三国志・もしも小覇王「孫策」が暗殺されていなかったら曹操はどう動いたのか考察

三国志・もしも小覇王「孫策」が暗殺されていなかったら曹操はどう動いたのか考察

200年に暗殺された「孫策」がもしも生きていたら、曹操は危機的状況に陥っていたことでしょう。はたしてそうなったときに曹操はどのような手を打ったのでしょうか。


孫策の最期

200年といえば河北の覇者である「袁紹」と、献帝を保護した「曹操」が黄河を挟んで激突を繰り返していた時期にあたります。曹操が袁紹を破った「官渡の戦い」はこの年の10月のことです。

小覇王の異名で人気のある「孫策」は江東を制圧しており、曹操はこれを手なずけようと考え、孫家との間に政略結婚を行っています。友好関係を結びつつも、孫策は曹操が袁紹と対峙している隙を突いて許都へ侵攻、献帝の身柄を確保する準備を進めていきます。さすがの曹操も袁紹と孫策を同時に相手にする余裕はなかったでしょう。孫策がこのまま許都に侵攻していたら、はたして曹操はどのような対応をしたのでしょうか。

実際の歴史ではこの200年には、孫策は許都へ侵攻する直前に刺客に襲撃されて負傷し、その傷がもとで亡くなってしまうのですが、「もし、孫策が生きていたら、曹操はこの危機に対して、どう対処したのか」について今回は考察していきます。

曹操が袁紹自慢の二将を討ち取った白馬・延津の戦い

200年4月に孫策は暗殺される形でこの世を去るわけですが、時を同じくして、北では袁紹軍10万と曹操軍1万が激突しています。
「白馬・延津の戦い」です。
黎陽に本陣を置いた袁紹は、先鋒の顔良の部隊を渡河させて白馬を攻めます。曹操は白馬より40km上流にある延津から渡河して黎陽を突く陽動を行い、敵の注意を引きつけてから、一気に白馬を囲む顔良を攻めて討ち取ります。袁紹は次の先鋒に文醜を指名し、延津を攻めさせ、退却する曹操を追撃しますが、伏兵によって文醜もまた戦死しました。

このように寡兵ながら曹操は陽動と機動力を駆使して何とか袁紹と互角の戦いをしていくことになります。もし、このタイミングで南から孫策が許都を狙って動いたら曹操はどうしたでしょう。

誰を孫策にぶつけるのか

一番の脅威は何といっても大軍を率いる袁紹です。ここに対しては、やはり曹操自身が指揮しない限り活路は見いだせません。「官渡の戦い」では曹操が敵の兵糧庫である烏巣を襲撃し、奇跡の大逆転劇を演じています。曹操がいなければ袁紹に押しつぶされてしまうことは明白です。そうなると誰を南から侵攻してくる孫策にぶつけるのかということになります。軍師・参謀役としては荀彧がいます。しかし武勇に優れる孫策の勢いを止めることは至難の業です。曹操がいれば臨機応変に対応できるのでしょうが、曹操は完全に北に縛られています。

夏侯惇・夏侯淵・曹仁・曹洪といった生え抜きの勇将がいますが、孫策の陣営にも孫策の他に周瑜や太史慈、黄蓋、程普、韓当という布陣ですから、なかなか厳しい戦いになるでしょう。そもそもそこまでの武将を南に割くことは難しい状態です。袁紹のプレッシャーが凄いからです。実際に官渡に引いて防戦一方になった曹操はさらに戦線を下げるべきか悩んでいます。ここで退いていたら曹操はきっと滅んでいたことでしょう。絶対に退かずに堪えるよう進言したのが荀彧です。

もはやあの人しかいないのでは

つまり曹操軍は総動員態勢でようやく袁紹の猛攻を堪えていたことになります。張遼や徐晃、楽進といった猛将も死に物狂いで戦っていたことでしょう。この状況で孫策に対抗できる人物といえばあの人しかいないのではないでしょうか。
「関羽雲長」です。
この時点では関羽は曹操の客将のような立場です。曹操への借りを返すべく白馬で顔良を討っています。三国志演義では文醜を討ったのも関羽の手柄になっていますね。しかし関羽は袁紹の陣営に劉備がいることを知り、曹操のもとを去ることになります。

整理してみましょう。200年4月の時点で、袁紹に対しては曹操が直接兵を率いて対峙。さらに南の孫策に備えて関羽を向かわせるという戦略です。総司令官は荀彧あたりかなと思いますね。実際に戦うのは関羽です。「孫策VS関羽」という幻の戦いが実現することになりますね。

