本当に諸葛亮は有能?無能との説もあるがどっちなの?

本当に諸葛亮は有能?無能との説もあるがどっちなの?

諸葛亮と言えば蜀における重要人物です。三国志の登場人物の中でも高い人気を誇っています。そんな諸葛亮ですが、“天才軍師”と評する人から、“無能”だったとの説を唱える人までいるのです。そこで今回は、諸葛亮は有能・無能どっちだったのか紹介していきたいと思います。


諸葛亮という人物について

諸葛亮は蜀の政治家・軍師です。荊州で晴耕雨読の日々を過ごしていた諸葛亮ですが、劉備(玄徳)が諸葛亮の噂を聞きつけて配下にしようと3回にわたって訪れました。これが有名な「三顧の礼」となっています。これにより諸葛亮は劉備(玄徳)の配下となり、政治家・軍師として活躍したのです。諸葛亮は赤壁の戦いの立役者であり、劉備(玄徳)に「天下三分の計」を提案するなど蜀にとって重要な人物なのです。

そんな劉備(玄徳)が亡くなると、諸葛亮は国内の政治の全権を担いました。その後、益州南部を平定すると、北伐を行います。北伐を行うにあたり、劉禅に上奏した「出師表」は名文として有名です。しかし、何度も行われた北伐では大した戦果を上げることができず、諸葛亮は病死してしまったのです。

諸葛亮有能派の主張

蜀を築けたのは諸葛亮のおかげ

諸葛亮有能派の意見としては、「蜀を築けたのは諸葛亮のおかげ」という主張が挙げられます。劉備(玄徳)が活躍することができたのは、諸葛亮の活躍によりものが大きいです。とくに赤壁の戦いでは、諸葛亮が交渉したからこそ、劉備軍・孫権軍の連合軍を結成することができたと言っても過言ではありません。まさに、諸葛亮は赤壁の戦いの立役者なのです。劉備(玄徳)は赤壁の戦い後、荊州の南部の4郡を平定し、劉備(玄徳)入蜀はすることができました。このように、そもそも蜀を築くことができたのは、諸葛亮のおかげという考え方をすることができ、諸葛亮は有能との意見があるのです。

政治面で蜀を支えた

諸葛亮は政治面で蜀を支えたので有能との意見もあります。劉備(玄徳)が亡くなり、帝位に劉禅がなると、諸葛亮は政治の全権を担うことになります。諸葛亮は荒れていた国内を素早く立て直したと言われているのです。また、蜀の制度を整え、内政からも蜀を支えていたのです。

政治面については、正史三国志の作者・陳寿が高く評価しています。陳寿によると、諸葛亮は時代に合った政策や公平な政治を行ったとのことです。また、公平に信賞必罰を行うことで、みんなが諸葛亮を畏れながら愛したとしています。さらには、政治の才能は管仲・蕭何に匹敵するとの評価を下しているのです。ちなみに、管仲は春秋時代の斉の政治家であり、蕭何は秦末期から前漢初期の政治家です。いずれも優秀な政治家として評価されています。これらの人物と並び評されていることからも、諸葛亮が政治家として有能だったことがわかります。

軍事面でも評価

諸葛亮有能派の意見としては、軍事面でも活躍したと主張する人も多いです。何度も北伐を行うわけですが、諸葛亮が指揮を執ったことから、蜀の中で軍事面でも高く評価され信頼されていたのがわかります。また、諸葛亮と幾度となく戦った司馬懿は、諸葛亮を軍事の面で称賛しているのです。他にも様々な人物が諸葛亮の軍事面について評価しており、政治・軍事の両面で諸葛亮は有能だったと主張することができるのです。

諸葛亮無能派の主張

北伐に国力を注ぎすぎ

諸葛亮のことを無能だと主張する人が挙げる理由としては、「北伐」が挙げられます。諸葛亮は何度も北伐を行っています。しかし、この北伐によって得られた戦果はほとんどありません。そのため、諸葛亮が何度も北伐を行ったのは無駄であり、国力が損なわれただけだと主張する人多いのです。

