男が惚れる豪傑・太史慈(子義)の魅力

男が惚れる豪傑・太史慈(子義)の魅力

三国志でも最強の一人と謳われた太史慈子義は特に弓の名手として名を馳せていました。彼の武勇伝や生きざまは見事としか言いようがなく、三国志ファンの中で一番好きという人も少なくありません。そんな太史慈子義の魅力について紹介します。


とんでもない弓の名手

太史慈(子義)は身の丈が七尺七寸(約177センチ)という高身長で三国志の中でも相当強いとされている武将の一人です。呂布(奉先)とまではいかないまでも、関羽(雲長)、張飛(翼徳)に匹敵するのではないかというほどの戦闘力がありました。その中でも最も得意とされていたのが弓矢です。太史慈(子義)は超がつくほどの弓の名手で弓を扱えば百発百中と言われているほどでした。
その中でも最も有名なエピソードは砦の上から太史慈(子義)に対して挑発した賊に向けられた矢です。諸説様々ありますが、一説ではその族が手を掴んでいた木ごと射貫いたことがあると言われています。
それほど矢の名手だったので敵としてみたら距離を置いても驚異と考えるほかなかったことだと思います。距離をとっても矢で射られる、近くで戦っても武力があって斬られてしまう。そんな太史慈(子義)とは戦いたくないと思った武将が多かったことでしょう。

太史慈(子義)が名を馳せた訳

太史慈(子義)が名を馳せたのは自分の母親の面倒を見てくれた孔融(文挙)が黄巾賊の残党に責められた時です。彼の恩に報いるため救援に向かいました。その際に場外で弓の練習をして敵兵から注目を集めるようになったのです。しかし毎日弓の練習しかしない為敵からしてみたら「今日も練習をしているのだろう」と思う訳です。そして相手が油断しているところに単騎で乗り込み敵陣を突破することが出来ました。その後劉備(玄徳)に救援要請し、敵軍を倒すことに成功したのです。
この一連の流れは彼にただ単に弓が凄いだけという考えられ方から作戦をきちんと立て単騎で斬り込むことが出来るということを証明しました。
その際の実力と武勇がいわば都市伝説化し、彼の武力が三国随一だと思われたのでしょう。

孫策(伯符)とのバトル

太史慈(子義)のバトルにおいて切っても切り離せないのが孫策(伯符)との一騎打ちです。偵察任務を行っていた際に孫策(伯符)にばったりと出くわしてしまい、一騎打ちを挑みました。本来孫策(伯符)は総大将という立場なので一騎打ちを受ける訳がないと思われていました。しかし腕っぷしに自信がある孫策(伯符)は一騎打ちで負け時のデメリットも考えず一騎打ちを果たしてしまったのでした。お互い武力が強く結局勝負はつきませんでした。
三国志でよく一騎打ちをしたという話はよく聞きますが、実際に一騎打ちをしたという記述は正史にはあまりありません。しかし太史慈(子義)と孫策(伯符)の一騎打ちは実際行われていたとされています。
このレア中のレアな戦いは後の三国志において大きな影響を表すことになったと言っても過言ではないでしょう。

孫策(伯符)に仕える

孫策(伯符)と一騎打ちを行った太史慈(子義)はその後自ら小さな軍閥を作ることになります。しかし小さい軍だったのですぐに捉えられてしまいました。その軍を捉えたのが孫策(伯符)の軍でした。孫策(伯符)は太史慈(子義)と一騎打ちをしたことを覚えており、「あの時自分があなた(=太史慈(子義))に捕らえられていたら同じことをしていただろう」と言ってなんと太史慈(子義)の縄をほどいてしまったのです。
この時の孫策(伯符)の行動はあっぱれというしかありませんが、太史慈(子義)も彼の心意気に惚れ孫策(伯符)に忠誠を誓うのでした。
太史慈(子義)はどんな些細なことでも受けた恩は必ず返すという清々しい男だったので人望もありました。そんな太史慈(子義)だから孫策(伯符)もすぐに彼を将軍に任命し、兵を預けることが出来たのです。

孫権(仲謀)に仕える

さて、この太史慈(子義)ですが、あまりにも評判が良かったため曹操(孟徳)がヘッドハンティングしようと手紙を送るほどでした。しかし孫策(伯符)亡き後も呉の総大将である孫権(仲謀)に仕え主に南方の抑えとしてなくてはならない存在として君臨していたのです。
戦闘力が突出していて、人望があり、忠誠心も問題ない。こんな条件を兼ねそろえた人物はなかなかいなかったことでしょう。孫策(伯符)が孫権(仲謀)に対して残した最高の軍師が周瑜(公瑾)であるのであれば同じく最強の将軍は太史慈(子義)と言えるかもしれません。
受けた恩義を返すためなら命を捨てるという精神は男でも惚れてしまうことでしょう。

