女性目線から見た「関雲長」曹操と関羽

女性目線から見た「関雲長」曹操と関羽

関羽、男として魅力的。義の人、一騎当千。曹操、悪党のイメージ強いです(泣)。策略家、女好き、等関羽に比べあまり印象が良くないです。この二人を主人公にした映画から、曹操の片思いに重点を置いて観てみようというこの企画。宜しかったら最後までお付きお願いします。


三国志 男性とは違う女性ファンの楽しみ方

三国志 男性とは違う女性ファンの楽しみ方

三国志 男性とは違う女性ファンの楽しみ方

三国志ファンの女性って、劉備(玄徳)ファンが少ないのをご存知ですか? かくいう私は曹操大好きだし、むかーし腐女子時代の友人は周瑜×孔明という組み合わせが好物でしたっけ。要するに、我々女子(腐女子含む)はストーリーから人物を抜き出して妄想して楽しむのが大好きなんです。「関雲長」では、物陰から関羽の姿をワクワクしながら覗き見る曹操とか、「赤壁」の逸話からは、無理難題を押し付けて悩む孔明を見たさに虐める周瑜とか。男女の関係とは異なる恋愛感情(横恋慕も含むで)にロマンを感じ、勝手に話を捏造しちゃう。だから物語要素がある人物設定なんて、もう大好物なんですよ。それが絵になるキャラなら、もう最高ってわけです。
苦手な方へ。比喩としてBL的要素は出てくるだけなのでご安心ください。好物な方、お知らせください。頑張ります。

映画「関雲長」

映画「関雲長」

映画「関雲長」

前置きはさておき、ちょっと腐った女子目線からの関羽と曹操の関係を突っ込みどころ満載でお送りします。
「関雲長」邦題『三国志英傑伝 関羽』です。三国志演義の中でも関羽ファンなら外せない「関羽千里行」の話です。捉えられた曹操の下で厚遇を受けた関羽が恩を返すため、官渡の戦いで武功を立て、義兄劉備のもとに帰るまでの話です。
 私にとって一番関羽は「レッドクリフ 赤壁」のバーサンジャップ。言う事なしの外見にジョンウー渾身の演出と映像で、強烈な印象を植え付けられました。これに勝る関羽は出るか、と待っていたら「関雲長」は小柄なドニー イェンの関羽で驚きですよ、お客さん。大丈夫か、イケるのか、と少々不安になりながら見てしまいましたが、全然大丈夫でした((;'∀')。ちっちゃくても、立派な関羽さんでした。
この映画、関羽の葬式から始まります。曹操が弔うのは関羽の首です。見ていて胸が痛くなるくらい曹操が悲しむの。好きだったんだなぁ、としみじみ思いましたわ。この愛情は異性愛とは全く違う、純真な思いなんですよ。そんな思いを抱いていた曹操の回想、曹操の目線から描かれる映画です。
官渡の戦いの前哨戦で劉備(玄徳)を蹴散らした際、恋い焦がれていた関羽を生け捕りにできた曹操は、もう嬉しくて嬉しくて領内で大騒ぎ。見ているこっちも嬉しくなるくらい。捕虜にした関羽を厚遇して、偉ぶらない姿を見せる為に農作業にいそしんだり、劉備もびっくりの民との交わり猛アピール。でも、関羽さん挨拶するだけの冷たい態度を崩しません。劉備(玄徳)以外使える気が無いんだから、関羽からしたら無意味で意味不明な曹操の態度でしょうね。
 こんなイケずな関羽さんですが実はこの時、一緒に劉備の許嫁と捕虜になってるんですが、この劉備(玄徳)の許嫁が実は関羽の初恋の人という設定なんです。
 何だこのラブロマンスは、関羽さんに色恋沙汰? それも悲恋? みたいな感じで見た人は不安に駆られる設定ではあるんですが、そこは抑えて観てください。関羽さんの愚直な一面が伺えてこれはこれで面白かったです。この悲恋の初めは関羽の一目惚れ。というのもこの二人、若いころ同じ村で暮らしているんです。一途な関羽さん、同じ村で暮らす将来の劉備(玄徳)嫁(当時は許嫁)をただただ遠くから見つめているという設定。何となく、見守っているって感じで。そんなある日、劉備許嫁の家に盗賊が押し入るのを見てしまう関羽さん。慌てて助けに行き、盗賊どもをフルボッコでやっつけます。もう、ボッコボッコにやっちゃいます。ここで初めて劉備許嫁は真面に関羽に合うのです。その後、劉備許嫁は関羽に惹かれるんですが、その時は既に劉備(玄徳)の許嫁。関羽もその事実を知り思いを諦めたという悲恋です。その二人がセットで曹操に捕まっちゃうんですよ。何も起きない訳が無いじゃないですか。関羽ラブの曹操が何も仕掛けない訳が無いじゃないですか。当然、期待通り策略好きの曹操さん、仕掛けてくれやがりましたよ。ここで一緒に暮らせば良いじゃないかと、劉備許嫁にそれとなーく匂わせ、関羽を誘惑させるんだけど、な。期待外れ、というか三国志演義通りというか、関羽さんは義を通し外で寝ずの番をしましましたけどね。ったく。女からしたらたまったもんじゃないです。こんな相手を好きになったら、女は地獄ですね。仮に劉備(玄徳)が死んでも、兄者の妻。関羽さんが世話はしても手を出す訳が無い。近くにいても手の届かない相手。お互い惹かれ合っているのに。
 関羽さん、もっと女性の気持ちを考えて、言葉をかけてあげましょう。ついでに、あからさまに袖にした曹操さんにも、ちっとは応えてあげて欲しかったわ。

