これを知っていたら三国志通!有名なあだ名~武将篇~

これを知っていたら三国志通!有名なあだ名~武将篇~

三国志を知る上で重要になってくるのは戦いなどの流れと個々の武将のエピソードを知ることです。そして三国志をより楽しみたいという人は後者のエピソードを探ることをお勧めします。中にはあだ名がついている武将がいるので「なぜそのあだ名になったのか」「あだ名をつけた人は誰なのか」というのを抑えるとより楽しむことができます。


曹操(孟徳)の初代ボディーガード典韋のあだ名~悪来~

曹操(孟徳)の初代ボディーガード典韋のあだ名~悪来~

曹操(孟徳)の初代ボディーガード典韋のあだ名~悪来~

曹操(孟徳)の初代ボディーガードである典韋は野蛮な上怪力でした。しかし恩に熱く、一度「こうやる」と決めたらとことん尽くすタイプで、そういった面が曹操(孟徳)に気に入られたのでしょう。
彼がにらみを利かせていたから曹操(孟徳)に手を出す輩がいなかったというエピソードもあるくらいインパクトのあるボディーガードでした。
そんな典韋には「悪来」というあだ名がありました。昔紂王に仕えた蜚廉(ひれん)の子が怪力で足が速かったため同じあだ名を与えたのです。
ちなみに元祖悪来は人の悪口をよく言っていたためそういったあだ名がつけられました。
しかし怪力な部分が似ているだけであって元祖悪来と違い忠誠心にあふれる典韋は非の打ちどころのないボディーガードでした。
典韋は曹操(孟徳)を敵から守り殺されたわけですが、刀や矛が彼の体を貫いても倒れなかったようです。まるで武蔵坊弁慶の最後のような形で亡くなったわけですが、日本人としたら曹操(孟徳)と典韋を源義経と武蔵坊弁慶のように見えるかもしれません。
あだ名は悪来でしたが怪力面しか似ておらず、曹操(孟徳)にとってはなくてはならない人物と言えるでしょう。

曹操(孟徳)の二代目ボディーガード許褚(仲康)のあだ名~虎痴~

曹操(孟徳)の二代目ボディーガード許褚(仲康)のあだ名~虎痴~

曹操(孟徳)の二代目ボディーガード許褚(仲康)のあだ名~虎痴~

典韋亡き後曹操(孟徳)のボディーガードを務めたのが許褚(仲康)です。彼は典韋に匹敵するほどの怪力で牛の尻尾をつかんで引きずることができたというエピソードがあります。
さらに典韋同様、曹操(孟徳)に対しての忠誠心が高く、曹操(孟徳)及び魏にとってなくてはならない存在でした。
そんな許褚(仲康)ですが、頭の方は弱く、虎痴というあだ名が付けられていました。
しかも中国読みで「許褚」と「虎痴」という発音が似ているようで、多くの人から「虎痴」が名前だと思われていたという位浸透していたあだ名でした。
もしかしたら許褚(仲康)がいなければ曹操(孟徳)は討たれていたかもしれないという見方は多く、たとえ「虎痴」だろうが、大役を全うしたことは言うまでもありません。

曹操(孟徳)をあと一歩のところまで追い込んだ馬超(孟起)のあだ名~錦馬超~

曹操(孟徳)をあと一歩のところまで追い込んだ馬超(孟起)のあだ名~錦馬超~

曹操(孟徳)をあと一歩のところまで追い込んだ馬超(孟起)のあだ名~錦馬超~

三国志でもトップクラスの武力を誇った馬超(孟起)は一族を曹操(孟徳)に討たれて以降、敵討ちに生涯をかけたといってもいいでしょう。圧倒的に不利な状況にも関わらず潼関・渭水の戦いでは曹操(孟徳)をあと一歩のところまで追い込むなど、力はもちろん執念も一級品でした。
ちなみにこの戦いで馬超(孟起)の前に立ちはだかったのは先に挙げた許褚(仲康)です。
そんな馬超(孟起)についたあだ名が錦馬超です。強さに加え美しさも兼ねそろえていた馬超(孟起)を感嘆する意味で使われました。
馬超(孟起)は最終的に劉備軍に加わり曹操(孟徳)を討とうとします。関羽(雲長)や張飛(翼徳)らとともに五虎将軍と称されましたが劉備軍に入ってからは目覚ましい活躍をすることはありませんでした。
とはいえ「錦馬超」が劉備軍にいることで曹操(孟徳)は脅威を感じていたことでしょう。

もはや語ることが多すぎる武将関羽(雲長)のあだ名~美髯公~

もはや語ることが多すぎる武将関羽(雲長)のあだ名~美髯公~

もはや語ることが多すぎる武将関羽(雲長)のあだ名~美髯公~

三国志の中心人物の一人である関羽(雲長)のエピソードはありすぎるのでここではあまり触れませんが、彼の出で立ちについて少し紹介したいと思います。
三国志関連の漫画やゲーム、映画は多いですが関羽(雲長)はまず間違いなく立派な髭を生やしています。それは彼が髭を生やしていたという事実を物語っているわけですが、それもそのはず、関羽(雲長)のあだ名が美髯公だったからです。
あまりにも立派な髭だったためそういうあだ名が付けられたわけですが、その他にも「髭殿」というあだ名もありました。日本語に訳すと「髭のおっちゃん」という感じですが、敬意を称していることは間違いありません。
敵国からしてみたら立派な髭を見るのも恐ろしかったのではないでしょうか。

