魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


 張遼(字は文遠)は、169年に雁門郡馬邑に生まれた。初めは丁原(呂布が最初に仕えていた人物)に仕え、丁原が殺されると董卓の配下となる。董卓暗殺後は呂布に従い、有力な部将となった。

 198年、呂布は曹操に敗れて処刑される。以後、張遼は曹操に仕えることになった。『三国志演義』では、命乞いをする呂布に対し、張遼は堂々と自分の首を差し出したが、劉備(玄徳)や関羽が取りなして助命されたことになっている。

関羽とも親交を結ぶ

関羽とも親交を結ぶ

関羽とも親交を結ぶ

 張遼の戦功の一つが、曹操が袁紹と雌雄を決した「官渡の戦い」(200年)である。前哨戦である白馬の戦いでは、関羽(当時は曹操のもとに降っていた)とともに出陣し、敵将の顔良を討ち取った。関羽はそのあと曹操のもとを去って劉備(玄徳)のもとへ向かうが、その時も見送りに行くなど、張遼と関羽には交流があった。武勇に優れたもの同士の敬愛の念があったのだろうか。勇猛さだけでなく、義理や人情にも厚かった人柄が察せられる。

 官渡の戦いのあとは、袁紹の遺児・袁譚と袁尚を追撃して破り、さらに北方異民族・烏桓の征伐でも大きな戦果を挙げた。

 だが、張遼の最大の見せ場は、215年の合肥の戦いだろう。合肥は現在の安徽省にある都市で、曹操と孫権の係争地となっていた。215年当時、合肥には張遼・楽進・李典が7000人の兵とともに駐屯していたが、そこに孫権が10万もの大軍を率いて迫ってきたのである。

800の兵で10万の敵に立ち向かう

800の兵で10万の敵に立ち向かう

800の兵で10万の敵に立ち向かう

 張遼と李典はもともと折り合いが悪かったが、この時は協力して難局に立ち向かった。張遼は精鋭800の兵を選び、なんと城から出撃して呉軍に突入していく。自ら先頭に立って呉の陣営に斬りこんだ張遼は、敵兵を次々と斬り捨てながら孫権のもとに肉薄した。驚いた孫権は戟を持って戦いながら退却する。

 孫権は態勢を立て直し、数に劣る張遼の軍勢を何重にも包囲した。にも関わらず。張遼は大軍による包囲を破って脱出する。逃げ遅れた味方が「将軍、私たちを見捨てるのですか」と叫ぶと、張遼は引き返して呉軍に突入し、部下を助け出して再度包囲網を突破したのである。張遼の勢いに対し、呉軍の兵は誰も正面からぶつかることができなくなってしまったという。

 張遼らが城外で戦ったのは半日ほどのことだが、その武勇に孫権軍は出鼻をくじかれてしまった。逆に合肥の守備隊の士気は大いにあがり、城を守りぬくことに成功した。

 孫権は、十数日城を包囲したものの陥落させるのは諦め、撤退を始める。これに対し、張遼は楽進らとともに城を出て呉軍を追撃した。彼らが敵軍に追いついたのは、逍遥津という橋のところである。橋を渡りきっていない呉軍には、最後衛で撤退の指揮をとっていた孫権と近衛兵、呂蒙・蒋欽・凌統・甘寧といった武将たちだった。

 破竹の勢いで呉軍に襲いかかる張遼に対し、凌統が必死の応戦をして孫権を逃がす。孫権はかろうじて橋のところまで逃げたが、橋はすでに魏軍が破壊していた。そのため、孫権は馬を操って命からがら川を越えたという。

 張遼は凌統の率いる部隊を打ち破り、凌統自身も全身に傷を負ったが、孫権が無事逃れたことを知ると、鎧を着たまま泳いで退却した。呉軍では、陳武が戦死した上、徐盛が負傷した上に旗を奪われるという屈辱的な敗北を喫したのである。

