裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

三国志演義では裏切り者という印象の強い、呂布・魏延・蔡瑁。彼らは本当に恩知らずの裏切り者だったのでしょうか?それともそう描かれているだけなのでしょうか?もし、そうなら理由はあるのでしょうか?


呂布--裏切りの代名詞

呂布は三国志で最も裏切り者の印象の強い武将です。日本史で言えば明智光秀、世界史で言えばブルータス並でしょうか?あるいはそれ以上かも知れません。三国志演義では
「1」同郷である李粛に赤兎馬を餌に誘われ、義父である丁原を殺して、董卓に寝返った。
「2」王允の連環の計にはまり、貂蝉を巡って董卓と対立し、董卓を殺す。
「3」放浪しているところを劉備(玄徳)に迎え入れられて、客となっていたが、劉備(玄徳)が袁術討伐に出ると、留守の徐州を奪った。
と3回も大きな裏切りを繰り返しています。これらは全部正史に記載されているのでしょうか?
呂布が最初丁原に使えていたことは正史に記載されています。丁原は、十常侍の乱の頃、都で大きな兵力を持っていました。何進に呼ばれて都にやってきた董卓は丁原の兵力を奪おうと企みます。そこで、丁原の腹心であった呂布に丁原を暗殺させるという計略をたて、李粛を派遣し、成功します。赤兎馬を送ったという事実はありませんが、「1」は赤兎馬の箇所以外は、ほぼ正史に記載されている通りです。
正史では、董卓の侍女と密通して、董卓との仲が不穏なものになった呂布を王允が引き込み暗殺させたと記載があります。結果は同じなのですが、そのためのきっかけが演義とは逆になります。また、貂蝉は完全に架空の人物で、女性が原因で董卓と呂布の仲が悪くなったという、正史の記載の元に創作された人物でしょう。「2」は正史を元に脚色が大いにされたと言えます。
董卓死後の権力争いに破れた呂布は、各地を放浪した後、徐州の劉備(玄徳)に迎え入れられます。その徐州を巡って劉備(玄徳)と袁術が争います。呂布はその隙をついて徐州の州都である下邳を奪います。演義のように張飛が禁酒の誓いを破った隙をつかれて、徐州を呂布が奪うなどのドラマチックなシーンはありませんが、「3」もほぼ正史通りです。
こう見てみると、正史の呂布は裏切り者と呼ばれても仕方ないという人生を送ったと言えるでしょう。

魏延--諸葛亮を裏切った武将

演義に描かれている魏延は
「1」反骨の相がある。
「2」諸葛亮の作戦に従わない。
「3」諸葛亮死後反乱を企む。
など、裏切り者と呼ばれるにふさわしい姿です。
まず、「反骨の相」は劉備(玄徳)が長沙を攻め取った時に、太守の韓玄を斬って降伏してきた魏延の姿を見て、諸葛亮が言います。ところが、正史において彼の記載は、劉備(玄徳)の益州攻略に手柄があったというところから始まります。荊州南部の進行において、彼の記載はありません。なので、「1」は完全に演義の創作です。
時代は下って、蜀漢の北伐時に魏延が別働隊となり長安を落とそうと諸葛亮に進言したのは正史に記載されています。楚漢戦争時の韓信が行った作戦をやろうというのですから、魏延はよっぽど自分に自信があったのでしょう。そして、これが却下されるのも演義と同様です。自分の作戦が退けられたのですから、魏延はさぞガッカリし、恨み言の一つでも言ったかも知れません。ですが、その後諸葛亮の作戦に従わなった、などの記載は正史にありません。「2」は完全な創作というわけではありませんが、事実である部分は僅かのようです。
更に時代は下って、諸葛亮の死後、魏延は自分が蜀漢の軍を率いて北伐を続けようと主張しました。ところが、ライバルである楊儀が蜀漢軍をまとめて、引き上げてしまいます。魏延と楊儀はそれぞれ自分を正当化するため、皇帝劉禅へ自分こそ正義と上奏をします。そして、側近の蔣琬らが楊儀を支持したため、魏延は謀反人ということになり、最終的に馬岱に討ち取られてしまいます。「3」は裏切りと言うよりは権力争いに敗れたと言ったほうが正確でしょう。
以上を見てみると、魏延が裏切り者というのは演義での創作がほとんどです。何故そうなったのでしょうか?実は正史の蜀書で、魏延の列伝(皇帝の臣下の伝記)は「劉彭廖李劉魏楊伝」に入れられています。この伝は劉封・李厳・楊儀など蜀漢を裏切ったとされる者たちの伝です。正史の作者である陳寿が魏延をここに入れた理由はわかりませんが、それによって、演義における魏延が、裏切り者の要素を強く描かれたのは確かでしょう。

