どうして?理不尽な目に遭った悲劇の武将たち

どうして?理不尽な目に遭った悲劇の武将たち

三国志演義で活躍した人物の中には、忠義を尽くしたにも関わらず理不尽な目に遭った者もいます。三国志の有名人はもはや英雄という位置づけですが、そんな彼らにどんなことをされたのでしょうか?


張飛に鞭を打たれた范橿と張達

220年代、関羽が殺害されるというショッキングな出来事が起こりました。劉備(玄徳)はこれに憤怒し、殺害した呉に対し仇討ちを始めます。

このため、蜀の内部は混乱しました。義兄弟の張飛も憤怒していたため、「今すぐ出陣しろ」と指示します。
諸葛亮ら部下たちは、劉備(玄徳)や張飛の怒りを鎮めるのに苦労しました。

なかでも范橿(はんりょう)と張達は張飛の配下だったため、真っ先に命令を受けることとなります。2人が「猶予が欲しい」と進言すると、張飛がさらに怒って彼らを鞭で打ちました。しかも、「期日までに用意できないと殺すぞ」と脅したのです。

張飛がもう少し冷静であれば、その後は寝首を搔かれなかったでしょう。

叱責を浴びた南中の部下たち

諸葛亮ら蜀軍が南中を攻めた際、南中の部下は君主の孟獲に戦闘を強いられました。なかでも阿会喃と董荼那は、孟獲から理不尽な仕打ちを受けました。

7回のうち最初の生け捕りに遭った孟獲。彼は自分を振り返らずに部下に叱責しました。同じく阿会喃と董荼那も捕まったのちに釈放。2人はしぶしぶ孟獲に従います。

董荼那が再び出撃した際、馬岱に「恩知らずだね」と挑発されます。董荼那が退却すると、孟獲は怒って董荼那を鞭で痛めつけたのです。
やがて阿会喃と董荼那は孟獲を殺そうと酔いつぶし、生け捕りにします。しかし、この後に孟獲が釈放されたため、この2人は谷に捨てられてしまいました。

孫権に避けられたホウ統

ホウ統は、劉備(玄徳)が諸葛亮を引き入れる前の軍師にあたります。孫権軍が赤壁の戦いで勝利を収めたのは、ホウ統の計略もあってのことです。
しかし、そんなホウ統がなぜ孫権の軍師にならなかったのでしょうか?

それは、孫権がホウ統の顔を見ただけで気分が悪くなることが有力です。ホウ統は色が黒く、つぶれた鼻を持っていました。さらに太い眉毛と短いヒゲもあったそうです。
そんな理由でホウ統は劉備(玄徳)の元に入りましたが、どういうことか最初は軍師ではなかったのです。

田舎での役職から晴れて軍師へと昇格できましたが、のちの「成都の戦い」で戦死してしまいます。それにしても、生まれ持った顔で避けられるのは嫌な話です。

赤壁の戦いにおける「連環の計」

さて、「連環の計」は2つの事例があります。
1つ目は、貂蝉が色仕掛けで呂布と董卓の関係を引き裂いたこと。
2つ目は、ホウ統が曹操軍の船をすべて鎖で繋ぎ止めることです。
上記2つ目の「連環の計」は、赤壁の戦いで使われました。

船上での戦いに不慣れだった曹操軍は、船酔いに悩まされていました。そこで、ホウ統が「孫権軍からの裏切り者」に扮して曹操の元を訪れます。
「船同士を繋いでしまえば、馬もスイスイ走れるし、みんな酔わなくなるよ」
曹操は、ホウ統の助言を受けて早速船をつなぎます。しかし、それは孫権軍たちにとってあまりに好都合だったのです。

火攻めと東南の風も加わったため、この策は曹操軍に大きな打撃を与えました。

曹丕に自殺を命じられたシン皇后

曹丕は、父の曹操が袁紹と戦っているときにシン皇后と出会います。袁紹の城に乗り込んだ際、美しいシン皇后に惚れて結婚を果たしました。彼らの子は、やがて魏の第2代皇帝になります。

シン皇后も曹丕を愛し続けましたが、あることで自殺を命じられます。夫婦愛はどのようにして途絶えたのでしょうか?

もう1人の妻・郭皇后が、曹丕の愛情が自分に注ぐよう仕向けたのです。郭皇后はかつて曹丕の侍女でしたが、彼女もかなりの美人でした。そのため、曹丕の愛情はだんだん郭皇后へと移るようになり、シン皇后は曹丕に対し愚痴をこぼしてしまいます。

死後は息子が母の名誉挽回に注力したため、今日も「皇后」として親しまれています。

馬超に腕を切られた韓遂

韓遂は、馬超の父である馬騰と親しい武将です。馬騰を曹操に殺されたあとは、馬超と共に復讐を誓いました。そんな韓遂がなぜ馬超に腕を切り落とされてしまったのでしょうか?

韓遂は馬超と手を組んだことで、20万の兵力をもって曹操軍を蹴散らします。罠にはまってしまったときも、馬超が助けてくれています。しかし、韓遂ははさみ討ちを恐れたことで曹操に和睦の使者を送ります。

やがて韓遂と曹操はそれぞれ単身で会いに行きました。世間話で終わったのですが、馬超の疑いが晴れなかったのでとうとう曹操の元に行きます。これを知った馬超は怒り、韓遂の左腕を切り落としてしまったのです。

本当に馬超のせいなのか?