正史と三国志演義の違い

さて、正史と三国志演義には大きな違いがあることをご存知でしょうか?三国志演義は小説なのでいろいろな事が誇張して書かれている面が多くあります。そしてこの太史慈(子義)についても正史と三国志演義には違いがいくつかあります。その中でも決定的な違いは赤壁の戦いの際の記述です。
太史慈(子義)が亡くなったのは206年とされています。つまり208年に赤壁の戦いが勃発した際にはもうすでにこの世にいないということになります。しかし、三国志演義では赤壁の戦いで大いに活躍したとされています。
赤壁の戦いの翌年、合肥の戦いで張遼と闘い、そこで傷を負い死去しています。これは日本の吉川英治が手掛けた小説『三国志』でも同じように書かれていますが正史とは違うのです。
恐らく太史慈(子義)が生きていたらという想像で赤壁の戦いを表したく、さらに死に際も太史慈(子義)に匹敵する戦闘力の持ち主張遼(分遠)にやられるのがベストな引き際だと思われたのではないでしょうか?
いずれにせよ死に際を変えたくなるほど魅力のある将軍だったということだと思います。彼は41歳でなくなりましたが、もしもうちょっと生き延びていて赤壁の戦いに参加し、合肥の戦いにも出陣したとなれば持ち前の弓能力で張遼(文遠)を射貫いていた可能性もあります。そうなれば歴史は大きく動き三国を統一していたのは呉だったのかもしれませんね。

まとめ

以上太史慈(子義)についてまとめましたが彼の生き様が伝わったでしょうか?恩を必ず返す。それも10倍にしてという感じで是非とも部下にしたいこと間違いなしですよね。こういった恩義に対し命を懸けて返すほどの忠誠心というのはいつ見ても気持ちのいいものです。
この記事を読んでいただき、「三国志の将軍の中で太史慈(子義)が一番好き!」という人が一人でも増えたら大変うれしく思います。

関連するキーワード


太史慈 後漢 孫策

関連する投稿


呂布(奉先)の方天画戟は高機能兵器だった

呂布(奉先)の方天画戟は高機能兵器だった

三国志で呂布(奉先)は「陣中の呂布、馬中の赤兎」と噂され、一人で一国一城を陥落させることのできると恐れられた武将です。彼には赤兎馬と言われる名馬がありましたが、もうひとつ彼の活躍を助けたのは方天画戟という高機能兵器の存在です。


三国武将。意外な人物同士の共通点

三国武将。意外な人物同士の共通点

三国志正史には900人以上の人物が登場し、三国志演義にも400人を超える人物が描かれています。それだけ多くの人物が登場すると共通点をもっている人物もたくさん出てきます。意外な共通点をもつ人物に気づくと、三国志をもっと楽しく読めるかも知れません。


強い漢ばかりではない!派手な活躍もせずに、残念な死を遂げた武将3選

強い漢ばかりではない!派手な活躍もせずに、残念な死を遂げた武将3選

三国志の歴史の中には様々な武将がいます。知恵のある武将から一人で戦況を変えてしまうような武将まで、多くの憧れるような武将たちがいました。しかし、その中には、あっという間に死んでいった武将たちもいます。すべての武将がかっこいい最期を遂げていったわけではなく、残念な最期を迎えた武将を紹介します。


後は頼んだ・・・英雄たちの遺言

後は頼んだ・・・英雄たちの遺言

英雄であろうと覇者であろうと人間である以上、必ず死は訪れます。彼らは最期の瞬間に何を思ったのでしょうか?2000年前から伝わる英雄たちの最期の言葉を取り上げてみました。また、この遺言、演義と正史の差があまりありません。なので、「この言葉知っている」ということも多いと思います。


呉の国の英雄孫策とは!?

呉の国の英雄孫策とは!?

三国の一つ呉の国の土台を築いたのは、皇帝孫権の兄孫策です。小覇王と称されたくらいですから、楚の国の英雄だった覇王項羽なみの武勇を誇っていたのでしょう。ですが、それだけで国を興すことは出来ません。果たして一国を築き上げた孫策とはどのような人物だったのでしょう。


最新の投稿


三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

曹操を烈火の如く激怒させた「陳琳」の「檄文」。あまりの名作のために「文選」にも編纂されています。今回は文選や檄文についてお伝えしていきます。


「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

三国志には「南船北馬」という言葉があります。これはいったいどういう意味でしょうか。三国志は戦の歴史でもあり、多くは騎馬による一騎打ちや戦争の描写が多く見られます。なかでも名のある武将が駆る名馬たちは、その名を歴史に残しているのです。


赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

劉備は陶謙から徐州牧の座を譲られます。そして味方だった袁術に攻められ、敵だった曹操を頼ることになるのです。なぜそのようなことになったのでしょうか。


諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


https://sangokushirs.com/articles/196