本当に諸葛亮は有能?無能との説もあるがどっちなの?

本当に諸葛亮は有能?無能との説もあるがどっちなの?

諸葛亮と言えば蜀における重要人物です。三国志の登場人物の中でも高い人気を誇っています。そんな諸葛亮ですが、“天才軍師”と評する人から、“無能”だったとの説を唱える人までいるのです。そこで今回は、諸葛亮は有能・無能どっちだったのか紹介していきたいと思います。


諸葛亮という人物について

諸葛亮は蜀の政治家・軍師です。荊州で晴耕雨読の日々を過ごしていた諸葛亮ですが、劉備(玄徳)が諸葛亮の噂を聞きつけて配下にしようと3回にわたって訪れました。これが有名な「三顧の礼」となっています。これにより諸葛亮は劉備(玄徳)の配下となり、政治家・軍師として活躍したのです。諸葛亮は赤壁の戦いの立役者であり、劉備(玄徳)に「天下三分の計」を提案するなど蜀にとって重要な人物なのです。

そんな劉備(玄徳)が亡くなると、諸葛亮は国内の政治の全権を担いました。その後、益州南部を平定すると、北伐を行います。北伐を行うにあたり、劉禅に上奏した「出師表」は名文として有名です。しかし、何度も行われた北伐では大した戦果を上げることができず、諸葛亮は病死してしまったのです。

諸葛亮有能派の主張

蜀を築けたのは諸葛亮のおかげ

諸葛亮有能派の意見としては、「蜀を築けたのは諸葛亮のおかげ」という主張が挙げられます。劉備(玄徳)が活躍することができたのは、諸葛亮の活躍によりものが大きいです。とくに赤壁の戦いでは、諸葛亮が交渉したからこそ、劉備軍・孫権軍の連合軍を結成することができたと言っても過言ではありません。まさに、諸葛亮は赤壁の戦いの立役者なのです。劉備(玄徳)は赤壁の戦い後、荊州の南部の4郡を平定し、劉備(玄徳)入蜀はすることができました。このように、そもそも蜀を築くことができたのは、諸葛亮のおかげという考え方をすることができ、諸葛亮は有能との意見があるのです。

政治面で蜀を支えた

諸葛亮は政治面で蜀を支えたので有能との意見もあります。劉備(玄徳)が亡くなり、帝位に劉禅がなると、諸葛亮は政治の全権を担うことになります。諸葛亮は荒れていた国内を素早く立て直したと言われているのです。また、蜀の制度を整え、内政からも蜀を支えていたのです。

政治面については、正史三国志の作者・陳寿が高く評価しています。陳寿によると、諸葛亮は時代に合った政策や公平な政治を行ったとのことです。また、公平に信賞必罰を行うことで、みんなが諸葛亮を畏れながら愛したとしています。さらには、政治の才能は管仲・蕭何に匹敵するとの評価を下しているのです。ちなみに、管仲は春秋時代の斉の政治家であり、蕭何は秦末期から前漢初期の政治家です。いずれも優秀な政治家として評価されています。これらの人物と並び評されていることからも、諸葛亮が政治家として有能だったことがわかります。

軍事面でも評価

諸葛亮有能派の意見としては、軍事面でも活躍したと主張する人も多いです。何度も北伐を行うわけですが、諸葛亮が指揮を執ったことから、蜀の中で軍事面でも高く評価され信頼されていたのがわかります。また、諸葛亮と幾度となく戦った司馬懿は、諸葛亮を軍事の面で称賛しているのです。他にも様々な人物が諸葛亮の軍事面について評価しており、政治・軍事の両面で諸葛亮は有能だったと主張することができるのです。

諸葛亮無能派の主張

北伐に国力を注ぎすぎ

諸葛亮のことを無能だと主張する人が挙げる理由としては、「北伐」が挙げられます。諸葛亮は何度も北伐を行っています。しかし、この北伐によって得られた戦果はほとんどありません。そのため、諸葛亮が何度も北伐を行ったのは無駄であり、国力が損なわれただけだと主張する人多いのです。

諸葛亮が北伐にこだわった理由は、劉備(玄徳)への忠義心とされています。劉備(玄徳)の目標は中華統一であり、劉備(玄徳)が亡くなっても諸葛亮は意思を引継ごうとしたため、北伐により魏に攻め込んだとされているのです。しかし、あまりにも国力の差があり、北伐成功させるのは現実的とは言えません。それでも何度も北伐を行った諸葛亮は、現実を見えていなくて無能ではとの意見があるのです。

部下育成ができなかった

諸葛亮の無能説の理由としては、部下の育成という面も挙げられます。諸葛亮は仕事を任せるタイプではありませんでした。自分ですべて決済し、業務を行っていたのです。それがよくわかるエピソードとして、司馬懿の予測があります。司馬懿は諸葛亮が過労で死ぬことを予測しました。これは、司馬懿の陣中に諸葛亮の使者が訪れた際、司馬懿は使者に諸葛亮の仕事量や生活の様子などを尋ねたのです。使者は正直に答え、諸葛亮は睡眠をとる時間もないほど業務をこなしていることを伝えたのです。これを聞いたことで司馬懿は諸葛亮の過労死を予測し、実際に過労死で諸葛亮は亡くなっています。

