三国志・もしも小覇王「孫策」が暗殺されていなかったら曹操はどう動いたのか考察

三国志・もしも小覇王「孫策」が暗殺されていなかったら曹操はどう動いたのか考察

200年に暗殺された「孫策」がもしも生きていたら、曹操は危機的状況に陥っていたことでしょう。はたしてそうなったときに曹操はどのような手を打ったのでしょうか。


孫策の最期

200年といえば河北の覇者である「袁紹」と、献帝を保護した「曹操」が黄河を挟んで激突を繰り返していた時期にあたります。曹操が袁紹を破った「官渡の戦い」はこの年の10月のことです。

小覇王の異名で人気のある「孫策」は江東を制圧しており、曹操はこれを手なずけようと考え、孫家との間に政略結婚を行っています。友好関係を結びつつも、孫策は曹操が袁紹と対峙している隙を突いて許都へ侵攻、献帝の身柄を確保する準備を進めていきます。さすがの曹操も袁紹と孫策を同時に相手にする余裕はなかったでしょう。孫策がこのまま許都に侵攻していたら、はたして曹操はどのような対応をしたのでしょうか。

実際の歴史ではこの200年には、孫策は許都へ侵攻する直前に刺客に襲撃されて負傷し、その傷がもとで亡くなってしまうのですが、「もし、孫策が生きていたら、曹操はこの危機に対して、どう対処したのか」について今回は考察していきます。

曹操が袁紹自慢の二将を討ち取った白馬・延津の戦い

200年4月に孫策は暗殺される形でこの世を去るわけですが、時を同じくして、北では袁紹軍10万と曹操軍1万が激突しています。
「白馬・延津の戦い」です。
黎陽に本陣を置いた袁紹は、先鋒の顔良の部隊を渡河させて白馬を攻めます。曹操は白馬より40km上流にある延津から渡河して黎陽を突く陽動を行い、敵の注意を引きつけてから、一気に白馬を囲む顔良を攻めて討ち取ります。袁紹は次の先鋒に文醜を指名し、延津を攻めさせ、退却する曹操を追撃しますが、伏兵によって文醜もまた戦死しました。

このように寡兵ながら曹操は陽動と機動力を駆使して何とか袁紹と互角の戦いをしていくことになります。もし、このタイミングで南から孫策が許都を狙って動いたら曹操はどうしたでしょう。

誰を孫策にぶつけるのか

一番の脅威は何といっても大軍を率いる袁紹です。ここに対しては、やはり曹操自身が指揮しない限り活路は見いだせません。「官渡の戦い」では曹操が敵の兵糧庫である烏巣を襲撃し、奇跡の大逆転劇を演じています。曹操がいなければ袁紹に押しつぶされてしまうことは明白です。そうなると誰を南から侵攻してくる孫策にぶつけるのかということになります。軍師・参謀役としては荀彧がいます。しかし武勇に優れる孫策の勢いを止めることは至難の業です。曹操がいれば臨機応変に対応できるのでしょうが、曹操は完全に北に縛られています。

夏侯惇・夏侯淵・曹仁・曹洪といった生え抜きの勇将がいますが、孫策の陣営にも孫策の他に周瑜や太史慈、黄蓋、程普、韓当という布陣ですから、なかなか厳しい戦いになるでしょう。そもそもそこまでの武将を南に割くことは難しい状態です。袁紹のプレッシャーが凄いからです。実際に官渡に引いて防戦一方になった曹操はさらに戦線を下げるべきか悩んでいます。ここで退いていたら曹操はきっと滅んでいたことでしょう。絶対に退かずに堪えるよう進言したのが荀彧です。

もはやあの人しかいないのでは

つまり曹操軍は総動員態勢でようやく袁紹の猛攻を堪えていたことになります。張遼や徐晃、楽進といった猛将も死に物狂いで戦っていたことでしょう。この状況で孫策に対抗できる人物といえばあの人しかいないのではないでしょうか。
「関羽雲長」です。
この時点では関羽は曹操の客将のような立場です。曹操への借りを返すべく白馬で顔良を討っています。三国志演義では文醜を討ったのも関羽の手柄になっていますね。しかし関羽は袁紹の陣営に劉備がいることを知り、曹操のもとを去ることになります。

整理してみましょう。200年4月の時点で、袁紹に対しては曹操が直接兵を率いて対峙。さらに南の孫策に備えて関羽を向かわせるという戦略です。総司令官は荀彧あたりかなと思いますね。実際に戦うのは関羽です。「孫策VS関羽」という幻の戦いが実現することになりますね。

果たしてどちらかが勝つのか

史実では200年7月には劉備が曹操の後背を突く形で汝南に現れますが、曹仁に撃退されています。それを考慮すると、関羽の後詰は曹仁ということでしょうか。
「赤壁の戦い」の直後には荊州で周瑜は曹仁と戦っており、その後は関羽が曹仁と戦っています。そのメンバーが一堂に会するわけですから、仮想のお話ながら因縁のようなものを感じてしまいますね。

しかし「孫策&周瑜」は最強コンビといっても過言ではないですから、関羽といえどもこれを撃退することは難しいのではないでしょうか。用意周到な荀彧のことですから、何かしら策を用いると思いますが、この状況でできる効果的な方法といったら孫策の暗殺しかありませんね。荊州の劉表の手を借りたいところですが、むしろ袁紹と組んでいるので敵ですね。

寿春や汝南あたりは突破される可能性が高いのではないでしょうか。そうなるともはや本土決戦。許都での防衛線になってしまいますね。風前の灯火の状況に追い込まれることになります。

まとめ・関羽が太史慈・孫策を討ち取るか

この状況で孫策の暗殺は不可能に近いでしょう。そうなると一発逆転の手は、関羽が一騎打ちで孫策を討つことになります。おそらくその前に太史慈が来るでしょうから、顔良・文醜を討ち取ったように太史慈を討ち、その勢いで孫策を討つしかありません。孫策は陣頭に立って兵を鼓舞する戦い方をしますから、充分に一騎打ちに持ち込むことは可能です。

これは実に興味深い一騎打ちになりそうですね。どちらの武勇も超一級品です。関羽が勝てばそれで曹操軍の勝利です。孫策が勝てば許都まで兵を進めることができます。そうなると曹操は袁紹との戦線を下げ、許都に戻ってこなければなりません。烏巣の急襲もできず、曹操は完全に包囲されてしまいます。袁紹の大軍と孫策の精鋭によって許都は落城することになるでしょう。こうして曹操は滅亡するのです。

ただ、あの曹操がそんなに簡単に滅亡するはずがありませんので、意表を突いた手を打ってくることも考えられます。献帝の命令で停戦協定を結ぶという戦略もありますね。

孫策が生きていたら・・・そう考えるとなぜかワクワクするのは、私だけでしょうか。

関連するキーワード


孫策 曹操 袁紹

関連する投稿


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

華流映画、ドラマでは三国志は人気の題材です。現地の監督や脚本家が筋書きや監修をしているので、私たち日本人はその描写を真に受けてしまいがちですが、史学的な観点から見ると「そこは違うぞ!」とツッコミを入れたくなってしまう描写が散見されます。今回はそういった相違点についてピックアップします。


三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

あまり知られていない謀臣に呉の「虞翻」がいます。彼の才は孫策や曹操に認めらながらも孫権には評価されず、不遇を強いられています。三国志演義にはほとんど登場しない虞翻の活躍ぶりを見ていきましょう。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。