歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


若い頃は董卓や呂布に仕える

張遼は若い頃からその能力を見出されており、出生地の并州刺史だった丁原によって見出されています。張遼は洛陽へ赴くと、大将軍何進の命を受けて河北へ行くことなり、そこで1,000名ばかりの兵を集めました。一部隊の将となった張遼は都へ戻ると、すでに何進は亡きものであり、実権は董卓が掌握していました。

張遼はそのまま董卓の配下になりますが、呂布が反乱を起して董卓を暗殺すると、その支配下に置かれました。もともと呂布も丁原の部下だったので、もしかしたら、両者は顔見知りで仲間になったのかもしれません。

呂布配下となった張遼は優れた指揮能力を持っていますが、軍事面では強烈な個性を持っている呂布が前線に立っているので勝ち負けを繰り返す戦いを繰り広げることとなります。

董卓軍の残党に敗走し、都から脱出した呂布は徐州の劉備(玄徳)を頼り、張遼も従っています。呂布は劉備(玄徳)を騙して徐州を支配し、張遼は統治を任されています。

劉備(玄徳)はこの頃、曹操を頼るようになり、小沛を与えられています。背後を突かれそうな呂布は怒って小沛を攻め、張遼は援軍として駆けつけてきた曹操軍の名将夏候惇を撃破しています。

しかし、呂布は戦闘能力は高いものの、政治や智謀には優れず、短気で部下の進言を取り入れるようなことはあまりなかったため、張遼や賈クといった優れた人材を活かしきれず、曹操・劉備連合軍に攻められて降伏する羽目になってしまいます。張遼は曹操に魅入られ、その配下になるようになりました。

曹操配下で大活躍

張遼は敗軍の将として扱われましたが、その汚名をすぐに晴らします。まずは袁紹と曹操一大決戦となった官渡の戦いにおいて、一時的に曹操に味方した関羽とともに袁紹軍の猛将だった顔良を蹴散らし、前哨戦で優位にたつことに成功しています。

関羽と張遼は互いに実力を認め合い、親交を深めます。関羽は曹操に降っているとはいえ、本心ではないのが目に見えており、曹操は張遼にその心境を問いただすように伝えます。関羽は張遼に、曹操には感謝しているが、劉備(玄徳)が見つかればすぐに馳せ参じる覚悟であることを伝えました。事実、この戦いで関羽は袁紹陣営に離ればなれになった劉備(玄徳)がいることを知り、曹操に願い出て劉備(玄徳)の元へ戻ろうとします。関羽を手放したくなかった曹操でしたが、関羽の義理人情に心を打たれ、ついに劉備(玄徳)の元へ戻ることを許すようになりました。

張遼は袁紹軍の残党制圧にも従軍し、各地の反乱軍の平定にも駆けつけました。張遼は本陣から先鋒を務めることが多く、別働隊を率いると無類の強さを見せつけ、曹操からの信頼が厚いことを意味していました。

曹操が本拠地へ帰った後も、袁家との戦いに最後まで貢献し、楽進や于禁といった古参の武将たちとよく戦い、曹操の河北統一に多大な結果を残しました。張遼は206年に曹操の元へと帰参すると、寛大な歓迎を受け、手厚い恩賞を受け賜りました。

曹操軍筆頭となっていく

張遼は曹操配下として北方異民族の烏桓と対決します。この地には袁家の残党が匿われており、河北の安定を図るため、いずれは孫権や劉表といった南下する際への布石ともいえました。この戦いは白狼山の戦いといわれ、曹操軍の電光石火の勢いに敵陣営は準備もままならないほどで、張遼は先鋒を任されて突撃を開始します。烏桓勢が総崩れとなって曹操軍の大勝となりました。

袁家の残党を討ち破ったことで後方の憂いを無くして孫権と対決することが可能となりましたが、決して簡単な戦いではありませんでした。張遼の軍でも兵糧が不足し、軍馬を食料とし、地を掘り進んで水を求めるなど、過酷な条件で戦っていました。

この頃から張遼は曹操軍の中でも抜き出た存在となり、夏候惇や夏侯淵といった曹操の一族出身者ではない于禁や楽進ら古参の武将たちと折り合いが悪くなってしまいます。曹操軍には他にも有能な武将たちが多くおり、中でも張コウや徐晃は曹操に降伏して仲間になったので張遼と同じ立場といえますが、やはり張遼が筆頭で評価されていたといえます。

209年には大規模な反乱が起きましたが、于禁らと討伐に向かい、張遼は縦横無尽の活躍を見せて高い指揮能力を発揮し、反乱軍を鎮圧することができました。曹操は張遼を高く評価し、領地を倍増しています。

曹操は前線にでるタイプの君主でしたが、広大な領土を持っていたので、毎回遠征できるわけでもありません。そこで、張遼・于禁・楽進・張コウ・徐晃を交代で扱い、一緒に遠征するときには先鋒役を任し、後退するときには殿軍となっていました。

合肥の戦いで孫権を追い詰める

赤壁の戦いの後、曹操は敗残兵をまとめ上げ、今度は西の漢中へ進軍していきます。曹操は赤壁で大勝した孫権は大軍を持って魏の国境を脅かすに違いないと読んでおり、県境にある合肥に

曹操の思惑通り、215年に孫権が十万の大軍を率いて侵攻してきました。曹操はすでにそれを予測しており、護軍の薛悌を派遣して張遼らに文書で指示を送っています。そこには張遼は李典と共に城から出撃し、楽進は城内で護軍を守れという文面が書かれていました。張遼は仲たがいをしている場合ではないと、楽進と于禁に伝え、両将軍ともこれを快諾し、三人は揃って孫権軍を迎え打とうと結束します。

合肥城には7,000名ほどの兵士しかおらず、孫権軍は10倍以上の兵力を誇っていました。張遼は先制攻撃が大事だと考え、800人ほどの精鋭を集めて肉を与えて激励し、自ら翌朝に出撃しました。

張遼は先陣を切って突撃し、まさかの攻撃に孫権軍は後手に回ってしまい、劣勢になっていきます。張遼の勢いは凄まじく、孫権の本陣近くまで迫りました。大軍を持っているだけに簡単に勝てるだろうと楽観モードに入っていた孫権陣営でしたから、急な展開で戦う準備が整っていなかったといえます。

特に勝てそうなときは死にもの狂いで戦いたくないものであり、張遼はその心理を逆手にとって一気に攻め尽くしました。孫権軍は張遼に思いきり戦おうとせず、及び腰のままでした。

死にもの狂いで戦乱を駆け巡る張遼

しかし、さすがに軍が劣勢だけに張遼軍はまたたくまに囲まれてしまいます。張遼は巧みに敵軍の包囲を突破し、半日間かけて戦い続きとなっていきました。張遼は部下の命も助けており、士気が高まった合肥城に対し、思わぬダメージと張遼の恐ろしさを目の当たりにした孫堅軍は士気が下がっていきました。

この戦いで張遼は10日間以上城を守り抜き、孫権が退却を決断します。張遼は敵軍の動きを見て追撃できると読み、一気に駆け出します。孫権はまだ大軍をキープしている自軍をこれ以上攻めてこないだろうと考えて後方で退却の士気を執っていました。張遼はまたしても凄まじい勢いで孫権軍に斬りかかり、あと一歩のところで孫権を取り逃がしてしまいました。

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。