馬氏の五常とまで呼ばれた馬良(季常)が目立たないワケ

馬氏の五常とまで呼ばれた馬良(季常)が目立たないワケ

優れて優秀な人物のことを「白眉」と呼ぶことがあります。この白眉というのは三国志に登場する馬良(季常)が由来だったことをご存知でしょうか。馬良(季常)は5兄弟の四男で「馬氏の五常、白眉もっとも良し」と言われた英才でした。しかし、現在では末弟の馬謖(幼常)のほうが良くも悪くも名前を知られていますよね。なぜでしょうか?


荊州では名の通った両家の5兄弟なのだが…

馬良(季常)は、荊州襄陽郡宜城県の名家・馬氏の5兄弟の四男として生まれます。不思議なことに、名家であるにも関わらず、上の3人の兄については三国志正史、演義ともにまったく登場せず、名前すら不明ということなのです。ちなみに末弟の五男は、三国志フリークにはおなじみで、何度「泣いて斬られた」かわからないくらい有名な馬謖(幼常)です。

馬良(季常)が、なぜ四男かわかったかというと、それは字の付け方に理由があります。もっともメジャーなのは「伯・仲・叔・季」。子供が生まれたら、長男には「伯」、次男には「仲」というネーミングの法則があるのです。このため、季常という字の馬良は四男だと推測されます。ちなみに、五男には「幼」と付けることが多かったようです。

さて、そんな馬良(季常)は「白眉」と呼ばれていましたが、これは若いときから眉毛に白髪が混じっていたためです。5兄弟の中でも、飛び抜けて俊才だった馬良(季常)を称し、地元の人々は「馬氏の五常、白眉もっとも良し」と賛辞を送ったそうです。でも、こういう逸話って誰が言っていたのでしょうね。他の兄弟がまったくその名を知られていないのに、馬氏の五常って……。

弟の馬謖(幼常)とともに蜀の劉備(玄徳)に仕える

そんな俊才の馬良(季常)は、三国志のシミュレーションゲームでは高い知力を持つ参謀タイプの武将として人気があります。でも、その人物像を明確に説明できる人は少ないかもしれません。筆者も馬良(季常)に関しては、知将ではあるものの、正直あまり印象に残っていないというのが正直なところです。そもそも、いったいいつ劉備(玄徳)傘下に加わったのでしょうか。

記録によると、馬良(季常)は、弟の馬謖(幼常)とともに、赤壁の戦い以降、荊州を支配することになった劉備(玄徳)に請われ、仕えるようになったと言われています。その後、劉備(玄徳)は劉璋(季玉)が刺史を務める益州に向かうわけですが、ここで馬良(季常)が印象が薄くなってしまう分かれ道が待っていたのです。

俊才であったがゆえに大事な拠点を任されてしまうことに…

劉備(玄徳)が益州へ向かったのは、三顧の礼によって配下に加わった軍師・諸葛亮(孔明)の「天下三分の計」によるものです。中国全土を三分割し、北を曹操(孟徳)、南東を孫権(仲謀)、そして南西を劉備(玄徳)が支配することこそ、お互いの均衡が保たれ、富国強兵を可能とするという策略だったのです。そのためには、劉備(玄徳)が荊州だけでなく、益州も支配下に入れる必要があると諸葛亮(孔明)は説いたのです。

そこで劉備(玄徳)は、配下の武将を引き連れて益州を奪いに行くわけですが(厳密には奪う目的ではなかったのですが、その話はまたいずれ)、その際に連れて行く武将として馬良(季常)ではなく、弟の馬謖(幼常)を選んだのです。これが、後に馬良(季常)がまるで歴史からいなくなってしまったかのように影が薄くなってしまう分かれ道となりました。

というのも、馬良(季常)は荊州の名家出身であり、地元の人たちから絶大なる人望があったことが荊州に留めておく理由だったと言われています。また、当時の荊州は北に曹操(孟徳)、東に孫権(仲謀)というライバルの領土と接している重要な拠点で、ここをしっかりと守れる人材として馬良(季常)に白羽の矢が立ったのです。ちなみに、劉備(玄徳)が益州入りした後、諸葛亮(孔明)も随行のために荊州を離れるのですが、そのときも馬良(季常)は荊州に留まったと見られています。

諸葛亮(孔明)と義兄弟の契りを結んだ白眉

劉備(玄徳)は益州を手に入れるために兵を動かします。でも、あまり戦は得意ではなかったようなんですね。軍師代理として諸葛亮(孔明)の代わりに付き従っていた龐統(士元)を参謀に、雒城を攻めるわけですが、劉璋(季玉)軍の守将で息子の劉循(字は不明)と、その配下の武将・張任(字は不明)が籠城し、なかなか攻め落とすことができませんでした。そして、なんと落鳳坡という場所で龐統(士元)が張任の矢を受けて死んでしまうという事件が起こってしまうのです。

なお、龐統(士元)はこのとき、劉備(玄徳)の愛馬で、白馬の的盧に乗っており、張任は劉備
(玄徳)と間違えて射殺したと言われています。その直前、落鳳坡という土地だということを聞いた龐統(士元)は不吉な名前の土地だと思ったそうです。なぜなら、自分のニックネームが「鳳雛(おおとりのひな)」で、その鳳が落ちる場所という意味だったからです。

さて、龐統(士元)を失った劉備(玄徳)は、参謀となる軍師が必要となり、やむを得ず諸葛亮(孔明)を招集します。そして、あっさりと雒城を落とすと馬良(季常)は諸葛亮(孔明)にお祝いの手紙を書きます。その文中に諸葛亮(孔明)のことを「尊兄」と呼んでいるため、後に陳寿「三国志」に注釈を入れた裴松之が、諸葛亮(孔明)と馬良(季常)は義兄弟の契りを結んだのではないかと推測しています。

劉備(玄徳)の戦下手が招いた馬良(季常)の最期

その後、馬良(季常)は左将軍掾に任命されたり、使者として呉の孫権(仲謀)のもとへ赴き、自らの文才で同盟関係を強固なものにするのに一役買ったり、五渓の異民族を帰順させるなど、手堅い仕事ぶりで才を発揮してはいます。

そして、年を経て劉備(玄徳)が呉の大都督・陸遜(伯言)と対峙した際、前後に長い戦線を敷いたことで、大軍を壊滅状態にまで追い込まれてしまうことになり、このとき馬良(季常)も戦死してしまうのです。これが、世にいう「夷陵の戦い」です。

まとめ

これが、三国志正史および演義に登場する馬良(季常)のエピソードとして残されている内容になります。荊州の名家出身で、知力は非常に高かったものの、戦術を組み立てたり、謀略を操ったりといった軍師型のタイプではなかったようです。逆に、弟の馬謖(幼常)は知力に加え、戦略を練ることに才能がありそうだと諸葛亮(孔明)は見ていましたが、皆さんご存知の「街亭の戦い」で大失態を犯してしまうことになります。

馬良(季常)は決して華々しい活躍を戦場で見せた知将ではありませんでしたが、こうした地味でも堅実な仕事をする人は上司からの信頼も厚かったのでしょうね。

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。