荀彧(文若)と荀攸の偉大なご先祖様

荀彧(文若)と荀攸の偉大なご先祖様

三国のうちの魏、曹操(孟徳)に仕えるものに春秋戦国時代の思想家である荀子の子孫がいます。魏軍の名軍師荀彧とそのいとこの荀攸です。「血は裏切らない」という言葉は、この親にこの子ありという様子を良い意味でも悪い意味でも用いる場合があります。今回は前者を意味するにふさわしい三国志の英雄とそのご先祖様について解説します。


荀彧(文若)

荀 彧(文若)は後漢末期の政治家で、魏の曹操(孟徳)に仕えた魏軍の名軍師です。若かりし頃より優れた才能があり、人々は彼の才能を「王佐の才」とうたいました。
名門荀家の出身で、家柄、人柄、品性にも優れており、朝廷の官吏登用制度である孝廉に推挙されて一時期は朝廷の官吏として働きました。
外戚と宦官による汚濁政治が行われていた後漢末の動乱期において、董卓が戦乱を起こすとここぞとばかりに転職を願い出て、官を辞し、名門袁家の袁紹(本初)の配下になりました。実は戦乱が到来することを荀 彧(文若)は予期していたらしく、自分の才能を発揮させられる者に仕えようと何人が候補を絞っていたそうです。
名門袁紹(本初)に身を寄せたものの袁紹(本初)は大業を成し遂げられる人ではないと早々に見切りをつけて、漢第14代皇帝の献帝の代に実権を掌握した曹操(孟徳)に身を寄せました。
曹操(孟徳)多くの献策を行い、その覇業をたすけましたが、魏公就任の件で揉めてしまい、悲惨な末路を迎えました。

荀攸(公達)

荀攸(公達)はいとこの荀 彧(文若)と同じく後漢末期の政治家で、魏の曹操(孟徳)に仕えた魏軍の筆頭軍師です。
荀彧(文若)が曹操(孟徳)に推薦して招かれ、筆頭軍師に任命されました。
董卓暗殺計画に加担して処刑されかけましたが、董卓が王允によって暗殺されたので、死刑執行前に助けだされました。
その後は曹操(孟徳)に仕えて官渡の戦いをはじめとする戦いにおいて大活躍しました。

荀子

荀子は中国の春秋戦国時代の末期に斉の襄王(じょうおう)楚の春申君(しゅんしんくん)という
当時の楚国宰相に仕えた文官です。国に忠義を尽くす文官としての顔以外にも、思想家、儒学者としての顔も兼ねそろえていました。彼を師と仰いだ弟子の中には法家思想の大成者である韓非子と秦の始皇帝に仕え名参謀、秦国宰相となった李斯(りし)がいます。李斯は始皇帝の指示のもと、史上初の法治国家を実現させ師匠や学友が目指した「法」によって君主が国家と民を支配する体制を確立しました。
いわゆる荀子は法家や法治国家の土台を築いた人物であり、彼が存在していなければ「法(法律)」によって犯罪者の取り締まりや政治運営、身分制度が定められるようになるのは、もっと後の時代に実現されたことでしょう。
さて、荀子の残した名言、名文、思想は現代を生きる我々はおろか全世界に通づるものがあるので、以下に列挙します。

人生は学び続けること

ある通信講座を主体としている大企業では、自社の名前の前に「生涯学習は~」とうまく耳に残るキャッチフレーズをつけて宣伝しています。その「生涯学習」を初めてうたった人物が何を隠そう荀子であります。彼が残した著書の「荀子」の中には勧学編(学問をすすめる編)という章があり、その中で「人はその一生涯において学び続けることにより、自身の欠点を改善しなければならない」と説いています。ちなみに弟子が師よりも優れた人物になることを意味する言葉に「青は藍より出でて、藍より青し」がありますが、これは同著の中にある「青はこれを藍よりとりて、藍よりも青し」という記述が語源となっています。本来の意味は、学ぶときは自分勝手な学問をしても実にならないので、信頼できる師を得て、その者の下で体系的に学び、かつ正しく礼を身に付けた君子を目指しなさいという教えです。
ちなみに彼が定義している「君子」とは、「礼法を守り、社会を礼法に基づいて牽引する指導者」のことを指します。

