強い漢ばかりではない!派手な活躍もせずに、残念な死を遂げた武将3選

強い漢ばかりではない!派手な活躍もせずに、残念な死を遂げた武将3選

三国志の歴史の中には様々な武将がいます。知恵のある武将から一人で戦況を変えてしまうような武将まで、多くの憧れるような武将たちがいました。しかし、その中には、あっという間に死んでいった武将たちもいます。すべての武将がかっこいい最期を遂げていったわけではなく、残念な最期を迎えた武将を紹介します。


張松

益州の蜀の臣として活躍していた張松ですが、その死因はただの死刑です。しかし、その死刑になるまでの経緯がほかの武将のように戦闘の末に捕虜となり、死刑になったというわけではありません。むしろ、味方によって死刑になったと言っても過言ではありません。では、なぜ死刑になってしまったのでしょうか。

元々、張松はとても頭の切れる人間でした。曹操が書いた本を一回読んだだけですべての内容を暗記しており、全て答えることができるくらいには頭が良かったです。

そんな張松ですが、致命的なことをしてしまいます。当時の蜀は劉璋の手によって動いており、曹操と手を結ぶ算段になっていました。

しかし、使者として魏の国に行った張松が冷たくあしらわれてしまったため、怒ってしまい魏の国と手を組むことはありませんでした。

代わりに荊州にいた劉備と組むことを進言します。劉備を取り込むことに成功した張松ですが、龍日がマイペースであったため、あまり争いを起こそうとしません。

そして、しびれを切らした張松は劉備(玄徳)に成都に攻め込むように催促状を送ります。しかし、これは極秘で行ってきていたのに、この催促状が自分の兄にバレてしまいます。

そして兄もこれを劉璋にバラしてしまいます。これを知った劉翔は即座に張松を捕まえて死刑にしました。極秘でやっていたことが自分の兄にバレてしまい、即座に死んでしまうという隠し事がうまくいかずに死んでしまい、醜態をさらしました。

王朗

王朗は魏という国の中でも大きな役割を担っていた人の一人です。曹操の時代から魏の国に尽力していた武将の一人です。魏の人物の中ではそこまで目立たないながらも中心人物として国をより良くしようとしていた人物です。そんな縁の下の力持ちとして活躍していた王朗がなぜ残念な最期を遂げたのでしょうか。

王朗は死因は憤死と言われています。憤死というのは、怒りのあまり体調を崩してしまい、死んでしまうという死に方です。そんなにストレス溜め込むなよというくらい当時の人たちは神経をすり減らせながら戦を行っていました。現代で言うならば、パワーハラスメントやモラルハラスメントなどによって、ストレスを感じてしまい、結果的に体調を崩し死んでしまうというものです。

「そんな死に方はありえない」と感じる人も多いかと思いますが、”憤死”という死因で亡くなった武将は少なくありません。呉の周瑜や陸遜などもこの憤死という死に方で亡くなった武将です。決して珍しい死因ではないのです。

ではなぜ王朗は憤死をするまで追い込まれたのでしょうか。これは魏と蜀の合戦中に起こった魏の王朗と蜀の諸葛亮の論戦が原因です。魏と蜀と合戦中に諸葛亮と王朗が論議をすることになります。王朗は曹操の血を引いている曹丕こそが天下を作る人だと宣言します。

しかし、それをあざ笑うかのように諸葛亮が王朗の過去を掘り出したりすることで論破します。これに返す言葉もない王朗は馬の上で言葉だけで諸葛亮に殺されてしまいます。

当時の世界では、諸葛亮は軍師の中でも天才レベルでした。もちろん、語らせれば大抵の人が論戦すれば、負けたことでしょう。そんな無謀な戦いに挑み、あっさり負けてしまう惨めな死に方をします。

孫策

孫策(伯符)は袁術のもとで武将として活躍していた優秀な武将の1人です。袁術のもとで武将としての能力を磨き、20歳の頃には袁術の元を離れ自立していました。

三国志の歴史の中では小覇王とも呼ばれており、三国志の歴史の中では欠かせない人物の1人です。ちなみに小覇王と言うのは背が小さいからと言うわけではなく、父親であった孫堅の息子ジュニアと言う意味での小覇王となります。

