良い人NO.1魯粛の魅力

良い人NO.1魯粛の魅力

物語「三国志演義」の中で良い人ランキングを作ったら、絶対に上位にランクインするであろう人物「魯粛」。ただ、戦国の世で良い人であるということは騙されやすく翻弄されやすいということでもあります。では、実際の彼はどのような人物だったのでしょうか。演義のように、諸葛亮に翻弄され、周瑜に嘆かれと言った人物だったのでしょうか。


将軍魯粛

魯粛は小説や漫画やゲームでは呉の国の政治家のように書かれることが多いです。孫権や周瑜に献策はするけど、自分では剣や槍を持って兵を率いたりはしていないイメージが強いです。ですが、史実の魯粛は「奮武校尉」という軍事上の役職についています。そして、自ら一万人の兵を江陵から陸攻に移したりしています。自分で軍を率いて、指揮をとり、戦争となれば先頭切って敵軍を迎え撃つ将軍職についていたのです。戦争となれば外交の問題は必ずついてくるので、政治家の面ももちろんあったのですが、我々の強く持つイメージ「文官」よりも「武官」の側面のほうがずっと強い人物なのです。

周瑜へ倉一つをまるごと寄付

魯粛の特徴の一つとしてあげられるのは、彼は非常に金持ちの生まれでありました。正史にも「非常に裕福な豪族のもとに生まれた」とあります。そして、魯粛は「施しを盛んにし、財産をなげうってまで困っている人を助け、人々と交わりを結んだ」となっています。この辺りも演義で良い人と書かれることにつながっているのかもしれません。若い頃の魯粛にとんでもないエピソードが一つあります。周瑜が県長をやっていた時、魯粛の元に挨拶に行き、食料や軍需物質の援助を求めました。そうしたら魯粛はポンと持っている二つの倉の内、一つを与えたそうです。それ以降周瑜は魯粛を認め、親交を結んだそうです。金持ちなだけでなく、たいそう気前の良い人物であったのですね。

見る目のあった主君選び

魯粛は名声が高まると袁術に請われて配下に加わりました。ところが、正史でも演義でもワースト3に入りそうな君主袁術の元にいつまでも魯粛がいるわけがありません。すぐに出ていきます。正史にも「支離滅裂な袁術の行状に見切りをつけて」とあるくらいです。魯粛は出ていった後、一族の者たちを引き連れて周瑜の元に行きます。そして、長江を渡り、孫策の元にたどり着くのです。孫策もまた魯粛の才能や人柄を気に入りすぐに取り立て、重用しました。
その後、魯粛の祖母が死去し、母親を迎えに行ったりしていると同じ頃に孫策が暗殺されてしまいました。その頃に友人の劉曄から手紙が来て「鄭宝」という人物の元に行くように進められました。魯粛自身も一度はそうしようとしましたが、今度は周瑜から連絡が入り、孫策の後を継いだ孫権も大人物だと説得を受け、孫権に仕えることにしました。
間もなく滅ぼされる偽帝袁術や小豪族ではなく、後に皇帝にまでなる孫権の元で仕えるようになった、非常に先見の明が魯粛に備わっていたと言えます。

劉備(玄徳)との同盟〜赤壁の戦い

魯粛や周瑜が孫権のサポートをして江東で勢力を伸ばしている間、曹操が中国全土の十三の内十の州(司隷/幽州/冀州/并州/青州/徐州/兗州/予州/涼州/荊州)を勢力下に置きました。そして、次のターゲットとして孫権が本拠地としている揚州に狙いをつけました。戦争の基本、まずは降伏勧告を孫権に対して送ります。揚州は大変な騒ぎになります。

・孫策から引き継がれてきた江東(揚州)の地をむざむざと曹操にわたしてなるものか。断固抵抗だ。
・でも、曹操軍は強いし、戦争になれば民が犠牲になる。それよりかは降伏しよう。

