三国志・超絶仮想の「虎牢関の戦い」の光と影

三国志・超絶仮想の「虎牢関の戦い」の光と影

三国志の有名な場面に虎牢関の戦いがあります。董卓軍と反董卓連合軍が激突するシーンです。しかしここにはかなりの脚色が施されているのです。


反董卓連合結成

反董卓連合結成

反董卓連合結成

190年に反董卓連合が結成されます。盟主は名門・袁氏の袁紹。同じく袁氏の袁術、名士として名高い張邈や孔伷、王族の血統である劉岱、冀州牧の韓馥、他の太守では王匡や橋瑁、張超、袁遺などの面々が揃っていました。さらに孫堅や曹操なども積極的に参加しています。彼らの目標は都・洛陽を制圧した董卓打倒であり、朝廷から董卓勢力を追い出すことでした。董卓派と反董卓派は武力衝突を繰り返すことになります。董卓の兵は精強であり、将には呂布や華雄などの一騎当千の猛将が控えています。

はたしてどちらが勝つのか。誰がどんな武功をあげるのか。三国志の読者はワクワクドキドキしながら読み進めることになります。両勢力の激突は三国志の中でも見せ場の一つなのです。

三国志演義ではなぜメンバーが増えるのか

三国志演義ではなぜメンバーが増えるのか

三国志演義ではなぜメンバーが増えるのか

以上ご紹介したのが「三国志正史」の描写ですが、これが「三国志演義」になると反董卓連合のメンバーが増えていきます。「十八路諸侯」などとも呼ばれ、三国志正史では加担していない諸侯の名前も反董卓連合に組み込まれています。

北の雄・公孫瓚、青州刺史の孔融、ちょうどこの戦乱期に徐州刺史から徐州牧に昇進した陶謙、西の雄・馬騰、そして公孫瓚に身を寄せていた劉備(玄徳)。この顔ぶれを見るとあることに気が付きます。みんな劉備(玄徳)に係わりのある人物ばかりです。なぜ三国志演義では劉備(玄徳)とつながりを持つ人物たちが反董卓連合のメンバーとして加えられているのでしょうか。

劉備(玄徳)の正当性の主張

劉備(玄徳)の正当性の主張

劉備(玄徳)の正当性の主張

董卓といえば暴虐非道で有名な悪役です。朝廷を暴力で支配しました。漢の復興を志して尽力する劉備(玄徳)とはまさに対極に位置します。そんな董卓との戦いに主人公である劉備(玄徳)がいないという事態は問題です。劉備(玄徳)は参戦していなければならないのです。そして劉備に味方する諸侯もまた正義に与する側の人物であることをアピールするために無理やり反董卓連合に組み込みます。これは三国志演義が劉備(玄徳)のカリスマ性を高めるために仕組んだ脚色なのです。

読者はそんな裏側は知りませんから、無名に等しい劉備(玄徳)や関羽・張飛がどんな活躍をしてくれるのかと胸を高鳴らせることになります。三国志演義ではさらに劉備(玄徳)らの活躍の場を与えることになるのです。それが「汜水関」「虎牢関」の戦いです。

汜水関の戦い

汜水関の戦い

汜水関の戦い

汜水関を守る董卓側の守将は「華雄」です。華雄は鮑信の弟の鮑忠を討ち、兵糧が底をついて士気の下がった孫堅軍を撃退し祖茂を討ちます。さらに袁術配下の兪渉、韓馥配下の潘鳳を立て続けに討ち取っていきます。反董卓連合のメンバーがその武勇に震えあがっている中で、名乗りをあげるのが「関羽」でした。関羽は出陣前に勧められた熱い酒を「戻ってからいただくと」言い残して戦場に向い、一刀のもと華雄の首を獲りました。帰陣してその酒を飲み干しましたが、酒はまだ温かったといいます。

この仮想シナリオの問題点は、三国志正史では参戦していない関羽が登場することもありますが、汜水関そのものが虎牢関と同じであるという点も無視していることです。ちなみに実際に華雄を討ったのは陽人の戦いで孫堅軍によるものです。かなりの部分が脚色されていることに驚きますね。しかし関羽にとっては絶好の見せ場であり、これにより読書は関羽の無類の強さに驚愕することになります。

