天下を取れなかった男、董卓(仲穎)と袁紹(本初)の話

天下を取れなかった男、董卓(仲穎)と袁紹(本初)の話

魏・呉・蜀の三国が確立される前、天下統一に手をかけていた男が二人いました。董卓(仲穎)と袁紹(本初)です。「二人はどんな人物だったのか」、「なぜ天下を取れなかったのか」という点をまとめました。


皇帝さえ変えてしまう権力の持ち主董卓(仲穎)

後漢王朝が滅びる際、真っ先に権力を握ったのが董卓(仲穎)です。彼は小さい頃けんかが強く、街の不良でした。その後軍に就職し、主に西方の異民族と戦いました。部隊を指揮しても人並み以上の技量を持った董卓(仲穎)ですが、彼が抜群に優れていたものがありました。それは「お金を使う」ということです。
特に「賄賂を渡す」天才だったのです。誰をどう買収すれば自分が一番得をするか分かっていたのです。
さらに、敵を多く作る性質はありましたが、その反面彼の元では略奪や犯罪も許されていたため、彼を支持する者も多くいました。
自分の一存で皇帝さえ変えてしまう横暴さがありながら、誰も董卓(仲穎)を制圧できる者はいませんでした。日本でいう織田信長的存在ですが、それ以上に横柄で傍若無人だったといえるでしょう。三国志においてまさに悪の帝王といっても過言ではないのが董卓(仲穎)という男なのです。

呂布(奉先)を仲間にしてしまう董卓(仲穎)

董卓(仲穎)が好き勝手出来た理由の一つに呂布(奉先)の存在が挙げられます。元々呂布(奉先)は董卓(仲穎)の敵陣にいました。しかし赤兎馬を与え、呂布(奉先)を言葉巧みに自分の陣営に引き込むことに成功しました。無敵の強さを誇る呂布(奉先)が董卓(仲穎)のボディーガードをしているため誰もうかつに近寄ることができませんでした。
最高のカリスマ性を持った董卓(仲穎)と、最強の戦力を誇った呂布(奉先)の力は絶大で不満を抱きながらもみんな董卓(仲穎)の横暴をやり過ごすことしかできませんでした。
曹操(孟徳)は董卓(仲穎)を暗殺しようと試みましたが、失敗に終わり、逆に追われる身となってしまうというエピソードもあります。

うまくいかなかった反董卓連合

董卓(仲穎)の権力があまりにも強く、誰も対抗することはできませんでした。しかし、1対1では無理でも「連合を作って対抗すれば何とかなる」と思われ、作られたのが「反董卓連合」です。日本の戦国時代に置き換えると織田信長軍を倒すのは難しいため武田、上杉、伊達、毛利、雑賀、浅井などが手を結び一斉攻撃を仕掛けるというイメージです。
実際三国時代の反董卓連合に加わった武将は袁紹(本初)、曹操(孟徳)、孫堅(文台)、劉備(玄徳)、袁術(公路)、公孫瓚(伯珪)など各地で名を轟かせていた猛者たちでした。(このころまだ劉備(玄徳)はそれほど力があるわけではありませんでした)
こうなったら「いかに董卓(仲穎)の力が凄かろうと倒せるのではないか」と考えがちですが、なんとこの連合軍をもってしても董卓(仲穎)を攻め落とすことができませんでした。
みんながみんな「董卓(仲穎)を亡ぼした後、自分たちが戦乱のイニシアチブをとれるように」という考えを少なからず持っていたため、結局一枚岩にはなりきれず内部崩壊してしまうという形になりました。

超名門の出身だが結果を出せない袁紹(本初)

さて、上記で上げた反董卓連合ですが、そのリーダーとなったのが袁紹(本初)でした。ここでリーダーシップを発揮し、見事董卓(仲穎)を亡ぼすことができたのであれば彼の手柄は計り知れないものだったでしょう。しかし、名門の出身ではあるものの、袁紹(本初)にはカリスマ性がなかったのか、反董卓連合はうまく機能せず瓦解してしまいました。
ところが袁紹(本初)にはチャンスが転がり込んできました。なんと難攻不落だと思われた董卓(仲穎)が色仕掛けという罠にはめられ殺されてしまうのです。しかも董卓(仲穎)を殺したのが呂布(奉先)でした。
董卓(仲穎)がいなくなったことにより、袁紹(本初)の勢力が一気にトップに躍り出たのです。そして普通にやれば天下をとれたという状況となったのです。

