三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

凄まじい勢いで、江東を制圧していった「孫策」。しかし、相手も備えは充分です。もちろんそんな簡単にはいきませんでした。奪った拠点を奪還されたりもしているのです。


袁術に冷遇される孫策

「小覇王」の異名も持つ、孫策、字は伯符。
揚州呉郡の生まれで、黄巾の乱の鎮圧や反董卓連合で大活躍をした孫堅の息子になります。武勇に優れていた孫堅は多くの手柄をあげますが、192年に荊州の劉表を攻めて、37歳の若さで戦死してしまいます。
20歳に満たない孫策は、父の遺骸を葬った後、袁術の配下として活躍することになります。

袁術は孫策の活躍ぶりを見て、「私に孫策のような息子がいれば」と感心しており、孫策は若武者ながらかなり高い評価を得ていたことがわかります。
しかしその才能を恐れたからなのか、功績をあげる孫策に対し、袁術は九江郡や盧江郡の太守にするという約束を反故してきました。(このような若者をいきなり太守に任命することが本当にあるのか疑問はあります)
いいようにこき使われていたのが、この時の孫策だったわけです。成果を出しても昇進できない不当な扱いに反発し、孫策は独立を考えるようになります。

揚州を巡る袁術と劉繇の争い

孫策にとって幸運だったのは、袁術は多くの勢力と揉めていたために、武功をあげるチャンスがいくらでもあったということです。
袁術は揚州の寿春を本拠地としていましたが、揚州の正式な刺史は劉繇でした。劉繇は寿春から離れた長江以南の曲阿を本拠地として、長年に渡り袁術に抵抗しています。
袁術は曲阿のある丹陽郡で影響力のある呉景(孫策の叔父)や孫賁(孫策の従弟)と通じて、劉繇にプレッシャーをかけますが、劉繇は張英や樊能、于麋を用いて守りを固めました。
袁術は、長江に築かれた横江津、当利口という劉繇の拠点を突破することができずに、1年もの間、対峙することになります。

孫策軍結成

劉繇に対抗するために、袁術は孫策を出陣させることを決めます。孫策がしきりに親類である呉景・孫賁の援軍となることを希望してきたからです。
それでも袁術は孫策に千の兵士か与えませんでした。軍馬はわずかに数十頭です。
あまりに小さな援軍でしたが、メンバーは豪華です。父の代から仕えていた歴戦の勇・黄蓋、程普、韓当、朱治などが孫策を支えます。

さらに長江を渡る直前の歴陽では朋友である周瑜が、孫策の陣営に加わっています。
他にも周泰、蒋欽、凌操、陳武といった猛者たちが孫策の配下となり、兵の数は5000人を突破するほどまでに膨れ上がっています。
それだけ孫策の武勇は鳴り響いており、人望もあったということでしょう。

躊躇なく劉繇の重要拠点・牛渚を攻める

歴陽で待つ叔父の呉景と合流した孫策は、すぐに劉繇攻めを開始します。
孫策の優れている点は、とにかく行動に移せるところです。判断も早く、迅速です。
長江を渡り、1年かけても陥落できなかった横江津(樊能と于麋が守将)、当利口(張英が守将)を攻略。さらに劉繇軍の兵糧や武器を貯蔵している牛渚を落としました。

三国志演義では、于麋が孫策に一騎打ちを申し出ますが、あっさりと捕獲されてしまいます。于麋を救出しようと樊能は孫策を背後から襲い掛かりますが、大喝されて落馬し亡くなりました。于麋を抱きかかえたまま帰陣した孫策は、いつの間にか于麋を絞め殺していたことに気が付きます。恐るべき孫策の武勇です。

袁術相手には善戦していた劉繇でしたが、相手が孫策に代わった途端、あっという間に崩されてしまったのです。劉繇は牛渚を放棄して本拠地の曲阿へ退きます。

笮融は孫策相手に抵抗

牛渚を占領した孫策は、曲阿を攻める前に、秣陵へ進軍しました。秣陵には劉繇に与する下邳国の相・笮融が陣を構えていたのです。しかし笮融も孫策の勢いを止めることができず、配下500の首を討たれ、城に退却。籠城戦に切り替えることになります。
兵の少ない孫策は攻城戦では思ったような成果が出せません。そこで孫策は再び長江を渡り、彭城国の相・薛礼を攻めました。(薛礼は陶謙の圧迫を受けて徐州を追い出され、秣陵近くに拠点を置いていたようです)
当然にように対抗できない薛礼は逃げ惑うだけです。