 この時の張遼の活躍は、呉の人々を大いに恐れさせた。中国の子供向け教科書『蒙求』には、当時の人々の間で張遼の武勇がどう受け取られたかを伝える逸話が載っている。張遼の武名は江東でも大いに轟いたので、江東の子供が泣き止まない時は、「遼来遼来(張遼が来るぞ)」と言って泣き止ませたという。

最後まで武人としての生き方を貫いた

最後まで武人としての生き方を貫いた

最後まで武人としての生き方を貫いた

 220年、曹操が亡くなり息子の曹丕(文帝)が跡を継いだ。50歳を超え、当時としては老境に入っていたが、まだまだ意気軒昂だったようで、孫権が魏に叛旗を翻すと再度合肥に向かっている。

 その後病を得たが回復し、222年にも曹休とともに海陵に駐屯し、孫権に睨みをきかせた。孫権は、「張遼は病み上がりだが、用心して対処せよ」と言って恐れたと言われる。

 張遼は孫権の部将の呂範を破ったが、病が悪化し、同年江都で死去した。享年54歳だった。主君の曹丕(文帝)は涙を流し、詔勅を発してその死を悼んだ。

 正史をもとにして書かれた小説『三国志演義』でも、魏の有力な将軍として活躍する。『演義』の合肥の戦いのくだりでも、楽進・李典を従える重厚な指揮官として描かれている。しかし、張遼の凄いところは、『演義』での活躍よりも正史で描写される活躍のほうが華々しいというところだ。『演義』での最期は、曹丕の呉征伐に従軍し、丁奉の矢を受けてその傷がもとで没することになっている。

 戦に強いだけでなく、
・関羽という、境遇の違う武将とも交流した。
・合肥の戦いでは、逃げ遅れた仲間の兵を助けに行った。
・亡くなった時、主君に大いに惜しまれた。
といった史実から、周囲から尊敬されていたであろうことが伺える。現在も、張遼は小説・漫画・ゲームなどで魅力的なキャラクターとして描かれ続けている。


この記事の三国志ライター

歴史好きフリーライター。史実解説・トリビアをメインに書いていきたいです。

関連するキーワード


張遼 関羽 三国志

関連する投稿


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(1) 呂布にふり回された若き日

「泣く子もだまる」という言葉、読者の皆さんも耳にしたことがあるでしょう。「だだをこねて泣いている子供も、恐怖のあまり泣き止んでしまうほど、恐ろしい存在」という意味だそうです。この言葉は、三国志の武将が語源になっているといいます。その武将は、魏の名将である張遼(ちょうりょう)。どんな男だったのでしょうか。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(2) 真の主人との出会い

後に魏の名将となる張遼は、若いころは安住の地を得ることができず、苦労もしました。なにしろ主人の董卓が、同僚の呂布に殺されてしまうのです。結局彼はそのまま呂布の配下となるのですが、そこからさらに運命は急展開していきます。


【三国志】英雄あだ名列伝~魏編その2~

三国志演義だけでなく、正史にもあだ名や異名を残している武将がいます。正史の三国志は、「史記」、「漢書」に続く正式な歴史書です。ほぼリアルタイムに書かれているので信憑性があります。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(3) 危機管理も完璧だった男

若き日の張遼は、丁原、董卓、呂布といった猛将たちに仕えました。しかしこれらの主人たちは皆、志半ばにして討たれてしまい、張遼はそのつど新たな主人に仕えなくてはならなかったのです。呂布が滅んだ後、張遼は曹操に仕えます。後に魏王朝の始祖となるこの男こそ、張遼にとって運命の主人だったのです。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(4) 名将の条件とは

曹操は官渡の戦いで袁紹を破った後、華北を順調に平定し、いよいよ南方へと軍を向けました。ところが赤壁の戦いで、孫権・劉備(玄徳)の連合軍に思わぬ敗北を喫したのです。この敗戦を受け、曹操に反旗をひるがえす武将も現れました。曹操軍の有力武将となった張遼にとっても、ここからが腕の見せ所となるのです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。