蔡瑁--荊州を曹操に売り渡した

蔡瑁が演義でしたと描かれていることは
「1」劉表の意に逆らい、劉備(玄徳)を暗殺しようとした
「2」強引に劉琮を劉表の跡継ぎにした
「3」曹操に降伏し、荊州を売り渡し、自分だけ出世した(主君である劉琮が暗殺された)
蔡瑁は劉表が荊州刺史として着任した際に、地元の豪族として協力しました。自前の兵力を持たない劉表にとってその協力は非常にありがたく、荊州平定において、大いに役立ちました。姉(妹?)が劉表の妻の一人になって、劉琮を産んだこともあり、蔡瑁の一族はますます栄えました。また、荊州は黄巾の乱、董卓の乱の影響も少ない方で多くの人民が避難して来て、繁栄しました。そんな折に荊州にやってきたのが、曹操との合戦に敗れた劉備(玄徳)です。劉備(玄徳)は劉琮の異母兄である劉琦の支持者でした。そこで蒯越と語らって、劉備(玄徳)の暗殺を・・・というのはかなり信憑性に欠けます。蔡瑁にとって劉備(玄徳)は目の上のたんこぶでしたが、暗殺しようとしたというのは正史にはありません。「1」はかなり怪しいと言えます。
曹操配下の賈詡にも指摘されましたが、劉表の大きな失敗は長男である劉琦を差し置いて、弟である劉琮を跡継ぎにしたため、お家騒動を招いたことです。演義では、蔡瑁が劉琮を後継ぎにしようとしたためとなっています。ところが、正史では劉表は病弱な劉琦ではなく劉琮を後継ぎにしようと早くから決めていました。当時は乱世でしたから劉表がそう考えたとしても何ら不思議はありません。蔡瑁のしたことは裏切りでも何でもありません。「2」は結果は同じですが、蔡瑁に裏切り者の汚名を着せるのは完全に濡れ衣です。
蔡瑁の後ろ盾によって劉表の後継者となった劉琮は曹操に降伏し、荊州を差し出します。そして、青州刺史に任命されます。演義では青州に行く途中に、曹操の命を受けた于禁によって殺害されますが、正史ではそのまま青州刺史になった後、順調に出世します。「3」に関して、後半部分は完全に創作です。確かに蔡瑁自身も出世しましたが(演義のように赤壁の戦いにおいて殺されることもありません)、自分だけではなく、主君の劉琮も同様でした。

まとめ

結局の所、三人共三国志演義の主人公である劉備(玄徳)、諸葛亮と対立したため、裏切り者という書かれ方をしたのでしょう。しかも、確かに呂布は劉備(玄徳)の領土である徐州を奪いましたが、魏延は諸葛亮に意見を却下されただけ、蔡瑁に至っては最初から劉表に仕えていて、よそ者の劉備(玄徳)と対立しただけです。後世に創作された三国志演義がいかに、劉備(玄徳)、諸葛亮の蜀漢を中心に書かれているかが分かります。

関連するキーワード


呂布 魏延 蔡瑁

関連する投稿


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


本当にあった合戦の華"一騎打ち"

本当にあった合戦の華"一騎打ち"

三国志を読んでいて一番盛り上がるのは一騎打ちのシーンだという人は多いと思います。関羽と黄忠・張飛と馬超・許褚と典韋・etc。どれも演義で読むとワクワクするシーンですが、その殆どは演義での創作です。日本でも、武田信玄と上杉謙信の一騎打ちなどが有名ですが、殆どが創作です。合戦者の著者も読者が楽しめる内容を求めて書いたのでしょう。ですが、わずかながらも正史に記載されている一騎打ちもあります。果たして、どのような一騎打ちがあったのでしょう。


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


三国志・一騎打ちの勝率が最も高いのは、なんと超脇役の馬岱だった!

三国志・一騎打ちの勝率が最も高いのは、なんと超脇役の馬岱だった!

一騎打ちは三国志演義の見せ場ですが、そこで最も勝率が良かったのが、蜀の武将「馬岱」です。なぜこのようなマイナーな武将がここまで活躍しているのか、その謎を追います。


魏延文長--名将か裏切り者か

魏延文長--名将か裏切り者か

演義で呂布と並ぶ裏切り者の代名詞である魏延。演義での主役とも言うべき諸葛亮に逆らったため、裏切り者という印象が強い彼ですが、対南蛮や北伐では蜀漢の中心の将軍として働いた名将でもあります。本当の魏延はどのような人物なのでしょうか?


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。