関羽が惚れた馬!赤兎馬ってどんなところが凄いの?

関羽が惚れた馬!赤兎馬ってどんなところが凄いの?

元々は呂布奉先の持ち物で、関羽雲長が魏に理由あって下ったときに曹操孟徳から贈られたものがいくつかありますが、その中で関羽雲長が最も喜んだのが赤兎馬でした。しかし、赤兎馬って普通の馬とどう違うのでしょうか?気になったのでそのあたりについて迫ってみました。


赤兎馬の所有権

三国志演義などでも赤兎馬は一日に千里を走るという稀代の名馬として描かれていますが、次々に所有権が変わっていくのも赤兎馬の面白いところです。もとはと言えば赤兎馬は董卓仲穎の持ち物でした。その董卓仲穎が赤兎馬を手放すことになったのは当然ながら次の持ち主である呂布奉先に赤兎馬を与えたためでした。

なぜ董卓仲穎が呂布奉先に赤兎馬を与えたかと言えば、呂布奉先に養父を裏切るためのエサとして渡したと言われています。呂布奉先には元々、自分の才能を見出してくれた丁原建陽という養父がいました。そんな養父を裏切るのなら赤兎馬を与えるという条件を呂布奉先につきつけたのです。

結果的に呂布奉先は養父である丁原建陽を殺してしまいます。その後も二人目の養父となった董卓仲穎をも殺してしまうのですが、そんな呂布奉先自身も曹操孟徳との戦いによって命を堕とし、結果的に次の持ち主である曹操孟徳へと赤兎馬はわたってしまうのです。

そして曹操孟徳からこの後、何と蜀の名将である関羽雲長へと赤兎馬は渡ります。というのもとある戦いにて劉備の家族のものが蜀によって捕らわれてしまいます。劉備の家族の安否を気遣った関羽雲長は劉備の家族の命の保証と引き換えに自身が魏の軍門に下るという提案をしたのでした。

あの蜀の名将である関羽雲長が軍門に下るのですから曹操孟徳としては嬉しくてたまりません。感動した曹操孟徳は劉備の家族を丁重に扱った上で、関羽雲長に対して多くの貢ぎ物をしました。計算高い曹操孟徳の事ですから関羽雲長の心を掴むための作戦だったのかもしれませんね。

そんな中でも関羽雲長が最も喜んだのが赤兎馬でした。呂布奉先が養父を裏切ってまで手に入れた馬ですから当時はそれだけの価値があったのかもしれません。後に劉備玄徳への忠義の心を忘れられなかった関羽雲長は手柄を立てると引き換えに魏を去って行きました。多くの貢ぎ物は返却しましたが赤兎馬だけは持って帰ったそうです。

赤兎馬の速さとはどのくらい?

赤兎馬は一日で千里を走るなどと誇張されてますが、この数字は現実的には不可能と言えるかもしれません。現代の競走馬は時速90㎞がいいところですが、この時代の軍馬はせいぜい30㎞と言われています。ただ誇張されるくらいなのである部分は優れていたのかもしれませんね。

その優れている部分とはおそらくスタミナです。魏に関羽雲長が下った際に赤兎馬を譲り受け、喜んでいると赤兎馬を与えた曹操孟徳がなぜそんなに喜ぶのかと尋ねたことがあるそうです。それに対して関羽雲長は行方知らずの兄者が見つかったとき、この馬ならすぐに馳せ参じることができると答えています。

この時、兄者である劉備玄徳がどこにいるかということは分かっていませんので、相当遠くで見つかる可能性もあることから赤兎馬は長い距離を走れるスタミナのある馬であることが何となく読み取れます。ということで赤兎馬はもしかすると強靭なスタミナを持つ馬なのではないかと推測できるのではないでしょうか?

赤兎馬の容姿

赤兎馬の容姿というと何となく赤い馬ということはわかりますが、実際はどうだったのでしょうか?容姿を探る上でのヒントとして名前にも大きなヒントがあります。赤兎馬の名前には兎という文字が入っているのはご存知でしょうか?

当時は馬は兎のような顔をしていると速く走ると考えられていました。よって赤兎馬は兎のような顔をしていたと考えられるでしょう。ついでに赤毛というのも速く走る要素のひとつだということです。ということはその両方を持っている赤兎馬は三国志時代のサラブレットなんですね。

衝撃的事実!赤兎馬の子孫はアハルテケだった。

呂布奉先や関羽雲長が乗っていたという名馬である赤兎馬には子孫がいるという噂を耳にしたことはないでしょうか?子孫だと言われているのはトルクメニスタンが原産国となっている黄金の馬であるアハルテケだということです。

黄金の馬と聞いてクエスチョンマークを頭に浮かべる人も多いかとは思います。だってそもそも赤兎馬は赤毛の馬であって黄金の馬ではないですからね。とはいえ、このアハルテケが子孫だと考えられている理由は先ずは赤兎馬の特徴である強靭的なスタミナを兼ね備えているところにあります。

この時代の中国では現代のような競走馬というよりはどちらかというとポニーに近い馬が軍馬として扱われていました。当時の中国ではトルクメニスタンは安息国として認識されており、当時の皇帝は中国の馬と比べて種類的に良血であるアハルテケを好んで買ったとされています。

ということは、当時の中国では群を抜いて素晴らしい馬なわけですから、赤兎馬イコールアハルテケという図式が成り立ってしまうんですよね。赤というのも赤兎馬が汗血馬であったとされることや、ピンクゴールドの毛並みのものもいるとのことで見事に共通点が出来てしまったわけです。

現に赤兎馬そのものが創作だとされることもあるので確証はありませんが、モデルとなったのはおそらくアハルテケだったのではないでしょうか?ちなみに現代では競走馬として使われることはありませんが、アハルテケの名前が由来になっているレースはあります。

気になるのが馬の値段ですが、世界に3000頭しかいない希少な馬なのでさぞかし高いと思って調べてみると一頭数千万はするそうです。今年の有馬記念をとったキタサンブラックが数百万円から2500万円と言われているのでアハルテケがいかに高いかわかるかと思います。お金持ちになったら是非購入してみたいですよね。

まとめ

今回は三国時代の名馬である赤兎馬について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?架空の馬とは言われていますが、こうして調べてみると様々な情報や憶測があって面白いと感じました。 今も昔も共通しているのは非常に高価な馬であったという事実です。

しかし、個人的には劉備玄徳の元へ戻る関羽雲長が赤兎馬だけは返さずに持って行ったというところに思わず笑ってしまいました。もしかすると全部返そうかと悩んだ末にいいやこれだけはもらっちゃえという関羽雲長のわずかなずる賢さというか我儘な部分が出たのでしょうね。

まぁ馬一頭に見合う働きは十分にしていると思うので確かに曹操孟徳に文句を言われる筋合いはないというのが本音かもしれません。今回は赤兎馬について語らせていただきました。最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連するキーワード


関羽 呂布 赤兎馬 曹操

関連する投稿


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志の時代には、様々な仙人が登場します。代表的な仙人と言えば、左慈や于吉などが有名ではないでしょうか。とは言え、三国志好きの方も「仙人ってどんな人なの?」「そもそも人なの?」などの思うのではないでしょうか。そこで今回は、三国志に登場する仙人について詳しく紹介していきます。


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)の祖父曹騰が誕生したころには既に曹家は衰退していたのですが、曹操(孟徳)の系図を辿ってみると前漢を建国した高祖劉邦に仕えた曹参にたどり着きます。本記事では、曹操(孟徳)の出身である曹家の家柄について解説します。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。