「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(3) 危機管理も完璧だった男

「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(3) 危機管理も完璧だった男

若き日の張遼は、丁原、董卓、呂布といった猛将たちに仕えました。しかしこれらの主人たちは皆、志半ばにして討たれてしまい、張遼はそのつど新たな主人に仕えなくてはならなかったのです。呂布が滅んだ後、張遼は曹操に仕えます。後に魏王朝の始祖となるこの男こそ、張遼にとって運命の主人だったのです。


曹操も絶賛! 華北で快進撃

曹操も絶賛! 華北で快進撃

曹操も絶賛! 華北で快進撃

西暦200年、曹操は華北の大勢力であった宿命のライバル・袁紹(えんしょう)を破り、後漢末の第一人者としての地位を確立します(官渡の戦い)。その後まもなく袁紹は死去したため、曹操はその息子たちを相手に、華北平定の戦いを起こしました。
ここで張遼が大活躍します。袁紹の息子たちの軍勢をたびたび破り、さらには華北各地の勢力を撃破し、あるいは説得して曹操に帰順(きじゅん)させたりしました。先にも例を挙げたように、張遼は(意外にも)交渉で敵を味方につけるのを得意としていました。やはり乱世を長く生き抜くためには、戦わずして敵を味方につけていくことも、リスクや損害を減らすために必要だったのでしょう。ただ戦いに強いだけではなく、対人関係やコミュニケーションにおいても優秀だったからこそ、張遼はこの先も長く戦い、歴史に勇名を残せたのです。

華北における張遼のめざましい戦いぶりは、曹操にも高く評価されました。曹操は帰還した張遼を自ら出迎えて、自ら手を引いて車(馬車)への同乗を許したといいます。当時の君臣の関係を考えれば、まさに破格のあつかいと言えるでしょう。まさにこのふたり、君臣の相性がピッタリだったのです。

異民族を討伐 張遼の本領発揮

異民族を討伐 張遼の本領発揮

異民族を討伐 張遼の本領発揮

その後も曹操の華北平定は進み、張遼は袁氏の残党はもちろん、異民族とまで戦うことになります。
曹操によって追いつめられた袁紹の息子たちは、烏桓(うがん)という異民族を頼りました。中国(漢民族の支配領域)の北側にいた烏桓は、現在の中国・内モンゴル自治区の辺りで勢力を張っていた民族です。彼らは騎馬での戦いに優れており、漢民族にとってあなどれない強敵だったのです。
袁氏の残党が、烏桓と組んで攻め寄せてくれば、曹操の華北支配は危ういものとなります。曹操は烏桓の征伐を決意し、張遼もそれに従軍することになりました。

ここで、張遼の出身地について思い浮かべた方もいらっしゃるでしょう。そう。張遼は并州(へいしゅう)の出身であり、北方の騎馬民族と接する地域で育ちました。よって烏桓の騎馬を使った戦い方についても、よく知っていたのです。烏桓征伐に張遼が起用されたのは、まさに適材適所の人選だったのです。

烏桓は曹操軍の来襲を予期しており、要所の守りを固めていました。そこで曹操は、いったん撤退するかのように見せかけて、抜け道を通って回り込み、敵の背後を襲う作戦を立てました。この作戦は見事に的中し、烏桓は曹操が退却するものだと思って油断していたのです。
そして曹操軍が烏桓の軍勢の近くに迫ったとき、両軍は突然出くわしました。
予定にはない敵軍との遭遇(そうぐう)でしたが、このとき張遼は、曹操に断固として戦うことをすすめます。闘志をみなぎらせる張遼に、曹操も感じるものがあったのでしょう。自分の旗を張遼に授けたうえで、敵を討ち果たすように命じます。張遼はこの期待にこたえて奮戦し、曹操軍は烏桓を打ち破ります。こうして曹操の華北支配は、磐石(ばんじゃく)となったのです。

曹操、ますます張遼を重んじる

曹操、ますます張遼を重んじる

曹操、ますます張遼を重んじる

張遼たちの勝利は、中国の歴史そのものにも影響を与えるものでした。漢民族は中国の中心地域を支配していたものの、異民族の攻撃に苦しむことも多くありました。漢の高祖・劉邦(りゅうほう/注)ですら、やはり北方の異民族である匈奴(きょうど/注)に苦戦し、屈辱的な講和を結ばざるを得なかったのです。いまも残る「万里の長城」は、漢民族が北方の騎馬民族の侵入を防ぐために作られたものでした。あんな大掛かりなものをこしらえるほど、漢民族は異民族を恐れていたのです。

