まるで吉田松陰? 門下生が活躍した人物鑑定家の司馬徽

まるで吉田松陰? 門下生が活躍した人物鑑定家の司馬徽

三国志の時代には学問を教えたり、思想を語り合うなどして、門下生を取っている人材もいました。人物鑑定家として名を残している司馬徽もその一人です。司馬徽はホウ統の才能を見抜き、徐庶や韓嵩、向朗、尹黙ら諸国で貢献した政治家を門下生として扱っています。そんな司馬徽やその門下生の活躍を見ていきましょう。


人物鑑定家のホウ徳公に学ぶ

もともと司馬徽は荊州でホウ徳公という人物鑑定家に師事を仰いでいました。このホウ徳は馬超や曹操(孟徳)の配下として活躍した武将のホウ徳(令明)とは別人です。人物鑑定家として名があったホウ徳公は、司馬徽を水鏡と称し、血縁でそばに仕えていた若いホウ統(士元)を鳳雛、荊州の襄陽でまだ無名の存在だった諸葛亮(孔明)を臥龍と呼んでいました。

三国志のストーリーを知っていれば、諸葛亮やホウ統が切れ者ということは分かりますが、人と直接対話することでしか情報を手に入れることができない時代に、ホウ徳公は彼らの実力を見抜いていました。

ホウ統の才能を見抜く

しばらくして、司馬徽も荊州で人物鑑定家としての名が挙がります。司馬徽はホウ統の隠れた才能をいち早く見抜き、天下に名を残す逸材であると考えます。荊州には諸葛亮を始め、まだまだ士官されていない若くて優秀な人材が多く揃い、高名になった司馬徽は広く門下生を募ります。

日本史において歴史的改革といえば明治維新が挙げられます。その維新に貢献した逸材たちを指導し、共に語り合ったのが松下村塾の塾長だった吉田松陰です。しかし、司馬徽も負けてはいません。次に司馬徽の門下生たちを見ていきましょう。

三顧の礼のきっかけとなった【徐庶】

三国志演義では名軍師として有名な徐庶ですが、正史では若かりし頃から剣の使い手でした。しかし、罪を犯してしまい、友人に助けられたことから名を変えて禅福と名乗り、学問に励むことになります。


中原で戦が頻繁に起こるようになると、徐庶は比較的穏やかだった荊州に移住します。徐庶は有名な司馬徽の下で学問を励むようになりました。徐庶と同じように学問に精を出していたのが、孟建や韓嵩、向朗らで、荊州に住んでいた諸葛亮(孔明)とも親交がありました。

居住地を持たない劉備(玄徳)が荊州に流れてきた頃、荊州を支配していた劉表は劉備(玄徳)を憐れに思い、家臣の反対を押し切って新野城の守備に就かせます。司馬徽は劉備(玄徳)と会話をする機会があり、天下の危機を脱するには臥龍・諸葛亮や鳳雛・ホウ統といった知略を持った人材を手に入れることが必要と教えました。

劉備(玄徳)が思い悩んでいる頃、徐庶は士官を求めて劉備(玄徳)と会見しています。劉備(玄徳)は徐庶を大いに評価し、まさに司馬徽の言った人物にふさわしいと思い重宝するようになっていきます。

徐庶は自分よりも優れているとして諸葛亮(孔明)を推薦します。劉備(玄徳)は司馬徽に言われたことを思い出し、徐庶の勧めとあって、諸葛亮を呼び寄せようとします。しかし、徐庶は諸葛亮(孔明)が簡単に動くような男ではないことを知っていたので、こちらから会いに行かない限りは、連れてくることはできないと劉備(玄徳)に告げます。

こうして三顧の礼を持って諸葛亮(孔明)と会談し、配下にすることができた劉備(玄徳)は天下三分の計を持って益州を支配することに成功します。

徐庶や司馬徽が推薦しなければ、劉備(玄徳)は曹操(孟徳)によって敗れており、赤壁の戦いもなかったかもしれません。三国志の時代を大いに動かした三顧の礼ですが、この二人の貢献は大きかったといえます。

ちなみに徐庶は母が曹操軍の捕虜となったことを受けて、劉備(玄徳)の元を離れて曹操(孟徳)に帰順します。三国志演義では曹操のために策を出さないと決めた徐庶でしたが、正史では政治家として順調に出世しています。

劉表配下で曹操に評価された【韓嵩】

黄巾の乱の影響もあり、荊州南部へと流れ着いた韓嵩は、人物鑑定家として名を残していた司馬徽に師事して、徐庶やホウ統らと交流していました。韓嵩は劉表配下として在籍するようになると、政治家として活躍していきます。