ここでちょっとムダ話1

ここでちょっとムダ話1

ここでちょっとムダ話1

 蜀書の関羽伝によると、曹操に捕まったのは関羽だけ。劉備(玄徳)の妻子についての記述はありません。そして重要なのは捕虜になった関羽が自害しなかった事。そこから、実は関羽は劉備の部下ではなく対等な関係ではなかったのか、と推測されるのです。演技では忠臣関羽が自害しない理由づけの為、妻子を守る為という話が出来たのでは、と言われています。

曹操のいじらしい思い

曹操のいじらしい思い

曹操のいじらしい思い

 さて、曹操にセットで捕虜になった関羽さんですが、官渡の戦いで見事武功を立て曹操への義理を果たします。もう、ここに居る理由も無くなりましたね。曹操としてはどうにかして関羽を引き留めたい。そこで取った作戦が、カワイイのよ。会って話したらもう終わり、好きな相手は去って行ってしまう。で、曹操さんは「面会謝絶」の張り紙をして部屋に引きこもっちゃうのです。さよならなんて、言いたくなかったんですよ。この思い、汲んでやれよ関羽さん。でもそんな気持なんか思いやる余裕の無かった関羽さんは、ドア越しに礼を尽くし手紙を残し、劉備許嫁と出て行っちゃいます。曹操、泣くしかないよね。男泣きだよ。そこで、関羽の忠義に感心して、追っ手は出さなかった。黙って行かせたんです。無事を約束した曹操、カッコイイよね。
 本来、ここで呂布から奪った赤兎馬を関羽に贈るはずが、出てこなかったよね。そこはちょっと残念です。重要なアイテムだし名場面のはずなんだけど。さて、ここからの逃避行が「関羽の五関突破」「過五関斬六将」。関羽が劉備(玄徳)のもとへ逃げるまでの千里行の始まりです。

ここでちょっとムダ話 その2

ここでちょっとムダ話 その2

ここでちょっとムダ話 その2

 官渡の戦いで武功を立てた関羽ですが、実は討ったのは顔良だけ、それも騙し討ちという話があります。事前に袁紹軍に居た劉備(玄徳)が「関羽は降伏するはずだ」と伝えたので、顔良はそれを信じバッサリ切り殺された、と言う話。関羽は義の人なのに……

