これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

三国志の魅力は何と言っても登場人物の多さです。なかでも勇猛果敢に活躍する三国志の武将には魅力を感じるものです。そこで今回は、勇猛果敢に戦った三国志の武将をピックアップして紹介していきたいと思います。


張飛

張飛ってどんな武将?

張飛は劉備(玄徳)や関羽と義兄弟となり、劉備(玄徳)のもとで活躍した武将です。張飛の勇猛さは有名であり、多くの人物から評価されています。しかし、酒癖が悪かったり、暴力的な一面があったりする武将です。とくに身分の低いものなどには暴虐だったとされています。まさに、張飛は猪突猛進型の武将と言ってもいいでしょう。ちなみに、勇猛な武将として名前が挙がる関羽は、自分よりも張飛の方が強いと言っており、いかに張飛の武勇が素晴らしいのかがわかります。

張飛の勇猛果敢なエピソード!

張飛の勇猛果敢なエピソードと言えば、長坂の戦いが挙げられます。この長坂の戦いでは、劉備(玄徳)は逃亡し、曹操軍が追撃する戦いです。曹操の追撃軍は大軍だったのですが、張飛はわずか20騎ほどで殿を務めたのです。このときに張飛は曹操軍に対し、「張益徳これにあり、死にたい奴はかかって来い」と叫びます。曹操軍は張飛の威圧感に押され、近づくことができず、劉備(玄徳)は落ち延びることができたとされているのです。勇猛果敢な張飛だからこそ、威圧感だけで退けることができたのです。

典韋

典韋ってどんな武将?

典韋は、曹操に仕えた勇猛果敢な武将です。三国志演義においては、“悪来”とあだ名をつけられている武将であり、立派な体格で人並外れた怪力の持ち主と言われています。また、非常に忠誠心が強い武将としても有名です。昼間は曹操のそばで護衛し、夜も帳の横で宿衛したとされています。曹操も典韋のことを信頼しており、典韋が亡くなると涙し、その後も典韋が戦死した場所を通るたびに弔ったとされているのです。

典韋の勇猛果敢なエピソード!

典韋の勇猛果敢なエピソードと言えば、典韋が戦死した戦いです。曹操は張繍の謀反を受けるのですが、このときに典韋は曹操を逃がすために戦って亡くなっています。敵は典韋が守っていた陣門から侵入することはできなかったとされています。しかし、他の門から敵は侵入し、多勢に囲まれるのです。それでも典韋は獅子奮迅の働きをし、数十の傷を負いながらも敵を両脇に挟んで撃殺しています。多勢に無勢なこともあり、戦死するのですが、死してなお敵は恐れるほど勇猛果敢な武将だったのです。

許チョ

許チョってどんな武将?

許チョも曹操に仕えた勇猛果敢な武将のひとりです。身長は8尺とされており、約184㎝で武勇の持ち主として有名です。曹操は許チョを信頼しており、出入りにも同行させて常に左右から離さなかったとされています。許チョも曹操を敬愛しており、曹操が亡くなると号泣して血を吐いたとまで言われているのです。その後、許チョは曹丕や曹叡にも仕えています。

許チョの勇猛果敢なエピソード!

許チョの勇猛果敢なエピソードと言えば、潼関の戦いが挙げられます。曹操軍は黄河の北岸に渡河させ、曹操や許チョら親衛隊が南岸に留まっていると馬超軍に約1万に攻撃されるのです。大量の矢が降り注ぐ中、許チョは曹操を支えて船に乗せ、曹操を矢から守りながら渡河させました。さらにその後、曹操軍と韓遂・馬超軍は単騎会談を行うことになります。この会談で馬超は曹操を殺そうと考えていたのですが、曹操は従騎として許チョは連れていました。馬超は許チョの睨みに動くことができず、曹操を襲うことができなかったのです。それだけ、許チョの武勇は有名であり、勇猛果敢な武将のひとりなのです。

太史慈

太史慈ってどんな武将?

太史慈は、孔融や孫策、孫権に仕えた勇猛果敢な武将です。弓の名手であったことで有名であり、百発百中の名手とまで言われています。太史慈の母親の面倒を孔融が見たとされており、孔融が黄巾軍の残党・管亥に攻められると、恩を返すべく太史慈は救援に向かい助けているのです。その後、劉繇に仕え、偵察任務に就くと孫策と出くわして一騎討ちを演じています。劉繇が孫策に敗れると、太史慈は孫策の誘いを受け、孫策に仕えるようになったのです。

太史慈の勇猛果敢なエピソード!

