義理堅い男たち!君主に最後まで忠義を尽くした三国志の武将6選

義理堅い男たち!君主に最後まで忠義を尽くした三国志の武将6選

三国志には、さまざまなタイプの武将が登場します。呂布のように何度も裏切る武将もいれば、君主に最後まで忠義を尽くした義理堅い武将も多くいます。そこで今回は、ぜひ知っておいてほしい三国志の武将義理堅い武将たち6選を紹介していきたいと思います。


関羽

三国志の義理堅い武将の筆頭格と言えば関羽ではないでしょうか。関羽は、劉備(玄徳)に仕えた武将です。関羽・劉備(玄徳)・張飛による「桃園の誓い」で有名であり、劉備(玄徳)・張飛とは義兄弟となっています。黄巾の乱では、劉備(玄徳)らとともに参戦して活躍しました。劉備(玄徳)と曹操が敵対関係となった際に、曹操による進軍を受け関羽は捕虜となっています。その後、曹操に偏将軍に任命されるも、あくまで漢王朝の臣として振り舞い、曹操の直接的な配下になることは拒否したのです。

関羽の素晴らしいところは、曹操への恩義を感じており、恩を返してから劉備(玄徳)の元に帰ろうとしたのです。実際に関羽は、顔良を打ち取ったことで恩を返すことができたと思い、劉備(玄徳)の元に駆け付けました。劉備(玄徳)への忠誠心も凄いですが、恩を受けた曹操への義理も果たしたのです。まさに、関羽は義理堅い三国志の武将ではないでしょうか。

趙雲

蜀の武将として有名な趙雲も、義理堅い武将と言えます。趙雲は蜀の五虎大将軍のひとりであり、現在でも高い人気を誇っています。そんな趙雲ですが、実は正史にはほとんど登場していません。それなのに、趙雲は多くの人に支持されているのです。支持されている理由のひとつが忠義の武将であることが挙げられます。趙雲が忠義の武将として知られているのは、長坂の戦いでの単騎駆けによりものです。

長坂の戦いでの単騎駆けは、劉備(玄徳)が劉琦を頼り、荊州を南下して移動しているときに起こりました。この移動の最中に、長坂で曹操に追い付かれたのです。劉備(玄徳)は妻子を捨てて逃走したのですが、趙雲は単騎で敵陣を駆け巡り、劉備(玄徳)の妻子を見つけ出し保護したのです。君主の妻子のために、敵陣を単騎で駆けることができるのは、忠義の武将だからこそできることでしょう。ちなみに、このとき趙雲が助けた子は阿斗であり後の劉禅です。

典韋

曹操に仕えた武将として有名な典韋も、君主に忠義を尽くした三国志の武将のひとりです。実際に、正史では典韋を「容貌は立派で、筋力は人並み外れて優れ、固い節義とおとこぎの持ち主であった。」と評しています。とても忠義心が強く、昼夜問わずほとんど曹操の側で護衛していたとされているのです。そんな典韋の最期は、まさに君主・曹操に忠義を尽くしたとわかります。

典韋の最期は、張繍による曹操への謀反で迎えることになります。曹操の隙を突いた謀反であり、曹操はなすすべなく敗れてしまいます。ここで曹操の退路を死守するために働いたのが典韋です。典韋は曹操の退路を確保するため、最期まで陣門で戦ったのです。このとき、敵軍は典韋が守っていた陣門を突破できず、他の陣門を突破したとされています。最終的には典韋は多数の敵に囲まれ、敵に突進して最期を迎えたのです。君主・曹操を逃がすために命を投げうった典韋は、まさに義理堅い忠義を尽くした武将ではないでしょうか。

司馬孚

魏の政治家であり、西普の皇族である司馬孚も義理堅い人物です。司馬孚の兄は司馬懿の弟であり、司馬師や司馬昭の叔父に当たる人物です。当初は曹操に仕え、曹操が亡くなると曹丕に仕えています。曹髦が暗殺された際には、司馬昭が太后の命として、曹髦を庶民の格式で葬儀を行おうとしました。司馬孚はこれに反対し、皇太后に上奏して王侯の格式で葬儀を行う許可を取り付けたのです。このように、権力を握った司馬家の一族でありながら、魏への忠誠心が強かったのです。

司馬孚の魏への忠誠心はこれだけではありません。司馬炎が晋の皇帝に即位して、元帝(曹奐)が金墉城へ移送される際に司馬孚は、「臣は死ぬ日まで魏の臣下で有り続けます」と元帝の手を取り涙したのです。まさに、魏に対する忠義心の塊であり、義理堅い人物であることがわかると思います。ちなみに、司馬孚は死ぬ間際には、「私は晋の皇族ではなく、魏の忠臣として死にたかった」と話したとも言われているのです。

周泰

孫策・孫権に仕えた呉の周泰も忠義を尽くす武将でした。周泰の忠誠心が見て取れるのが、12カ所の傷です。孫策が山越討伐に赴いたとき、孫権は丹陽の宣城におり、周泰も付き従っていました。孫策が討伐に赴いたことで兵力が少なくなっており、油断しているところに山越の反乱軍が襲ってきたのです。このときに、味方を鼓舞しながら奮闘したのが周泰なのです。周泰はこの戦いの際、全身12カ所もの傷を負いながらも撃退したものの、生死の境を彷徨うほどの傷を負っていました。孫権を守るため、命を賭して戦った周泰は義理堅く忠義心のある武将でしょう。ちなみに、孫権はそんな周泰を信頼しており、宴の席で周泰の服を脱がせ、傷の由来を語らせて「私が今在るのは、君のおかげだ」と感謝し厚遇しています。