(注)劉邦(りゅうほう)……漢(前漢)の初代皇帝。低い身分から身を起こし、秦の打倒に参加した。秦の滅亡後は項羽(こうう)との戦いを制し、中国の支配者となった。匈奴との戦いでは苦戦した。
(注)匈奴(きょうど)……中国の北方に存在した遊牧民族。モンゴル平原を中心とした地域で、大きな勢力を誇った。

漢民族にとって、北方の異民族は恐るべき敵であり、そのひとつである烏桓の打倒は、中国の安定にとって大きな意味を持つ出来事でした。張遼はその重要な戦役で活躍し、またもや武将として勲功をあげたのです。

ともあれ、ここまで張遼の事跡を見てみると、曹操に非常な特別あつかいを受けているのが分かります。烏桓との戦いでは曹操の軍旗を授けられていますが、合戦における大将の旗は、大将の存在そのものを示す重要なものです。それを張遼に預けるのですから、曹操が彼に寄せた信頼のほどがうかがえます(他にも先に述べたように、曹操の車に同乗することを許されています)。
曹操の張遼に対するあつかいは、まさに破格の待遇といえました。そして張遼自身に、曹操の期待にこたえるだけの力量があったことは、その後の歴史が証明しています。

名将ならではの危機管理

名将ならではの危機管理

名将ならではの危機管理

華北を平定したあとは、南がターゲットになります。曹操はきたるべき南方での戦いに備え、張遼を要所に駐屯(ちゅうとん)させました。
このとき事件が起きます。ある日の夜中、張遼の率いる軍の中で反乱が起き、いたるところに放火して回ったのです。全軍が大混乱におちいり、皆があわてふためきます。しかし張遼は落ち着いたもので、周囲の者にこう言いました。

「全軍が反乱を起こしたわけではない。ごく少数の者が騒動を起こして、我々を混乱させようとしているだけだ」

張遼は、反乱の意思が無い者には動かずに座っているように命じました。そうして自身は数十人の親衛隊を率いて、動じることなく本陣に立ち続けました。張遼の落ち着いた対処と、堂々たる威厳によって、軍の動揺はすぐにしずまります。やがて反乱の首謀者がとらえられ、処刑されました。
反乱の騒ぎが起きたとき、張遼はその声をよく聞いていたのでしょう。小数の者が叫びながら、陣中に火を放ち、騒動を起こそうとしただけなのを、即座に見抜いたのです。
軍を率いている以上、いつ不測の事態が起きるか分かりません。そんな状態でも落ち着いて状況判断をし、危機に対処する能力こそ、武将に何よりも求められるものでしょう。張遼はさすが、曹操に認められるだけの武将だったのです。

敵の説得工作から、異民族対策、反乱への危機管理など、張遼が幅広く活躍しているのが分かりますね。次回は彼の名将ぶりを、さらにご紹介します。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


張遼 曹操

関連する投稿


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(1) 呂布にふり回された若き日

「泣く子もだまる」という言葉、読者の皆さんも耳にしたことがあるでしょう。「だだをこねて泣いている子供も、恐怖のあまり泣き止んでしまうほど、恐ろしい存在」という意味だそうです。この言葉は、三国志の武将が語源になっているといいます。その武将は、魏の名将である張遼(ちょうりょう)。どんな男だったのでしょうか。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(2) 真の主人との出会い

後に魏の名将となる張遼は、若いころは安住の地を得ることができず、苦労もしました。なにしろ主人の董卓が、同僚の呂布に殺されてしまうのです。結局彼はそのまま呂布の配下となるのですが、そこからさらに運命は急展開していきます。


【三国志】英雄あだ名列伝~魏編その2~

三国志演義だけでなく、正史にもあだ名や異名を残している武将がいます。正史の三国志は、「史記」、「漢書」に続く正式な歴史書です。ほぼリアルタイムに書かれているので信憑性があります。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(4) 名将の条件とは

曹操は官渡の戦いで袁紹を破った後、華北を順調に平定し、いよいよ南方へと軍を向けました。ところが赤壁の戦いで、孫権・劉備(玄徳)の連合軍に思わぬ敗北を喫したのです。この敗戦を受け、曹操に反旗をひるがえす武将も現れました。曹操軍の有力武将となった張遼にとっても、ここからが腕の見せ所となるのです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。