このように、諸葛亮は仕事を部下に任せることができなかったため、部下を育てることができませんでした。その結果、諸葛亮が亡くなってから、蜀は人材不足となり滅ぼされたと言われています。そのため、諸葛亮が部下を育成できなかったので無能との意見があるのです。

過信し過ぎていて無能

諸葛亮は自分の力を過信しており無能との主張もあります。これは、北伐を何度も行ったことから考えられる意見です。諸葛亮が本気で北伐が成功すると考えていた場合、これは自分の能力を過信し過ぎていた可能性があります。自分なら北伐を成し遂げることができると驕っていたから、無意味な北伐を何度も行っていたと考えることができるのです。結果として、何度も行ったにも関わらず、北伐は成功していません。戦果らしい戦果はなく、ただ国を疲弊させたと言っても過言ではありません。諸葛亮が自分の力を過信し過ぎていたからこそ、無駄な北伐を行い、国力の低下や蜀の滅亡につながったと考えることができるのです。

どちらも正解!

ここまで紹介したように、諸葛亮には有能・無能のどちらの意見もあります。そして、そのどちらも正しいと思われます。完全無欠の人物などこの世にはいません。それは三国志の時代でも同じであり、どんな人物でも長所・短所があるのです。諸葛亮についても、長所と短所があり、有能と評価される面と無能と評価される面とがあったのです。いずれにしても、諸葛亮の活躍は三国志を語る上で欠かせません。三国志にとって重要な人物なのです。そんな諸葛亮のことをよく知って、より三国志に興味を持って楽しんでください!

関連するキーワード


諸葛亮 劉備

関連する投稿


徐州--三国志前半の激戦区

徐州--三国志前半の激戦区

三国志演義、序盤から数々の見せ場があります。その中で印象深いものの一つが曹操による徐州での大虐殺でしょう。父親を殺された曹操が復讐のために徐州に攻め入り、劉備がわずかの援軍を率いてやってくる。二人の対称的な姿が映し出されます。その後、呂布や袁術が絡んできて、複雑な人間模様が描かれます。では、正史の徐州での攻防はどのようなものだったのでしょうか?


諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

あなたは蒋琬(公琰)と費韋(文偉)をご存知でしょうか?この2名はあまり有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が亡くなるほんの数日前に「あなたの後は誰に任せたらよいか?」という質問に諸葛亮(孔明)が挙げた2名です。 本記事では諸葛亮(孔明)という天才に後を託された2名について説明します。


ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

三国志に登場する人物はカッコイイですが、実は失敗も多いです。ダメ上司が多くおり、反面教師にすることができます。そこで今回は、魏・呉・蜀のダメ上司を紹介していきたいと思います。ぜひ、反面教師にしてみてください。


張松(永年) 劉備(玄徳)を蜀へ招こうとした人物

張松(永年) 劉備(玄徳)を蜀へ招こうとした人物

赤壁の戦い後、天下三分の計実現のために益州(蜀)攻略を模索していた劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)でしたが、逆に蜀からも漢中の張魯(公祺)に狙われていることを察知した人物たちが、外部から強い指導者を招き入れ、蜀防衛を図ろうと画策していました。その筆頭となって行動したのが張松(永年)でした。


五虎大将軍の一人 馬超(孟起)の迷走と劉備軍への帰順

五虎大将軍の一人 馬超(孟起)の迷走と劉備軍への帰順

渭水の戦いにおいて離間の計に敗れた西涼軍。韓遂(文約)は曹操(孟徳)に降伏。馬超(孟起)は逃走します。流浪の立場となった馬超(孟起)は漢中の張魯(公祺)を頼りますが、張魯(公祺)は食客として迎えるものの、積極的に召し抱える訳でもなく、いいように彼を使い始め劉備軍と戦わせます。


最新の投稿


徐州--三国志前半の激戦区

徐州--三国志前半の激戦区

三国志演義、序盤から数々の見せ場があります。その中で印象深いものの一つが曹操による徐州での大虐殺でしょう。父親を殺された曹操が復讐のために徐州に攻め入り、劉備がわずかの援軍を率いてやってくる。二人の対称的な姿が映し出されます。その後、呂布や袁術が絡んできて、複雑な人間模様が描かれます。では、正史の徐州での攻防はどのようなものだったのでしょうか?


諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

あなたは蒋琬(公琰)と費韋(文偉)をご存知でしょうか?この2名はあまり有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が亡くなるほんの数日前に「あなたの後は誰に任せたらよいか?」という質問に諸葛亮(孔明)が挙げた2名です。 本記事では諸葛亮(孔明)という天才に後を託された2名について説明します。


ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

三国志に登場する人物はカッコイイですが、実は失敗も多いです。ダメ上司が多くおり、反面教師にすることができます。そこで今回は、魏・呉・蜀のダメ上司を紹介していきたいと思います。ぜひ、反面教師にしてみてください。


三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

蜀の猛将「関羽」と「張飛」にはそれぞれ息子たちがいました。三国志演義ではその息子たちが、父親以上の活躍を見せているのです。 「張苞」と「関興」の一騎打ちの成績に注目してみましょう。


三国志巡りの旅行へ!舞台となった土地は今!?

三国志巡りの旅行へ!舞台となった土地は今!?

三国志が中国を舞台にしている物語なのは理解している人も多いですが、実際の舞台となった土地を見に行った人は少ないでしょう。 そこで今回は三国志の舞台になった土地が現在どうなっているのか、現在の状況を紹介します。