当時、絶対的な力があった曹操(孟徳)もこの孫策の同行は気にしており、あわよくば自分の下に引き込もうとしていたほど、力はありました。

しかし、孫策は曹操に軍事の最高職である階級を要求しましたが、曹操はこれにかなりご立腹し、生意気な態度だとみなし、これを断りました。

これに激怒した孫策は大兵力を持って曹操の本拠地である許都を襲撃しようとします。当時の曹操は袁紹との戦いに明け暮れており、他の戦いには手を回す余裕がない状態であり、孫策がもし曹操に攻め入っていればこの時点で曹操が死んでいたという可能性もなくはないでしょう。

しかし、孫策の計画をしたこの領主である許貢によってその情報は曹操に伝えられるのです。これに激怒した孫策は許貢をあっさりと殺害してしまいます。許貢が殺された事が世の中に広まっていくと、これを気に食わないと思う人間も出てきます。

その食客はどうしても許貢の敵を取りたいと言うことで、仲間とその他3名で孫策を狙うと言う計画を立てます。そして孫策が狩りに出た際に1人になった時を見計らい、襲いかかりましたが、孫策はあっさり撃退してしまいます。

しかし、死ぬ間際1人が放った弓矢が孫策の頬を貫通してしまいます。頬であったため、死に至るほどではありませんでしたが、顔にできた傷は、当時イケメンと言うことで知られていた孫策の容貌を見違えるほど悪くしたと言われています。

孫策は自分の顔イケメンだということを認識していたため、怪我が治り包帯を取り外して見えた頬のひどい傷を見て、

「こんな無様な姿になっては、彼に覇を唱えることなどできない。」と泣き叫んでしまい、その反動で頬の傷が開き、大量出血を起こしたと言われています。

この出血が原因となり孫策の容体は日に日に悪化していき、死が目前となるほど体調が悪くなっていきます。自分が死ぬと悟った孫策は自分の息子ではなく、弟の孫権を自分のもとに呼び、自分に代わってこの将来を託すように告げ、26歳と言うまだまだこれからの年齢で生涯を閉じました。

まとめ

今回は華やかな三国志の歴史の中でも残念な死に方をしている人を紹介しました。三国志の武将といえば、死力を尽くして戦場で戦って勇ましく死んでいったり、主君となる人の盾となり、死んでいったというカッコよく人生を終えた人も多いイメージですが、無残に死んでいった武将も中にはいます。

ゲームなどでは死に様は美化されていますが、現実として捉えると意外と「ダサい」死に方をしている武将も多いことを忘れてはいけません。

関連するキーワード


孫策 張松 王朗

関連する投稿


イケメン!?ブサイク!?な武将たち

イケメン!?ブサイク!?な武将たち

いつの時代にもイケメンがいればブサイクもいます。三国志演義では孫策・周瑜・趙雲・呂布・馬超辺りがイケメンな描写をされています。一方、身なりが冴えなかった(ブサイク)として書かれる武将もいます。彼らは本当にイケメン、あるいはブサイクだったのでしょうか?


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

三国志の中でも魏と蜀という強敵相手に対等に戦った武将というのは数少ないものです。その中でも呂蒙は孫策や孫権、周瑜のもとで功績を挙げていき、ついには大都督にまで登りつめました。そんな呂蒙の軌跡をみていきましょう。


周瑜(公瑾)の才能と周りの人物が凄すぎる件

周瑜(公瑾)の才能と周りの人物が凄すぎる件

赤壁の戦いで大都督として孫権軍、劉備軍を率いた周瑜(公瑾)とはどういう男だったのだろうか。彼の能力、周りの人物、エピソードなどから彼の生涯についてみていきたいと思います。周瑜(公瑾)を知ると諸葛亮(孔明)に引けを取らない人物だったと思うかもしれません。


三国志演義に描かれた周瑜(公瑾) 諸葛亮(孔明)に惜しまれたその才能

三国志演義に描かれた周瑜(公瑾) 諸葛亮(孔明)に惜しまれたその才能

呉の水軍大都督であった周瑜(公瑾)。赤壁の戦いでは劉備軍と連合して曹操(孟徳)の巨大水軍を壊滅させるなど、その実力は随一。駆け引きにおいても常に曹操(孟徳)より上手を行く知力の持ち主でした。華々しい活躍を見せた英雄でしたが36歳でこの世を去ってしまいます。


三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

凄まじい勢いで、江東を制圧していった「孫策」。しかし、相手も備えは充分です。もちろんそんな簡単にはいきませんでした。奪った拠点を奪還されたりもしているのです。


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196