強い漢ばかりではない!派手な活躍もせずに、残念な死を遂げた武将3選

強い漢ばかりではない!派手な活躍もせずに、残念な死を遂げた武将3選

三国志の歴史の中には様々な武将がいます。知恵のある武将から一人で戦況を変えてしまうような武将まで、多くの憧れるような武将たちがいました。しかし、その中には、あっという間に死んでいった武将たちもいます。すべての武将がかっこいい最期を遂げていったわけではなく、残念な最期を迎えた武将を紹介します。


張松

益州の蜀の臣として活躍していた張松ですが、その死因はただの死刑です。しかし、その死刑になるまでの経緯がほかの武将のように戦闘の末に捕虜となり、死刑になったというわけではありません。むしろ、味方によって死刑になったと言っても過言ではありません。では、なぜ死刑になってしまったのでしょうか。

元々、張松はとても頭の切れる人間でした。曹操が書いた本を一回読んだだけですべての内容を暗記しており、全て答えることができるくらいには頭が良かったです。

そんな張松ですが、致命的なことをしてしまいます。当時の蜀は劉璋の手によって動いており、曹操と手を結ぶ算段になっていました。

しかし、使者として魏の国に行った張松が冷たくあしらわれてしまったため、怒ってしまい魏の国と手を組むことはありませんでした。

代わりに荊州にいた劉備と組むことを進言します。劉備を取り込むことに成功した張松ですが、龍日がマイペースであったため、あまり争いを起こそうとしません。

そして、しびれを切らした張松は劉備(玄徳)に成都に攻め込むように催促状を送ります。しかし、これは極秘で行ってきていたのに、この催促状が自分の兄にバレてしまいます。

そして兄もこれを劉璋にバラしてしまいます。これを知った劉翔は即座に張松を捕まえて死刑にしました。極秘でやっていたことが自分の兄にバレてしまい、即座に死んでしまうという隠し事がうまくいかずに死んでしまい、醜態をさらしました。

王朗

王朗は魏という国の中でも大きな役割を担っていた人の一人です。曹操の時代から魏の国に尽力していた武将の一人です。魏の人物の中ではそこまで目立たないながらも中心人物として国をより良くしようとしていた人物です。そんな縁の下の力持ちとして活躍していた王朗がなぜ残念な最期を遂げたのでしょうか。

王朗は死因は憤死と言われています。憤死というのは、怒りのあまり体調を崩してしまい、死んでしまうという死に方です。そんなにストレス溜め込むなよというくらい当時の人たちは神経をすり減らせながら戦を行っていました。現代で言うならば、パワーハラスメントやモラルハラスメントなどによって、ストレスを感じてしまい、結果的に体調を崩し死んでしまうというものです。

「そんな死に方はありえない」と感じる人も多いかと思いますが、”憤死”という死因で亡くなった武将は少なくありません。呉の周瑜や陸遜などもこの憤死という死に方で亡くなった武将です。決して珍しい死因ではないのです。

ではなぜ王朗は憤死をするまで追い込まれたのでしょうか。これは魏と蜀の合戦中に起こった魏の王朗と蜀の諸葛亮の論戦が原因です。魏と蜀と合戦中に諸葛亮と王朗が論議をすることになります。王朗は曹操の血を引いている曹丕こそが天下を作る人だと宣言します。

しかし、それをあざ笑うかのように諸葛亮が王朗の過去を掘り出したりすることで論破します。これに返す言葉もない王朗は馬の上で言葉だけで諸葛亮に殺されてしまいます。

当時の世界では、諸葛亮は軍師の中でも天才レベルでした。もちろん、語らせれば大抵の人が論戦すれば、負けたことでしょう。そんな無謀な戦いに挑み、あっさり負けてしまう惨めな死に方をします。

孫策

孫策(伯符)は袁術のもとで武将として活躍していた優秀な武将の1人です。袁術のもとで武将としての能力を磨き、20歳の頃には袁術の元を離れ自立していました。

三国志の歴史の中では小覇王とも呼ばれており、三国志の歴史の中では欠かせない人物の1人です。ちなみに小覇王と言うのは背が小さいからと言うわけではなく、父親であった孫堅の息子ジュニアと言う意味での小覇王となります。

当時、絶対的な力があった曹操(孟徳)もこの孫策の同行は気にしており、あわよくば自分の下に引き込もうとしていたほど、力はありました。

しかし、孫策は曹操に軍事の最高職である階級を要求しましたが、曹操はこれにかなりご立腹し、生意気な態度だとみなし、これを断りました。

これに激怒した孫策は大兵力を持って曹操の本拠地である許都を襲撃しようとします。当時の曹操は袁紹との戦いに明け暮れており、他の戦いには手を回す余裕がない状態であり、孫策がもし曹操に攻め入っていればこの時点で曹操が死んでいたという可能性もなくはないでしょう。

しかし、孫策の計画をしたこの領主である許貢によってその情報は曹操に伝えられるのです。これに激怒した孫策は許貢をあっさりと殺害してしまいます。許貢が殺された事が世の中に広まっていくと、これを気に食わないと思う人間も出てきます。

