「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(1) 呂布にふり回された若き日

「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(1) 呂布にふり回された若き日

「泣く子もだまる」という言葉、読者の皆さんも耳にしたことがあるでしょう。「だだをこねて泣いている子供も、恐怖のあまり泣き止んでしまうほど、恐ろしい存在」という意味だそうです。この言葉は、三国志の武将が語源になっているといいます。その武将は、魏の名将である張遼(ちょうりょう)。どんな男だったのでしょうか。


呂布と同郷 強い男の名産地に生まれる

呂布と同郷 強い男の名産地に生まれる

呂布と同郷 強い男の名産地に生まれる

後に魏の名将として名をのこす張遼は、并州(へいしゅう)の生まれです。この出身地が、張遼の強さを語るうえで重要になります。
并州は、現代の山西省や内モンゴル自治区の一部をふくむ地域です。当時の中国(漢民族の世界)が、北のモンゴル系異民族の領域と接する地点でした。そのためこの一帯で生まれ育つ男たちは、モンゴル流の騎馬民族の戦い方を身につけることとなり、馬や弓を使った戦いを得意としました。
ちなみに三国志最強の武将・呂布もまた、この地域の生まれです。并州出身者の武勇のほどがうかがえるでしょう。

この張遼ははじめ、并州の長官であった丁原(ていげん)に仕えます。丁原の軍は并州の強い男たちを多くそろえており、同郷の呂布も在籍していました。ここで呂布と一緒になったことが、張遼の運命を大きく変えることになります。
こう考えると、丁原という人はなかなかスゴイのかもしれません。呂布に張遼、三国志に名を残す歴史的な猛将たちを見出し、自分の部下にしているのです。

最初の主人 丁原

最初の主人 丁原

最初の主人 丁原

張遼の最初の主人であった丁原は、強い男たちを率いているだけあって、彼自身も勇猛な人物でした。貧しい出身ながら武勇に優れていた丁原は、盗賊や反乱軍の鎮圧で功績をあげ、地方の長官にまで出世します。まさに腕ひとつで、乱世に頭角を現したのですから、なかなかの武人と言えるでしょう。
この丁原のもとに、なぜ呂布や張遼のような強い武将が集まったのか? まずひとつは并州には武勇に優れた人材が豊富にいたことがあるでしょう。なにしろ普通の漢民族より、騎馬でも弓でも優れている武人が多くいたのです。
さらにもうひとつ、丁原自身がたたき上げの軍人であることです。家柄も財産もなく、ただ戦いだけでのし上がってきた男なので、武将を見る目は確かだったと言えるでしょう。

こうしてみると、張遼の最初の主人である丁原、自身も戦に強いうえ、呂布や張遼といった猛将たちをかかえています。あの劉備(玄徳)が関羽と張飛を従えているようなものですよね。となれば、三国志の勢力争いで結構いいところまで行きそうな気もしますが…そうは問屋がおろさなかったのです。

2人目の主人 董卓

2人目の主人 董卓

2人目の主人 董卓

并州を治めていた丁原ですが、乱世の時代のうねりは、地方の長官をも巻き込んでいきます。
当時、後漢王朝の朝廷でははげしい権力争いが起きていました。政争の当事者のひとり、大将軍・何進(かしん)は、地方の有力者たちに加勢させようと考え、軍を率いて都に来るように命じました。こうして丁原もまた、呂布らを率いて首都・洛陽(らくよう)に入ります。このとき同じように呼び集められた武将に、あの「三国志の魔王」董卓もいました。
この後、事態が急変し、武将たちを呼び集めた張本人の何進が、殺されてしまいます。都は大混乱となり、そのどさくさにまぎれて董卓が政権をにぎったのです。
天下を取ったとはいえ、董卓の兵力は不足していました。そこで董卓は「他の有力者(豪族)を殺し、その軍勢をうばう」という手を考え、精強なことで知られる丁原の軍をターゲットにしたのです。

ちょうど、丁原の部下には「軽はずみで乗せられやすい」人がいました。それは他ならぬ張遼の同僚・呂布でした。董卓は呂布をそそのかし、主人である丁原を殺させてしまいます。そしてその軍勢を、そっくりそのまま自分のものにしてしまったのです(乗せるほうも乗せるほうですが、乗せられるほうも乗せられるほうですね。ちなみに呂布は同じようなことを、この先も繰り返すことになります)。