高順

呂布に仕えた忠臣が高順です。高順は清廉潔白の武将であり、お酒を飲まず寡黙で贈り物さえ受け取らなかったと言われています。武将としての技量も高く、呂布軍の郝萌が反乱を起こした際にはすぐさま鎮圧しています。そんな高順ですが、呂布は能力を認めつつも警戒したのです。そのため、高順の兵を奪い魏続に与え、戦争が起きた際には高順に魏続の配下を指揮させたというのです。このように呂布に冷遇されながらも、高順は呂布に尽くします。呂布と共に曹操に捕まった際にも、命乞いや抵抗をせずに呂布に殉じています。冷遇されながらも呂布に仕え続けた高順は、やはり義理堅い忠臣ではないでしょうか。

まとめ

今回は義理堅く、忠義心のある三国志の武将を紹介してきました。紹介してきたどの武将も、忠義心の篤い武将たちとなっています。関羽は義の武将として有名ですが、他の趙雲や典韋、高順なども忠義を尽くした武将たちだったのです。三国志の武将には、二君どころか三君・四君に仕える武将も多々います。実は三国志の武将は、呂布のように何度も裏切るような武将が多いのです。しかし、今回紹介した武将たちは君主に最後まで忠義を尽くした武将たちとなっています。裏切り者から忠義心の篤いものまで、さまざまなタイプの武将がいるから、三国志は面白いのかもしれませんね。

関連する投稿


三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

蜀の猛将「関羽」と「張飛」にはそれぞれ息子たちがいました。三国志演義ではその息子たちが、父親以上の活躍を見せているのです。 「張苞」と「関興」の一騎打ちの成績に注目してみましょう。


一時代を築いた天性の策士【司馬懿】

一時代を築いた天性の策士【司馬懿】

魏の策略家として名が挙がるのは荀彧や荀攸を筆頭に大勢の文官が揃っていました。しかし、その中でも飛びぬけて出世し、後に魏を倒して晋を建国するまでに至ったのは司馬懿の功績が強かったといえます。一時代を築いた司馬懿の功績をここで紹介していきます。


三国志・袁紹配下で最強レベル「文醜と顔良」の一騎打ち対戦成績は優秀だった!

三国志・袁紹配下で最強レベル「文醜と顔良」の一騎打ち対戦成績は優秀だった!

曹操のライバル・袁紹の配下で有名な武将といえば「文醜と顔良」でしょう。果たしてどれほど強かったのでしょうか?その一騎打ちの足跡を辿ります。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】④

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】④

呂蒙の最大の見せ場となるのが、荊州攻略で関羽を撃破したことです。どの諸将でも成し遂げられなかった関羽を処罰することができたのも、呂蒙の軍略が冴えていたことに違いありません。呂蒙の荊州奪回を見ていきましょう。


官渡の戦い--天下の行方を決めた!?

官渡の戦い--天下の行方を決めた!?

中国統一を果たせなかったとは言え、曹操の魏国は中国の七割を支配しました。その途中で最大の敵となったのは北方の名門袁紹一族でした。曹操と袁紹の一大決戦「官渡の戦い」。狭義では官渡の地での決戦のみを示しますが、広義では曹操と袁紹の戦い一連を表します。ここでは広義の「官渡の戦い」を見ていきます。


最新の投稿


徐州--三国志前半の激戦区

徐州--三国志前半の激戦区

三国志演義、序盤から数々の見せ場があります。その中で印象深いものの一つが曹操による徐州での大虐殺でしょう。父親を殺された曹操が復讐のために徐州に攻め入り、劉備がわずかの援軍を率いてやってくる。二人の対称的な姿が映し出されます。その後、呂布や袁術が絡んできて、複雑な人間模様が描かれます。では、正史の徐州での攻防はどのようなものだったのでしょうか?


諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

あなたは蒋琬(公琰)と費韋(文偉)をご存知でしょうか?この2名はあまり有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が亡くなるほんの数日前に「あなたの後は誰に任せたらよいか?」という質問に諸葛亮(孔明)が挙げた2名です。 本記事では諸葛亮(孔明)という天才に後を託された2名について説明します。


ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

三国志に登場する人物はカッコイイですが、実は失敗も多いです。ダメ上司が多くおり、反面教師にすることができます。そこで今回は、魏・呉・蜀のダメ上司を紹介していきたいと思います。ぜひ、反面教師にしてみてください。


三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

蜀の猛将「関羽」と「張飛」にはそれぞれ息子たちがいました。三国志演義ではその息子たちが、父親以上の活躍を見せているのです。 「張苞」と「関興」の一騎打ちの成績に注目してみましょう。


三国志巡りの旅行へ!舞台となった土地は今!?

三国志巡りの旅行へ!舞台となった土地は今!?

三国志が中国を舞台にしている物語なのは理解している人も多いですが、実際の舞台となった土地を見に行った人は少ないでしょう。 そこで今回は三国志の舞台になった土地が現在どうなっているのか、現在の状況を紹介します。