三国志・孟達の内応が成功していたら諸葛亮の北伐は成功していたのか?

三国志・孟達の内応が成功していたら諸葛亮の北伐は成功していたのか?

劉璋から劉備(玄徳)に寝返り、劉備(玄徳)から曹丕に寝返り、さらに曹叡から劉禅に寝返った「孟達」。第一次北伐の重要なカギを握っていた孟達の生涯をご紹介します。


孟達の生い立ち

孟達の生い立ち

孟達の生い立ち

孟達、字は子敬。司隷(司州)の扶風郡の出身です。建安のはじめ頃に戦乱を避けて益州に移り住みました。建安のはじめですから196年、197年頃のことでしょうか。長安の都を支配していた董卓が誅殺され、その残党である李傕や郭汜が猛威を振るっていた時代ですね。孟達は同郷の法正と共に益州に移り、州刺史の別賀を務める張松に評価されて、益州刺史の劉璋に召されています。法正は小さな町の町長に抜擢されましたが、孟達はさらにその下の役人に過ぎませんでした。孟達がことさら冷遇されたのには理由があり、それは孟達の父が宦官に賄賂を贈っていたという事実でした。そのため時の最大権力者である中常侍の張譲に気に入られ、涼州の刺史に就任したという経緯があったのです。

クーデターを画策

クーデターを画策

クーデターを画策

容姿が劣るために出世できない張松は、同じような境遇で恵まれた才能を活かせない孟達と法正を抱き込みクーデターを画策します。それは現在の主君である劉璋を追い出し、新しく才能を評価してくれる人物を迎い入れるという前代未聞のチャレンジでした。もしもこのような反乱を準備していることが漏れれば処刑されることは免れられません。命を懸けた挑戦なのです。そしてここで三人が目をつけた人物こそ、荊州南部に勢力を持つ劉備でした。劉備軍を手引きして益州に迎い入れて、現在の政権を転覆させることを三人は画策し、実行に移します。

クーデターの成功

クーデターの成功

クーデターの成功

張松は劉備(玄徳)のもとに向い、参謀将校の龐統と話を進めます。そして漢中の張魯を征討するという名目で劉備軍は益州に入ることを許されました。劉備軍は葭萌に一年間ほど滞在し、機会を見て兵を挙げました。このとき張松は劉備への内応の書状が露見し、劉璋に処刑されています。劉備(玄徳)は長い年月をかけて成都周辺の城や砦を落とし、214年にようやく劉璋を降伏させました。荊州に人質同然の立場で居残っていた孟達でしたが、江陵の近くにある宜都太守に任じられています。下級役人に過ぎなかった孟達は、劉備(玄徳)に内応し、主君を変えたことで大きな出世をすることができたのです。

劉備(玄徳)を離反する

劉備(玄徳)を離反する

劉備(玄徳)を離反する

219年に孟達に上庸攻略の命令が下されます。孟達は山岳戦に優れており、秭帰から山岳をわずかな期間で踏破し房陵の太守を討ち、上庸を降伏させました。劉備(玄徳)は降伏した申耽、申儀兄弟をそのまま太守として起用します。その時に孫権が劉備(玄徳)を裏切り、関羽の背後を突いたのです。上庸にいた孟達のもとに援軍を求める使者が来ますが、孟達が動くと申耽、申儀兄弟が裏切り、漢中を突く恐れがありました。孟達が動けない中で関羽は敗北し、処刑されてしまいます。さらに申耽、申儀兄弟が魏に寝返りました。孟達は孤立状態に陥ります。仕方なく孟達は魏に降る決断をするのです。

曹丕の厚遇

曹丕の厚遇

曹丕の厚遇

魏は代替わりが行われていました。曹操が病没し、曹丕が跡を継いでいたのです。曹丕は自分の代になって劉備配下の重臣が降伏してきたことを素直に喜びました。そして孟達を重用します。孟達は、上庸・房陵・西城の三郡を合併した新しい新城郡の太守となりました。建武将軍にも任命されています。曹丕は孟達を寵愛しましたが、配下には孟達を警戒する者たちもいたのです。それが知将・司馬懿でした。重臣である劉曄も同様の見解を示しています。いずれは謀反を起こすと睨まれていたのです。当然のように曹丕にもそう進言していますが、曹丕は受け入れませんでした。父親の曹操が敵対勢力の名将を多数自陣に引き込んでいたという事例への対抗だったのかもしれません。曹操に器量で負けたくはなかったのでしょう。それがあったからこそ曹操の勢力はここまで大きくなったのです。曹丕には「敵であっても能力があれば抜擢する」という姿勢を示す必要がありました。

