「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(7) 張遼、伝説となる

「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(7) 張遼、伝説となる

対呉戦線の重要拠点・合肥(がっぴ)の守備を任された、張遼・楽進・李典。曹操は日ごろから仲の悪い3人をあえて組ませて、孫権との戦いに当たらせました。不仲な武将たちが、孫権の大軍をどう迎え撃つのか……じっくり見ていきましょう。


215年、呉の孫権はいよいよ曹操軍への本格的な攻撃に着手し、10万の兵を率いて合肥へと攻め寄せてきました。しかし張遼らに与えられた兵はわずか7000人ほどで、まともに戦ってはとても勝ち目がない状況でした(重要な拠点とはいえ、曹操軍は各方面に敵を抱えていたので、合肥だけに軍勢をまわすわけにもいかなかったのです)。

曹操が与えた秘策

曹操が与えた秘策

曹操が与えた秘策

しかし、そこは三国志の英雄である曹操。いざというときのための秘策を箱におさめ、「敵軍が来襲したら、この箱を開けよ」と命じていたのです。張遼らが箱を開くと、中の手紙にはこんな指示が書いてありました。

「もし孫権が攻めてきたならば、張遼・李典は出撃して戦え。
 楽進は城の守りを担当し、外に出て戦ってはならない」

これを読んだ将たちは、曹操の意図をはかりかねて、疑問を抱いたといいます。
そこに張遼が、自分なりに曹操の意向を解釈して、皆に説いて聞かせました。

「公(曹操)は外征して遠くにいらっしゃるので、救援が来るまでじっと待っていては、我々は孫権に打ち破られるだろう。
 つまり公がおっしゃるのは、敵の包囲が完成しないうちにこちらから攻撃をしかけ、相手の勢いをくじいてしまえということだ。
 そうして将兵を安心させたうえで、しっかり守りぬけとおっしゃっているのだろう」

こう話した上で、張遼は同僚たちに一致団結を求めます。

「孫権との勝敗は、この一戦で決まる。諸君はなにを疑っているのか?」

張遼の檄(げき)に、日ごろは仲の悪い李典も賛同しました。

曹操の意図とは?

曹操の意図とは?

曹操の意図とは?

曹操が指示書きでいわんとしたことは、「合肥を守り抜かねばならないが、そのためにはただ守っているだけではダメだ」ということでしょう。
孫権は満を持して、10万の兵で攻め寄せてきます。大軍であるのはもちろん、十分な訓練と準備をした軍勢ですから、士気が高く、チカラがみなぎっている状態なのです。
そんな勢いのある大軍に囲まれてしまっては、城の守りもいつかは持ちこたえられなくなります。よって孫権軍の包囲が完成する前に、まずは打って出て、相手に打撃を与えるべきだと曹操は言っているのです。戦場に着いたとたんにダメージを受ければ、孫権の大軍といえど士気は落ち込み、勢いが衰えてしまいます。そうすれば攻撃の手も弱まり、城を最後まで守り抜くことができるだろう―――こういう戦術なわけです。

なんとも奥の深い戦術というか、曹操の思慮の深さに感服させられますね。
しかし同時に、「こんな作戦通りに、上手くいくものだろうか?」とも思ってしまいます。なにしろ孫権軍は10万の大軍であり、いくらその勢いをくじくといっても、少数の兵でどれだけのことができるのでしょうか? 相手が体勢を立て直し、大軍で包囲してきたら、いくら張遼でもひとたまりもないのではないか……そんな心配をしてしまいます。
しかし曹操は、張遼・楽進・李典に絶大な信頼を寄せていたのでしょう。この難しいミッションをこなせると信じて、3人に合肥の守備をゆだねたのです。

李典の怒り

李典の怒り

李典の怒り

こうして孫権軍への攻撃を決意した張遼ですが、内心不安も抱えていました。楽進や李典は日ごろから仲が悪く、張遼はふたりが指示に従わないのではないかと恐れていたのです。
この張遼の不安を知り、李典は怒りをあらわにして詰め寄りました。

「この戦いは、国の一大事である。
私が個人的な感情にとらわれ、与えられた義務を忘れるような男だと思っているのか!?」

日ごろは不仲な相手だろうが、国家の一大事においては協力する。どうか自分を信じてくれ―――
李典は張遼にこう訴えたのです。この怒りの訴えは、きっと張遼の心にも響いたことでしょう。こうして張遼・李典は、孫権の大軍に勝負を仕掛けることになったのです。

