史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

三国志の中でも魏と蜀という強敵相手に対等に戦った武将というのは数少ないものです。その中でも呂蒙は孫策や孫権、周瑜のもとで功績を挙げていき、ついには大都督にまで登りつめました。そんな呂蒙の軌跡をみていきましょう。


孫策に見出される

呂蒙は少年時代から貧しい環境で育ち、母親を楽にさせたいという思いから、15歳で義兄(姉の夫)の軍に従軍していました。もちろん、家族には内緒にしていたので、従軍がばれると家族に叱られる始末となってしまいます。しかし、呂蒙は成功を掴むには自ら危険に飛び込まないといけないと芯を持っており、母もそれ以降なにも言わなかったといいます。

義兄に仕えていた役人に罵られると血気盛んな呂蒙は勢い余って役人を斬り殺してしまいます。一時身を隠していましたが、後に自首しています。一連の事件は当時江東で覇権を担っていた孫策に気に入られ、呂蒙は側近として仕えています。呂蒙は孫策の元で励み、武勇を挙げていきます。ちょうど孫策は江東に勢力を伸ばしている時期であり、人材を積極的に採用していました。

200年に若くして孫策が死去すると、後継者は弟の孫権となりました。まだ青年である孫権に忠誠心が揺らがないよう、重鎮の張昭や周瑜が率先して臣下の礼を取っており、呂蒙も将兵を鍛え直して統率を執るように仕向けます。

呂蒙は軍団の統率力の高さを強調し、孫権にも評価されています。

周瑜にも献策できるほどの戦略・戦術を見せる

孫策から孫権の代において、内政は張昭が中心となり、軍務は孫策と義兄弟にあった周瑜が主に掌握していました。周瑜は非常に頭が切れ、曹操や諸葛亮ですら一目おいていたほどの人材でした。呂蒙は指揮官となる周瑜にたびたび進言するほどの戦略・戦術を披露していきます。

203年には孫権や孫策の父・孫堅の仇である高祖討伐に赴きます。呂蒙は周瑜に進言し、戦いを有利に進めていきます。高祖を追い詰めるも、周辺で小規模な反乱が勃発し、捕えることはできませんでした。

周瑜と呂蒙は反乱軍を討伐し、206年にはとうとう高祖を生け捕ります。この戦いでは呂蒙が先鋒を務め、自ら敵都督を討ち取る大活躍を見せました。孫権は仇を討てたことに大変感謝し、大活躍の呂蒙を賞賛します。

曹操が官渡の戦いに勝利し、河北を制圧後、とうとう標的を荊州の劉表と呉の孫権に絞り始めました。曹操と対決姿勢にあった劉表も病で亡くなり、曹操は圧倒的兵力で南下していきました。新野の劉備(玄徳)軍を撃破し、荊州も曹操の支配下に置かれてしまいます。劉備(玄徳)軍の諸葛亮が孫権陣営を訪れ、同盟を結び共同で曹操に対抗するべきであると説得します。

これに大都督となった周瑜も賛同し、孫権は開戦を決意します。この赤壁の戦いには呂蒙も参戦し、周瑜配下として程普や黄蓋らと戦い、曹操軍の将兵を討ち取っていきます。赤壁の戦いは曹操軍の疫病が蔓延したのと、火計が成功したことが挙げられますが、孫権軍の指揮の高さとそれを率いる呂蒙らの指揮官の能力値がものをいいました。

曹操軍にその脅威を知らしめる

周瑜は曹操を敗退させた後、荊州の奪回を視野に入れていきます。曹操軍は赤壁の戦いで大敗北を喫し、大軍を動かすことができないと踏んでいたからです。孫権は周瑜の副将に呂蒙を付けて江陵の守備に就いていた曹仁を攻めさせます。

この戦いの前後に益州から一人の将が兵士を連れて周瑜に投降してきました。周瑜は呂蒙の軍に編入させて、増強させようとしましたが、呂蒙は益州からわざわざ出向いたことを評価し、この将に兵を増やしてあげるべきであると主張します。孫権はこの呂蒙の判断を指示し、周瑜に物おじしない性格であることを称賛しています。

周瑜甘寧を別働隊として夷陵に出陣させています。対する曹仁は、曹操が旗揚げ当時からの参戦であり、歴戦の古参の武将となっていました。夷陵を攻めるのは曹仁の裏を掻いた作戦でもありましたが、曹仁は軍を二手に分けて対応し、若き甘寧は苦戦を強いられてしまいます。

周瑜は呉の総大将を兼ねていますが、宿将の程普も参戦しており、両者は時に意見の食い違いで仲たがいをすることがありました。そんな折、甘寧苦戦との一方が入って、さすがの周瑜も救援するか一瞬躊躇しますが、呂蒙はすかさず周瑜と程普に留守を凌統に任せて夷陵の救援に向かうべきであると進言します。

凌統は甘寧がまだ高祖の配下だったころ、父親の凌操を殺されています。恨みに思っていたので、呂蒙は両者をあえて近づけないように配慮までしていました。

呂蒙はさらに敵の退路にあらかじめ罠をしかけておき、敵軍の軍馬を奪う算段を立てます。周瑜らの猛攻もあって、敵の将兵が一時退却すると、見事に罠にかかり多くの将兵が捕えられて馬も奪うことができました。勢いづいた周瑜軍は曹仁軍を追い詰め、全軍退却させることに成功しています。

孫権は荊州を支配することに成功しますが、これも呂蒙の活躍のおかげであったといわれています。

勉学の大切さを知り、猛将から知将へと変貌

呂蒙は孫策に見出されてからというものの、猪突猛進タイプの劉備(玄徳)軍でいうところの張飛タイプといえました。呂蒙は貧しい身から己の才覚で成り上がった身であり、戦場で功績を残すことが出世の近道と考えていました。

しかし、孫策の後継者となった孫権から勉学と教養の大事さを諭されています。呂蒙は若い孫権を前に、主君は座して待つだけでいいものの、臣下は現場に赴き、血や汗をかきながら命の駆け引きをしている以上、勉学などしている時間はないと断ってします。

孫権は主君ですら忙しさに怠けずに勉学に取り組んでいるもので、呂蒙なら絶対にできると念を押します。孫権は詳しく勉強しろと言っているのではなくて、過去に起きた事例を多く知るだけでいいと諭します。呂蒙は仕方なく勉学を始めると、あっという間に学者以上の学問を吸収するようになっていきます。呂蒙の智恵はこの後、曹操や劉備(玄徳)との対決に欠かせないものとして備わっていきます。

孫権は父の孫堅や兄の孫策を見ていることから、考え方も聡明であり、呂蒙のプライドを傷つけないように配慮していることがわかります。また、呂蒙はその期待に応えるのが見事というほかない人物でした。

呂蒙の今後の軌跡

呉は周瑜が死に、事態は大きく変貌しようとしています。魯粛が後継者となりますが、実戦では呂蒙の軍略や智謀が光りはじめていきます。今後、曹操軍と劉備(玄徳)軍を大いに苦しめた呂蒙の実力が徐々に発揮されていきます。

関連するキーワード


呂蒙 孫策 孫権 周瑜

関連する投稿


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。