諸葛亮が北伐にこだわった理由は、劉備(玄徳)への忠義心とされています。劉備(玄徳)の目標は中華統一であり、劉備(玄徳)が亡くなっても諸葛亮は意思を引継ごうとしたため、北伐により魏に攻め込んだとされているのです。しかし、あまりにも国力の差があり、北伐成功させるのは現実的とは言えません。それでも何度も北伐を行った諸葛亮は、現実を見えていなくて無能ではとの意見があるのです。

部下育成ができなかった

諸葛亮の無能説の理由としては、部下の育成という面も挙げられます。諸葛亮は仕事を任せるタイプではありませんでした。自分ですべて決済し、業務を行っていたのです。それがよくわかるエピソードとして、司馬懿の予測があります。司馬懿は諸葛亮が過労で死ぬことを予測しました。これは、司馬懿の陣中に諸葛亮の使者が訪れた際、司馬懿は使者に諸葛亮の仕事量や生活の様子などを尋ねたのです。使者は正直に答え、諸葛亮は睡眠をとる時間もないほど業務をこなしていることを伝えたのです。これを聞いたことで司馬懿は諸葛亮の過労死を予測し、実際に過労死で諸葛亮は亡くなっています。

このように、諸葛亮は仕事を部下に任せることができなかったため、部下を育てることができませんでした。その結果、諸葛亮が亡くなってから、蜀は人材不足となり滅ぼされたと言われています。そのため、諸葛亮が部下を育成できなかったので無能との意見があるのです。

過信し過ぎていて無能

諸葛亮は自分の力を過信しており無能との主張もあります。これは、北伐を何度も行ったことから考えられる意見です。諸葛亮が本気で北伐が成功すると考えていた場合、これは自分の能力を過信し過ぎていた可能性があります。自分なら北伐を成し遂げることができると驕っていたから、無意味な北伐を何度も行っていたと考えることができるのです。結果として、何度も行ったにも関わらず、北伐は成功していません。戦果らしい戦果はなく、ただ国を疲弊させたと言っても過言ではありません。諸葛亮が自分の力を過信し過ぎていたからこそ、無駄な北伐を行い、国力の低下や蜀の滅亡につながったと考えることができるのです。

どちらも正解!

ここまで紹介したように、諸葛亮には有能・無能のどちらの意見もあります。そして、そのどちらも正しいと思われます。完全無欠の人物などこの世にはいません。それは三国志の時代でも同じであり、どんな人物でも長所・短所があるのです。諸葛亮についても、長所と短所があり、有能と評価される面と無能と評価される面とがあったのです。いずれにしても、諸葛亮の活躍は三国志を語る上で欠かせません。三国志にとって重要な人物なのです。そんな諸葛亮のことをよく知って、より三国志に興味を持って楽しんでください!

関連するキーワード


諸葛亮 劉備

関連する投稿


「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

三国志には「南船北馬」という言葉があります。これはいったいどういう意味でしょうか。三国志は戦の歴史でもあり、多くは騎馬による一騎打ちや戦争の描写が多く見られます。なかでも名のある武将が駆る名馬たちは、その名を歴史に残しているのです。


赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

劉備は陶謙から徐州牧の座を譲られます。そして味方だった袁術に攻められ、敵だった曹操を頼ることになるのです。なぜそのようなことになったのでしょうか。


諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


名門の証!?二字姓の人物たち

名門の証!?二字姓の人物たち

曹・劉・孫・呂・周・馬・袁など三国志の登場人物の多くは一字の姓を持っています。少数派ですが二字の姓をもつ人物もいます。彼らはどういう人物でしょうか?また、共通点はあるのでしょうか?


最新の投稿


三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

曹操を烈火の如く激怒させた「陳琳」の「檄文」。あまりの名作のために「文選」にも編纂されています。今回は文選や檄文についてお伝えしていきます。


「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

三国志には「南船北馬」という言葉があります。これはいったいどういう意味でしょうか。三国志は戦の歴史でもあり、多くは騎馬による一騎打ちや戦争の描写が多く見られます。なかでも名のある武将が駆る名馬たちは、その名を歴史に残しているのです。


赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

劉備は陶謙から徐州牧の座を譲られます。そして味方だった袁術に攻められ、敵だった曹操を頼ることになるのです。なぜそのようなことになったのでしょうか。


諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


https://sangokushirs.com/articles/196