曹操(孟徳)の覇道を大いに助けた稀代の政治家「荀彧」

曹操(孟徳)の覇道を大いに助けた稀代の政治家「荀彧」

曹操(孟徳)陣営には多くの優秀な配下がいましたが、その中でも文官のトップになるのが、荀彧です。荀攸・郭嘉・鍾ヨウといった幕臣たちよりも筆頭で評価され、曹操(孟徳)からは前漢の天才軍師と称された張良に匹敵されるといわれました。そんな荀彧の人物歴をここでみていきます。


曹操(孟徳)に見出された若かりし頃

荀彧は若くしてその才能を評価されており、董卓が都を牛耳ったころには宮中に仕えていました。各地から董卓打倒の声が挙がる頃、荀彧は官職を辞めて故郷へと戻っています。この頃、荀彧は戦乱が訪れるのを予感して、家族を連れて冀州へと逃れています。荀彧らが去った後、董卓軍が襲来して故郷では多くの被害がでています。

荀彧はすでに先を見る眼を持っていたといえます。また、冀州は袁紹によって支配されており、都で名が知れていた荀彧は袁紹に礼を尽くして迎え入れられます。しかし、袁紹を知っていた荀彧は、とても天下に名を残す人物ではないと見限り、冀州を去る決意をしています。

袁紹は荀彧や郭嘉といった曹操(孟徳)陣営の精鋭たちに見限られているのが残念な君主といえるでしょう。一方、宮仕えから独立していた曹操(孟徳)は人材集めに奔走していました。荀彧も曹操(孟徳)に興味を持ち、実際に話してみると、袁紹とは比べ物にならない人物であると評価し、その傘下に入る決意をしています。

曹操(孟徳)も荀彧を高評価しており、「我が子房なり」と称していました。この子房というのは、前漢の天才軍師であった張良のことであり、最大級の賛辞であることがうかがえます。

曹操(孟徳)の飛躍を大いに助ける

曹操(孟徳)は董卓に反旗を翻しており、その対策に頭を悩ましていました。しかし、荀彧は董卓が殺戮に明け暮れることから、その王権は長く続かずに早くに暗殺されるに違いないと考えます。事実呂布によって董卓は殺害されています。

194年に曹操(孟徳)が徐州を攻めると、荀彧はエン州の留守を任されます。すると、陳留を本拠地にしていて、かねてから曹操(孟徳)の友人だった張バクが謀反を起します。さらに、猛将呂布を巻きこんでおり、曹操(孟徳)に味方していた城も呂布を恐れて多くが降伏していきました。

呂布に降伏しなかったのはわずか3城のみという中、荀彧は的確に夏候惇や程昱に指示を出して一貫して城を守り、わずかな兵力しかないものの、曹操(孟徳)が帰還するまで城を守り抜きました。

196年に献帝が長安を脱出すると、程昱とともに迎え入れるように進言しています。これは曹操(孟徳)にとって大きな意味があり、献帝を味方につけて自身に敵対するのは朝敵にできるようになりました。ますます曹操(孟徳)に信頼されていきます。曹操(孟徳)は国事に関することをすべて荀彧に相談するようになっていきました。

多くの有能な人物を推挙して国力を高める

荀彧は自身を控えめに評し、多くの有能な人材を曹操(孟徳)に推挙しています。ひとえに主君に評価されれば、それに甘えてしまうものですが、荀彧は構わず人材発掘に勤しんでいます。

中でも荀攸や鍾ヨウ、戯志才、郭嘉、司馬懿、陳グン、華キン、王朗といった面々は、魏の国力を高め、領土を拡大することに大きな貢献を果たした逸材といえます。荀彧に推薦された人物はほとんどが出世し、大臣クラスにもなっています。

官渡の戦いにも幕僚として貢献

袁紹の決戦が近づくと、国力的に優位立つ袁紹を恐れていた曹操(孟徳)に対し、荀彧は戦いの利点を説明しています。西から攻められないように漢中へ鍾ヨウを派遣して、豪族たちを従えています。

袁紹陣営には猛将の顔良や文醜、文官の田豊、許攸、審配、逢紀といった有能な人材が揃っていました。しかし、荀彧はその人材豊富を逆手に取り、幕僚たちを一人ずつ逆の評価をしていきました。顔良と文醜は知略が無く、策略を用いれば簡単に生け捕りできるといい、田豊は策略があっても袁紹に信頼されず、許攸は決断力がなく、審配は計画性がなくて、逢紀は独断性が強くて向う見ずという判断を下しています。

この人物眼が的中し、曹操(孟徳)軍は戦いを優位にすすめています。荀彧は戦地に赴いていませんが、後方支援として活躍しています。戦闘が長引くと、国力に勝る袁紹軍が押し返しており、一時撤退を考えて曹操(孟徳)に対して、荀彧は諦めないようにさせることを徹底していきました。荀彧は袁紹の人望のなさから必ず異変が起こると予測していました。

荀彧の思惑通り、袁紹陣営から投降者が現れ、曹操(孟徳)は袁紹軍の兵糧庫を急襲して戦況を逆転させます。官渡の戦いに勝利した曹操(孟徳)は意気揚々と本拠地に帰還しました。

逆に意気消沈したのが袁紹ですが、それでもまだまだ国力的には十分なほど曹操(孟徳)と渡り合える力を残していました。これは曹操(孟徳)も感じており、自軍の兵糧の乏しさから、一時は荊州の劉表を攻めようと考えていました。しかし、荀彧は有能な家臣たちが離反・討ち死にし、今をおいて袁紹を打ちのめす機会はないと進言しています。結果、袁紹は病死して国内は後継者争いで荒れ、曹操(孟徳)は袁氏を一網打尽にすることに成功しています。

幕臣として評価される荀彧

荀彧は順調に出世を重ねていきますが、自身は実戦には参加していないことから、辞退し続けていました。曹操(孟徳)は荀彧の功績が戦場での働きよりも大きいと判断し、強引に受けさせています。荀彧の一族も順調に出世していき、中でも親族の荀攸は曹操(孟徳)軍の筆頭軍師として、主に戦場で力を発揮しています。

荀彧は家財を一切蓄えず、親族や縁者に配るなどして家に余財がなかったといいます。荀彧の姿勢は多くの臣下から手本とされるようになりました。また、荊州へと進軍する際、劉表の欠点を挙げており、曹操(孟徳)はいとも簡単に荊州を奪取することができています。

晩年は曹操(孟徳)から疎まれる

曹操(孟徳)の幕僚たちが、魏王になるべく準備を進めていたころ、荀彧はただ一人反対の姿勢を貫きました。献帝を軽んじる行為になり、もともと中原の反乱を抑えて覇道を敷いたのは、国家を安定させるためであり、決して私利私欲のためではないことが重要であると直訴していました。

曹操(孟徳)はすでに献帝は眼中になく、政治の実権を握っていたので、自身の王位に就くことを明らかにしていました。曹操(孟徳)は当然面白くなく、荀彧との距離を置くようになってしまいます。

ただ、曹操(孟徳)の孫権討伐軍に荀彧も参戦しており、決定的な決裂には至っていないことがうかがえます。荀彧はこの行軍中に死去しており、一説には曹操(孟徳)に信頼されなくなったことから憂いでの自殺ともいわれています。

荀彧の死後、曹操(孟徳)は念願の魏王になりますが、すぐに病死してしまいます。後を継いだ曹丕が禅譲されて皇帝に就きました。荀彧の望まない形になってしまい、結局魏は司馬氏によって滅亡の道を歩んでいくことになってしまいます。

関連するキーワード


荀彧 曹操 官渡の戦い

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。