三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


1.夏侯令女のエピソード

三国志の感動的なエピソードのひとつが夏侯令女という女性のエピソードです。夏侯令女は、曹爽の従弟である曹文叔と結婚した女性です。しかし、曹文叔は早くに亡くなってしまいます。若くして未亡人になってしまった夏侯令女には、再婚の話が持ち上がります。しかし、夏侯令女は再婚の話を拒絶し、髪を切り下ろして両耳まで切り落としてしまったのです。

それでも夏侯令女の父は、再婚させようとします。今度は再婚に同意するような素振りを見せるのですが、周囲の人が警戒を緩めると鼻をそぎ落としてしまったのです。こうして、亡くなった夫への貞節を最後まで守り通したのです。

夏侯令女の亡き夫への貞節を守るエピソードは、まさに感動的と言えるでしょう。ちなみに、このエピソードから夏侯令女は列女と呼ばれるようになります。また、夏侯令女のこの振る舞いを知った司馬懿は感動し、夏侯令女に養子を取らせて曹氏を継がせることを認めています。これにより、さらに夏侯令女のエピソードは多くの方に知られるようになったのです。

2.典韋の最期のエピソード

三国志の感動エピソードと言えば、典韋の最期も挙げられます。典韋は、曹操に仕えた武将です。曹操への忠誠心が抜群であり、典韋の最期である感動的なエピソードも、曹操への忠誠心によるエピソードと言えます。

曹操は荊州の張繍を征服し、降伏させます。しかし、張繍は謀反を起こすのです。そこで典韋は、曹操を逃がすために体を張ります。典韋が守っていた門には、敵は浸入することができず、敵は他の門から侵入していきます。そして、典韋は多数の敵に囲まれ、典韋は最期を遂げるのです。最期は敵に突進し、敵2人を両脇に挟んで撃殺したと言われています。

典韋の最期は、曹操を守るための命を落としたのです。典韋の曹操への忠誠心がよくわかり、感動的なエピソードです。ちなみに、曹操も典韋の死を知り、とても悲しんだとされています。典韋の遺体を奪還させて、告別式を開いています。しかも、典韋が戦死した場所を通る度に、曹操は典韋を弔ったとされているのです。

3.関羽千里行のエピソード

主従関係で感動的なエピソードと言えば、関羽の千里行も忘れてはいけません。関羽は、200年に曹操に生け捕りにされてしまいます。曹操は、関羽の実力を認めており、配下にしたいと思い厚遇するのです。関羽は義理堅い人物であり、厚遇に恩義を覚え、曹操に協力して武功を立ててから劉備(玄徳)のもとに帰ろうと思うようになります。

関羽は実際に、官渡の戦いで武功を挙げたため、曹操のもとを去って劉備(玄徳)のもとに帰ろうとします。曹操の部下たちは、関羽に対して追っ手を差し向けようとするのですが、曹操はそれを止めました。とは言え、関羽が劉備(玄徳)のもとに帰るとなると、魏の関所を通り抜ける必要があります。関羽は、「東嶺関」「洛陽」「沂水関」「滎陽」「黄河」という5つの関所を通り、名のある武将を切り捨てていったのです。最後は、夏候惇が関羽と刃を交えるのですが、そこへ張遼が駆けつけ、曹操の伝言によって戦いは中止になります。そして、関羽は劉備(玄徳)のもとに無事に帰った、というエピソードのことを関羽の千里行と言うのです。

魏の勢力下から劉備(玄徳)のもとに帰るのは、とてつもなく大変なことです。それだけ、関羽は劉備(玄徳)のもとに馳せ参じたかったのでしょう。関羽の千里行は、関羽と劉備(玄徳)の関係がよくわかり、感動的なエピソードとなっているのです。

4.見捨てない華歆

華歆にも、優しさがわかる感動的なエピソードがあります。華歆は、三国志時代の政治家であり、孫策・孫権に仕えたのちに、曹操や曹丕など魏にも仕えた人物です。華歆は、簡潔・公正な政治を信条としています。孫権に仕えている時に、曹操から招聘されます。華歆は自分を派遣することで、曹操と友好的な誼を交わすように進言し、曹操のもとにいくのです。出発の際には、多くの賓客が見送りにきて、餞別も渡していきます。華歆は餞別に印を付けておき、いざ出発する時になると、餞別を賓客に返しており、とても義理堅い人物であることがわかります。

そんな華歆の感動的なエピソードは、逃走中の出来事のことです。華歆は数人の知人と逃走しているときに、ある人物に出会います。その人物は同行したいと申し出るのですが、華歆は反対します。しかし、知人らは賛成し、結局同行することになったのです。だが、その人物は途中で井戸に落ちてしまいます。知人らは見捨てようとするのですが、華歆は一緒に行くと決めたのだからと、その人物を助けて、結局最後まで一緒に逃げたのです。

華歆の優しさがよくわかるエピソードとなっています。一度反対した理由も、他人を巻き込みたくないという思いだったのでしょう。華歆が曹操らに重用されたのも、このように素晴らしい人物だったからでしょう。

5.曹操と農産物

三国志で魏の基礎を作った曹操にも、感動的なエピソードがあります。曹操は、軍規をとても重んじていました。そして、軍規として「農作物を踏みつけるのは斬首する」という規律を作ったのです。そのため、部下や兵士は馬を降りて、農作物を踏まないように気を付けながら進軍します。

しかし、進軍中に曹操の馬が急に暴走してしまい、農産物を踏みつけてしまいます。曹操は自分に罰を下すように命令をするのですが、側近らは罰を下すことなどできません。そこで曹操は自ら髪を切り落とし、部下の前に跪いて「これで許してくれ」と言ったのです。この姿に、部下や兵士らは感動したのです。

自分を特別視せず、しっかりと自らに罰を与える曹操の姿は感動することができます。曹操と言えば、悪役的なイメージがありますが、感動的なエピソードもあるのです。

6.まとめ

今回は、三国志の中でも感動的なエピソードについて紹介してきました。三国志と言えば、権謀術数や戦闘ばかりが注目されがちです。しかし、実は感動的なエピソードも数多くあります。人の温かみや主従の繋がり・絆などを感じることができます。感動的なエピソードから、三国志の登場人物の意外な一面がわかったりすることもあります。そのため、ぜひ三国志の人情話や感動的なエピソードにも注目してみてください。もしかしたら、感動して泣いてしまいかもしれません。

関連する投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

馬騰・馬超親子や曹操の配下として活躍し、関羽と激闘を繰り広げたホウ徳。最期まで忠誠を貫き、曹操に涙を流させたほどの名将です。ここではホウ徳の武勇と戦いの軌跡を紹介していきます。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


最新の投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


今でも使う!?三国志が元となった故事成語

今でも使う!?三国志が元となった故事成語

昔の中国でおこった出来事を元にしたことわざである「故事成語」。今でも多く使われています。これらの中には三国志中の出来事が元になったものもたくさんあります。それらを紹介していきます。