果たしてどちらかが勝つのか

史実では200年7月には劉備が曹操の後背を突く形で汝南に現れますが、曹仁に撃退されています。それを考慮すると、関羽の後詰は曹仁ということでしょうか。
「赤壁の戦い」の直後には荊州で周瑜は曹仁と戦っており、その後は関羽が曹仁と戦っています。そのメンバーが一堂に会するわけですから、仮想のお話ながら因縁のようなものを感じてしまいますね。

しかし「孫策&周瑜」は最強コンビといっても過言ではないですから、関羽といえどもこれを撃退することは難しいのではないでしょうか。用意周到な荀彧のことですから、何かしら策を用いると思いますが、この状況でできる効果的な方法といったら孫策の暗殺しかありませんね。荊州の劉表の手を借りたいところですが、むしろ袁紹と組んでいるので敵ですね。

寿春や汝南あたりは突破される可能性が高いのではないでしょうか。そうなるともはや本土決戦。許都での防衛線になってしまいますね。風前の灯火の状況に追い込まれることになります。

まとめ・関羽が太史慈・孫策を討ち取るか

この状況で孫策の暗殺は不可能に近いでしょう。そうなると一発逆転の手は、関羽が一騎打ちで孫策を討つことになります。おそらくその前に太史慈が来るでしょうから、顔良・文醜を討ち取ったように太史慈を討ち、その勢いで孫策を討つしかありません。孫策は陣頭に立って兵を鼓舞する戦い方をしますから、充分に一騎打ちに持ち込むことは可能です。

これは実に興味深い一騎打ちになりそうですね。どちらの武勇も超一級品です。関羽が勝てばそれで曹操軍の勝利です。孫策が勝てば許都まで兵を進めることができます。そうなると曹操は袁紹との戦線を下げ、許都に戻ってこなければなりません。烏巣の急襲もできず、曹操は完全に包囲されてしまいます。袁紹の大軍と孫策の精鋭によって許都は落城することになるでしょう。こうして曹操は滅亡するのです。

ただ、あの曹操がそんなに簡単に滅亡するはずがありませんので、意表を突いた手を打ってくることも考えられます。献帝の命令で停戦協定を結ぶという戦略もありますね。

孫策が生きていたら・・・そう考えるとなぜかワクワクするのは、私だけでしょうか。

関連するキーワード


孫策 曹操 袁紹

関連する投稿


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。


女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

三国志の登場人物の多くは「人情味あふれる武将」「一騎当千となるような豪将」と言った男性に好かれる面を押し出していることが多いです。そういった場合あまりルックスや、モテ要素などは語られないのですが、ここでは逆にそういった要素たっぷりの呉の武将を紹介します。架空で誰と付き合いたいか考えてみてください。


三国志・赤壁の戦いの際に曹操に帰順しようとして朱治に阻止された孫氏の重鎮

三国志・赤壁の戦いの際に曹操に帰順しようとして朱治に阻止された孫氏の重鎮

赤壁の戦いでは、曹操による強力な寝返り作戦があったことを御存じでしょうか?標的のひとりが、孫権の親族でした。三国志演義では語られなかった裏話をお伝えします。


劉備(玄徳)はなぜ天下を取れなかった?足りなかったものとは?

劉備(玄徳)はなぜ天下を取れなかった?足りなかったものとは?

三国志で人気の君主と言えば、劉備(玄徳)ではないでしょうか。関羽や張飛、諸葛亮など多くの部下がおり、魅力的な劉備(玄徳)。それだけに、天下を取って欲しかったという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、なぜ劉備(玄徳)は天下を取れなかったのか、そして足りなかったものは何なのかを紹介していきます。


最新の投稿


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志で最も有名な戦いが「赤壁の戦い」です。劉備(玄徳)、曹操、孫権が入り乱れた駆け引きを繰り返します。手に汗を握るシーンですが、勝利に導く東南の風を諸葛亮(孔明)はどうやって吹かせたのでしょうか?


登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

三国志、もとい漢代には故事成語がたくさんあります。偉大な仕事や役職につくために必ず通過するべき学校や組織、プロセスのことを指す「登竜門」もそのひとつで、郭泰(林宗)という軍師と李膺(元礼)という名士が生んだとされています。


三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志では豪傑や天才のエピソードに目が行きがちですが、その裏で不幸な目にあった物も少なくありません。戦って負ける、策にはめられるというのは日常茶飯事ですがその中でも群を抜いているエピソードを持つ登場人物を紹介したいと思います。


裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

三国志演義では裏切り者という印象の強い、呂布・魏延・蔡瑁。彼らは本当に恩知らずの裏切り者だったのでしょうか?それともそう描かれているだけなのでしょうか?もし、そうなら理由はあるのでしょうか?