戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

中国の三国時代や日本の戦国時代の武将は戦で負けたら自害をするというようなイメージがつきものです。しかし、彼らも投降したり、敵国の君主の僕となったりもしていました。今回は「もしも勝ったら部下になってくれそうな武将たち」をピックアップしてみました。


義理堅く無類の強さを誇る太史慈(子義)

義理堅く無類の強さを誇る太史慈(子義)

義理堅く無類の強さを誇る太史慈(子義)

戦って仲間になるという武将で真っ先に思い浮かぶのは太史慈(子義)ではないでしょうか。孫策(伯符)と一騎打ちをしたことが彼の人生を大きく動かすこととなりました。二人の戦いでは決着がつかなかったものの、孫策(伯符)が太史慈(子義)を捕らえた際、その時の戦いを引き合いに出しました。
太史慈(子義)も孫策(伯符)との激闘を覚えていて意気投合する形となり家臣となったのです。しかも孫策(伯符)亡き後弟の孫権(仲謀)に仕え、呉になくてはならない将軍として君臨したのです。
三国志の中でも最強クラスの太史慈(子義)が仲間となったら一気に国力が上がること間違いなしです。孫策(伯符)としたら「とんでもない武将が軍門に下った!」と思ったことでしょう。
とはいえ並みの武将だったら太史慈(子義)を相手にして生きていられるはずもないので、言ってみたらハイリスクハイリターンの賭けというような感じでしょう。

主君を三度も変えた世渡り上手、孟達(子敬)

主君を三度も変えた世渡り上手、孟達(子敬)

主君を三度も変えた世渡り上手、孟達(子敬)

三国志一のコウモリ男といっても過言ではないのが孟達(子敬)です。彼は三回も主君を変えている、世渡り上手な面がありました。こんな孟達(子敬)は戦って勝ったら仲間になることは言うまでもありません。
人を見る目があった劉備(玄徳)から見て孟達(子敬)は「胡散臭い奴」という感じだったのでしょう。そこまで信頼はしていなかったため孟達(子敬)の近くには自分の養子である劉封を付けていました。しかし彼らはあまりそりが合わず、さらには関羽(雲長)が敵軍に攻め込まれた際、援軍にいかなかったのです。もちろん劉備(玄徳)はこのことに激怒しました。
罰せられるのを恐れた孟達(子敬)は魏に亡命し、皇帝である曹丕(子桓)にかわいがられることとなりました。しかし曹丕(子桓)がいなくなると魏に居づらくなったため再び蜀に戻り諸葛(孔明)の元で働こうとしたところで殺されてしまいました。
はっきり言って孟達(子敬)を部下にしてもあまり旨味はないかもしれません。それでも何度も主君を変えたということはいろいろな国を見ているということでもあるため国を発展させるという意味では手腕を発揮してくれるかもしれません。

三国志最強の男、呂布(奉先)

三国志最強の男、呂布(奉先)

三国志最強の男、呂布(奉先)

三国志で最強の男といったらまず名前が挙がるのが呂布(奉先)です。彼は戦えば無敵ですが、策にはまりやすいという性質があります。もともと丁原(建陽)の養子で彼に仕えていました。
気に入らない者がいたら殺してしまう董卓(仲穎)は、丁原(建陽)を殺そうとするものの、呂布(奉先)がボディーガードとして身辺を固めていたため手出しすることができなかったくらいです。
しかし董卓(仲穎)は赤兎馬を差し出し、見事自分の陣営に呂布(奉先)を引き込むことに成功しました。
話はそこで終わりではありません。今度は王允(子師)の罠にかかり自分の主君である董卓(仲穎)を殺してしまうのです。やることなすことハチャメチャな呂布(奉先)に対して曹操(孟徳)は「こいつは使えない」と嘆いたくらいです。
とはいえ彼の戦闘力はやはり魅力があり、誰もが「こいつを使いこなせることができたら」と思ったことでしょう。戦って勝ったら彼は家臣となってくれることでしょう。ですが、彼に勝つことが難しい上、家臣になったところで、「いつ裏切られるか」と冷や冷やしながら生きていく必要が出てくるかもしれませんね。

戦闘力、統率力は申し分のない甘寧(興覇)

戦闘力、統率力は申し分のない甘寧(興覇)

戦闘力、統率力は申し分のない甘寧(興覇)

