男が惚れる豪傑・太史慈(子義)の魅力

男が惚れる豪傑・太史慈(子義)の魅力

三国志でも最強の一人と謳われた太史慈子義は特に弓の名手として名を馳せていました。彼の武勇伝や生きざまは見事としか言いようがなく、三国志ファンの中で一番好きという人も少なくありません。そんな太史慈子義の魅力について紹介します。


とんでもない弓の名手

太史慈(子義)は身の丈が七尺七寸(約177センチ)という高身長で三国志の中でも相当強いとされている武将の一人です。呂布(奉先)とまではいかないまでも、関羽(雲長)、張飛(翼徳)に匹敵するのではないかというほどの戦闘力がありました。その中でも最も得意とされていたのが弓矢です。太史慈(子義)は超がつくほどの弓の名手で弓を扱えば百発百中と言われているほどでした。
その中でも最も有名なエピソードは砦の上から太史慈(子義)に対して挑発した賊に向けられた矢です。諸説様々ありますが、一説ではその族が手を掴んでいた木ごと射貫いたことがあると言われています。
それほど矢の名手だったので敵としてみたら距離を置いても驚異と考えるほかなかったことだと思います。距離をとっても矢で射られる、近くで戦っても武力があって斬られてしまう。そんな太史慈(子義)とは戦いたくないと思った武将が多かったことでしょう。

太史慈(子義)が名を馳せた訳

太史慈(子義)が名を馳せたのは自分の母親の面倒を見てくれた孔融(文挙)が黄巾賊の残党に責められた時です。彼の恩に報いるため救援に向かいました。その際に場外で弓の練習をして敵兵から注目を集めるようになったのです。しかし毎日弓の練習しかしない為敵からしてみたら「今日も練習をしているのだろう」と思う訳です。そして相手が油断しているところに単騎で乗り込み敵陣を突破することが出来ました。その後劉備(玄徳)に救援要請し、敵軍を倒すことに成功したのです。
この一連の流れは彼にただ単に弓が凄いだけという考えられ方から作戦をきちんと立て単騎で斬り込むことが出来るということを証明しました。
その際の実力と武勇がいわば都市伝説化し、彼の武力が三国随一だと思われたのでしょう。

孫策(伯符)とのバトル

太史慈(子義)のバトルにおいて切っても切り離せないのが孫策(伯符)との一騎打ちです。偵察任務を行っていた際に孫策(伯符)にばったりと出くわしてしまい、一騎打ちを挑みました。本来孫策(伯符)は総大将という立場なので一騎打ちを受ける訳がないと思われていました。しかし腕っぷしに自信がある孫策(伯符)は一騎打ちで負け時のデメリットも考えず一騎打ちを果たしてしまったのでした。お互い武力が強く結局勝負はつきませんでした。
三国志でよく一騎打ちをしたという話はよく聞きますが、実際に一騎打ちをしたという記述は正史にはあまりありません。しかし太史慈(子義)と孫策(伯符)の一騎打ちは実際行われていたとされています。
このレア中のレアな戦いは後の三国志において大きな影響を表すことになったと言っても過言ではないでしょう。

孫策(伯符)に仕える

孫策(伯符)と一騎打ちを行った太史慈(子義)はその後自ら小さな軍閥を作ることになります。しかし小さい軍だったのですぐに捉えられてしまいました。その軍を捉えたのが孫策(伯符)の軍でした。孫策(伯符)は太史慈(子義)と一騎打ちをしたことを覚えており、「あの時自分があなた(=太史慈(子義))に捕らえられていたら同じことをしていただろう」と言ってなんと太史慈(子義)の縄をほどいてしまったのです。
この時の孫策(伯符)の行動はあっぱれというしかありませんが、太史慈(子義)も彼の心意気に惚れ孫策(伯符)に忠誠を誓うのでした。
太史慈(子義)はどんな些細なことでも受けた恩は必ず返すという清々しい男だったので人望もありました。そんな太史慈(子義)だから孫策(伯符)もすぐに彼を将軍に任命し、兵を預けることが出来たのです。

孫権(仲謀)に仕える

さて、この太史慈(子義)ですが、あまりにも評判が良かったため曹操(孟徳)がヘッドハンティングしようと手紙を送るほどでした。しかし孫策(伯符)亡き後も呉の総大将である孫権(仲謀)に仕え主に南方の抑えとしてなくてはならない存在として君臨していたのです。
戦闘力が突出していて、人望があり、忠誠心も問題ない。こんな条件を兼ねそろえた人物はなかなかいなかったことでしょう。孫策(伯符)が孫権(仲謀)に対して残した最高の軍師が周瑜(公瑾)であるのであれば同じく最強の将軍は太史慈(子義)と言えるかもしれません。
受けた恩義を返すためなら命を捨てるという精神は男でも惚れてしまうことでしょう。