曹丕が没する

曹丕が没する

曹丕が没する

しかし226年に曹丕が病没します。曹叡が跡を継いで魏の皇帝に即位しています。曹丕の腹心で、孟達を「天子を補佐する大臣の器」と評価していた桓階も亡くなっていました。また、曹丕の親友で荊州牧を務めていた夏侯尚も孟達と親交を結んでいましたが、226年に亡くなっています。孟達は魏王朝の中にあって孤立してしまうのです。この隙を突いたのが蜀の丞相・諸葛亮でした。諸葛亮は必死に孟達の内応を促します。さらに近隣に孟達寝返りの噂をばら撒き、曹叡を疑心暗鬼にしました。曹叡は孟達に京師を指示しますが、孟達もまた自分の立場が不安になっており、謀反を決意します。

第一次北伐

第一次北伐

第一次北伐

蜀の諸葛亮は227年3月に出師の表を奉り、出陣しました。まずは涼州を平定し、益州と涼州の二方面から長安を落とす戦略です。新城郡の孟達が内応してくれれば、そちらに注意を引きつけることができ、涼州平定が成功する確率が上がるのです。孟達は同年12月に蜀へ寝返りました。新城郡には蜀の趙雲の援軍が向う手はずで、仮に宛にいる魏の司馬懿が進軍してきても一ヶ月かかる道のりのため孟達は油断していました。司馬懿は孟達を惑わせるような書面を送りつけ防備の準備を遅らせています。そしてその間に尋常ではない速度で進軍していたのです。

まとめ・孟達の死

まとめ・孟達の死

まとめ・孟達の死

司馬懿はなんと日夜を問わず進軍を続け、わずか八日間で孟達の城に到達します。油断していた孟達の防備は整っていませんでした。それでも孟達は奮戦します。十六日間耐えしのぎましたが、最期は甥と部下が裏切り城門を開いたことで敗北します。裏切りで出世してきた孟達は、やはり裏切りによって生涯を閉じることになるのです。その首級は都の洛陽に送られ四辻で焼かれました。

諸葛亮は頼りにしていた新城郡を失い、さらに街亭を馬謖の敗戦で失って第一次北伐を諦めました。もし孟達が新城郡で司馬懿らの軍勢を引きつけていたら、街亭での戦も発生せず、泣いて馬謖を斬ることもなく、諸葛亮らは長安を包囲できていたかもしれません。

こうして諸葛亮の北伐の最大のチャンスは露と消えていくのです。三国志正史では、孟達に魏でも蜀でも列伝を立てていません。活躍を認められていないということですね。孟達は才能溢れる武将でしたが、義に欠けていたことが後世でも評価されない理由なのではないでしょうか。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


孟達 曹丕 劉備(玄徳)

関連する投稿


呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

三国志演義代表の裏切り者といえば呂布や司馬懿でしょう。しかし、離反した人物は蜀でも少なからずいます。裏切り者たちは主に対し、どのような不満を抱いていたのでしょうか?彼らのその後と共に見てみましょう。


戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

中国の三国時代や日本の戦国時代の武将は戦で負けたら自害をするというようなイメージがつきものです。しかし、彼らも投降したり、敵国の君主の僕となったりもしていました。今回は「もしも勝ったら部下になってくれそうな武将たち」をピックアップしてみました。


横暴で冷徹な曹魏のプリンス曹丕の駄々っ子説!?

父である武帝・曹操に対し、自らを文帝と称した魏王朝・曹丕子桓(そう・ひ・しかん)。文学者としても知られる彼の素顔について調べてみたら、ダークなエピソードがざっくざく出てきましたので、ご覧ください!


三国それぞれ。君主の残念な息子たち!

2代目は残念な奴が多い。それは日本に限らず遠い昔の中国でも同じことが言えました。そんな君主の残念な息子たち(息子も君主となるわけですが)についてみていきましょう。


三国志・魏の明帝・曹叡はいったい誰の子なのか?

曹操の孫にして、曹丕の長子である「曹叡」。魏の二代目皇帝です。しかしその誕生には大きな謎が隠されていました。今回は曹叡、そしてその母親である「甄氏」をご紹介いたします。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。