今でいう「暴力団の組長」と呼ぶにふさわしい男が三国志の時代にも存在しました。それが甘寧(興覇)です。人々は甘寧(興覇)が通るとビビったという逸話があるくらい恐れられていた人物です。
彼は20年くらいをゴロツキとして過ごしましたが、これではいけないと思い軍人となるのでした。その際孫権(仲謀)に推薦したのが周瑜(公瑾)であり、呂蒙(子明)でありました。結局孫権(仲謀)の元、将軍となり呉になくてはならない存在となったわけですが、こういう輩は「俺を力でねじ伏せたら部下になる」というタイプが多いので、彼に勝ったら家臣になるというルートもあったはずです。
上記でも挙げたように戦闘力と統率力は申し分がない。しかも自分より強い男には忠誠を誓うというタイプなので忠誠心もある。強力かつ、扱いやすい、それでいて仲間においておけば頼りになるという申し分のない将軍です。
彼に勝つのは至難の業ですが、勝って家臣にした際の見返りはとてつもなく大きいといえるのではないでしょうか。

こいつを仲間にしたら心強い。最高の知力を誇る張郃(儁乂)

こいつを仲間にしたら心強い。最高の知力を誇る張郃(儁乂)

こいつを仲間にしたら心強い。最高の知力を誇る張郃(儁乂)

張郃(儁乂)は自分の手腕が発揮できないと知ると主君を変えてしまう性質があります。彼の策は司馬懿(仲達)も舌を巻くほどで、魏が好きという三国志ファンは「諸葛(孔明)より知力が上だったのではないか」と評価する人すらいるくらいです。
こんな張郃(儁乂)を家臣にするにはやはり力を見せつけることではないでしょうか。張郃(儁乂)が率いる軍を見事に打ち破ることができたらきっと彼は降伏し、知力を思う存分発揮して敵軍を撃破してくれることでしょう。
将棋でいうと数手先を読むことができるといった性質を持っている張郃(儁乂)。人望も厚く、一度家臣としたら国を発展させてくれることは容易に想像がつきます。
張郃(儁乂)に勝つのは難しいけどリターンを考えると戦って仲間にしたいところです。

まとめ

まとめ

まとめ

戦って倒したら家臣になってくれそうな武将・軍師を挙げてみましたがいかがでしたでしょうか。この他にも「勝ったら家臣になってくれる」という武将や軍師は多数存在すると思います。
将棋のように「敵将をとったら自分の家臣として使える」となったらやはり夢は膨らみますよね。しかし、関羽(雲長)のように「義理は果たすけど家臣にはならない」という者から、姜維(伯約)のように絶対に投降はしないといった者まで様々です。
あくまで想像の範囲内で「この武将を倒したら仲間になってくれるかな」とか「この軍師を何とかして自分の元で働かせたい」と思うのは、より一層三国志を楽しませてくれる要因となることでしょう。
そうして自分好みの、且つ現実味のある軍を作ってみてください。
夏侯惇(元譲)を劉備(玄徳)の元で働かせたり、張飛(翼徳)を董卓(仲穎)の家臣にするというのは現実逃避に近いと思うのでリアリティにかけると思いますが…。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志・超絶仮想の「虎牢関の戦い」の光と影

三国志の有名な場面に虎牢関の戦いがあります。董卓軍と反董卓連合軍が激突するシーンです。しかしここにはかなりの脚色が施されているのです。


時代は違うがどちらが強い?! 最強といわれた呂布と項羽

後漢末期の三国志最強の武将といえば、呂布(奉先)が真っ先に挙がることでしょう。史実や演義でも無類の武力を誇り、曹操(孟徳)や劉備(玄徳)といった他陣営から恐れられていました。一方、史記に登場する項羽も呂布と並んで最強武将として君臨しています。この両者、どちらが最強なのでしょうか。


忠義に厚い呂布!?貂蝉ら他軍のif人生

「もしあの人がこんな人生を歩んでいたら」。三国志が好きな方なら、違った展開を考えることがあるでしょう。三国志といえば「魏・呉・蜀」ですが、呂布や張角ら他軍のif人生について想像してみました。史実や演義での活躍も少し紹介しています。


三国志・最強の武将・呂布を選んだ名士・張邈と軍師・陳宮

三国志最強の「呂布」の独立に手を貸した陳留郡太守「張邈」と呂布を最後まで支え続けた軍師「陳宮」。この3人の関係はどのようなものだったのでしょうか。宿敵「曹操」を交えてお伝えしていきます。


関羽が惚れた馬!赤兎馬ってどんなところが凄いの?

元々は呂布奉先の持ち物で、関羽雲長が魏に理由あって下ったときに曹操孟徳から贈られたものがいくつかありますが、その中で関羽雲長が最も喜んだのが赤兎馬でした。しかし、赤兎馬って普通の馬とどう違うのでしょうか?気になったのでそのあたりについて迫ってみました。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。