その食客はどうしても許貢の敵を取りたいと言うことで、仲間とその他3名で孫策を狙うと言う計画を立てます。そして孫策が狩りに出た際に1人になった時を見計らい、襲いかかりましたが、孫策はあっさり撃退してしまいます。

しかし、死ぬ間際1人が放った弓矢が孫策の頬を貫通してしまいます。頬であったため、死に至るほどではありませんでしたが、顔にできた傷は、当時イケメンと言うことで知られていた孫策の容貌を見違えるほど悪くしたと言われています。

孫策は自分の顔イケメンだということを認識していたため、怪我が治り包帯を取り外して見えた頬のひどい傷を見て、

「こんな無様な姿になっては、彼に覇を唱えることなどできない。」と泣き叫んでしまい、その反動で頬の傷が開き、大量出血を起こしたと言われています。

この出血が原因となり孫策の容体は日に日に悪化していき、死が目前となるほど体調が悪くなっていきます。自分が死ぬと悟った孫策は自分の息子ではなく、弟の孫権を自分のもとに呼び、自分に代わってこの将来を託すように告げ、26歳と言うまだまだこれからの年齢で生涯を閉じました。

まとめ

今回は華やかな三国志の歴史の中でも残念な死に方をしている人を紹介しました。三国志の武将といえば、死力を尽くして戦場で戦って勇ましく死んでいったり、主君となる人の盾となり、死んでいったというカッコよく人生を終えた人も多いイメージですが、無残に死んでいった武将も中にはいます。

ゲームなどでは死に様は美化されていますが、現実として捉えると意外と「ダサい」死に方をしている武将も多いことを忘れてはいけません。

関連するキーワード


孫策 張松 王朗

関連する投稿


女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

三国志の登場人物の多くは「人情味あふれる武将」「一騎当千となるような豪将」と言った男性に好かれる面を押し出していることが多いです。そういった場合あまりルックスや、モテ要素などは語られないのですが、ここでは逆にそういった要素たっぷりの呉の武将を紹介します。架空で誰と付き合いたいか考えてみてください。


これを知っていたら三国志通!有名なあだ名、~君主・軍師篇~

これを知っていたら三国志通!有名なあだ名、~君主・軍師篇~

三国志に登場する人物には名前や字の他にあだ名がつけられる者もいました。ここでは君主と軍師についてのあだ名について紹介します。「伏龍」や「鳳雛」というあだ名を聞いてそれが誰を指すのかが理解できたら三国志通と言っても過言ではありません。さらになぜそういうあだ名になったのかという事も紹介したいと思います。


個人的に好きな三国志ベストバウト!

個人的に好きな三国志ベストバウト!

三国志には実に多くの一騎打ちがあり、それにより戦局が大きく変わるという事が多々ありました。また一騎打ちを行うことで相手に脅威を与えることができ、さらには下の者「士気を上げる」ことにも役立っていました。ここではそんな一騎打ちにまつわる話を紹介したいと思います。


張松(永年) 劉備(玄徳)を蜀へ招こうとした人物

張松(永年) 劉備(玄徳)を蜀へ招こうとした人物

赤壁の戦い後、天下三分の計実現のために益州(蜀)攻略を模索していた劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)でしたが、逆に蜀からも漢中の張魯(公祺)に狙われていることを察知した人物たちが、外部から強い指導者を招き入れ、蜀防衛を図ろうと画策していました。その筆頭となって行動したのが張松(永年)でした。


呉の基盤を作り上げた英雄【孫堅】

呉の基盤を作り上げた英雄【孫堅】

有能な武将を率いて一代勢力に築いたのが孫策であり、それを受け継いで皇帝にまで登りつめたのが弟の孫権でした。しかし、彼らには偉大な父の孫堅が築き上げた基盤があり、当時の権力者・董卓に立ち向かっていました。そんな呉の基盤を作り上げた孫堅の戦歴をみていきましょう。


最新の投稿


三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志で最も有名な戦いが「赤壁の戦い」です。劉備(玄徳)、曹操、孫権が入り乱れた駆け引きを繰り返します。手に汗を握るシーンですが、勝利に導く東南の風を諸葛亮(孔明)はどうやって吹かせたのでしょうか?


登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

三国志、もとい漢代には故事成語がたくさんあります。偉大な仕事や役職につくために必ず通過するべき学校や組織、プロセスのことを指す「登竜門」もそのひとつで、郭泰(林宗)という軍師と李膺(元礼)という名士が生んだとされています。


三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志では豪傑や天才のエピソードに目が行きがちですが、その裏で不幸な目にあった物も少なくありません。戦って負ける、策にはめられるというのは日常茶飯事ですがその中でも群を抜いているエピソードを持つ登場人物を紹介したいと思います。


裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

三国志演義では裏切り者という印象の強い、呂布・魏延・蔡瑁。彼らは本当に恩知らずの裏切り者だったのでしょうか?それともそう描かれているだけなのでしょうか?もし、そうなら理由はあるのでしょうか?


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。