しかし、たびたび劉表を諌めるようになり、中心から遠ざけられるようになってしまいました。韓嵩が賢者として存在するのは、曹操と袁紹が戦った官渡の戦いです。

この両者は中央を制圧した曹操と河北一帯を統一した袁紹による直接対決でしたが、曹操には荊州を支配している劉表が後方の憂いとして残っていました。ところが、曹操軍の参謀として暗躍していた郭嘉が、劉表には決断力がなく、たとえ袁紹と戦っても後方から襲撃されることはないので、思う存分戦うべきと主張されており、劉表は曹操陣営から軽く見られていました。

曹操も郭嘉などの参謀の意見に同調し、袁紹との対決に集中して見事勝利します。韓嵩は官渡の戦いが起こると、両者が疲弊するころを狙って攻めるべきで、天下を狙うなら今が好機と進言します。仮に攻めないならば、曹操が勝つであろうことを推測して、曹操に帰順するべきと言い放ちます。この指摘はあとの歴史を見ると正解だったのですが、決断力に乏しい劉表は韓嵩に曹操の視察を命じるだけに終わります。

韓嵩は曹操からも評価され、献帝から零陵太守に任じられるなど、劉表の真意とは裏腹に帰国します。激怒した劉表によって捕えられますが、それでも曹操を称賛したので、一時期処刑されかねないほどでした。しかし、劉表の妻が弁護したために、処刑は免れました。これは、劉表の死後に長男と次男で後継者争いが起こることが間違いなく、次男だった己の息子を後継者にしたいがため、実力者だった韓嵩に恩を感じさせようとしたのかもしれません。

劉表が死去すると、後を継いだのは次男の劉琮であり、韓嵩は荊州を守るために曹操への降伏を進言しています。韓嵩は劉琮が降伏した後、曹操に仕えて荊州の人事を任されるようになりました。

蜀の政治家として活躍した【向朗】

向朗は若い頃、司馬徽に師事して学問を学び、徐庶やホウ統、韓嵩らとも親交がありました。荊州を支配していた劉表に士官し、その死後は劉備(玄徳)に仕えています。もともと事務型の政治家として能力が高く、劉備(玄徳)が奪取した荊州南部の内で4県の管理を任されていました。

劉備(玄徳)の入蜀後は各地の太守を歴任していました。劉備(玄徳)の死後は、諸葛亮(孔明)の補佐として中央の重職に就き、まだ若い劉禅をサポートしています。

諸葛亮の死後は政治の中心として活躍し、北伐で失った国力の回復に努めています。向朗は80歳まで長生きしたとされ、重職を辞職すると学問を教えるために多くの門下生が集まりました。

諸葛亮の死後も国が安定していたのは、向朗などの政治家が献身的に動いていたからといえます。

司馬徽のその他の門下生や影響を受けた人物も活躍

蜀に仕えて学問を指導した尹黙も司馬徽に師事していました。鳳雛といわれたホウ統は短命でしたが、劉備(玄徳)の軍師として入蜀に貢献しました。また、徐庶の同郷だった石トウは曹丕の時代に魏へと士官し、諸葛亮の友人だった孟建も魏へと仕えて政治家として共に活躍しています。

人材の多い魏で出世するのは難しく、徐庶を含めて二人を知る諸葛亮は、彼らが魏での高官として出世できていないことに驚いたといいます。

その諸葛亮は、三国志の史書では司馬徽の門下生となっている書物もあり、また遊学していたとした指摘もあり、真実は定かではありませんが、司馬徽が最も評価していた人物であったのは間違いありません。また、徐庶などの門下生たちは、そのほとんどが諸葛亮の友人であり、勉学をともにしていたとあるので、諸葛亮が司馬徽の影響を受けていたといってもおかしくはないでしょう。

関連する投稿


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

三国志の序盤において、中原では曹操・袁術・呂布・劉備(玄徳)・劉表らによって勢力争いが行われていました。その一方で、黄河の北側・河北では、袁紹と公孫瓚が覇権を争っていました。袁紹VS公孫瓚、彼らの争いとはどういうものであったのでしょうか?


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)の祖父曹騰が誕生したころには既に曹家は衰退していたのですが、曹操(孟徳)の系図を辿ってみると前漢を建国した高祖劉邦に仕えた曹参にたどり着きます。本記事では、曹操(孟徳)の出身である曹家の家柄について解説します。


魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

215年、曹操(孟徳)は張魯(公祺)が治める漢中の平定に成功しました。劉備(玄徳)の統治が始まったばかりの蜀にとっては大いなる脅威となりました。曹操軍の実力も去ることながら、劉備(玄徳)が統治して日の浅い蜀は人的結束力にまだまだ不安があったからです。漢中平定に成功し日の出の勢いの曹操軍。蜀に攻め込んで来るのは明白。ついに、諸葛亮(孔明)が「切り札」を投入します。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。