決死隊800人に、牛肉をふるまう

決死隊800人に、牛肉をふるまう

決死隊800人に、牛肉をふるまう

出撃の前夜、張遼は危険な任務にもあえて従う決死隊をつのり、800人を集めました。
10万人の孫権軍に、たった800人で攻撃をかけるなど、狂気の沙汰とも思えます。しかし作戦の目的は孫権軍を全滅させることではなく、奇襲攻撃で打撃を与え、その勢いをそぐことでした。そのためには士気の高い精鋭を集め、スピーディーな猛攻で敵を叩かなくてはいけません。よって参加者を厳選する必要があり、弱い兵士、覚悟のない兵士は、むしろ邪魔だったのです。
800人はあまりにも少ない数です。しかし張遼と李典が率いるこの800人は、おそらく曹操軍の中でも最強の精鋭だったことでしょう。

張遼は800人の決死隊のため、牛を殺してその肉をふるまいました。そうして「明日は大いに戦おうではないか」と、ともに気勢をあげたのです。

夜明けの出撃―――張遼伝説の幕開け

夜明けの出撃―――張遼伝説の幕開け

夜明けの出撃―――張遼伝説の幕開け

次の日の夜明け、ヨロイと武具で身を固めた張遼は、決死隊の先頭に立って突撃しました。またたくまに敵の陣をやぶり、数十人の兵を討ち、2人の将軍を斬って捨てます。そうして大声で自らの名を叫びながらさらに敵側へと突入し、孫権を守る親衛隊のところまで迫りました。孫権の部下たちは、張遼の勢いの前に反撃どころではありません。驚きあわてた孫権は、高い丘に登って身を守ろうとします。張遼は大音声をあげました。

「我こそは盪寇(とうこう)将軍、張遼なり!
 孫権よ、正々堂々、降りてきて戦うがいい!」(注)

(注)盪寇(とうこう)将軍……張遼が曹操から与えられた、将軍の位。

こんな挑発に、孫権が乗ってくるはずがありません。夜明けの奇襲を受け、ひたすら混乱していた孫権軍でしたが、ようやく彼らも状況が飲み込めてこました。張遼率いる決死隊が案外少数であると知るや、孫権は張遼の部隊を囲むように命じました。大軍が少数の相手を殲滅(せんめつ)するには、四方八方から囲んで攻撃するのが手っ取り早いのです。
しかし張遼は包囲網などおかまいなく、前へと突撃しました。するとその勢いを恐れる敵軍は、包囲を解いてしまい、張遼は数十人の部下とともに脱出することができたのです。


どうです? この戦いぶり。なんといっても、わずか800人で10万人の敵軍に攻撃をかけるのですから、もはややることが神がかっていますよね。しかし、この「合肥張遼伝説」は、ラストにもうひとつのドラマを残していたのです。次回はさらなる張遼の活躍を、ご紹介します。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


張遼 孫権 曹操

関連する投稿


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(1) 呂布にふり回された若き日

「泣く子もだまる」という言葉、読者の皆さんも耳にしたことがあるでしょう。「だだをこねて泣いている子供も、恐怖のあまり泣き止んでしまうほど、恐ろしい存在」という意味だそうです。この言葉は、三国志の武将が語源になっているといいます。その武将は、魏の名将である張遼(ちょうりょう)。どんな男だったのでしょうか。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(2) 真の主人との出会い

後に魏の名将となる張遼は、若いころは安住の地を得ることができず、苦労もしました。なにしろ主人の董卓が、同僚の呂布に殺されてしまうのです。結局彼はそのまま呂布の配下となるのですが、そこからさらに運命は急展開していきます。


【三国志】英雄あだ名列伝~魏編その2~

三国志演義だけでなく、正史にもあだ名や異名を残している武将がいます。正史の三国志は、「史記」、「漢書」に続く正式な歴史書です。ほぼリアルタイムに書かれているので信憑性があります。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(3) 危機管理も完璧だった男

若き日の張遼は、丁原、董卓、呂布といった猛将たちに仕えました。しかしこれらの主人たちは皆、志半ばにして討たれてしまい、張遼はそのつど新たな主人に仕えなくてはならなかったのです。呂布が滅んだ後、張遼は曹操に仕えます。後に魏王朝の始祖となるこの男こそ、張遼にとって運命の主人だったのです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。