袁紹(本初)にとって二度目のチャンス到来

三国志の大戦といえば真っ先に「赤壁の戦い」を思い浮かべる人が多いでしょうが、規模でいうと「官渡の戦い」の方が大きかったという説もあります。
官渡の戦いとは曹操軍対袁紹軍の戦いで、袁紹(本初)からしてみればこの大戦で曹操(孟徳)を叩いて一気に天下取りの足固めをするといった戦いでした。
袁紹軍の軍勢は曹操軍の10倍以上だったため、戦う前から勝負あったという感じでした。ところが、曹操(孟徳)の奇策が決まり、袁紹軍から投降するものが相次ぎました。食料保管所を焼き払われるということも重なり、袁紹(本初)は一転ピンチに陥れられてしまったのです。結局最後まで持ち直すことができず、まさかの袁紹(本初)敗北というジャイアントキリングが起きてしまいました。
袁紹(本初)は二度のビックチャンスを逃し、自身の手で天下を取るという野望を果たすことができませんでした。

袁紹(本初)が天下を取ることができなかった理由

董卓(仲穎)亡き後、普通にやっていれば天下を取ることができたであろう袁紹(本初)ですが、天下どころか、三国にすら残らず忘れ去られる存在となっています。その理由は単に「力不足だった」という見方もできます。しかし袁紹(本初)の家柄で、これだけ舞台が整っていれば、いかに力不足でも天下を取ってもおかしくありませんでした。
私は袁紹(本初)天下をとれなかったのには二つの要因があると思っています。
一つは曹操(孟徳)とどうしようもなく不仲だったことです。ここまで不仲でなければ曹操(孟徳)が全勢力を挙げて袁紹(本初)に挑むということはなかったかもしれません。
戦は結局トップの意向で勃発することもあるので、二人のこの不仲は今の時代では考えられないほど国を動かす要因だったのではないかと思っています。
もう一つは、どうしようもない親族袁術(公路)の存在です。袁術(公路)は袁紹(本初)の腹違いの弟という説と従弟だったという説があります。いずれにせよかなり近い親戚です。その袁術(公路)は金に物を言わせるボンボンで、やることなすこと全てがわがままでした。さらに袁紹(本初)とは不仲で、戦時に援護するということもありませんでした。二人が連携をとったら曹操(孟徳)を倒せていたことでしょう。

まとめ

天下をとれそうでとれなかった董卓(仲穎)と袁紹(本初)についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。二人ともあと少しというところでしたが、逆にこの二人が天下をとれなかったことが、三国志をより楽しくしているのではないかと思っています。
天下をとるには力や金がなければいけません。しかしそれだけではいけないということが二人を見て分かっていただけたら幸いです。

関連するキーワード


董卓 袁紹 後漢

関連する投稿


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

三国志の序盤において、中原では曹操・袁術・呂布・劉備(玄徳)・劉表らによって勢力争いが行われていました。その一方で、黄河の北側・河北では、袁紹と公孫瓚が覇権を争っていました。袁紹VS公孫瓚、彼らの争いとはどういうものであったのでしょうか?


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。


国内外に常に不安因子を抱える後漢末期の国家情勢

国内外に常に不安因子を抱える後漢末期の国家情勢

黄巾党の乱が起こるとその混乱に乗じて姜族や烏丸などの異民族も争乱を巻き起こしました。さらに終焉に近づくと力を蓄えた董卓が政権を手中に収めようと台頭、それを王允や曹操(孟徳)が討伐せんと動くなど後漢の世はまさに国内外を問わず混乱状態に陥りました。


最新の投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


今でも使う!?三国志が元となった故事成語

今でも使う!?三国志が元となった故事成語

昔の中国でおこった出来事を元にしたことわざである「故事成語」。今でも多く使われています。これらの中には三国志中の出来事が元になったものもたくさんあります。それらを紹介していきます。