正史と三国志演義の違い

さて、正史と三国志演義には大きな違いがあることをご存知でしょうか?三国志演義は小説なのでいろいろな事が誇張して書かれている面が多くあります。そしてこの太史慈(子義)についても正史と三国志演義には違いがいくつかあります。その中でも決定的な違いは赤壁の戦いの際の記述です。
太史慈(子義)が亡くなったのは206年とされています。つまり208年に赤壁の戦いが勃発した際にはもうすでにこの世にいないということになります。しかし、三国志演義では赤壁の戦いで大いに活躍したとされています。
赤壁の戦いの翌年、合肥の戦いで張遼と闘い、そこで傷を負い死去しています。これは日本の吉川英治が手掛けた小説『三国志』でも同じように書かれていますが正史とは違うのです。
恐らく太史慈(子義)が生きていたらという想像で赤壁の戦いを表したく、さらに死に際も太史慈(子義)に匹敵する戦闘力の持ち主張遼(分遠)にやられるのがベストな引き際だと思われたのではないでしょうか?
いずれにせよ死に際を変えたくなるほど魅力のある将軍だったということだと思います。彼は41歳でなくなりましたが、もしもうちょっと生き延びていて赤壁の戦いに参加し、合肥の戦いにも出陣したとなれば持ち前の弓能力で張遼(文遠)を射貫いていた可能性もあります。そうなれば歴史は大きく動き三国を統一していたのは呉だったのかもしれませんね。

まとめ

以上太史慈(子義)についてまとめましたが彼の生き様が伝わったでしょうか?恩を必ず返す。それも10倍にしてという感じで是非とも部下にしたいこと間違いなしですよね。こういった恩義に対し命を懸けて返すほどの忠誠心というのはいつ見ても気持ちのいいものです。
この記事を読んでいただき、「三国志の将軍の中で太史慈(子義)が一番好き!」という人が一人でも増えたら大変うれしく思います。

関連するキーワード


太史慈 後漢 孫策

関連する投稿


超ド迫力!演義と正史から捉える白熱の一騎打ちベスト5

超ド迫力!演義と正史から捉える白熱の一騎打ちベスト5

三国志の花形といえば何と言っても武将と武将の一騎打ち。何万人という兵を率いている武将同士が先頭切って戦い、刀を交えているシーンを思い、ワクワクする人も多いかと思います。そんな中、これぞ最高の一騎打ちというものを、正史、演義両方から考察し挙げていきます。


三国志武将の中で総合力ナンバー1は俺だ

三国志武将の中で総合力ナンバー1は俺だ

三国志で最強の武将と言ったら呂布、最高の軍師と言ったら諸葛亮とあげる人は多いのではないでしょうか。しかし彼らは武なら武、文なら文という感じで呂布(奉先)は忠誠心や人望に欠け、諸葛(孔明)は、武はからっきしでした。ここでは総合力で一番優れた人物は誰かと言うところに注目していきたいと思います。


三国志・もしも小覇王「孫策」が暗殺されていなかったら曹操はどう動いたのか考察

三国志・もしも小覇王「孫策」が暗殺されていなかったら曹操はどう動いたのか考察

200年に暗殺された「孫策」がもしも生きていたら、曹操は危機的状況に陥っていたことでしょう。はたしてそうなったときに曹操はどのような手を打ったのでしょうか。


三国時代に隠れた「後漢皇族の氷河期」をちょっとラフにご紹介

三国時代に隠れた「後漢皇族の氷河期」をちょっとラフにご紹介

三国志は、後漢皇族のいい加減な政治によって始まったものです。しかし、その皇帝たちの出来事は陰に隠れがち。黄巾の乱から陽人戦の間に起きた「十常侍の乱」以降も、どうなったのでしょうか?「黄巾の乱」で活躍した何進とその妹は、なぜ十常侍の乱に関わっているのでしょうか?また、黄巾の乱は三国志演義ベースで紹介しています。


三国志・大将である孫策と一騎打ちで引き分けた太史慈の信義

三国志・大将である孫策と一騎打ちで引き分けた太史慈の信義

呉の武将の中でも歴代トップクラスの武勇の持ち主が太史慈です。孫策と一騎打ちを演じ、引き分けたところから孫策に従うようになります。信義に篤い名将・太史慈をご紹介しましょう。


最新の投稿


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志の登場人物の中でもっとも「口の悪い」ことで有名な「禰衡(でいこう)」と、その禰衡に高評価されていた二人についてお伝えします。


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

曹操の妻として曹丕や曹植を産んだ「卞夫人」。彼女と、彼女以外で曹操の正室となった女性を紹介していきます。


https://sangokushirs.com/articles/196