どちらももっともな意見であり、決着はつきません。ただ、降伏論のほうが強かったようです。そんな中、魯粛は周瑜とともに曹操との戦争を主張します。その時に魯粛は次のように言っています。
「我々家臣は曹操に降伏しても今と同じ地位をもらって、同じ生活が出来るでしょう。ですが、主君であるあなたはそうはいきません。降伏を主張している者たちはあなたのことを考えてではなく自分のことだけを考えているのです。」
孫権が納得していることから、これは当時の普通の考え方だったのでしょう。つまり魯粛は自分の立場より主君の立場を考えて、意見を出していたのです。
そして、劉備軍の諸葛亮と親交を結び、孫権・劉備(玄徳)の同盟軍を結成し、曹操軍と相対することになったのです。赤壁の戦いの開幕です。残念ながら史実のこの戦いには黄蓋の苦肉の策も龐統の連環の計も大掛かりな火計も出てきません。「疫病が流行ったので曹操軍は都に退却した」とあるのみです。ですが、魯粛が周瑜・程普とともに軍勢を統率し、曹操に長江を渡らせず、魯粛が作り上げた孫権・劉備(玄徳)の同盟が曹操軍を牽制していたのは間違いありません。
戦いの後、孫権が魯粛に対してねぎらいの言葉を送ろうとすると
「不十分です。あなたが天下統一し、皇帝になって初めて私は報われるのです。」
と言いました。一つの勝利に決しておごらない素晴らしい言葉です。

外交勝負 荊州攻防戦

赤壁の戦いの後、劉備(玄徳)は零陵/桂陽/武陵/長沙/南郡と言った荊州南部の土地をどんどん攻め取っていきます。このことに対して、周瑜は劉備(玄徳)を倒して荊州を自分たちのものにするように主張します。対して魯粛は曹操という大敵を倒すために、劉備(玄徳)にある程度力を与えて、共同戦線を張る形を取るべきだと主張します。どちらが良いかは比べようがありませんが、孫権は魯粛の主張を採用し、劉備(玄徳)に荊州を貸し与えるという形をとります。周瑜の意見を退けてまで魯粛の意見が通ったということはいかに魯粛が信頼されていたかということです。
間もなく周瑜が死去します。意見の違いなどがありましたが、周瑜は遺言ですべてを魯粛に任せると伝え、孫権もその通りにします。やがて、劉備(玄徳)は益州に攻め入り、手に入れると、孫権は劉備(玄徳)に荊州を返せと迫ります。その時の交渉役、今で言う外交官が魯粛でした。演義では諸葛亮に翻弄され、関羽に恫喝されどうにもこうにも出来ない姿が印象的でした。しかし、実際には関羽と一対一で堂々と相対して、交渉によって長沙と桂陽の二郡を取り返します。魯粛は有能な外交官でもあったのです。

やっぱり本当は良い人

魯粛の武勇や知略について語ってきましたが、魯粛は本当に良い人だったようです。
「魯粛は自分を飾ったりすることを好まず、質素であり、流行などには興味がなかった。軍を指揮する時は公正で、規律をよく守った」
と正史にあります。

また、孫策・孫権・周瑜・諸葛亮など三国志の英雄たちが皆、魯粛の才能だけでなく、人柄をも気に入り、彼と語るのを好みました。魯粛の葬式には孫権自ら参加し、諸葛亮も喪に服したとのことです。このような人柄の良さが演義での損な役割につながっていったのかも知れませんね。

関連するキーワード


魯粛 劉備(玄徳) 曹操

関連する投稿


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

華流映画、ドラマでは三国志は人気の題材です。現地の監督や脚本家が筋書きや監修をしているので、私たち日本人はその描写を真に受けてしまいがちですが、史学的な観点から見ると「そこは違うぞ!」とツッコミを入れたくなってしまう描写が散見されます。今回はそういった相違点についてピックアップします。


三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

あまり知られていない謀臣に呉の「虞翻」がいます。彼の才は孫策や曹操に認めらながらも孫権には評価されず、不遇を強いられています。三国志演義にはほとんど登場しない虞翻の活躍ぶりを見ていきましょう。


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。