義理堅い男たち!君主に最後まで忠義を尽くした三国志の武将6選

義理堅い男たち!君主に最後まで忠義を尽くした三国志の武将6選

三国志には、さまざまなタイプの武将が登場します。呂布のように何度も裏切る武将もいれば、君主に最後まで忠義を尽くした義理堅い武将も多くいます。そこで今回は、ぜひ知っておいてほしい三国志の武将義理堅い武将たち6選を紹介していきたいと思います。


関羽

三国志の義理堅い武将の筆頭格と言えば関羽ではないでしょうか。関羽は、劉備(玄徳)に仕えた武将です。関羽・劉備(玄徳)・張飛による「桃園の誓い」で有名であり、劉備(玄徳)・張飛とは義兄弟となっています。黄巾の乱では、劉備(玄徳)らとともに参戦して活躍しました。劉備(玄徳)と曹操が敵対関係となった際に、曹操による進軍を受け関羽は捕虜となっています。その後、曹操に偏将軍に任命されるも、あくまで漢王朝の臣として振り舞い、曹操の直接的な配下になることは拒否したのです。

関羽の素晴らしいところは、曹操への恩義を感じており、恩を返してから劉備(玄徳)の元に帰ろうとしたのです。実際に関羽は、顔良を打ち取ったことで恩を返すことができたと思い、劉備(玄徳)の元に駆け付けました。劉備(玄徳)への忠誠心も凄いですが、恩を受けた曹操への義理も果たしたのです。まさに、関羽は義理堅い三国志の武将ではないでしょうか。

趙雲

蜀の武将として有名な趙雲も、義理堅い武将と言えます。趙雲は蜀の五虎大将軍のひとりであり、現在でも高い人気を誇っています。そんな趙雲ですが、実は正史にはほとんど登場していません。それなのに、趙雲は多くの人に支持されているのです。支持されている理由のひとつが忠義の武将であることが挙げられます。趙雲が忠義の武将として知られているのは、長坂の戦いでの単騎駆けによりものです。

長坂の戦いでの単騎駆けは、劉備(玄徳)が劉琦を頼り、荊州を南下して移動しているときに起こりました。この移動の最中に、長坂で曹操に追い付かれたのです。劉備(玄徳)は妻子を捨てて逃走したのですが、趙雲は単騎で敵陣を駆け巡り、劉備(玄徳)の妻子を見つけ出し保護したのです。君主の妻子のために、敵陣を単騎で駆けることができるのは、忠義の武将だからこそできることでしょう。ちなみに、このとき趙雲が助けた子は阿斗であり後の劉禅です。

典韋

曹操に仕えた武将として有名な典韋も、君主に忠義を尽くした三国志の武将のひとりです。実際に、正史では典韋を「容貌は立派で、筋力は人並み外れて優れ、固い節義とおとこぎの持ち主であった。」と評しています。とても忠義心が強く、昼夜問わずほとんど曹操の側で護衛していたとされているのです。そんな典韋の最期は、まさに君主・曹操に忠義を尽くしたとわかります。

典韋の最期は、張繍による曹操への謀反で迎えることになります。曹操の隙を突いた謀反であり、曹操はなすすべなく敗れてしまいます。ここで曹操の退路を死守するために働いたのが典韋です。典韋は曹操の退路を確保するため、最期まで陣門で戦ったのです。このとき、敵軍は典韋が守っていた陣門を突破できず、他の陣門を突破したとされています。最終的には典韋は多数の敵に囲まれ、敵に突進して最期を迎えたのです。君主・曹操を逃がすために命を投げうった典韋は、まさに義理堅い忠義を尽くした武将ではないでしょうか。

司馬孚

魏の政治家であり、西普の皇族である司馬孚も義理堅い人物です。司馬孚の兄は司馬懿の弟であり、司馬師や司馬昭の叔父に当たる人物です。当初は曹操に仕え、曹操が亡くなると曹丕に仕えています。曹髦が暗殺された際には、司馬昭が太后の命として、曹髦を庶民の格式で葬儀を行おうとしました。司馬孚はこれに反対し、皇太后に上奏して王侯の格式で葬儀を行う許可を取り付けたのです。このように、権力を握った司馬家の一族でありながら、魏への忠誠心が強かったのです。

司馬孚の魏への忠誠心はこれだけではありません。司馬炎が晋の皇帝に即位して、元帝(曹奐)が金墉城へ移送される際に司馬孚は、「臣は死ぬ日まで魏の臣下で有り続けます」と元帝の手を取り涙したのです。まさに、魏に対する忠義心の塊であり、義理堅い人物であることがわかると思います。ちなみに、司馬孚は死ぬ間際には、「私は晋の皇族ではなく、魏の忠臣として死にたかった」と話したとも言われているのです。

周泰

孫策・孫権に仕えた呉の周泰も忠義を尽くす武将でした。周泰の忠誠心が見て取れるのが、12カ所の傷です。孫策が山越討伐に赴いたとき、孫権は丹陽の宣城におり、周泰も付き従っていました。孫策が討伐に赴いたことで兵力が少なくなっており、油断しているところに山越の反乱軍が襲ってきたのです。このときに、味方を鼓舞しながら奮闘したのが周泰なのです。周泰はこの戦いの際、全身12カ所もの傷を負いながらも撃退したものの、生死の境を彷徨うほどの傷を負っていました。孫権を守るため、命を賭して戦った周泰は義理堅く忠義心のある武将でしょう。ちなみに、孫権はそんな周泰を信頼しており、宴の席で周泰の服を脱がせ、傷の由来を語らせて「私が今在るのは、君のおかげだ」と感謝し厚遇しています。

高順

呂布に仕えた忠臣が高順です。高順は清廉潔白の武将であり、お酒を飲まず寡黙で贈り物さえ受け取らなかったと言われています。武将としての技量も高く、呂布軍の郝萌が反乱を起こした際にはすぐさま鎮圧しています。そんな高順ですが、呂布は能力を認めつつも警戒したのです。そのため、高順の兵を奪い魏続に与え、戦争が起きた際には高順に魏続の配下を指揮させたというのです。このように呂布に冷遇されながらも、高順は呂布に尽くします。呂布と共に曹操に捕まった際にも、命乞いや抵抗をせずに呂布に殉じています。冷遇されながらも呂布に仕え続けた高順は、やはり義理堅い忠臣ではないでしょうか。

まとめ

今回は義理堅く、忠義心のある三国志の武将を紹介してきました。紹介してきたどの武将も、忠義心の篤い武将たちとなっています。関羽は義の武将として有名ですが、他の趙雲や典韋、高順なども忠義を尽くした武将たちだったのです。三国志の武将には、二君どころか三君・四君に仕える武将も多々います。実は三国志の武将は、呂布のように何度も裏切るような武将が多いのです。しかし、今回紹介した武将たちは君主に最後まで忠義を尽くした武将たちとなっています。裏切り者から忠義心の篤いものまで、さまざまなタイプの武将がいるから、三国志は面白いのかもしれませんね。

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

馬騰・馬超親子や曹操の配下として活躍し、関羽と激闘を繰り広げたホウ徳。最期まで忠誠を貫き、曹操に涙を流させたほどの名将です。ここではホウ徳の武勇と戦いの軌跡を紹介していきます。


最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?