三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


1.夏侯令女のエピソード

三国志の感動的なエピソードのひとつが夏侯令女という女性のエピソードです。夏侯令女は、曹爽の従弟である曹文叔と結婚した女性です。しかし、曹文叔は早くに亡くなってしまいます。若くして未亡人になってしまった夏侯令女には、再婚の話が持ち上がります。しかし、夏侯令女は再婚の話を拒絶し、髪を切り下ろして両耳まで切り落としてしまったのです。

それでも夏侯令女の父は、再婚させようとします。今度は再婚に同意するような素振りを見せるのですが、周囲の人が警戒を緩めると鼻をそぎ落としてしまったのです。こうして、亡くなった夫への貞節を最後まで守り通したのです。

夏侯令女の亡き夫への貞節を守るエピソードは、まさに感動的と言えるでしょう。ちなみに、このエピソードから夏侯令女は列女と呼ばれるようになります。また、夏侯令女のこの振る舞いを知った司馬懿は感動し、夏侯令女に養子を取らせて曹氏を継がせることを認めています。これにより、さらに夏侯令女のエピソードは多くの方に知られるようになったのです。

2.典韋の最期のエピソード

三国志の感動エピソードと言えば、典韋の最期も挙げられます。典韋は、曹操に仕えた武将です。曹操への忠誠心が抜群であり、典韋の最期である感動的なエピソードも、曹操への忠誠心によるエピソードと言えます。

曹操は荊州の張繍を征服し、降伏させます。しかし、張繍は謀反を起こすのです。そこで典韋は、曹操を逃がすために体を張ります。典韋が守っていた門には、敵は浸入することができず、敵は他の門から侵入していきます。そして、典韋は多数の敵に囲まれ、典韋は最期を遂げるのです。最期は敵に突進し、敵2人を両脇に挟んで撃殺したと言われています。

典韋の最期は、曹操を守るための命を落としたのです。典韋の曹操への忠誠心がよくわかり、感動的なエピソードです。ちなみに、曹操も典韋の死を知り、とても悲しんだとされています。典韋の遺体を奪還させて、告別式を開いています。しかも、典韋が戦死した場所を通る度に、曹操は典韋を弔ったとされているのです。

3.関羽千里行のエピソード

主従関係で感動的なエピソードと言えば、関羽の千里行も忘れてはいけません。関羽は、200年に曹操に生け捕りにされてしまいます。曹操は、関羽の実力を認めており、配下にしたいと思い厚遇するのです。関羽は義理堅い人物であり、厚遇に恩義を覚え、曹操に協力して武功を立ててから劉備(玄徳)のもとに帰ろうと思うようになります。

関羽は実際に、官渡の戦いで武功を挙げたため、曹操のもとを去って劉備(玄徳)のもとに帰ろうとします。曹操の部下たちは、関羽に対して追っ手を差し向けようとするのですが、曹操はそれを止めました。とは言え、関羽が劉備(玄徳)のもとに帰るとなると、魏の関所を通り抜ける必要があります。関羽は、「東嶺関」「洛陽」「沂水関」「滎陽」「黄河」という5つの関所を通り、名のある武将を切り捨てていったのです。最後は、夏候惇が関羽と刃を交えるのですが、そこへ張遼が駆けつけ、曹操の伝言によって戦いは中止になります。そして、関羽は劉備(玄徳)のもとに無事に帰った、というエピソードのことを関羽の千里行と言うのです。

魏の勢力下から劉備(玄徳)のもとに帰るのは、とてつもなく大変なことです。それだけ、関羽は劉備(玄徳)のもとに馳せ参じたかったのでしょう。関羽の千里行は、関羽と劉備(玄徳)の関係がよくわかり、感動的なエピソードとなっているのです。

4.見捨てない華歆

華歆にも、優しさがわかる感動的なエピソードがあります。華歆は、三国志時代の政治家であり、孫策・孫権に仕えたのちに、曹操や曹丕など魏にも仕えた人物です。華歆は、簡潔・公正な政治を信条としています。孫権に仕えている時に、曹操から招聘されます。華歆は自分を派遣することで、曹操と友好的な誼を交わすように進言し、曹操のもとにいくのです。出発の際には、多くの賓客が見送りにきて、餞別も渡していきます。華歆は餞別に印を付けておき、いざ出発する時になると、餞別を賓客に返しており、とても義理堅い人物であることがわかります。

そんな華歆の感動的なエピソードは、逃走中の出来事のことです。華歆は数人の知人と逃走しているときに、ある人物に出会います。その人物は同行したいと申し出るのですが、華歆は反対します。しかし、知人らは賛成し、結局同行することになったのです。だが、その人物は途中で井戸に落ちてしまいます。知人らは見捨てようとするのですが、華歆は一緒に行くと決めたのだからと、その人物を助けて、結局最後まで一緒に逃げたのです。

華歆の優しさがよくわかるエピソードとなっています。一度反対した理由も、他人を巻き込みたくないという思いだったのでしょう。華歆が曹操らに重用されたのも、このように素晴らしい人物だったからでしょう。

5.曹操と農産物

三国志で魏の基礎を作った曹操にも、感動的なエピソードがあります。曹操は、軍規をとても重んじていました。そして、軍規として「農作物を踏みつけるのは斬首する」という規律を作ったのです。そのため、部下や兵士は馬を降りて、農作物を踏まないように気を付けながら進軍します。

しかし、進軍中に曹操の馬が急に暴走してしまい、農産物を踏みつけてしまいます。曹操は自分に罰を下すように命令をするのですが、側近らは罰を下すことなどできません。そこで曹操は自ら髪を切り落とし、部下の前に跪いて「これで許してくれ」と言ったのです。この姿に、部下や兵士らは感動したのです。

自分を特別視せず、しっかりと自らに罰を与える曹操の姿は感動することができます。曹操と言えば、悪役的なイメージがありますが、感動的なエピソードもあるのです。

6.まとめ

今回は、三国志の中でも感動的なエピソードについて紹介してきました。三国志と言えば、権謀術数や戦闘ばかりが注目されがちです。しかし、実は感動的なエピソードも数多くあります。人の温かみや主従の繋がり・絆などを感じることができます。感動的なエピソードから、三国志の登場人物の意外な一面がわかったりすることもあります。そのため、ぜひ三国志の人情話や感動的なエピソードにも注目してみてください。もしかしたら、感動して泣いてしまいかもしれません。

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。