太史慈の勇猛果敢なエピソードと言えば、孔融を助けた際のエピソードです。太史慈は孔融の救援に駆けつけたが、管亥の攻撃は激しかったため、救援を劉備(玄徳)に依頼しにいきます。とは言え、管亥軍に囲まれているため、容易に救援依頼に行ける状況ではありませんでした。しかし、太史慈は城外で弓の練習を何度も行ない、敵兵が「また練習だ」と思い油断した隙に、単騎で敵の包囲網を突破して救援を依頼しにいったのです。油断させる作戦を思いつき、単騎で突破する勇猛さを持っている武将なのです。

甘寧

甘寧ってどんな武将?

甘寧は孫権に仕えた勇猛果敢な武将です。孫権に仕えるまでは、劉表の部下である黄祖に仕えていたのだが冷遇されており、甘寧は出奔して孫権に仕えるようになったのです。甘寧は「天下二分の計」を提言したとされています。また、赤壁の戦いや濡須口の戦いなどに参戦しており、数々の戦功を挙げているのです。甘寧が死去すると孫権は非常に悲しんだとされており、いかに孫権かれも信頼されていたのかがわかります。

甘寧の勇猛果敢なエピソード!

甘寧の勇猛果敢なエピソードと言えば、赤壁の戦いでのことです。このとき甘寧は、周瑜に随行して曹操を打ち破っています。さらに、曹仁への攻撃にも参加し、手勢1000人ほどで夷陵を陥落させます。しかし、曹仁の大軍に包囲されてしまったのです。数倍もの大軍の猛攻に対し、甘寧は耐え続け、平然と談笑していたとされているのです。結果、周瑜らが状況を知り、救援に駆けつけて甘寧は助かります。数倍もの大軍の猛攻に対しても怖気づくことなく、耐え続けることができる甘寧は、まさに勇猛果敢な武将のひとりでしょう。

勇猛果敢の武将の魅力!

今回は三国志に登場する人物の中でも、とくに勇猛果敢な武将を取り上げてみました。どの武将も戦場で恐れられ、活躍した武将たちです。三国志は裏での駆け引きや権謀術数も魅力ですが、男たちの熱い戦いも魅力のひとつです。今回紹介することができなかった三国志の武将のなかにも、まだまだ勇猛果敢に戦った武将が多くいます。ぜひ、三国志の登場人物の中でも、戦い抜いた勇猛果敢な武将に注目してみてください。

関連する投稿


三国志・職業軍人VS文官官僚 なぜ張飛は劉巴にシカトされてしまったのか

三国志・職業軍人VS文官官僚 なぜ張飛は劉巴にシカトされてしまったのか

武人と文人、三国志には大きく分けてこの2種類の人たちが活躍します。しかし重んじられたは文人の方だったようです。特に印象的なエピソードを交えてお伝えしていきます。


三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

よく戦は「将軍のもの」とされることが多い。そのため将軍が倒れれば部下は一気に士気は下がり、戦に負けてしまう。逆に兵が少なくても将軍の器が大きければ相手を圧倒することができる。では将軍の力が圧倒的に強かった蜀が天下を取れなかったのはなぜか。もしくは将軍の力は魏が一番強かったのか。様々な角度から検証してみよう。


三国志・英雄たちで最強のサッカーチームを作ってみよう!

三国志・英雄たちで最強のサッカーチームを作ってみよう!

今回は、三国志に登場する英雄たちから選抜して、ワールドカップでも活躍できそうなチームを編成していきたいと思います。


若者には負けん! 三国志で奮闘した“おじいさん武将”たち

若者には負けん! 三国志で奮闘した“おじいさん武将”たち

以前このコーナーで「ハイパーおじいさん」たちを紹介しましたが、武将だって負けていません。老いてますます盛んな「おじいさん武将」たちを紹介しましょう。中高年どころか熟年の星となる獅子奮迅の活躍を見せてくれますよ!


義理堅い男たち!君主に最後まで忠義を尽くした三国志の武将6選

義理堅い男たち!君主に最後まで忠義を尽くした三国志の武将6選

三国志には、さまざまなタイプの武将が登場します。呂布のように何度も裏切る武将もいれば、君主に最後まで忠義を尽くした義理堅い武将も多くいます。そこで今回は、ぜひ知っておいてほしい三国志の武将義理堅い武将たち6選を紹介していきたいと思います。


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196