の始まり~王朝の乱れより黄巾の乱の始まり~

「蒼天己死」~そうてんすでにしす~ 腐敗した漢王朝に代わる新しい世界を求めた者たちは、この言葉のもと各地で蜂起する。これが「黄巾の乱」である。この反乱が成功することがなかったが、三国志の英雄たちを歴史の表舞台に登場させることとなる。


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。