三国志武将の中で総合力ナンバー1は俺だ

三国志武将の中で総合力ナンバー1は俺だ

三国志で最強の武将と言ったら呂布、最高の軍師と言ったら諸葛亮とあげる人は多いのではないでしょうか。しかし彼らは武なら武、文なら文という感じで呂布(奉先)は忠誠心や人望に欠け、諸葛(孔明)は、武はからっきしでした。ここでは総合力で一番優れた人物は誰かと言うところに注目していきたいと思います。


曹操にとってなくてはならない特攻隊長 楽進

曹操(孟徳)の周りには許褚(仲康)や李典と言った優れたボディーガードがいました。そのため、楽進(文謙)そこまで目立つ存在というわけでは無かったと言えます。

しかし楽進は常に相手に突っ込んでいく精神を持っていたので曹操軍団の切り込み隊長として全軍の士気を上げる事が出来たというのは間違いないでしょう。矢が飛び交う中迷わず飛び込む武将がいてくれたら「俺も、俺も!」と続くので、楽進の存在は曹操(孟徳)にとって貴重な存在と言えました。

楽進はそれだけの忠誠心があった上、戦闘力、知力、統率力はかなり高かったので野球で言うと走攻守揃った一番バッターと言えたでしょう。そして周りとの連携もよく取れていて人望もあったので最終的に右将軍にまで昇進したのです。
家柄もよくなく小柄でしたが楽進には根性があったのだと思います。

曹操の従兄弟の中で最もバランスのとれた 曹仁

曹操の従兄弟と言ったら夏侯惇(元譲)や夏侯淵(妙才)と言った武力に優れた派手な人物らが真っ先に名を上げられることでしょう。そして曹仁(子考)は曹家であるため曹操(孟徳)の兄弟や子供と勘違いされることもありますが、実は夏侯惇(元譲)達同様曹操(孟徳)の従弟(いとこ)です。

曹仁は気性は荒く大人達からは嫌われていました。そのため家督は曹仁ではなく弟の曹純が継いだ訳ですが、その反面曹操(孟徳)とはウマが合いました。腕っ節も強く弓術、馬術に優れていたため狩猟の腕前はプロ級と言われていたほどです。

上のものからはあまり理解されなかった曹仁(子考)ですが、忠誠心はもちろんのこと下からの人望もありました。さらに知力も夏侯惇(元譲)らよりあったとされているためバランスのとれた武将と言えるでしょう。

派手な従兄弟に囲まれた曹操(孟徳)ですが、その中でも曹仁(子考)は唯一無二の存在といっても過言ではありません。なぜなら、息子の曹丕や曹植に対して「お前達も曹仁(子考)のようになれ」と言わしめたくらいで、そこからも曹仁の総合力の高さが伺えるのではないでしょうか。

魏国最大のピンチを救った男張遼(文遠)

三国志で最強な武将は?という問いに、真っ先に挙げられるのは呂布ではないでしょうか。そして10番以内に声があげられそうなのが張遼(文遠)(もしかしたら5番以内に彼の名前を挙げる人もいるかもしれません)です。しかしこの張遼(文遠)は戦闘力が高いだけではなく、統率力、忠誠心も相当なものでした。
合肥の戦いで孫権軍に攻め込まれた曹操軍は敗色濃厚でした。しかし張遼(文遠)が先頭になり魏を守りきりました。難攻不落の張遼(文遠)に対して攻めていた孫権軍が恐れ慄いたくらいです。その後、呉の民にとって張遼(文遠)に恐怖を感じたため悪さをする子供に対して「遼来遼来」(日本でいうなまはげが来たぞと言う感じでしょう)と言われるほどでした。
そんな張遼(文遠)ですが何も戦闘力が高かっただけという訳ではありません。君主が何度か変わったにも関わらず曹操(孟徳)への忠誠心は高く、さらにそれ以上に人望があったので彼の軍は他の軍以上に連携が高く一枚岩となっていました。

小覇王の異名は伊達ではない。孫策(伯符)の存在感は別格

親譲りの戦闘能力に加えそれ以上の人望を兼ねそろえた孫策(伯符)は小覇王という異名が付けられたほどの逸材でした。さらに知力、統率力に優れ孫堅(文台)が「コイツがいれば俺がいつ死んでも孫家は安泰だ」と言わせるほどでした。(そんなことを口にしてしまうから孫堅(文台)がすぐに亡くなってしまったというのは笑えない冗談になってしまいましたが)
驚きは総大将という立場にもかかわらず、「三国志で最強の一人」と謳われる武将、太史慈(子義)と一騎打ちしてしまうのです。勝った時のメリットは確かにありますが、それ以上に負けた時のデメリットが多いこの戦いをしてしまう度胸も見事です。戦闘力の自信の表れとも取れますが、それ以上に彼の場合「財力の乏しい自分が力を誇示すれば周りがついてくる」という頭もあったに違いありません。
結局その戦いでは決着がつきませんでしたが、その後太史慈(子義)は彼の男気に惚れ配下となり、呉になくてはならない武将となりました。まさに圧巻としか言いようのない孫策(伯符)はオールマイティーな将軍と言えたでしょう。

周瑜の才能は諸葛亮孔明をも凌駕する?