しかし、ここで時間ができました。この隙に劉繇は、孫策に占拠された牛渚を奪還することに成功します。笮融の抵抗が、劉繇の反撃の機会を作ったのです。
孫策にしてみたら、こっちを潰せばあっち、あっちを潰せばこっちというように、ゲリラ戦でかき回されています。兵が少ないために、拠点を維持できないのです。
いつまでも抵抗を続ける劉繇や笮融に対し、なかなか厄介な相手だと感じたことでしょう。

孫策ついに負傷する

劉繇に牛渚を奪われた孫策はすぐさま転戦、休む暇など与えずに一気に牛渚を攻めて再び陥落させました。この時、孫策は劉繇の兵一万を捕虜としています。
それでも孫策は休みません。また、秣陵を攻めるのです。籠城する笮融は、牛渚がまたも陥落したことで士気が低下していましたが、必死に抵抗を続けました。
やがて、放った矢が孫策に突き刺さります。
孫策の父である孫堅も同じように陣頭に立って兵を鼓舞し、戦死しています。

孫策が矢傷で死亡したという情報が流れました。
笮融は好機到来と見て、城から出撃し、孫策軍に襲い掛かります。孫策を失った将兵は耐えられずに逃亡し始めました。
笮融は喜々として追撃します。しかし、これは城から笮融をおびき出す罠だったのです。孫策は死んではいませんでした。
伏兵に破れ、笮融は大敗し、落ち延びていきます。

まとめ・曲阿を得る

その後、孫策は本格的に劉繇の本拠地である曲阿を攻めることになります。そして、運命の相手、太史慈に出会うことになるのです。孫策は太史慈と一騎打ちの死闘を演じました。
果たして孫策の矢傷は癒えていたのでしょうか。
ちなみに太史慈は劉繇が敗れて曲阿を去った後も、山越族と手を結んで、孫策に対しゲリラ戦を挑んでいます。しかし、捕まることとなり、孫策はその縄を切って太史慈に協力を願い出ました。
太史慈は約束の日までに劉繇の残兵をまとめてくることを提案。孫策はそれを許し、太史慈はその約束を果たして、兵を引き連れて戻ってきました。
こうして孫策兵力を増強し、呉郡や会稽郡をまたたくまに制圧し、大きな勢力となることに成功するのです。

袁術が皇帝を自称した際には、手切れすることで、孫策は江東の地で独立していきます。

「目標を達成するために徹底的に行動に移せる」「どんな妨害にもくじけずにチャレンジを続ける」孫策から学ぶことは、現代のビジネスマンには多いのかもしれません。

関連するキーワード


孫策 孫堅 袁術 劉繇

関連する投稿


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

三国志の中でも魏と蜀という強敵相手に対等に戦った武将というのは数少ないものです。その中でも呂蒙は孫策や孫権、周瑜のもとで功績を挙げていき、ついには大都督にまで登りつめました。そんな呂蒙の軌跡をみていきましょう。


周瑜(公瑾)の才能と周りの人物が凄すぎる件

周瑜(公瑾)の才能と周りの人物が凄すぎる件

赤壁の戦いで大都督として孫権軍、劉備軍を率いた周瑜(公瑾)とはどういう男だったのだろうか。彼の能力、周りの人物、エピソードなどから彼の生涯についてみていきたいと思います。周瑜(公瑾)を知ると諸葛亮(孔明)に引けを取らない人物だったと思うかもしれません。


三国志演義に描かれた周瑜(公瑾) 諸葛亮(孔明)に惜しまれたその才能

三国志演義に描かれた周瑜(公瑾) 諸葛亮(孔明)に惜しまれたその才能

呉の水軍大都督であった周瑜(公瑾)。赤壁の戦いでは劉備軍と連合して曹操(孟徳)の巨大水軍を壊滅させるなど、その実力は随一。駆け引きにおいても常に曹操(孟徳)より上手を行く知力の持ち主でした。華々しい活躍を見せた英雄でしたが36歳でこの世を去ってしまいます。


実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

荊州を支配した劉表は、三国志演義では優柔不断で頼りない印象を受け、劉備や孫策の引き立て役になっていました。しかし、三国時代には激戦区となる荊州を、存命中に実効支配していたのは劉表の影響力が強かったからといえます。そんな劉表の凄さをみていきましょう。


結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

呉の主要人物である孫堅ですが、孫権に隠れてしまっているということもあり、あまり有名ではありません。なおかつエピソードもあまり聞きません。今回はそんな孫堅について紹介します。


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196