馬超が好きな方であれば、「あの馬超が・・・」と思いますよね。しかし、これらはすべて曹操軍の計画通りだったのです。これを「離間の計」と呼びます。

離間の計は、仲間同士を疑心暗鬼に導くことで関係を崩壊させる計略です。曹操軍の軍師であるカクは、馬超と韓遂の仲を引き裂くことに成功しました。韓遂の腕を切る前に馬超は手紙を見たのですが、その手紙は丁寧に細工されていたそうです。

無慈悲なことをしたのは馬超ではなく、曹操ということになるでしょう。曹操軍の計略によって腕を切り落とされたにも関わらず、降らざるを得ない状況は酷だと感じます。

志半ばの張松

劉備(玄徳)が蜀を建国する前、張松という人物がいました。

蜀の土台となる地・益州はかつて劉璋の所有地でした。張松はその配下でしたが、劉璋の振る舞いに呆れて曹操の元に向かいます。

ところが、曹操は張松の容姿を見て常にバカにしていたのです。身長は115cm、つぶれた鼻と出っ歯、そして額が前のめり。張松は判断力に長けていましたが、曹操はそんな貴重な存在を見逃してしまいます。

一方、劉備(玄徳)には歓迎されたため、張松は喜んで益州を託そうと決意します。地理などの情報を教えたほか、自ら描いた地図を渡したほどです。

しかし、これらすべては劉璋に漏れたため、一家ともに命を絶たれてしまったのです。

英雄たちの闇を映した武将たち

三国志は華やかな歴史だけでなく、英雄たちの闇を映すような出来事も絶えません。

張飛や孫権らは有名な人物ですが、ふとしたところで誰かを傷つけたことがあります。時には、英雄たちも手に負えない出来事に巻き込まれることも。
シン皇后のように美しさで見初められる反面、ホウ統や張松のように苦労を背負った人物もいます。

ところで、劉備(玄徳)はなぜホウ統と張松への扱いがそれぞれ違ったのか、不思議ですね。もし容姿で判断したなら、彼も闇がある人物として挙げられるでしょう。

関連する投稿


諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

三国志きっての天才・蜀の軍師である諸葛亮(孔明)を育んだのは襄陽の隆中でした。そこは英傑がこぞって在野で知を競い合う土地だったのです。どんな人物たちが切磋琢磨していたのでしょうか。


本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

三国志の世界には当然リーダー格となる人物がたくさん登場しますが、英雄と呼ばれている人物でも史実をたどればとんでもないミスをやらかしてしまうなどしています。今回は、そんな三国志の本当の世界を辿り、どんなミスがあったかなどを追及していこうと思います。


曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

乱世の姦雄と呼ばれその名を中国全土にとどろかせた曹操(孟徳)は伝説に残る一対の剣を所有していました。その剣は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」。どちらも伝説に残る逸品中の逸品です。今回は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」について詳しく解説します。


諸葛亮(孔明)に追い込まれ、赤壁の戦いに見る曹操(孟徳)の限界 

諸葛亮(孔明)に追い込まれ、赤壁の戦いに見る曹操(孟徳)の限界 

208年、江東・江南支配を目指した曹操(孟徳)でしたが、劉備(玄徳)、孫権(仲謀)の連合軍に阻まれて大敗北を喫します。河北・荊州を制して日の出となっていた曹操(孟徳)の勢いが止まり、三国志が新たな局面を迎えます。そして、結果的には最期まで曹操(孟徳)は江東・江南を支配するに至らなかった彼の限界が、ここに伺えます。


曹操と対決! 【劉備玄徳】の軌跡②「徐州陥落~流浪~三顧の礼」

曹操と対決! 【劉備玄徳】の軌跡②「徐州陥落~流浪~三顧の礼」

曹操とともに呂布を倒した劉備(玄徳)は、その才能を恐れられるようになり、曹操は警戒を強めていきます。ここから曹操との対決が多くなりますが、袁紹や劉表の下へと逃れていきます。しかし、諸葛亮を三顧の礼で従え、劉備(玄徳)陣営は飛躍の時を迎えようとしています。ここでは徐州の陥落からまたしても流浪、三顧の礼までをみていきます。


最新の投稿


三国志・董卓のような暴君か、劉禅のような暗君か、呉のラストエンペラー孫皓の器量

三国志・董卓のような暴君か、劉禅のような暗君か、呉のラストエンペラー孫皓の器量

呉の最後の皇帝である「孫皓」。残虐な皇帝として有名ですが、はたしてどのような器量だったのでしょうか。


諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

三国志きっての天才・蜀の軍師である諸葛亮(孔明)を育んだのは襄陽の隆中でした。そこは英傑がこぞって在野で知を競い合う土地だったのです。どんな人物たちが切磋琢磨していたのでしょうか。


諸葛亮(孔明)が発明した幻の連弩

諸葛亮(孔明)が発明した幻の連弩

三国志演義では関羽(雲長)の愛刀の青龍偃月刀や張飛(翼徳)の蛇矛(じゃぼう)など、人々を魅了する武器が登場します。そこまで有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が発明した当時は画期的な新兵器だった幻の連弩を紹介します。


知られざる三国時代の民衆の文化を考察してみる

知られざる三国時代の民衆の文化を考察してみる

魏・呉・蜀と多くの国々が戦った三国時代ですが、この時代ではなんと約7割の民衆が命をおとしたというとても悲しい現実があります。今回はあえて三国武将にスポットをあてずに三国時代を生きた民衆の文化について考察していこうと思います。


桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

関羽(雲長)は桃園の誓いにて劉備(玄徳)らと義兄弟の契りを交わして以降、青龍偃月刀を愛刀としました。軍神と言われるほどの関羽(雲長)の活躍は関羽(雲長)個人の実力だけでなく、青龍偃月刀という武器が優れていたからと言っても過言ではありません。


https://sangokushirs.com/articles/196