礼法による統治を目指す

彼は君子が学ぶべきものは「礼」であると書いています。また、同著の修身編では「君子は『礼』に従って行動するべき」と説いています。
荀子は古来より人々が受け継いできた「礼」に国家を治めるにあたっての公正な法の精神があると考えました。
そして荀子は理想の国家は王が「補佐する人材」、「礼制」、「論理」、「法律」を制定して治める国家であると説きました。
つまり君主を頂点に礼を正しく身に付けた君子を従わせて、民を法にもとづき支配する国の統治原理に「礼」があると考えたのです。
荀子は残念ながら自分でこの夢を実現することが叶わなかったのですが、弟子の李斯が秦の官僚制度として実践し、漢代以降の歴代王朝が官僚に儒学を修めた者を採用したことで、後世の国家体制の根幹になり実現しました。

実力主義・成果主義

営業職やクリエイティブな仕事をしている方にはおなじみの歩合制という体制の根本的な考え方です。しかし荀子は営利的な意味でなく、社会的な意味で実力主義と成果主知の有効性を説いています。少し残酷ですが彼が示したかったことは「王侯、士大夫の子孫であっても礼儀を正しく心得ていない者は容赦なく庶民に落とす。庶民の出身者であっても文芸学問を修め、正しい行動や礼儀をわきまえている者は卿や士大夫に昇進させましょう」と提唱しました。

性悪説

荀子は人間の本性は「悪(利己的存在)」であると説いています。性悪説をかみくだいて説明すると、「人間は生まれながらに悪の性質をもってこの世に生を受け、その本性を後天的な努力によって修正し、善の道へ向かう」と考えました。孟子の提唱した性善説の「人間の本性は善で、生まれ育った環境や周りをとりまく親や友達、上司などの影響をうけて悪の要素を覚えてしまう」という考え方とは相反しています。
そのため彼は孟子の性善説を批判していました。

まとめ

荀 彧(文若)と荀攸(公達)は荀子を祖とする荀家の名に恥じない大変立派な英雄です。双方は君主である曹操(孟徳)の覇業をたすけ、後漢の汚濁政治に終止符をうちました。とくに名門袁紹(本初)と曹操(孟徳)が争った官渡の戦いにおいては、圧倒的な兵力差と底をついた兵糧によって曹操(孟徳)でさえも泣きごとを吐いてしまいました。
そのとき、君主をあえて叱咤激励して闘志を呼びさまし、兵糧や内政を滞ることなく行って
曹操(孟徳)を安心して戦いに専念させたのは荀 彧(文若)。
大胆かつ巧妙な作戦を立てたり、最適なタイミングで用兵を助言するなど戦場で君主を支え続けたのは、荀攸(公達)です。
彼らがいなければ曹操(孟徳)も覇業を成し遂げることは無理であったことでしょう。それだけ両者の存在は曹操(孟徳)率いる魏にとってなくてはならない存在だったのです。

関連するキーワード


荀攸 荀彧 演義

関連する投稿


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


官渡の戦い--天下の行方を決めた!?

官渡の戦い--天下の行方を決めた!?

中国統一を果たせなかったとは言え、曹操の魏国は中国の七割を支配しました。その途中で最大の敵となったのは北方の名門袁紹一族でした。曹操と袁紹の一大決戦「官渡の戦い」。狭義では官渡の地での決戦のみを示しますが、広義では曹操と袁紹の戦い一連を表します。ここでは広義の「官渡の戦い」を見ていきます。


イケメン!?ブサイク!?な武将たち

イケメン!?ブサイク!?な武将たち

いつの時代にもイケメンがいればブサイクもいます。三国志演義では孫策・周瑜・趙雲・呂布・馬超辺りがイケメンな描写をされています。一方、身なりが冴えなかった(ブサイク)として書かれる武将もいます。彼らは本当にイケメン、あるいはブサイクだったのでしょうか?


三国志・荀彧はなぜ曹操に仕えたのか?荀一族は意図的に分かれた

三国志・荀彧はなぜ曹操に仕えたのか?荀一族は意図的に分かれた

「吾の子房なり」と曹操に認められた「荀彧」。名門の出自で、同族は董卓や袁紹などに仕えています。荀彧はなぜ、小勢力である曹操に仕えたのでしょうか?


三国武将。意外な人物同士の共通点

三国武将。意外な人物同士の共通点

三国志正史には900人以上の人物が登場し、三国志演義にも400人を超える人物が描かれています。それだけ多くの人物が登場すると共通点をもっている人物もたくさん出てきます。意外な共通点をもつ人物に気づくと、三国志をもっと楽しく読めるかも知れません。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。