過五関、斬六将 

過五関、斬六将 

過五関、斬六将 

 曹操の言葉を信じるならこのまま何事もなく劉備(玄徳)の下に着くはずだったのに、関羽さん行く先々で襲われます。ま、通行手形が無いからしょうがないんだけど、抹殺命令出てるからね、刺客も関羽相手にがんばっちゃう。でも、関羽さんには戦意が無い。相手はするけど、ただただ通行の許可を求めるだけ。で、この刺客、実は関羽の抹殺命令が出ていることを告げ自害するの青龍偃月刀で。このシーンは綺麗でしたね。黙って行かせたはずの曹操ですが、誰かが、関羽抹殺の指令を出してたんですよ。配下にできないなら、危ないから殺してしまえと。さて犯人は誰って、気になりますよね。
 さて関羽さん、ここから隠密行動に切り替えるんだけど刺客は容赦ない。命からがら関所を突破します。その間刺客とは別に劉備許嫁が「応えてくれなきゃ、自刃します」って関羽に迫ります。関羽さん色々ピンチです。そこで関羽さん、何迷ったのかその刃を奪って自分を刺しちゃう。ここの展開は何だかなーだけど、直後に襲われ劉備許嫁の手助けで勝利するって展開だから、そうなんでしょう。内と外から責められる関羽さんですが、ここは「過五関斬六将」アクションの見せ場ですよ。さすがドニー見せてくれます。青龍偃月刀振り回して迫力満点です。この辺まで演義っぽいし、良いんだけどね。でもねー、ラストがねー。泣くよね、色んな意味で。腹も立つけど、私は泣いたわ。曹操の言葉が全く史実とも演義ともかけ離れてるけど、全くのフィクションだけど、関羽ラブが伝わって泣けました。この映画のテーマは、きっとそこだよ。

ここでちょっとムダ話3

ここでちょっとムダ話3

ここでちょっとムダ話3

 この有名な「過五関斬六将」の話ですが、どうやら史実ではないようです。関所は突破してません。劉備(玄徳)の下へ戻る為、許都から河北の袁昭へ向かうのにわざわざ反対方向の洛陽へ行くって、よく考えたら変ですよね。

そして終劇

そして終劇

そして終劇

 映画のラストは曹操が関羽の為に盛大な葬儀を行って終わるんだけどね。呉に殺された関羽を弔うというプロパガンダもありつつ、曹操の意志でもあるって感じで、それはそれで感動的でしたが。話としてのオチが、筋外してるというか、何というか。そこ以外はお気に入りの映画です。これ見たらきっと曹操好きになりますよ。表題が関羽だけど、演義では悪役の曹操の目線で義の人関羽を描くというのは、一捻りありでポイント高いです。この映画を見た人には分かる事だけど、主人公は関羽と曹操なんですよ。私の曹操愛が深まった逸品です。


この記事の三国志ライター

NHKの人形劇で三国志の虜になる。KOEIのキャラが美しすぎてゲームにはまる。碧眼の夏侯惇がお気に入り。

関連するキーワード


曹操 関羽 劉備(玄徳)

関連する投稿


三国志の人材コレクター!曹操が集めた魏の武将たち

群雄割拠の三国時代において、抜きんでた兵力を誇った魏の国。その礎となったのは、「人材コレクター」の異名を持つ曹操孟徳が集めた、優れた武将たちの働きでした。曹操は優秀な人材なら出自を問わず重用し後の蜀の皇帝・劉備(玄徳)の腹心である関羽まで手に入れようとしたほどです。そんな曹操のもとに集った腹心たちをご紹介します!


三国志 ー司馬懿の逆襲、そして晋へー

曹操に強引に出仕させられたのに、天才的な才能を警戒され重職に就けなかった司馬懿。今、司馬懿の逆襲が始まる。そして晋へ。


三国一のお酒好き!?画期的な酒造法を広めた曹操孟徳と日本酒の意外な関係

お酒に縁の深い三国武将と聞いて、真っ先に浮かぶのは誰ですか?『三国志演義』でお酒に関する失敗が多く描かれている張飛益徳?それとも宴会が大好きだったという呉の孫権仲謀?いえいえ、それより縁が深いのは、魏の君主・曹操孟徳なのです。今回は彼と日本酒の意外な関係や、お酒にまつわるエピソードなどをご紹介いたしますね!


曹家の系譜 ~中国統一の夢ならず~

曹操と5人の魏の皇帝をご紹介します。


気になる武将が見つかる?三国志を彩る個性豊かな猛将10選

今回は三国志を彩る個性豊かな猛将10選をお送りします。三国志は群雄割拠の時代がメインです。群雄割拠の時代を生きた猛将を10人ご紹介します。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。