赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


演義での赤壁の戦い

演義では袁紹ら袁一族を滅ぼし、華北を制圧した曹操がいよいよ江南を征服しようと南下してきます。その最初の障害になるであろう荊州の劉表は病死し、後継ぎである劉琮は戦わずに曹操に降伏します。劉表の客将であった劉備(玄徳)は曹操軍の追撃を張飛・趙雲らの奮戦で辛くも振り切り、劉表の遺児である劉琦のいる夏口へ逃げのびます。江東の孫権は曹操軍から降伏勧告を突きつけられ、どうするか迷っていると、劉備(玄徳)の軍師である諸葛亮を魯粛が連れてきます。諸葛亮によって、孫権とその軍師である周瑜が説得されて孫権軍は劉備(玄徳)軍と手を結び曹操軍と戦うことになります。
80万の曹操軍に対し、孫権軍は10万足らず、諸葛亮と周瑜は知恵を振り絞って曹操軍との戦略を練ります。その結果
1.偽書を利用して、曹操軍の水軍提督である蔡瑁・張允を罠に嵌めて謀殺 by 周瑜
2.悪天候と船を利用して、曹操軍から10万本の矢を強奪 by 諸葛亮
3.宿将である黄蓋を鞭打ちの刑にし、曹操に信じさせ、偽装降伏をさせる(苦肉の計) by 周瑜
4.曹操軍の船を鎖で繋がせ、一箇所にまとめさせる(連環の計) by 龐統
5.祭壇で祈り、火計に必須の東南の風を呼び寄せる by 諸葛亮
と何重にも策を積み重ねて曹操軍との決戦に挑みます。

戦いの結果

最終的に苦肉の計で偽装降伏をした黄蓋が、連環の計によって一まとめにされた曹操軍の船団に向かって火矢を放ち曹操全軍は火につつまれます。そして、呉軍の甘寧・太史慈に追われ、荊州の方へ向かってほうほうの体で逃げていきます。呉軍からなんとか逃げたと思いきや、続いて劉備(玄徳)軍の趙雲、そして張飛にも追われ、味方は次々と討ち取られていきます。そして、最後にもうこれ以上は動けないと、体力の限界が来たところで関羽軍に出会います。曹操の絶体絶命の危機でしたが、関羽は以前、曹操が自分や劉備(玄徳)の奥方を厚遇してくれたことを思い出し、曹操を切ることが出来ず見逃します。曹操は命からがら一族の曹仁たちが守る荊州へ逃げることが出来ました。一方、関羽は曹操を見逃したということで諸葛亮に処刑を宣告されますが、劉備(玄徳)のとりなしで事なきを得ます。

孫権軍の方針

正史の赤壁の戦いでも開戦に至るまでの大まかな流れは共通しています。華北を制圧した曹操が、荊州の劉琮を降伏させ、劉備は江夏へ脱出します。曹操は大軍を孫権に見せつけます。それによって孫権軍は抗戦論と降伏論で2つに別れます。当時の孫権は会稽郡の太守に過ぎず、揚州の刺史として全体を支配していたわけではありません。にも関わらず、その孫権を武力で脅したということは、南方で孫権が相当の実力を持っていたということでしょう。
抗戦派の筆頭は将軍である魯粛でした。魯粛はまず、周瑜を呼び寄せて共に孫権に抗戦を説きます。説得内容は演義とほぼ同じです。
「曹操軍は水上での戦いに慣れていません。こちらの地方の気候にも慣れていないでしょうから、疲れて病気になる兵士も増えるでしょう。また、水軍の主力である旧荊州軍や兵の大半を占める、旧袁紹軍は曹操に仕えて日が浅く、団結力があるとは思えません。」
周瑜が孫権の説得のキーマンになったのは演義と同じですが、正史では周瑜は最初からガチの抗戦派でした。
続いて魯粛は劉表の弔問という名目で、曹操軍と戦い続けてきた荊州の劉備(玄徳)の元へ出向きます。劉備(玄徳)も孫権と同盟を結んで曹操に対抗しようと考えていたので、両者の思惑は一致しました。そして魯粛は、劉備(玄徳)の軍師である諸葛亮を伴って孫権の元へ帰ります。孫権と劉備(玄徳)は同盟を結び曹操と対抗することになったのです。
残念ながら、名シーンの一つである孫権が机をぶった切って
「これより先、降伏を唱えたものはこの机と同じ運命になる」
と宣言するのは演義のオリジナルです。

合戦の推移

孫権・劉備(玄徳)連合軍の中心となった将軍は周瑜・程普・劉備(玄徳)です。古参である程普は周瑜を若造と侮って最初は関係が良くなかったようですが、周瑜の人間の大きさに打たれて協力するようになりました。この辺りは、演義で黄蓋が周瑜に反抗する(演技をする)ことのモデルになっているのかもしれません。
一方、曹操軍は周瑜が見破った通り、風土の違いに悩まされ、疫病が流行っていました。そして、連環の計はありませんでしたが、曹操軍の船は密集しておりました。それを見た黄蓋が周瑜に火計で船を焼き払うことを進言します。そして、偽装投降を曹操に対して仕掛け、強風の中で燃やした船を突撃させ、曹操軍の船団を焼き尽くします。周瑜・劉備(玄徳)は水陸両面から、曹操軍を追撃し、散々に打ち破りました。曹操軍は荊州の南郡まで退却しました。そして、曹操は曹仁・楽進らに荊州を任せると自分は北方の都へ帰っていきました。
その後、周瑜・劉備(玄徳)に荊州の南部を攻め落とされ、曹操の荊州支配も北部までのものとなります。

曹操軍が敗退した原因は?

正史は人物を基準に書く「本紀」「列伝」で成り立っています。赤壁の戦いは大勢の者が関わっていた出来事ですので、様々な人物の視点から書かれております。そのため、多くのことが記載され必ずしも、全部が矛盾しないということはありません。それを踏まえて赤壁の戦いを読んでいきます。
曹操軍の最大の敗因は「疫病」です。慣れない土地、慣れない水上ということで体調を崩す者が出てもおかしくありません。衛生観念や医療技術の発展していない当時のことですから、それが大勢に広まってしまうことも十分にありえます。
続いての敗因は周瑜率いる孫権軍の水軍の質の高さです。
「周瑜が船で素早く長江を渡り、夜襲を仕掛けた」
「黄蓋が火のついた船を曹操軍の船団に突っ込ませた」
「周瑜が水陸両方から曹操軍を追撃した」
などなど、周瑜の軍勢が非常に質の高い戦い方をしています。周瑜は孫権に
「曹操軍は曹操に仕えて日が浅く、全体がまとまっていない」
進言しましたが、孫権軍はまさにその逆でした。ちなみに、演義で孫権軍として活躍する太史慈は既にこの時、死亡しており、闞沢はまだ孫権に仕えておりません。正史では周瑜・魯粛・程普・黄蓋が中心です。

演義では、火計が全ての決め手で、それを決めるために様々な準備をしましたが、正史での赤壁の戦いにおいては、火計はあくまで曹操の敗因の一つで、それ以外にもたくさんの負ける要素がありました。様々な要素が絡み合って決着がつく、大規模な戦争になればなるほどそうなっていくようです。

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?