大きく化けた男呂蒙(子明)のあだ名~呉下の阿蒙~

大きく化けた男呂蒙(子明)のあだ名~呉下の阿蒙~

大きく化けた男呂蒙(子明)のあだ名~呉下の阿蒙~

どうしようもないやんちゃだった子が大人になって大成するというケースはありますが、三国志で一番そうなったのは呉の呂蒙(子明)ではないでしょうか。彼は言ってみればヤンキーという感じだったのですが孫権(仲謀)に気に入られ呉の将軍となりました。
そしてある時孫権(仲謀)から部下を扱うのに本でも読まなければだめだと言われて以降文学にも励むようになりました。
元々武力に定評があった呂蒙(子明)でしたが、それ以降文学にも励むようになりいろいろな兵法を覚えるように成長します。そしてある時呉の軍師魯粛(子敬)が呂蒙(子明)を訪れた際、計略の指南を受けるまで知略を得るようになっていました。
※ちなみに魯粛(子敬)は周瑜(公瑾)の後継者と言われるほどの軍師で、赤壁の戦いでも劉備軍と孫権軍の橋渡しをする超重要なポジションについていたほどです。
その際に魯粛(子敬)は呂蒙(子明)のことをもう「呉下の阿蒙じゃないんだな」と言いました。
阿とは中国でOOちゃんを指し、日本語でいうともう呉でやんちゃしていた蒙ちゃんじゃないんだなと言った感じです。
成長した後に過去の「呉下の阿蒙」というあだ名が付けられた感がありますが、要は呂蒙(子明)に対して成長したなという親しみを込めたあだ名です。
そしてこの呂蒙(子明)は関羽(雲長)を策略で討ってしまったのです。それにより均衡されていた三国の関係が一気に崩れたのですが、それだけで彼の凄さが分かるのではないでしょうか。

とにかくやばい奴、甘寧(興覇)のあだ名~鈴の甘寧~

とにかくやばい奴、甘寧(興覇)のあだ名~鈴の甘寧~

とにかくやばい奴、甘寧(興覇)のあだ名~鈴の甘寧~

上記で呂蒙(子明)がヤンキー上がりという話をしましたが、この甘寧(興覇)も似たような若者でした。不良仲間を集めて徒党を組み、好き勝手やっていたのです。彼の凄いところは地方の長官だろうと自分たちの縄張り内で好き勝手やっていたら手下を使って財産を奪わせるなど上に媚びない精神を持っていたことです。
そんな甘寧(興覇)は常に鈴を携えていました。民衆はその音を聞くだけで甘寧一派が来たと恐れていたことから「鈴の甘寧」と呼ぶようになりました。普通なら近寄りたくないものですがそんな甘寧(興覇)を家臣にしたのが孫権(仲謀)です。甘寧(興覇)を扱えるものなど誰もいないと思いきや呂蒙(子明)同様「呉にとっていなくてはいけない存在」とまで成長させてしまったのです。
レッドクリフで中村獅童が演じていた甘興は間違いなくこの甘寧(興覇)です。とんでもなく粗暴で厄介な者でも仲間にするとこれほど頼もしい人物はいないかもしれません。

まとめ

まとめ

まとめ

武将のあだ名についてまとめてみましたがいかがでしたか?あだ名を知ることでその人物の特徴をつかめるだけでなく、あだ名ができたエピソードなどを知るとより深く三国志が分かるような気がします。
さらに呂蒙(子明)、甘寧(興覇)などを家臣として迎えた孫権(仲謀)の器の広さや、曹操(孟徳)はいいボディーガードに恵まれたという事まで派生して理解することができます。
より多くの武将のあだ名を知ることでいろんな角度から三国志を楽しむことができると思うのでいろいろ探ってみてください。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志の人材コレクター!曹操が集めた魏の武将たち

群雄割拠の三国時代において、抜きんでた兵力を誇った魏の国。その礎となったのは、「人材コレクター」の異名を持つ曹操孟徳が集めた、優れた武将たちの働きでした。曹操は優秀な人材なら出自を問わず重用し後の蜀の皇帝・劉備(玄徳)の腹心である関羽まで手に入れようとしたほどです。そんな曹操のもとに集った腹心たちをご紹介します!


女性目線から見た「関雲長」曹操と関羽

関羽、男として魅力的。義の人、一騎当千。曹操、悪党のイメージ強いです(泣)。策略家、女好き、等関羽に比べあまり印象が良くないです。この二人を主人公にした映画から、曹操の片思いに重点を置いて観てみようというこの企画。宜しかったら最後までお付きお願いします。


三国志 ー司馬懿の逆襲、そして晋へー

曹操に強引に出仕させられたのに、天才的な才能を警戒され重職に就けなかった司馬懿。今、司馬懿の逆襲が始まる。そして晋へ。


三国一のお酒好き!?画期的な酒造法を広めた曹操孟徳と日本酒の意外な関係

お酒に縁の深い三国武将と聞いて、真っ先に浮かぶのは誰ですか?『三国志演義』でお酒に関する失敗が多く描かれている張飛益徳?それとも宴会が大好きだったという呉の孫権仲謀?いえいえ、それより縁が深いのは、魏の君主・曹操孟徳なのです。今回は彼と日本酒の意外な関係や、お酒にまつわるエピソードなどをご紹介いたしますね!


曹家の系譜 ~中国統一の夢ならず~

曹操と5人の魏の皇帝をご紹介します。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。