これはちょっと、丁原がカワイソウな気もします……。丁原は呂布・張遼などの強い男を従えており、自身も勇猛な武将でした。しかし一方では性格が粗略(そりゃく)であったとの記録もあります。要は「いいかげんな人」だったようなのです。こういう人柄のため、強い男たちを従えながらも、最後に背かれたのかもしれません。

ともあれ、張遼にとってはいきなり主人が殺されてしまうという、とんでもない状況になったわけです。いろいろ思うところもあったのではないかと想像しますが、結局は呂布に従う形で、いっしょに董卓の配下となりました。こうして、この先しばらくは呂布に振り回される人生が続きます。

3人目の主人 呂布

3人目の主人 呂布

3人目の主人 呂布

こうして張遼は呂布とともに董卓配下となりますが、董卓の政権は長続きしませんでした。
董卓は都に政治的基盤がないうえ、準備不足のまま急に天下を取ってしまったために、有力者たちの支持を取り付けるのに失敗します。さらには罪も無い少年皇帝を辞めさせるなどの強引な政治を進めたため、ついには反董卓の武将たちが決起し、都へ攻め寄せてくる事態をまねきました。
すると董卓は都を敵軍に近い洛陽から、西方の長安にうつし、さらには敵の追撃を止めるため、元首都である洛陽を焼け野原にしてしまったのです(こうした董卓の強引な政策も、それなりの事情があって行ったものでした。ご興味のある方は、筆者が担当した董卓の記事をご覧ください)。

このような暴政を続けた董卓にも、ついに最後のときがやってきます。この「暴君」にトドメをさしたのは、なんとあの呂布だったのです(呂布という人は、董卓にそそのかされて主人の丁原を殺したのに、こんどはまた主人の董卓を殺したわけです。なんだかスゴいですね)。
小説の「三国志演義」では、貂蝉(ちょうせん)という美女を用いた策略に引っかかり、呂布が董卓を殺してしまう…という展開が、序盤の見せ場として用意されています。もちろんフィクションなのですが、まったく根拠のないデタラメとも言えません。呂布は董卓の侍女に手を出していて、それが発覚するのを恐れていたという記録もあるのです。

呂布にふり回された若き日

呂布にふり回された若き日

呂布にふり回された若き日

ともあれ呂布が董卓を討ち、またしても張遼は主人を失ってしまいます。彼もいろいろ思うとことはあったかもしれませんが、結局は呂布に従い、以後はその部下として働くことになります。
後に「泣く子もだまる」魏の名将として、歴史に名を残す張遼。そんな彼ですら、若いときに運命に翻弄されていたのですね。
次回は呂布のもとでの活躍、そして真の主人との出会いについてご紹介していきましょう。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志の中で強烈なインパクトを残した飛将、呂布

三国志の中で一際インパクトを残した男、呂布。裏切りを重ねながらも己の欲を全うし続けた呂布は、ある意味三国志の中でも魅力的な豪傑だと言えます。そんな呂布の波瀾万丈な生涯をまとめてみました。


三国志外伝 絶世の美女貂蝉

皆さんは貂蝉という女性をご存知でしょうか。三国志演義にその名をとどめる傾城の美女・貂蝉のはかなくも美しい生き様をご紹介します。


裏切り、裏切り、また裏切り! 呂布のスゴすぎる人生の結末は?

三国志の武将で最も勇猛だともいわれる呂布。しかし彼は、世話になった相手をことごとく裏切ったことでも知られています。中国であれ日本であれ、ここまで人を裏切り続けた男もめずらしいでしょう。呂布の裏切り人生がどのようなものだったのか。そして「裏切り野郎」はどんな末路をたどったのか、見ていきましょう。


そうだったのか!?英雄たちの前職や職歴

蜀の初代皇帝の劉備(玄徳)、関帝聖君として祀られ神様になった関羽、五虎将のひとりに数えられる張飛、漢の丞相となり魏国の基盤を作った曹操も呉を建国した孫権の父孫堅も、もともとは一端の商人や小役人だったのですが、小説やドラマではあまり触れられることがありません。英雄たちはどんな職業について生計を立てていたのでしょうか。


王允と呂布から見る処世術!

歴史からいろいろなものを学んで現代社会に役立たせなければいけないということは多々あります。戦国の時代と言えど現代にも通づる考え方は多岐にわたって存在します。王允と呂布を参考に処世術を学んでみましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。