三国志・英雄たちで最強のサッカーチームを作ってみよう!

三国志・英雄たちで最強のサッカーチームを作ってみよう!

今回は、三国志に登場する英雄たちから選抜して、ワールドカップでも活躍できそうなチームを編成していきたいと思います。


サッカーのポジション

サッカーのポジション

サッカーのポジション

サッカーといえば、「イレブン」ですね。選手は11人編成です。
主に攻撃に専念するFW(フォワード)、中盤の司令塔となるMF(ミッドフィルダー)、中盤の底で守備をしつつ、攻撃のサポートも行う守備的MFであるボランチ、左右から敵陣を突破するウイングバック、守備ラインを構成するDF(ディフィンダー)、そして守備の要であるGK(ゴールキーパー)というような役割がそれぞれにあります。

ロシアワールドカップも近づいてきました。
はたして三国志に登場する英雄たちの「誰を」「どこのポジション」で選ぶのがベストなのでしょうか?
メインチームとサブチームを作ってみましょう。
あなたの想像するチーム編成とどこまで共通点があるでしょうか。

メインチームのフォーメーション

メインチームのフォーメーション

メインチームのフォーメーション

まずはフォーメーションですが、オーソドックスな「4-4-2」でいきます。
DFは4人、左右のサイドバックと2人のセンターバックです。
MFは4人、攻撃的MFは2人、守備的MFが2人です。
FWはツートップで2人。
全体的にディフェンシブなフォーメーションですね。これで横綱相撲をとっていきます。

ポイントとしては、両サイドバックがかなりの距離を走ることになりますので、スピードと共にスタミナが大切です。

メインチームのメンバー紹介

メインチームのメンバー紹介

メインチームのメンバー紹介

それでは誠に勝手ながら私の選抜チームを発表いたします。

まずはGK、許褚(魏)。身長もあり、体を張った鉄壁の守備を期待します。

そしてフォーバックですが、左から馬超(蜀)、諸葛亮(蜀)、張飛(蜀)、呂布(他)です。
オフサイドラインを指示するのは、もちろん諸葛亮。DFのリーダーになります。身長もあるので、高さにも強い。
張飛は相手のエースをワンマーク。絶対に当たり負けしません。
左のサイドバックに馬超、右のサイドバックに呂布、共にスピードがあり、攻撃にも積極的に参加していきます。

続いてMFの4人。中盤の底に趙雲(蜀)と陸遜(呉)。攻撃的MFとしては、左に曹操(魏)、右に周瑜(呉)です。
趙雲と陸遜はボランチですね。とことん走って、守備と攻撃に貢献します。とにかく粘り強い。特に陸遜からのキラーパス(死語?)は一気に得点に繋がるビックチャンスを作ります。
司令塔は周瑜。とにかくフィールド全体を見渡し、チームのバランスを保ちます。曹操は超天才プレイヤーで、想像を上回るプレーを連発します。シュート、ドリブル、パス、すべてが天下一品です。チームの得点王でもあります。

最後にFWの2人ですが、こちらは左から関羽(蜀)、孫策(呉)になります。
関羽はポストプレーが抜群。高さもあります。怪我にも強い。孫策はとにかく突っ込むアグレッシブなプレイヤーです。周瑜→孫策はホットラインになります。

このチームだったらワールドカップの予選は確実に突破できますね。不安なのは張飛がよくイエローカードをもらうことでしょうか。ペナルティーエリア内での反則に注意が必要です。

サブチームのフォーメーション

サブチームのフォーメーション

サブチームのフォーメーション

対抗するチームとして、変則的な「3-4-2-1」のフォーメーションのチームを編成してみました。
DFはおもいきってスリーバックです。
中盤は4人になります。両翼のウイングは高い位置でポジションをとるのが特徴です。
前線はトップ下に2人。そしてセンターフォワードが1人になります。

かなり攻撃的なフォーメーションになっています。ボランチの2人が駆けまわって、スペースをどこまで潰せるのかがポイントになりますね。そこがもろいとズタズタなチームになってしまうでしょう。