諸葛(孔明)の最大のライバルとして多々挙げられる周瑜(公瑾)ですが、諸葛(孔明)と違い戦闘力の高さにも定評がありました。そういった意味では総合力では諸葛(孔明)をはるかに上回っていたと言えるでしょう。
さらに酒を飲んでいても演奏の間違いに気づくほど音楽の才能にもあふれていました。容姿端麗で家柄もよく、幼馴染の孫策(伯符)その弟である孫権(仲謀)にとってなくてはならない存在だったのは言うまでもありません。
もしかしたら周瑜(公瑾)は自分のライバルを周瑜(公瑾)ではなく孫策(伯符)という天才と見ていたかもしれません。そうして二人が切磋琢磨し合い、お互いがお互いを高めていったのかもしれません。

蜀の武将としては異質な総合力の持ち主趙雲(子龍)

劉備(玄徳)、関羽(雲長)、張飛(翼徳)、諸葛(孔明)と言ったまさに一点突破的な能力の持ち主が多い蜀にして唯一高い総合力を兼ねそろえていたのが趙雲(子龍)と言えるでしょう。
戦闘力の高さはもちろんのこと、忠誠心が高く、統率力、人望、知力にも富んでいました。
軍の司令官である諸葛(孔明)にとっては古参の関羽(雲長)、張飛(翼徳)に対してより趙雲(子龍)に対して指示を出しやすかったのでさらにありがたい存在だったことでしょう。
『三国志』の「趙雲伝」では簡潔にしか書かれていませんが他の正史には彼の記述は多く、そこからも彼の活躍は後世に残したい!という意志が伝わってきます。
趙雲(子龍)が一番好きという三国志ファンは少なくなく、彼の功績は多大な物だったと言えるでしょう。

まとめ

総合力の高い武将を挙げましたがいかがでしたか?趙雲(子龍)は知力も優れていたのか?とか、周瑜(公瑾)の戦闘力は実は高かったのかということが分かってもらえれば幸いです。
現代でも同じように文武両道の人より文が飛び切り優れている、逆に武において一番である、という人の方がインパクトは強いです。しかし、秀才の人が「実はあの人はスポーツもできるんだよ」とか、トップアスリートが「あの人は博士号も持っている」となったらやはり見方は変わりますよね。
三国時代でもすべてを兼ねそろえていた武将に対し意を払いたいと思い特に総合力の高いと思った武将を挙げさせてもらいました。

関連する投稿


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】① 

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】① 

呉で最も貢献した武将といえば「周瑜」「魯粛」「呂蒙」「陸遜」の四都督が挙げられます。中でも孫権が皇帝として即位できたのは、長い期間呉のために貢献してきた陸遜の力が最も大きいといえます。そんな陸遜の功績をここで解説していきます。


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

215年、曹操(孟徳)は張魯(公祺)が治める漢中の平定に成功しました。劉備(玄徳)の統治が始まったばかりの蜀にとっては大いなる脅威となりました。曹操軍の実力も去ることながら、劉備(玄徳)が統治して日の浅い蜀は人的結束力にまだまだ不安があったからです。漢中平定に成功し日の出の勢いの曹操軍。蜀に攻め込んで来るのは明白。ついに、諸葛亮(孔明)が「切り札」を投入します。


張昭・張紘--江東の二張

張昭・張紘--江東の二張

孫策・孫権の江東軍において軍事の頭脳は周瑜・魯粛・諸葛瑾など数多く挙げられますが、内政の頭脳といえる人物は張昭・張紘の二名が真っ先に挙げられるでしょう。江東の二張と呼ばれるこの二人、どういう人物だったのでしょうか


孫権(仲謀)が赤壁大戦開戦前に激昂した真意

孫権(仲謀)が赤壁大戦開戦前に激昂した真意

赤壁大戦開戦前、孫呉は抗戦するか降伏するかでもめにもめていました。そんなとき、諸葛亮(孔明)による舌先三寸によって周瑜(公瑾)と孫権(仲謀)は激昂し、開戦に踏み切ります。本記事では若き呉の棟梁孫権(仲謀)が激昂した真意について解説しましょう。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。