虎牢関の戦い

虎牢関の戦い

虎牢関の戦い

董卓は直々に15万の兵を率いて虎牢関に出陣します。ここを抜かれれば洛陽の都は目前となります。両軍は激突しました。ここで大活躍したのが、虎牢関の前に砦を築き、3万の兵と共に守っていた「呂布」です。その中から精鋭3千の鉄騎兵を率いて縦横無尽に反董卓連合を蹴散らしていきます。立ちはだかったのが地方の猛将たちです。河内太守・王匡の配下である方悦は槍の使い手でしたが5合も打ち合わずに討たれます。上党太守・張楊の配下である穆順もまた槍を持って立ち向かいますが、こちらは一突きで討たれました。さらに孔融の配下で鉄槌の使い手である武安国が挑みますが、数十合打ち合った後に腕を斬り落とされます。

読者はここで呂布の武勇の凄さに驚くわけですが、さらにビックリするのはその後の展開です。公孫瓚が呂布に追い詰められると、ここに「張飛」が登場。呂布と50合打ち合いますが決着がつきません。さらに「関羽」が加勢します。それでも呂布はびくともしないのです。最後には「劉備(玄徳)」までもが加勢。3対1という圧倒的に不利な状況でも呂布は倒されません。しかし疲れは出てきたために退却していきます。退却時の赤兎馬のスピードにもまた驚くことになります。

まとめ・劉備(玄徳)の活躍を脚色した一連の戦い

まとめ・劉備(玄徳)の活躍を脚色した一連の戦い

まとめ・劉備(玄徳)の活躍を脚色した一連の戦い

虎牢関での「呂布VS劉備・関羽・張飛」の戦いの引き分けぶりは、強烈なイメージを読者に残すことになります。董卓軍の猛将である華雄を討ち、誰も敵わなかった呂布を止めたのです。この劉備(玄徳)軍の活躍は素晴らしいものがあります。高い志だけでなく、高い武力も持ち合わせていることが証明され、劉備(玄徳)軍の株は上がるのです。劉備(玄徳)ファンがここで増加していくことになります。

ここで呂布まで討ち取っていたら、間違いなく関羽・張飛は三国志最強の武将となったことでしょう。しかしさすがの三国志演義でもそこまでの脚色は厳しかったようです。この戦場で呂布が死んでしまうと、貂蝉や王允らを巻き込んだ連環の計が成り立たなくなってしまいます。徐州を襲った背後を突いた呂布の動きも存在しないことになります。歴史がまったく別なものになってしまうわけです。三国志演義の脚色はあくまでも可能な範囲内ということになっているようですね。

どうせだったら、思い切って虎牢関で劉備(玄徳)三兄弟で呂布を倒し、長安を攻めて董卓を倒し、徐州で大虐殺を行う曹操の背後を突いて兗州を攻めるところまで脚色してしまうという手もあったと思うのですが。さすがにこれはやりすぎでしょうか。私には実際に戦っていない劉備(玄徳)軍が虎牢関などで活躍していること自体がやり過ぎだとも思うのですが。そこも三国志の魅力なのかもしれませんね。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


女性目線から見た「関雲長」曹操と関羽

関羽、男として魅力的。義の人、一騎当千。曹操、悪党のイメージ強いです(泣)。策略家、女好き、等関羽に比べあまり印象が良くないです。この二人を主人公にした映画から、曹操の片思いに重点を置いて観てみようというこの企画。宜しかったら最後までお付きお願いします。


【三国志の歴史を変えた!?】孔明と劉備(玄徳)の出会い三顧の礼とは

三国志は魏・蜀・呉の三つの国が戦いを繰り広げた物語です。この三国の戦いには歴史の分岐点となる事件がいくつもありますが、今回は蜀の天才軍師・諸葛孔明と三国志の主人公・劉備(玄徳)。彼らは一体どのようにして出会うことになったのでしょうか。そして二人が出会うことによって歴史はどのように変化したのでしょうか。


【武将考察】趙雲、決死の阿斗救出劇-長坂の戦い

【武将考察】シリーズの第1回。長坂の戦いでの趙雲の活躍とそこから見えてくる趙雲の性格などについて考察します。


英雄たちの物語はここから始まった!「桃園の誓い」とは?

三国志は今から約1800年前、昔の中国の史実です。(史実を元にした小説でもあります。)役人のわいろなどが横行し、治安の乱れた世を正そうと同じ志を持った若者3人が出合うところから三国志ははじまります。この出会いのシーンで最も有名なのが「桃園の誓い」なのです。


まるでコント!民衆の間で語り継がれてきた桃園三兄弟の姿とは?

『三国志演義』には作者・羅貫中の創作がさまざま盛り込まれており、劉備(玄徳と関羽、張飛の3人が志を確かめ合い、義兄弟の契りを交わす“桃園の誓い”もそのひとつ。羅貫中は民間伝承も参考にしたそうなのですが……。さて、桃園三兄弟は中国の人々の間でどのように語り継がれてきたのでしょうか?


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。