史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】③

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】③

呂蒙は周瑜亡き後、重鎮として成り上がっていきます。そんな中、孫権と劉備(玄徳)が再度手を組んで曹操と対決するようになっていきます。呂蒙は合肥や濡須口での戦いで曹操軍と死闘を演じていきます。呂蒙の魏との決戦や呉でも評価を得ていた人柄をみていきましょう。


合肥の戦いで孫権を守り抜く

劉備(玄徳)と孫権が共同戦線を張ることで、曹操へのプレッシャーとなっていきます。現に曹操は漢中へと進軍を検討しているとき、呉と対峙することになる合肥に張遼・李典・楽進を配しています。この3名は魏においても主力の将軍たちであり、戦力を割いてまでも孫権へのけん制を怠っていなかったといえます。ただし、3名に与えられた兵はわずか7,000名ほどであり、しかもこの3将軍は仲違いをしていました。

もとより呂布の武将だった張遼は、李典の親族を殺害している経緯もあるなど、お互いを敵視しているほどでした。曹操は念のために目付け役の監視として信頼をおく役人の薛悌を残していきます。

孫権は曹操が西方へと進軍したのを受けて、10万もの大軍で北上し、合肥に侵攻していきます。当然ながら合肥では籠城策が取られ、本国からの援軍を待とうという気配が成り立っていきます。

このとき、呉軍には楽勝で安堵の思いが漂っていました。逆に殺気立っていた合肥城では、目付け役の薛悌からすでに預かっていたという曹操の命令書を開封していました。そこには、張遼と李典は城から迎撃し、楽進は薛悌を守って戦ってはならないと記されていました。

7千対10万という桁違いの戦力差に打って出るという選択は意外ですが、張遼は曹操の意図を汲み、ここで自分たちが退いたら西方の進軍も危ぶみ、本国も助からないとして、決心を促します。過去のいきさつを忘れて一丸となった3将軍は、団結して孫権に立ち向かう決意を固めます。

猛将・張遼の前に大苦戦

合肥城に近づくにつれて、呉の将兵には楽観モードとなっていました。さすがの呂蒙や呉の将軍たちも、この戦力差では打って出ることはないだろうと推測してしまいます。張遼は出鼻をくじくために、決死隊を募り、800名を集めました。兵たちに肉と酒を振る舞い、明け方に自ら先頭となって呉の大軍めがけて突撃をしていきます。


いきなりの突撃に呉は大混乱になってしまいます。だれもが優勢のときには命を惜しんで必死に戦おうとしませんが、逆の立場になると、生きて帰るにはとにかく目前の敵を一人でも切りつけるほかありません。怯みきった呉の大軍は、張遼たちを包囲しますが、それを抑えることができずにいました。

呉の武将である陳武が討ち死に、徐盛が重傷を負い、呉軍は張遼に突破されていきます。張遼は孫権の本陣にたどり着き、呂蒙たちは決死となって陣の立て直しに躍起となってしまいます。孫権は自ら武器を持って応戦しますが、張遼が近づくと慌てて退散しています。

張遼は目立つ格好をした将を見つけますが、それが孫権とは気づかずに取り逃がしてしまいました。この張遼の猛攻撃にさすがの孫権たちも後退せざるを得ず、張遼は意気揚々と引き揚げていきました。

これで士気が上がった合肥城に対し、孫権陣営は意気消沈してしまいます。孫権は合肥城を包囲し、力攻めで落とそうと試みます。しかし、今度は懸命に守り抜き、孫権陣営に疫病が流行しだしたことを受け、開戦から10日後に撤退を決意しています。

孫権は退却時、なぜか殿の位置にまで来ていました。よほど悔しかったといえます。張遼はこの機をおいて呉軍を追い詰めようと、追撃していきます。孫権を守るのは1000名ばかりの近衛兵と呂蒙や甘寧、凌統といった歴戦の将軍たちでした。

呂蒙は張遼軍を凌ぎますが、勢いは抑えきれず、孫権は退路の橋も焼かれていました。たちまち追いつかれそうになりますが、呂蒙や凌統らが身を挺して守り抜き、孫権が愛馬とともに谷を飛び越えて何とか脱出することに成功しています。

濡須口の戦いで曹操軍を破る

漢中を支配した曹操は、夏侯淵や張コウに後を任せ、孫権討伐のために一旦帰参します。曹操は許昌で体制を整え、217年に自ら大軍を率いて濡須に進出しました。先の戦いで功績のあった張遼を筆頭に、今度は逆の立場で戦うこととなっています。

曹操軍の急襲を受けて、孫権は慌てて軍を編成します。しかし、間に合わずに曹操軍の圧勝に終わり、濡須口まで進出されてしまいます。この間に孫権は呂蒙を総大将として迎え打たせます。曹操は軍のみではなく、東の山越族まで動かし、孫権をけん制していきます。

この計略は成功したかに見えましたが、まだ若き陸遜によって、山越族は撃退されています。曹操軍の先鋒隊が到着すると、そこには張遼の姿がありました。先の戦いでその恐ろしさをまざまざと見せつけられた呉軍でしたが、今度は呂蒙が作戦として保塁の上に強力な弩兵を1万構えており、一斉射撃をすることで張遼を防いでいます。

天候が大雨にとなり、大軍を率いている曹操は進撃するか否かで悩みますが、即座に退却を決断しています。これは雨による疫病の心配と、呂蒙に出鼻をくじかれたので、他の計略を警戒していることが挙げられます。

呂蒙はこの雨で曹操の本陣が退却していることに気付き、先鋒隊めがけて突撃をしていきます。しかし、事前に曹操の決断を把握していた張遼らによって追撃することが叶いませんでした。この戦いを経て、孫権は一時曹操と手を組み、降伏の意思を示しています。これは荊州奪取の算段でもありました。

仲間を思いやり、礼節を重んじた呂蒙

呂蒙は自らが出世することもあって、時にはあらぬ理由で密告されることもありました。孫権の耳にそれが入り、問いただされますが、一向に気に留めず、逆に仕事熱心だった密告者を取り立てて太守に推薦する気配りも見せています。たとえ自分の不利に陥ることがあっても、呉のためなら一向に気に留めない呂蒙の器の大きさに感嘆したといいます。

また、孫権軍において甘寧と凌統の険悪さは問題となっていました。呂蒙は間に入って仲裁することがあり、特に甘寧にいたっては家族ぐるみの付き合いをしていました。甘寧は粗暴を働き、しばしば孫権から怒られることがあったといいますが、そのたびに呂蒙が間に入ったので、甘寧は頭が上がらなかったといえます。

魯粛の後継者となって関羽と激突していく

呉の大都督を歴任していた魯粛が亡くなると、呂蒙が推薦されます。孫権は学者の厳畯を陸口に赴任させようとしていましたが、自ら辞退したこと経緯もあり、呂蒙の名を挙げます。もとより魯粛は自らの後任として呂蒙を挙げていたといいます。呂蒙は魯粛の将兵を自らの配下とし、1万の軍を独自で持つことになりました。

劉備(玄徳)穏健派の魯粛が亡くなったことを受け、事態は急速に変化していきます。呂蒙は荊州の関羽に照準を定め、計略を練っていくことになります。

関連するキーワード


呂蒙 周瑜 孫権

関連する投稿


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?