サブチームのメンバー紹介

サブチームのメンバー紹介

サブチームのメンバー紹介

実際に編成してみると、思いのほか魏のメンバーが多くなってしまいました。ただ、全体のバランスは悪くないと思います。
それでは誠に勝手ながら私の選抜チームを発表いたします。

まずはGKですが、こちらは典韋(魏)。許褚の対抗できるGKとなると典韋しかいないでしょう。安定感・信頼感共に抜群ですね。

そしてスリーバックですが、左から呂蒙(呉)、魯粛(呉)、曹仁(魏)です。しぶとく守れるメンバーを選びました。ミスも非常に少なく、かなり守備力は高いと思います。魯粛は何気に体も強いんです。

さあ、MFの4人ですが、最も要になるボランチは左に司馬懿(魏)、右に荀彧(魏)です。スタミナがあり、どんな状況でも諦めずにプレーすることができます。特に司馬懿は前線に最高のパスを出すことができ、厚い攻撃陣を活かす中心選手です。
左のウイングハーフに黄忠(蜀)、右のウイングハーフに夏侯淵(魏)。どちらもサイドから狙いすましたセンタリングを上げられます。

残った攻撃陣ですが、トップ下の2人は、左に徐晃(魏)、右に太史慈(呉)です。徐晃は突破力があり、ドリブルで敵陣を崩すことができますし、太史慈はペナルティーエリア外から強烈なショットを放つことができます。
センターフォワードは、張遼(魏)です。すべてがパワフルですが、ポストプレーもきっちりこなします。張遼の落としたボールを、徐晃と太史慈が決めるスタイルですね。

このチームもかなり強いですよ。得点力がありますからね。ちなみにキャプテンは荀彧です。彼の目立たないが、きっちとした仕事があってこそ、このチームは攻撃にウエイトを置くことができるのです。

まとめ

まとめ

まとめ

イメージ的にはメインチームが全盛期のイタリア、サブチームがスペインでしょうか。曹操だけが南米寄りのプレイヤーといった感じですね。

両チームが激突するといい勝負になりそうです。ただ、サイドのレベル差でメインチームが勝ちそうな気がします。呂布のサイドからの突破を、サブチームの守備陣がいかにチームワークで止めていくかでしょう。
後半は呂布が疲れたところを黄忠がいかに巧みにつけるかですね。そうすればサブチームの強力攻撃陣が必ず得点をあげてくれるはずです。

ということで、今回は珍しく三国志以外のジャンルを絡めてみました。サッカー知らない人には難しい話になってしまったかもしれないです。
逆に、いや、そこはこの人入れるべきでしょ。っていう意見もあるかもしれませんね。
たまには、こういった仮想設定も面白いのではないでしょうか。

ロシアワールドカップでは、日本代表には予選突破してほしいですね!


この記事の三国志ライター

関連する投稿


【武将考察】錦馬超、その光と影-潼関の戦い

【武将考察】シリーズ第2回。西涼の錦と勇名をとどろかせた馬超。潼関の戦いでは曹軍を相手に奮戦し、その名は曹操を恐れさせます。また劉璋も馬超の名に恐れおののき劉備に降伏するなど、大きな威力を発揮しました。その馬超の光と影を見てみたいと思います。


怪奇現象?! 三国志のコワーイおはなし

三国志演義にはさまざまな怪奇現象、怪談話が登場します。オカルトファン必見の三国志にまつわる怖い話をこちらの記事でご紹介します。


【三国志】英雄あだ名列伝~蜀編その2~

【三国志】英雄あだ名列伝~蜀編~の2作目です。この時代のあだ名はその人物の価値を高める効果もあったので、異名を持つということはそれだけで他の者より秀でていることを意味していました。


三国志・錦馬超は呂布に匹敵する風格だったのか

蜀の五虎大将の一人である馬超。煌びやかなその容姿から「錦馬超」とも呼ばれています。武勇、容姿ともに三国志最強の武将である呂布と共通点がありそうです。今回は馬超の謎についても触れていきます。


三国志・徹底的に関羽に立ち向かった龐徳(ほうとく)の生き様

曹操に仕えたのがわずか5年ほどにもかかわらず強烈なインパクトを放った勇将「龐徳」。今回はそんな龐徳の壮絶なる生き様をご紹介いたします。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。